天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

明日は卵と屋台

明日22日(日)と23日(月)は両日ともに、屋台11:30~開催です。
焼きそば100円です。国道側入り口で販売します。

そして明日は9:55までにお並び頂いたお客様にさくらたまごを全員にプレゼントします。
卵は22日限定です。入場の際、さくら卵の引換券をお渡しします。遊技終了後に交換できて邪魔になりません。

是非是非ご来店くださいませ。
 
 

会員メールについて

当店のメール会員になって頂いているお客様は、今日の朝、メールが来ないな・・・と思われた方も多いと思います。

メール会員様には、この後15:45に次のような内容のメールが届きます。
そのまま貼り付けます↓


【今後の会員メール送信に関するアンケート調査について】

いつもFANTASY LANDの会員メールを受信して下さいまして、誠にありがとうございます。
私、店長の佐藤と申します。

本日は当店の会員メールにつきまして、皆様の率直なご意見を賜りたくメールをさせて頂きます。

広告規制以来、全国のパチンコ店の会員メール内容が大きく変わりました事は周知の事実です。
当店に於きましても法令を遵守したメール内容で送信しておりますが、現在の様なメール内容につきまして、お客様は満足されておられないと考えております。
規制を破ろうと言う事ではありません。
色々検討した結果、新台入替情報やリニューアル、新しいサービスや設備のご案内等の特別な情報以外、特に内容の無いメールを送信しない方が良いとの結論に至りました。

内容の薄いメール作成に掛かる人件費を他の事に使った方が良いお店づくりができると判断したからです。


その方針につきまして、実際のメール会員様のご意見をお聞かせ頂きたく、当店のパソコン用ホームページと携帯用ホームページに会員メールに関するアンケート調査のボタンを設置いたしました。

お時間のある会員様、または日頃から会員メールにご不満をお持ちの方は是非ともこの機会にアンケートにご協力下さいます様お願いを申し上げます。

また、ホームページのアンケートボタン以外にも、次のアドレスに直接ご意見を送信して頂く事も可能です。

kurihashi@emerald.co.jp

アンケート調査の集計が終わるまでは、新台入替や特別な内容以外の会員メールを控えさせていただきます。22日(日)にはお知らせしたい内容がございますので会員メールを送信させて頂きます。

アンケート調査の結果は今後の会員メール送信に際しての参考とさせていただき、また結果につきましても、後日会員メールとブログにてお知らせしたいと思います。

是非ともお客様の率直なご意見をご投票下さいませ。


店長 佐藤

=======

と言う内容です。

店のやる気がなくなったわけではありません。
メールは毎日一生懸命作成していました。昨日までは。

近隣競合店のメールももちろん見ていますが毎日送らなければやる気が無くなったんだと思われたくないから送っているホールも多いのではないでしょうか?当店もそうでした。

しかし、毎日毎日、作る側も大変ですが、受信しているお客様も困っていないでしょうか?
未だに特定機種を臭わせているホールのメールは受信する価値があるのかもしれませんが、臭わせない店のスタッフはネタが無いのに毎日作るのは苦痛です。

月に何通か、本当にお知らせしたい時にだけに絞って送信する方がお客様もしっかり読んで下さるはずです。

是非ともアンケートをご覧いただくか、コメントにて皆様のご意見をお聞かせください。
 

22日・23日のご案内

22日は朝一並びのお客様全員に「さくらたまご」を。
22日と23日は焼きそばの販売を行います。


22日(日)は朝9:55までに並んで頂いた方全員に「さくらたまご 20個入」をプレゼントします。

001
画像はイメージです

チラシにもDMにも入れてありますので結構たくさんのお客様がいらっしゃると思います。
卵引換券をお渡しするので、遊技終了後に持ち帰れるので邪魔になりません。

もし、引換券の数が予想以上に出た場合は速攻で追加購入できるようにスタッフをスタンバイさせておきますのでご安心下さい。
逆に予想より集まりが悪かった時は9:55以降も貰える方がいるかもしれません。

このさくらたまごはシマダエッグの商品で品質もよく、奥様も大喜びです。
普段は控えめに作っている卵料理も、これだけあれば卵たっぷりのオムレツや、卵焼きができますね。
または目玉焼きも白みを少し捨てて、まとめて3個ドーンと合体させてみるのも豪華でいいですよね。


そして、22日・23日の2日間、正面駐車場にて屋台の「焼きそば」を販売します。
1個100円です。

01
画像はイメージです。

100円だから量も少ないんでしょ?
っていう事はありません。この画像はイメージです。普通の屋台より少し大きいので、100円なら充分満足して頂けると思います。


ところで22日と言えばFANTASYは昔22日に・・・と期待はしないようにして下さい。
3連休なので偶然22日になっただけです。

好評なら今後も続けていきたいですね。
 

本音の話 ラスト

本音の話の最終章です。

今のパチンコ業界に必要なのは「ギャンブル性からの脱却」です。
パチンコは戦後の焼け野原に庶民の遊び場として花開いた産業です。

「天の釘」という本を読んだ事があります。パチンコの神様と呼ばれた正村ゲージの生みの親である正村竹一の生涯とパチンコ業界の歴史について書かれている本です。どのようにして今のパチンコ業界があるのかを知る事が出来ます。

その本には、「戦後の焼け野原に生きる希望を失った人々が、パチンコ店に集まり、大人は煙草、子供はチョコレートを目的に、適度な射幸性の中でパチンコを楽しんだ」と書いてあります。
戦後、パチンコ店は雨後の竹の子のようにその数を増やし、一時は4万軒(現在の4倍)を超えたとあります。
非現実の世界が庶民の心に明るい希望を与えたのは言うまでもありません。 

しかし日本の復興と共にパチンコもすっかり姿を変え、いつの間にかギャンブル性の高い現在の様な台に変貌を遂げます。 「気晴らし」「時間つぶし」「遊び」などとは今は呼べなくなりました。

しかし遊パチと1円パチンコに始まった「遊び」への原点回帰への流れは既に始まっています。

自分のお小遣いの範囲内で遊べる自分に合った貸玉レートと機種スペックを選ぶことが一番重要です。
でもパチンコ業界はその情報を積極的に公開してきませんでした。いくらの貸し玉料金でどの機種を選んだら「楽しい遊び」の範囲で遊技出来るのかを本当に分かっている人は一部のお客様だけです。

パチンコスロットでストレスを感じているようでしたら、それはあなたが選んでいる貸玉レートが間違っています。座った台のスペックが間違っています。4円20スロを打つ事が「格好いい」と思っているのは自分だけで、イライラしているあなたを周りの人は誰も格好いいとは思っていません。思い切って貸玉レートを下げたり、遊べるタイプの機種に座ってみる事が大切です。

でもその機種選びの基準になる情報が今のパチンコ店にはあまりにも少なすぎますよね。
私はそれを積極的に公開していく事を今後の営業の柱としていこうと思っています。
今後そんなポスター等が店内に少しずつ増えていくと思いますので是非とも内容を良くご覧いただいて、パチンコスロットが「楽しい遊び」になるようにして頂きたいと思います。


本音の話 終

本音の話 Part3

本音の話の続きです。

 今後、ブログのコメントに対する返信方法について方針を改める事にしました。
今までは誹謗中傷以外のコメントに対しては全てお答えするようにしてきました。
しかし、「出ない」の話に対して返信をする時は本当に出ていないなら「そうですね」としか答えられないし、こちらは頑張っているのに「出ない」と言われると、「そんな事ありません」となってしまうからです。
 
やっぱりブログは楽しく皆さんに読んでもらいたいので、お店の改善につながるコメントに対してだけお答えするようにしていきます。例えば「接客が悪かった」の様な内容は大いにご指摘ください。また、この台が故障している、もっとこんなサービスにして欲しいなどのコメントも大変助かります。それはお店の改善につながる前向きなご意見だと思っているからです。エアコンの温度設定の事や、機種の事などもたくさんコメントして欲しいと思います。

また、ここが良い、これはイイのコメントもお寄せ頂けないでしょうか?
このブログのコメントを読んでいるスタッフもたくさんいます。時々寄せられるお褒めの言葉を伝えると喜んでいるスタッフもいるので、是非ともお願いいたします。


今回、ブログの目的とは何なのかをもう一度整理してみました。
最初の目的とは少しずつ変わってきている様にも思えますが、それはそれで有りではないかと。
ブログの目的は

・お店の方針や私自身の考え方を広くお知らせしたい。
・コメントによって、お店の改善に繋がるご意見を集めたい。
・お店の復活を通して、支えてくれたお客様にもその感動を知ってもらいたい
・FANTASYLAND復活の記録として残したい

このブログの「天職」と言うタイトルは私自身が天職だと思っているというわけではありません。「天職」のポスターのサブタイトルには、「本気で挑めば何でも天職」と書いてあります。わたしなどまだまだ修行が足りません。
しかし、書いてしまったから頑張るという事も重要です。会社がこうだから、上司がどうのこうの、業界がこうだからと言い訳している暇があったら、天に与えられた仕事と思って本気で挑めば勝手に天職になるという事を自分自身で体現したいだけです。どうせブログを書くなら、読んでくれている人にも勇気を与えたいと思って決めたタイトルです。

ブログを始めてみて判った事がたくさんあります。

例えば、書くことによって、「やる」と書いてしまった以上やらないわけにいきません。今までだったら、やろうやろうと思っているのに後回しにしていた事も、ブログに書いたからには信用を失いたくないのでスピードで実行しなくてはなりません。ブログは自分の弱さを軌道修正してくれます。

コメントは厳しいお言葉がほとんどです。コメントで初めて気づかされたこともたくさんあります。返信に対する方針は改善しますが、コメントはずっと続けて行こうと思っています。

こんな状態になってまで来て下さるお客様がいる事に感謝し、ブログのコメントがお褒めの言葉の数の方が上回る様になる日まで、もっともっと頑張って参りますので、今後も応援を宜しくお願い致します。

本音の話 Part2

パチンコ店で働いていていつも思うこと。

それは特殊な商売であることです。
お客様は負けることを前提に来店される方はほとんどいないのでは?
心のどこかに「もしかしたら・・・」と期待しているものです。
 
昔、イベント全盛だった頃の話ですが、明らかに大赤字の営業で挑んだイベント当日。
こちらも驚くほどの大赤字になったのですが、負けたお客様に嫌と言うほど文句を言われた事がありました。
どんなに出しても、負けた人には怒られてしまう。パチンコスロットとはそんなものかと悲しくなった思い出があります。

その頃からでしょうか、どうしたら全てのお客様が喜んでくれるパチンコ店にする事が出来るのかと考えるようになりました。100%は他の商売でもあり得ないので、せめて90%のお客様でもいいからそんな風に言われるお店に出来ないだろうかと。

でもそれは非常に非現実的です。
なぜならお客様は勝とうとしているからです。
勝ち組負け組みはあるとしても、平均的にはお店が成り立つにはどんな優良店でも過半数以上が負けなければお店は成り立たないからです。

それをずっと考えた結果、ある結論に辿り着きました。
「それぞれのお客様の使えるお金に応じて、もっと遊べる適正な機種を教える事が出来たら不満が少なくなる」。
そしてもう一つ。
「同じ5000円負けるなら、少しでも面白く感じさせる事が出来れば、負けた5000円が4000円の価値になる」と。

 幸い、甘デジが発売され、メーカーが新台のガイドブックを用意してくるようになり、その内1円パチンコが出てきて、さらには台の液晶画面に演出のヒントなどが表示される時代に入ったので、どちらの悩みも解消の方向には向かっているのですが、それでもまだまだお客様には伝わっていません。

マックス機を一日打つと平均していくら負けるのか?
週に2回で3時間打つと平均いくら負けるのか?を知っている人など殆どいないのではないでしょうか?

 この問題こそパチンコ業界最大の問題であり、パチンコ店が力を入れていくべき重要な課題であるにもかかわらず、実践しているホールは皆無といっていいと思われます。
 
出る出ないの話ではありませんので、そこに期待されているようならこのブログを見る価値はありません。
 私が今考えている事を皆さんにお伝えし、これからどうしようとしているのかをただお知らせするだけの目的で書いております。

この連載記事が終わる頃にはしっかり話をまとめたいと思います。

この後も続きもありますので、ご興味のある方はどうぞご覧ください。
 
ギャラリー
  • あの人が喜んでいるはず
  • あの人が喜んでいるはず
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: