天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

遠隔操作はあるのか? Part3

Part1で話した遊技産業健全化推進機構のホームページに主な不正改造事件が公表されていますが平成19年は11件公表されていますがどんどん減って平成23年は1件だけです。平成19年に起きている遠隔装置を付けていたと書いてある唯一の事件も、遠隔で何をしていたのかについては書いておらず、パチンコファンが疑うような遠隔かどうかは分かりません。売上に関する遠隔操作の可能性もあります。

パチンコとは関係ありませんが遠隔操作というと最近ニュースになったサイバー犯罪がありますが、パチンコ店においては遠隔と思われているそのほとんどが裏ROMです。

やるとしたらどんな理由があるのか考えて下さい。自分がパチンコ店オーナーだと思えば想像しやすいと思います。

1・特定の人に出したい
2・特定の人に出したくない
3・全体的に出過ぎてしまった時に出さなくする
4・全体的に出な過ぎた時に出す
5・凄い連チャンを見せたい

上記の理由以外には他に無いような気がします。
どの理由も突き詰めて考えれば意味がありません。現在のパチンコスロットは十分な連チャン力が有り、わざわざそんな事しなくても不正改造する必要性が薄れてきています。

私が知らないだけで多数のホールがまだやっていたとしても、数年前に比べれば相当減少しているはずです。やっていたとしても恐らく特定の機種だけですし、その裏ROMが必ずしも出ない仕様にされているとは限りません。
現在のように低貸しに力を入れ始めたパチンコ店がどんどん増える中、連チャン性でお客様を増やそうと考える経営者も確実に減っていると私は考えています。

 

甘海の15連

こんなコメントを頂きました。
「甘デジの海で保留連チャン15連チャン以上する体験をした方は珍しくないと思います。60%の連チャン率としても現実なにもないとあり得ないように思いますが~店長のご意見を是非 」

面白い質問ですね。こういうの結構好きです。
先ず甘海シリーズの最強連チャン機種は「
CRA新海物語Withアグネス・ラムSAG」ですかね?
この機種の大当たり確率は1/99.5で大当たり終了後6回転だけ10倍の確率1/9.95になります。地中海や白海などはST中1/8.975ですが5回転で終了なのでSAGの方が少しだけ上です。

先ずは15連チャンする可能性が何%の確率なのかを計算してみます。
質問には保留連チャンとありましたが多分ST中の事だと想像できますので
時短中の引き戻しは含めず、純粋にST6回転限定で計算します。

先ずは連チャン率の計算ですが、6回転以内に当たる確率はEXCELで簡単に計算できます。
「6回転目までに当たらない確率を1から引いたもの」です。

1回転目に当たらない確率=8.95/9.95
2回転目に当たらない確率=8.95/9.95
3回転目に当たらない確率=8.95/9.95
4回転目に当たらない確率=8.95/9.95
5回転目に当たらない確率=8.95/9.95
6回転目に当たらない確率=8.95/9.95
EXCELなら「=(8.95/9.95)^6」で計算できます。
これを全部掛けると52.966%です。52.966%の確率で6回転までに当たらない事になります。それを100%から引けば答えは
47.0337%。連チャンの計算は必ず最初の初当たりした時を対象に考えているので、47.0337%とは2連チャンする確率の事です。なんで当たる確率を直接計算せずに、当たらない確率を100%から引くのかは数学博士じゃないので知りません。○分の1の大当たり確率の台が○回転以内に当たる確率の計算はなぜかこうやります。理由は詳しい人に聞いてください。
EXCELには下の数式を入れれば47.0337%と出るはずです。
=1-(8.95/9.95)^6
^ ←このマークはPCのキーボードではひらがなの「へ」のキーにあります。○乗の事です。

連チャン率が分かったので3連チャン目はEXCELに「=(1-
(8.95/9.95)^6)^2」と入れれば出ます。3連チャンは初当たり+2回の連チャンだからです。確率マニアの方はこんなの常識かもしれませんが。
15連の場合は初当たりを含まずに14回ST中に当たった事を意味するので、「=(1-(8.95/9.95)^6)^14」です。
^6)^  ←こういう顔文字じゃないですよ。

15連する確率は0.002593%です。1÷
0.002593%=38,572 なので、早い話が38,572回の初当たりに1回しか遭遇しない貴重な体験です。
高稼働なお店で初当たりが平均20回もあったとして、それが20台設置されていて、30日で累計12000回の初当たりですから、15連チャンが出現する可能性は約3ヶ月に1回です。
因みに大海2の甘ならST5回なので、15連は265,000回の初当たりに1回です。

時短引き戻しは連チャンとしてデータランプに上がる店が多いので純粋15連チャンを確認するのは容易ではありません。これがもしST6回転限定で15連が頻繁に起きている店なら「やってます」。

上の計算で合ってますか?
詳しい方、間違ってたら訂正して下さい。

遠隔操作はあるのか? Part2

前回に続き「遠隔操作はあるのか? Part2」 です。

よく混同されやすいのは「遠隔操作」と「不正改造(主に裏ROM)」です。ホール側の不正事案のほとんどは裏ROMです。 「遠隔操作」は事務所やある場所から台を不正に操作する事で、「不正改造」は基板の回路に不正なROMや部品を取り付けたりして不正プログラムが働くようにしている物です。裏ROMは連荘性を高めたり、確率を変えたり、やろうと思えば色々なプログラムが組めます。まあ遠隔も裏ROMもどちらも正規な台ではないと考えれば同じようなものです。

遠隔で自由自在に台を操るには巨額な費用が掛かります。なぜならそれぞれの機種には固有のプログラムがあるので、全台やるなら全設置機種のプログラム解析が必要です。その費用を掛けたのに数か月で撤去するようでは元が取れないので、やるとしても結局は長期間設置しているジャグラーや海だけになってしまうのだと思います。しかしPart1で出てきた健全化推進機構だってバカじゃありません。長期設置される人気機種をメインにチェックしますので不正部品を取り付けていれば発覚します。

台のゲーム性を司る基板には封印シールがあり、剥がせば痕跡が残る特殊なシールです。昔は封印シールだけでしたが今は「かしめ」と呼ばれる特殊な形状をしたロックがされており、かしめを破壊せずに基板を開ける事は困難なので、基板を開ければ必ずかしめは壊れます。かしめがギリギリ壊れないように隙間から細い器具を差し込むことができても、作業は限定されますので、大掛かりな工作をする事は無理だと言っても過言ではありません。

こう説明すると「いや封印シールも偽造できるし、そっくりの基板だって偽造可能だ」と言う人がいるかもしれません。実際に偽造された封印シールもROMも見たことがあります。しかしそれはゴト師軍団の様な資金力のある所がそのリターンの為に巨額な偽造費用を捻出する為に投資するのであって、元々普通に営業しても儲かるはずのパチンコ・スロット台をわざわざそんな費用を出して改造しようとするホールはまずありません。そもそもいつ来るかわからない立ち入り検査があるのにそんなリスクを冒すでしょうか?

裏ROMが大流行したのは2号機3号機時代のノーマルタイプの詰まらない台が出ていた頃です。連チャンしなくなったから連チャンさせたくなったのです。あの頃は私も茨城県を裏モノ天国と呼んでわざわざ裏モノを打ちに行ったものです。埼玉県のホールにもたくさん裏モノはあり、終いにはメーカー主導の裏モノまで出てきました。あの頃は裏モノ業者(通称カバン屋)から営業の電話まで掛かってきました。

4号機時代は裏モノがほぼ無くなりました。4号機は大連チャンするので必要ありません。
4号機も終焉に近づき、5号機が出始めの頃に裏ROMに手を染めるホールも出て来ましたが、今はART機登場により万枚の確率が上がり、パチンコも確変によって4万発5万発は日常の風景です。

むしろ今はホールが「遊べる台」を望んでいるのです。ARTブームの流行と時期を同じくして裏ROMは姿を消していきました。その必要が無くなったんだと思います。

次回Part3に続く。

遠隔操作はあるのか? Part1

コメントにて「遠隔操作はあるのか?」という質問を頂きましたので私の知る限りの知識で正直にお答えします。
この話は非常に長くなりますので数回に分けてお話します。

結論から言いますと、「ほぼ無い」と思われます。「ほぼ」とは100店舗中、あっても1~2店舗、実際はそれ以下だと思っています。というより、現在私の知っている限りでは1店舗も聞いたことがありません。昔は良く聞きましたが今は聞かなくなりました。
遠隔操作は極秘で行われますので業界通ぶって「あの店は遠隔してる」などと話している人も実際に遠隔をしてる証拠を掴んだ訳では無いと思われます。一番信用がおける遠隔の情報は島工事に携わっている業者とホールコンピューターメーカーの業者からの情報です。彼らは非常に詳しいので、店名こそ言いませんが「○○県のあるホールはやっている」と話してくる事があります。しかしここ数年は全く聞かなくなりました。

遠隔が無くなった三つの理由として、一つ目は、「抜き打ちの立入検査が行われるようになった」、二つ目は「メーカーの不正改造防止技術が上がった」、三つ目は「遠隔しなくても連チャンするようになった」事が挙げられます。
新台の警察検査でも基板のチェックが行われます。
変な器械を持ってきて、台の後ろにある赤い差し込み口(もう1種類違う形状の差込口もある)にその器械を差し込んでつなげます。ボタン一つで不正な基板ならその場で分かります。

パチンコの基板の場合↓
connector1


スロットの基板の場合↓
connector2

もし不正に改造するホールがあるとすれば警察検査の後ですがそうはいきません。
「一般社団法人 遊技産業健全化推進機構」というのがあり、ここが突然何の前触れもなく営業中に立入検査をしにやって来て、警察検査の時よりも更に高度な検査が行われます。その頻度も地域によって差がありますが1年に1回くらいは来ますので遠隔などしていてバレたら大変です。
会社ぐるみでやっていた証拠があれば営業停止ではなく、営業許可取り消しです。その店だけじゃありません。同一県内であれば他のチェーン店も営業許可取り消しです。そこまでのリスクを伴う遠隔操作をやるにはかなりの覚悟が必要です。

今日はこの辺にしておきます。

明日は13時OPENです。

今日の夜は入替です。
明日は13時OPEN。

明後日4月19日は新装初日10時OPENです。
CRジュラシックパーク・CR上へまいりまーす・スロット大工の源さん導入です。
大工の源さんは低スロにも導入して欲しいとのリクエストを頂きましたが既に所轄警察似20スロで申請済みのため、新装後早めに4スロに移動する予定です。

 

期待感

朝、お金を下ろしに銀行に行ったらお年寄りがいっぱい。そうか、今日は偶数月の15日だから年金支給日か。
支給された当日の早朝からこの人数だから、年金を待ちわびていた人がたくさんいたんだなぁ。

年配の方と言えばジャグラーと海。広告規制前は5の付く日と言えば多くの店がジャグラーのイベントを開催していた。先日ある店でジャグラーコーナーを覘いたら、んっ?いつもより明らかに客数が多い。データを見ると明らかに高設定が多数入っている。まさかと思って日にちを思い出したら案の定25日。

その店は優良店なので、メールやポスターで告知したりするような事はしていないはず。それでもお客様がこれだけいつもより多いんだから、メダルが出ている為に稼働アップしているのではない。イベント規制後もお客様が勝手に想像して5の付く日に多くの方が来店し、結果稼働が高かったからお店がそれに応えたのか、それとも、お店が意図して5の付く日に信用を付けていったのかはわからないけど、現実にこうして稼働がアップしている。

これがパチンコ店とパチンコファンの本来あるべき姿なのかもしれない。4号機時代、会員メールという超格安な広告手段を手に入れたホールはメールで具体的に告知する事で射幸心を煽っていた。メールなんか無かった頃は新装開店だから他の台も出るんじゃないかとか、この店は月末に出す事が多いとか、お客様とお店の見えない駆け引きがあった。それがパチンコ・スロットの醍醐味だった。今は元の姿に戻っただけ。


でも、イベント規制によって「イベントが出来なくなった」と思うホールもあれば「イベントをやらなくてよくなった」と思うホールも存在する。最近は後者が増えている。イベントを行わなくなったら出玉で競争する必要がない。それに甘んじて楽をしていると気が付いたら信用を失っていたという事にもなりかねない。全てデータ化されたパチンコスロットの時代だからこそ、「期待感」を持ってもらえるようなホールを目指していこう!
 
ギャラリー
  • あの人が喜んでいるはず
  • あの人が喜んでいるはず
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: