天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

ジャンボ宝くじ1等が当たる確率

昨日、GODの実戦動画で1回転目にフリーズを引いているのを見たのですが、その動画の中で「宝くじが当たる確率」という表現が使われていました。


宝くじの一等って、昔60万分の1と聞いた事があるけど、最近の宝くじって何分の1になっているのか?

調べてみました。

来月の6月8日(木)に抽選される【ドリームジャンボ宝くじ】は1等前後賞合わせて7億円です。
「発売総額510億円・17ユニットの場合 ※1ユニット1,000万枚」と書かれています。

当選金と本数は

(1等)
5億円が17本

(1等の前後賞)
1億円が34本

となっています。
※ジャンボの種類によって当選金は少し違います。


「1ユニット1000万枚」とは「1000万枚で1セット」という意味で、1000万枚の中に1本の1等が入っていて、それが17セットあるから17本の1等があるんでしょうね。

じゃあ答えは1000万分の1ですね。
10枚買うと100万分の1です。


10枚買って100万分の1という現象は具体的にどんな風にイメージしたらいいのか?

パチンコ店には一般的に100万発以上玉があるなんて言われるのですが、実際は台数によって違います。

パチンコ玉は直径11.00mmが基本で、±0.01~0.02mm程度の誤差はあると言われています。

11.00mmとして計算してみました。

床に11mmの玉を横に1000発キレイに並べて11,000mm=11m
縦にも11m並べれば、1000発×1000発=100万発

そうか!

玉を11m×11mの正方形になるように床に並べた状態が100万発。
その中に一発だけ金色の当たりの玉があって、それが1等。目をつぶって1発だけを選んでそれが見事金色だったら、ドリームジャンボ10枚買った時に1等5億円が当たる確率と同じという事か!

グリーンジャンボ・ドリームジャンボ・サマージャンボ・オータムジャンボ・年末ジャンボの5種類のジャンボ宝くじを毎回20枚ずつ買って、それを50年買い続けると・・・

1回20枚×年に5回×50年=5000枚買う事になります。1枚300円なので150万円です。

さっきの100万分の1というのは10枚セットで買った時の計算だから、金の玉抽選は500回出来る事になります。一度引いた玉は戻します。

1,000,000÷500回=2,000


答えが出ました。

(結論) 年に5回のジャンボを毎回20枚買い、それを50年続けた「宝くじに人生を懸けた男(または女)」が2,000人いたとして、その中に1人だけ1等を当てる人がいる。

※但し、当たった時が85歳なんて事もある。



パチンコ・パチスロランキング

珍台さんいらっしゃ~い【ファンタジーランド】前編・後編

【打ってけTVさん】日本全国珍台さんいらしゃ~い!

後編がアップされました。


(前編)
※お見逃しの方は前編もどうぞ





(後編)




チャンネル登録者数3万人を超える動画ですので、これでファンタジーランドも少しは有名になれるといいですねぇ。

ファンタが新記録を達成です!

ファンタジーランドが昨日、驚異の新記録を樹立致しました。

1日の総稼働人数最高記録更新!


総稼働人数はパチンコ店で働くスタッフ全員の最大の目標であると言えます。

売上や粗利益なども社内的には重要な数字ですが、それはお客様の入場者数が伴って初めて記録が更新されるのであって、一人当たりの負担金額を増やして達成した記録など本当の記録とは呼べません。


稼働記録はお客様の信用であり、ファンタジーランドを認めて下さった方が増えた証です。これほど嬉しい記録はないのです。

昨日ご来店下さったお客様、また昨日来られなかったとしても、日頃からご来店下さっているお客様、全てのお客様に心より御礼を申し上げます。


総稼働人数は累積稼働とも呼ばれます。

パチンコ店では一般的に1時間毎に稼働人数を自動で集計しています。
00分にカウントしてしまうと10:00の稼働が0になってしまうので、
10:10
11:10
12:10

のように、10分~15分程ずらして集計しています。その累積稼働人数を1日の総稼働人数として考えます。

過去の最高記録は2015年10月11日に記録した1283人でしたが、昨日は1359人。
約6%も更新した事になります。


駐車場はこれまで見た事も無い位、奥の方まで埋まっていました。これ以上お客様が増えたら、側道を挟んだ隣の駐車場を再契約する事も視野に入れなくてはなりません。


昨日は瞬間稼働人数過去最高記録176人のタイ記録も生まれています。しかし瞬間稼働人数は数秒毎に刻々と変化しており、離席しているお客様の人数によって大きく左右されるため、記録更新はありませんでしたが、この勢いですと近い将来更新される可能性があります。

低貸し化が進んでいる昨今のパチンコ情勢では、稼働数は増えても売上が下がってしまうのが悩みの種ですが、昨日は一日の売上最高記録にあと2万円と迫りました。
MAX機やAT機の高射幸性遊技機の撤去が進み、1台当たりの売上がどんどん下がっている中、稼働人数を増やす事で売上ダウンをカバーし、お客様一人当たりの負担金額を大幅に減らすに成功したという事です。

遊べるお店にどんどん近づいていると言えます。私たちはこれが何より嬉しいのです。


~ 一念天に通ず ~

「遊べるパチンコ店」とは何かを真剣に考え、「ゆっくりと一日過ごせるお店にしたい」を具体化させた無料コーヒーや休憩所コーナーの充実が、少しずつお客様に伝わりつつあるのかもしれません。

ファンタジーランドはこれからもまだまだ進化していきます。

私は、ご来店下さっているお客様が「あんな店に行ってるの?」と絶対に言われたくない。

「栗橋にファンタジーランド有り」と言われる様なもっと楽しいお店作りに邁進して参ります。

嬉しい大記録を本当にありがとうございました。



パチンコ・パチスロランキング

9連休がスタート

今日は4月28日(最終金曜日)プレミアムフライデー。

明日からゴールデンウィークのスタートです。

長い人は4月29日(金)~5月7日(日)まで9連休だそうですね。

いいなぁ~9連休。
我々パチンコ業はそんな大型連休など取れるはずもない。

GW・お盆・正月に毎回大型連休が取れる人に、「いいなぁ、俺なんかそんな大型連休取った事がないよ」と言うと、必ずと言ってほど返ってくる言葉が、「いやあ、こんなに連続で休みだと、休み明けに仕事行きたくなくなっちゃうよ」とか、または「ここまで休みが多いと、やる事なくて逆に暇だよ」のどちらかの答え。

社交辞令をありがとうございますorz

社交辞令だと100%わかっているのですが、羨ましいから「その話を信じよう!」と自分に言い聞かせていますw

まあ、9連休だからと言って、GW中に5泊6日とかで旅行に行けば恐ろしい金額になるでしょうから、実際は9連休の内3泊4泊するのが限界なのでしょうが。

パチンコ業界もそうなればいいなぁ~と思いながら、もう諦めている今日この頃です。



パチンコ・パチスロランキング

パチンコ業界の未来 その2

昨日はパチンコ業法制定は今以上に厳しい内容が予想されると書きました。

しかし、規制が厳しくなると言っても、厳しくなる半面、緩和される事の方が多くなると言われています。これまでずっと耐え忍んできた三店方式から換金が合法化され、調整できなくて困っている釘問題は堂々と行う事が出来る様になると言われています。監督官庁は警察庁でなくても良い事になりますから、もう警察の影におびえて営業する事もなくなります。
巨大な産業であるパチンコ営業が風営法から外れれば、専門家曰く、パチンコメーカーと同様に監督官庁が経産省になる可能性があると言われています。そうなれば、保通協に縛られてきた台の規則から解放され、産業の発展を目的とした台の規則になるため、ゲーム性は自由度が高くなり、飛躍的に面白い台になる可能性さえ出てくるのです。

パチンコ業法施行後は脱税など無縁の透明性の高い企業しか生き残っていないと思われ、パチンコ関連企業や従業員の社会的な地位も高くなるであろうと言われています。パチンコ業法が出来れば、明るい未来が待っている可能性が充分考えられるという事です。

しかしそこまで真剣に新法制定を考えているホールがまだまだ少ないのが現状であり、全日遊連全体としては反対派なのだから、根本的な意識改革を行わない限り、新法の制定は現実味を帯びてきません。


このまま風営法で営業している以上、この先、警察庁からの規制は今まで以上に厳しくなる事は間違い無いと考えられます。既に風営法改正の話も現実的になってきています。
IR法がある限り、ギャンブル依存症対策は警察庁最大の課題であるからです。規制で今が苦しいのに、数年後はもっと苦しくなる可能性が高いと言えます。

このまま放っておいて、どうせ将来パチンコ店が半減してしまうなら、まだ体力が残っている内に、未知なる可能性が残っている新法の制定に向かった方が明るい未来が待っているのではないかと私は思ってしまうのです。

新業法下では、娯楽の範囲内に留まる台しか認められないでしょう。その代わり、現在の様な難しいゲーム性ではなくなる可能性があります。
例えばパチンコなら、もう保通協は関係ないのですから、確変や10カウントなどの面倒臭いルールは撤廃され、ある図柄が揃ったら一気に2000発出るまでアタッカーが開きっ放しになるとか、スロットなら現在の1ゲームあたり最高15枚規制が撤廃され、777が揃ったら1分もしないで一気に400枚出るまで出っ放しになるという様なスペックが許される可能性もあります。

「これが揃ったら1000発、これが揃ったら2000発です」と分かりやすい台になる事で初心者や高齢者の新規客が増えるかもしれません。



 パチンコ業界の歴史の中で規制は何度もありましたがそれは連発式規制・10カウント規制・社会的不適合機の撤去・4号機撤去であったりと、台自体の性能を規制する内容がほとんどでした。それらは常にギャンブル性が高い事への規制であり、その規制と緩和によってパチンコ業界は繁栄と衰退を繰り返してきました。

しかしここ数年の規制は今までとは違います。台のギャンブル性に関する規制は勿論、広告の内容、釘、ギャンブル依存症、換金問題等、あらゆる角度から締め付けられています。

私が思うのは、「もうこれ以上、警察庁の顔色をうかがいながら営業するのは限界に来ている」という事です。

爆弾発言のように聞こえますが誤解の無いように良く聞いて頂きたい。

警察の顔色を窺っているのはパチンコ業界が警察に対して、後ろめたい気持ちがあるからです。それは「射幸心をそそるおそれのある営業」「釘調整」「三店方式という名の事実上の換金問題」の三つです。この三つを完全にクリアしない限り、パチンコ業界はこれからもずっと警察におびえながら営業して行かなくてはなりません。

いや、正しくは「パチンコ業界は」ではなく、「ホールは」と言う方が正しいかもしれません。規制されるのはホールだけであり、メーカー・景品買取所・景品卸業者は規制の対象外です。

ホールだけが規制対象と聞いて意外に思うかもしれませんが、風営法違反で摘発されるのは基本的にホールです。行政指導も営業停止も全部ホールです。
間接的にはメーカーも買取所も卸業者もホールが潰れれば影響を受けるのですが、少なくとも摘発される様な事はありません。

騙し騙し生き残っていきたいなら、警察から言われた事は全て守ってギリギリのラインで営業する。

パチンコ業法制定を望むなら、今の内から新業法下でも営業できるような会社作りを始める。娯楽性を高め、社内の改革を行い、自主的に社会に認められる企業づくりを今の内からスタートさせるべきです。

今、パチンコ店はそれを決断しなくてはならない所まで追い込まれていると思います。

パチンコ店で働く従業員たちが、自信を持って「パチンコ店勤務です」と言えるようになるには、新業法制定しか他に道はない。

明るい未来が待っている可能性があるのなら、私はパチンコ業法制定を選択をした方が良いと思っています。



パチンコ・パチスロランキング
 

パチンコ業界の未来 その1

今日は「パチンコ業界に明るい未来はあるのか?」について、ユーザーにも極力わかりやすく丁寧に解説したいと思います。
また、このブログを読んでくれている当社の社員やアルバイトスタッフにも聞いてもらいたいと思います。

パチンコ業界の内情にあまり興味がない方はこの記事は飛ばして下さい。


今、パチンコ業界が非常に苦しい状況下に置かれている事は、業界関係者だけが知っているのではなく、既にユーザーにも見抜かれています。昔だったらユーザーに知られる事の無かったパチンコ業界の裏側も、今ではネットで検索すれば簡単に調べる事が出来ます。

「パチンコ業界は大丈夫です!」などと、今更ユーザーを安心させようとしても取り繕えない所までパチンコ業界は追い込まれています。


だから、普段はブログにあまり書きたくない内容も、今回は本音で書こうと決めました。これから書く事は私個人の考え方です。

ここまで追い込まれたパチンコ業界はもう終わりなのか?と言われると、そんな事はありません。まだ明るい未来は残されています。明るい未来とは自店だけが生き残るのではなく、業界全体が復活するという意味です。

10年程度生き残れればいいのなら色々な生き残り戦略があるでしょうが、この先30年、40年と長きに亘ってパチンコ業界が生き残る為にはそれなりの大掛かりな改革が必要です。


パチンコ業界がこの先何十年も生き残る道はただ一つ。

特別法の制定です。

特別法とは俗に「業法」とも呼ばれますが、特定の業種の営業に関する規制の条項を含む法律の事で、よくある「旅館業法」や「たばこ事業法」のような特定業種専用の法律の事です。これを「パチンコ業法」として新たに制定すれば、換金問題も釘問題も、射幸性をそそるおそれのある営業という曖昧な法律に関しても、全てがクリアできるのではないかと言われています。

パチンコ業法制定など非現実的だと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、専門家によれば新しい業法を作るのはそれほど難しい事では無いらしく、それよりもっと難しいのはパチンコ業界全体が「パチンコ業法を作ろう」と一つにまとまる事の方が難しいのです。

パチンコ店の9割近くを束ねる全日遊連は2014年7月に行われた全国理事会で、このパチンコ業法に反対の姿勢を表明しています。

しかし、 パチンコチェーンストア協会(PCSA)等、特別法制定を真剣に考え、既に国会議員も巻き込んで新法制定に向けて着々と活動している団体も複数あります。


なぜ全日遊連加盟の多くのホールが反対するのか?

それはパチンコ業法を作る事は、今より遥かに厳しい規則が増える事を意味するからです。
パチンコ業法が制定されると、今までの様に「グレーゾーンギリギリで営業しよう」などの甘い考えは通用しません。
社会的な責任も免れず、パチンコ税も導入され、新業法の厳しく健全な基準をクリアしたホールだけが生き残る時代になっていきます。過去に行政処分を受けた事がある会社は何かしらのペナルティーが科せられてスタートする、またはライセンスがもらえないのではないかとも言われています。経営状態が悪い会社や労務管理がずさんな会社は基準をクリアできず、社内改革を迫られるわけです。新業法下では今までの仕事に加えて、コンプライアンスに関わる仕事や基準クリアの為の仕事が増える事が予想されます。急に人員の増員を行えば人件費増が利益を圧迫します。それに耐えられなくなった中小のホールは多数倒産し、新業法の基準をクリアするだけの体力が残っていた店舗だけが生き残ります。

このように、パチンコ業法の制定とはどういう事が予想されるのかをある程度理解しているホールが反対の姿勢を強く表明しているのではないかと思われます。
しかし、全日遊連加盟のホールの中には、新法制定でどの様な影響があるのかも殆ど知らないまま、「新法制定でパチンコ税1%取られるの?じゃあ反対しよう…」と、その程度の理由で反対しているホールも多数含まれていると思われます。

パチンコ業法が制定されれば、パチンコ税を払う可能性は充分あり得ます。なぜなら、業法の制定は基本的に「パチンコ業界はギャンブル依存症を最小限に食い止める厳格なルール作りを行い、社会的責任(パチンコ税納付や社会貢献活動等)もしっかりと果たし、今まで以上に健全な営業を行いますので、風営法から外れて新業法下で営業させて下さい」という図式でなければ世間が認めてくれないからです。


パチンコ業界の未来 その2


 

パチンコ・パチスロランキング
ギャラリー
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー08】百観音温泉
  • ファンタジーランドが業界紙に登場です
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー07】ボートピア栗橋
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー07】ボートピア栗橋
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー07】ボートピア栗橋
  • 埼玉ファンタジーランド【旅打ちツアー07】ボートピア栗橋
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード