天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

台の「音量と光量」の話

パチンコスロットファンに朗報です。

全日遊連がメーカー団体にこんな要望書を提出しました。

どこの誰が最初に提起してくれたのかわかりませんが、よくぞ言ってくれました。
これには長年、私も困っていました。

============

遊技機の音量及び光量の調整機能について(要望)

(抜粋)
先般当連合会が遊技ファンを対象に実施したアンケートによりますと、ぱちんこ店に対する不満の大きな要因の一つに「遊技機の音量」が挙げられており、中・高齢者( 40歳以上)を中心に遊技機の「大きすぎる音」や「眩しすぎる光」を不快とする傾向が見受けられます。
また、「遊技機の音量」により火災報知機等の警報音が聞え難いような状況では、防犯・防災上の観点から大きな問題があるばかりか、お客様のみならずホール従業員も騒音性難聴を発生するリスクを抱えており、人手不足が深刻化している中、各ホー ルが必要に応じ、創意工夫を凝らして職場環境の改善に取り組んでいるところでございます。
貴組合では、ぱちんこ遊技機の音量に関する内規を制定し、音量の上限を「95dB以下」(工場出荷時は、85dB以下に設定)に規定するとともに、既に多くのメーカーが音量及び光量の調整機能を搭載した遊技機を製造・販売されていることは重々承知しておりますが、その調整方法や調整範囲についてメーカー毎に差異がある状況にあります。
更に、お客様が自由に調整できる仕様のため、各ホールの判断で異なるメーカーの遊技機を同一音量に合わせることや、音量の調整範囲の上限値を設定することができず、自店の職場環境の改善を図ることが困難な状況となっております。
貴組合におかれましては、こうした状況をご理解いただき、遊技機の音量及び光量の調整機能につきまして、ホールやお客様がより自由に調整できるための統一したルールを策定されますよう下記のとおり要望いたします。

1.音量の調整機能に関する要望
1音量の調整範囲の上限値を各ホールで設定できるようにする。
(お客様は各ホールが設定した上限値の範囲内で自由に設定できる。)
2音量の調整範囲は数値的に多段階とし、全メーカー共通とする。
3セキュリティ音(報知音)の音量は、設定値に比例して上下するようにする。
2.光量の調整機能に関する要望
1光量の調整範囲は多段階とする。

===========

素晴らしい!
早くこうなる事を切に願います。


私はプレイする時に必ず耳栓をしています。
時々耳栓を忘れてホールに入ってしまった場合は面倒でも車まで戻ります。広大な駐車場のホールで忘れた場合は少し打って様子を見て、まだ続けて打ちたい時には車までわざわざ戻ります。

なぜなら、私は標準的な人より少し難聴なのではないかと、ちょっと心配しているからです。
昨年の健康診断では正常であると診断されましたが、職業柄長期間に亘ってホールで働いていた上、自分でも長年ファンとしてホールに通っているため、もしかしたら正常範囲のギリギリではなかろうか?と心配なわけです。

若い頃は耳栓の値段が高く、また現代の様に高性能で使いやすい耳栓ではなかったので耳栓を心配していなかったのですが、20年位前から必ず耳栓をするようになりました。

当グループ店舗ではお客様に無料耳栓を提供している店舗が多くあります。ファンタもその一つです。
これは私が店長の時にスタートさせたのがグループ店に徐々に広がっていったのですが、耳栓を置こうと思った理由は自分自身が絶対的に耳栓があった方が良いと思っているからです。お客様の中にも必ず同じ事を考えておられる方が多いと思ったからです。

耳栓をしていても台の音は充分聞こえますし、雑音がカットされて寧ろ綺麗に聞こえていると思います。

(宣伝)ファンタは原則新台導入時に全台中レベルの音量に設定するルールになっています。難聴が気になる方は、「耳栓を無料提供し、パチンコ店としては稼働も少なく、音量も全台中レベル」にしてある「パチンコホールの図書館ファンタ」へGO!!(宣伝終)


これはスタッフにも同じ事が言えます。
調べた結果、ミュージシャン、ライブハウススタッフ等には騒音性難聴(職業性難聴とも)の方が多くいると書いてありました。そうかと言ってスタッフが耳栓をしているのはイメージ的にも問題があります。

でも調べてみたら外見からは目だたない耳栓があるそうです。
medatanai mimisenn


スタッフは片方の耳にはインカムをしているので騒音のクッションになっていますが、もう片方の耳は直接騒音を聞き続けているので職業性難聴になる可能性があります。

これは早急に改善しなくてはなりません。
スタッフにも外見からは見えにくい耳栓の無料提供を考えてみます。

閉店したのは0軒

2017年1月から2018年2月までに閉店したパチンコ店の県別軒数で、埼玉県は5位の44店舗でした。

しかし唯一閉店が0店舗だった県がありました。

どこだと思いますか?


沖縄県です。

これだけのパチンコ不況で閉店した店舗が一年以上無いとは・・・

沖縄は現在人口が増えており、この先も2025年か2030年位まで増え続けると言われています。

Wikipediaによれば
==========
2010年における沖縄県の合計特殊出生率は1.87人と全国の1.39人を上回り、1975年度以来連続で全国1位を維持している。

『平成17年度版 厚生労働白書』によると、出生率が高い理由として、

①他の都道府県と比較して親族や地域同士とのコミュニティの結び付きが強く、相互扶助の精神(方言で「ユイマール」)が残っている。

②男系子孫を重んじるため、男児を産むまで出産を制限せず、結果的に多産する。

という2つの説を挙げている。
==========

人口が増える事はどの商売にもプラスなのは当たり前です。

しかし、私が思うに沖縄の店舗が閉店0軒だったのは、人口増のほかに「スロット偏重型営業」と「沖スロブーム」が影響しているのではないかと思います。

昨夏の記事にも書きましたが、沖縄県は全国で唯一スロット台数がパチンコ台数を上回っている特殊な県です。
スロットは確実にパチンコを凌駕しつつあります。短期間で見ると規則改正によりパチンコの人気が出たり、スロットの人気が上がったりと変動しますが、長期的に見れば確実にスロットの台数の方が増えている事は明らかです。沖縄はその先端を走っていると言えます。


沖スロブームも必ず影響しています。沖ドキの大ヒットは「沖スロ=30φノーマルAタイプ」の固定観念を見事に打破しました。スロットコーナーの沖スロ占有率は着実に上がっています。

パチンコ不況の救世主である「スロット」「沖スロ」を早くから浸透させていた沖縄だからこそ、閉店0店舗と言う驚異的な結果を残せたのだと思います。


パチンコの最もらしい稼働アップ理論にはいくつかの矛盾があります。
①超高齢社会によって年金受給者をターゲットにすると成功する
②高齢者は低貸しのパチンコを好むから1円パチンコに注力しよう
③長期的にスロットが増えているからスロットを増やした方がいい
④若者はほとんどパチンコを打たないので将来的にはスロットが勝つ

なんだかどれもあっている様な気もします。

しかし結果的に沖縄はこの不況で閉店が無かったのですから、そこには何かしらのヒントがあるはずです。


海物語シリーズでも沖縄シリーズは鉄板であり、沖縄そのものに魅力があるとも言えます。

私も昨年すっかり沖縄に魅了されてしまいました。何だか分からないけど沖縄って考えるだけでとても楽しいんですよね。

P7090858


パチンコスロットは遊びですから、「楽しさ」が重要なのだと思います。

ネットで実機?

最近業界で話題の「アミュライブ」。

アミュライブは、インターネット経由でパチンコ、パチスロを楽しむことが出来るサービス。アプリやバーチャルでは無く、本物のパチンコ機、パチスロ機の実機をリアルタイムに操作して楽しむことができる。

amyuraibu

このシステムは実機にライブカメラを全台搭載して遠隔操作でプレイする仕組みです。

たぶんネットクレーンゲームからの発想ですかね。クレーンゲームができるならパチンコパチスロもできるのでは? と考えたのかもしれません。


そこで私も実際にやってみました。

最初は50クレジットプレゼントされるようです。

先ずは4号機北斗の拳を打ってみた所、30枚ほど使っただけでチャンス目とスイカの連発によって、あっという間にボーナス確定。

その時の画像はないのですが
PC画面ではこんな感じです。
4号機北斗が現在稼働中で掲載できないため、北斗救世主伝説の画像を

amyuraibu2

こんな感じでプレイします。



しかし・・・

当選してボーナス確定状態なのに目押しが出来ない。
映像の受信速度に限界があるようで、実機のリールを裸眼で見るのとは全然違います。

結局残りのメダルを全部使っても当たらず終了。
有料ではあほらしいので追加投資はせず。

しかしこの話は10日ほど前の話で、現在は目押し機能が実装されたそうです。
どうやら、ボーナスが確定したら、メニューから揃えたいボーナス図柄を選択すると常にその図柄を狙って目押しが可能になったそうです。
但し、ボーナスが揃ったらその機能をOFFに戻さないとボーナスを狙い続けるそうです。


ですよね。
ボーナスが確定しているのにどんどんメダルが減ったら誰もやる人がいなくなります。
しかし小役狙いは出来ませんので通常時は適当押ししているようなものです。

将来的にはチャンスボタンも押せるように開発中との事。


ゲーセン仕様のようにメダルは使用しないのでセレクターエラーやホッパーエラーはほぼ発生しないと思われますが何かしらのエラーが出た時は近くに座っている従業員がやってきて映像に映り込みながら修理するんですかね。
最後にカメラをのぞき込んで「お待たせいたしました!」って事でしょうか?

そのうちパチンコも登場するとの事。


皆さんが知りたいのは出たメダルはどうなるのか?でしょう。

聞いた話では5月1日から景品機能を実装予定とか。

これって成功するのか気になる所です。

「無くなってもいいや」のはずが… その3

しかしハードウェアウォレットにXRPを保管してガチホを決めたこの日(12/29)。

急落するどころかXRPが超絶大暴騰!!


夜通し上げまくり(仮想通貨市場は24h365日)、翌日12/30にはこんな事に。
IMG_0224
200万OVER!
(保有量が3000XRPのように見えるのは2口に分けている為。合計7000XRPを保有中)



~そして2018年が幕開け~

年明け1/4は御祝儀相場になり(めでたい新年に前向きな気持ちになるのは世界共通であり、買い意欲が強い)、またもやXRPが大暴騰!!

XRP3


上乗せ特化ゾーン突入で250万OVER!



IMG_0234

もはやAT機の一撃万枚スランプグラフを凌ぐ、「過去の世界のあらゆる相場史上、最も急騰した相場」と言わしめた、稀に見る大暴騰です。



3週間前は38万円だったのに・・・



この日は午後にもう一発上乗せゾーン突入

IMG_0236


24時間で36%も価格が上昇するなんて80年代のバブルでも有り得ない。

モルディブに家族旅行でも行こうかと本気で考えました。

スクリーンショットが撮れませんでしたが、この日は一時的に280万円も突破。


12/13の初期投資38万円がたったの3週間で280万円って・・・


=========

ここまで聞くと「うらやましいなぁ~」と思うかもしれませんが、世の中そんなに甘くない。



~時は流れ~


仮想通貨なんか全く興味のない方でもご存知の通り、1月16日からビットコインを含むすべての仮想通貨が前代未聞の大暴落。ニュースでも連日報道されたはずです。

追い打ちをかけるように1月26日、仮想通貨取引所コインチェックの仮想通貨XEM(ネム)が、人類史上盗難被害最高額となる580億円ものハッキングをされていた事が発覚。
XEMが盗まれたんだからXRPとは関係ないと思うかもしれませんがコインチェックが倒産すればXRPも返却されない可能性はありました。
私はXRPをハードウェアウォレットに保管していたので余裕でしたが。


その後も、日本の日銀総裁や金融庁長官に相当する世界各国の要人から仮想通貨規制発言が相次ぎ、仮想通貨市場は17世紀に起きたチューリップバブルさながらの大暴落に追い込まれていきます。

XRP2


「右手に見えますのは東京スカイツリーでございまぁ~すw」


私のXRPの価格も最高値の7分の1の価格まで下がり利益はたったの20万円ほどに・・・
投資の38万円分は暴落中に売却して回収済みであり、残った利益だけを使って投資中です。今後価格が0円になってもプラス収支確定です。


(あの時売っていれば・・・)

でも勝負に「たられば」はありません。

パチンコスロットも「あの時やめてれば・・・」は禁句ですもんねw

「無くなってもいいや」のはずが… その2

168,000円で購入したXRPは12月に入り急騰!

「追加投資やっ!」とばかりに、12月13日に20万円分のXRPを追加購入。

合計38万円を投資。


そうやって調子に乗って追い金すると、大体ろくな結果にならないと言うのが世の常。


しかし、その不安をよそにXRPの高騰は留まる事を知らず、8日後の12/21にはこんな事に


IMG_0187

(携帯のスクリーンショット)



次の日12/22には100万円を突破

IMG_0195

たったの9日間で38万円が100万円突破って・・・
恐るべし仮想通貨。



しかしここからBTC(ビットコイン)が暴落し、XRPもBTCに連動して伸び悩む事に・・・

一週間ほど苦しい展開がつづく。


年末も差し迫った12/29の午前中は何とか113万をキープ

IMG_0218



既に資産は約3倍。

(そろそろ売った方がいいかな・・・)

年末は海外投資家がバカンスに入る関係で手仕舞い売りがあると言われているから、もしかしたら急落する可能性もある。

・・・と思ったのですが、リスクに挑戦しない人間はリターンを得る事もできないと言うのが私の信条。

もう一人の自分が「逃げたら終わり・・・」と耳元で囁きます。

パチンコスロットで鍛えた全ツッパの魂が背中を押します。


私はこの日(12/29)の午前中に届いたハードウェアウォレット(仮想通貨のハッキング被害を防ぐ安全な保管方法)にXRPを取引所から移動させてガチホ(ガチホールド=保有銘柄を売らずにひたすら持ち続ける)する事にしました。

ハードウェアウォレット
Ledger Nano S(フランスLedger社)
IMG_0919

この中にXRPを保存するのではなく、XRPの秘密鍵を保存します。
113万円が入るわけです。
映画に出てくる悪の組織が血眼になって手に入れようとする謎のチップみたいなものですw


この一ヶ月後、まさかコインチェックのハッキング事件が本当に起ころうとは・・・


つづきは明日



「無くなってもいいや」のはずが… その1

~~~あれは去年の10月頃の事~~~


ニュースで時々、「仮想通貨ビットコインが・・・」と耳にするようになっていました。

株価の情報を調べていると、その横には仮想通貨の広告が。
(仮想通貨ねぇ。意味わからん。そんなに上がってんのかな?)

と気になってチャートを調べてみると・・・

BTC価格


「確かに。この一年だけでもメチャメチャ上がってるわ。」

しかし、11月に入っても、「仮想通貨ビットコインが最高値を更新し・・・」、「仮想通貨ビットコイン価格は今年に入って数倍になっており・・・」と、報道される回数が日に日に増えていく。

もう気になって気になって仕方がない。

まるで、自分の隣のおじさんが設定6確定演出が出たのを自分だけが偶然目撃してしまい、おじさんのARTが終わってチラチラ時計を見だし、満タンだった下皿のメダルを全部箱に移し、膝の上に置いた箱からメダルを使って打っているのを通行人のフリして見張っているのと同じ気持ちです。


相場の基本的な格言である「株は安い所で買い、高い時に売る」。
解かっちゃいるけど、ビットコインのあまりの急騰ぶりに、この先まだまだ上がるかもしれないと言う素人的な考えも捨てきれない。


パチンコスロットが好きな人は価格の変動(玉やメダル量の変動)には耐性があるわけで、軍資金がゼロになってしまう可能性があっても挑戦する覚悟は最初からできています。

ビットコインは暴騰が続いているのだから、暴落する可能性は常に隣り合わせです。
それを承知でやるのだから、最初から「無くなってもいいや」と思える金額しか投資しないようにすればいい。

結局ビットコイン(BTC)を買ったのですが、仮想通貨を調べて行くうちにリップル(XRP)という銘柄を気に入って、BTCを売却してXRPに乗り換えてみることにしました。

初期投資125,000円だったBTCは168,000円になっていたので全部売却して、全額XRPを購入しました。

しかし、この「無くなってもいいや」の投資がまさかあんな事になろうとは・・・


つづく
ギャラリー
  • カツ丼が超大盛りだったらしい・・・
  • 受動喫煙防止の波が着々と・・・
  • 10万発
  • パチンコの大当たり決定システムの解説
  • MACHINE FIRST
  • 設定付きパチンコに期待はできるのか?
  • 設定付きパチンコに期待はできるのか?
  • 設定付きパチンコに期待はできるのか?
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • ハンモックコーナー 明日OPENです
  • パチンコ店 ハンモック設置計画 進行中
  • パチンコ店 ハンモック設置計画 進行中
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: