天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

2013年08月

9月6日は新装開店です

本日はパチンコのみの新装開店初日です。
遊べる確率の機種を3機種ご用意いたしましたのでお試し下さい。 


そして9月6日(金)は新装開店10時OPENです。

【パチンコ】 
CRブラックラグーンLTX(1/221)
CR大わんわんパラダイスMSB(1/199)
CR忍魂M3(1/280)

またまた遊べるタイプにしてみました。
本当は覇者も欲しかったのですが、もう少しだけ安くなったら導入します。
リクエスト機種からはブラックラグーンと忍魂を選ばせて頂きました。確率的にも内容的にも納得出来たからです。


【スロット】
鬼の城
 KOF3
 ゴルゴ13 -薔薇十字団の陰謀- 

 リクエストに複数寄せられた、鬼の城とKOF3導入しました。

10月の導入台でリクエストがございましたらまだ間に合いますのでご投票ください。





 

スロット館LED照明化決定です

先ずはその前に、明日8月28日は新装前日の為13時OPENですのでお間違いなく。
29日の新装はパチンコのライトタイプ3機種のみで、スロットはありません。

そして、9月6日は2週連続の新装OPENでパチンコ&スロット両方に新台導入です。
9月6日の新装は次回のブログにて詳細をお知らせします。リクエスト機種も導入しています。
10月の新装はある程度決まってきてはいますが、まだリクエストが間に合いますので、ブログのコメントまたは店内リクエストBOXから投票してください。


そして4日と5日にスロット館のLED照明工事が入ります。
突然本社から連絡があって、「スロット館をLEDにするぞ」と。なんだ結構お金あるじゃんと思ったんですが、良く聞くと電気代が安くなるので長い目で見て全然得だそうです。
照明が変わるってなんだかワクワクしますね。
パチンコ館のLED工事は現在検討中です。

工事と言っても営業は通常通りに行えますので、9月6日の新装開店と 同時にLED照明になったスロット館が味わえます。だいぶ明るくなるらしいのですが実際にどれくらいになるのかは不明です。最近はどのお店も明るいスロットコーナーになってきていますので、明るくなると聞いて私的には喜んでいます。

8月29日は新装です。

8月29日(木)はパチンコのみの新台入替です。

CRパチンコ太王四神記W
1/215

CRエヴァンゲリヲン7 L
1/199

CR花の慶次~焔L-K(KX)
1/199

1パチと4パチの両方に登場です。

9月に入ると早速新台入替が待っていますので、2週連続の新装開店です。
スロットファンの方はもう少しお待ちください。


ところでここ数日のスロットコーナーはいかがでしょうか?
自分では、トップクラスの営業内容だったと思っていますが。

昨日はバジⅡが大台に乗ってすごい事になりましたが、他の台のデータもご覧いただければFANTASYLANDの新たな挑戦が始まった事を感じてもらえると思います。

今月の残り8日間は極限までチャレンジしてみますのでご期待ください。


イケイケな男がここにいました

6月から押し出してきた「期待感」とは、1台しかない台にも、どんなに古い機種でも、人気機種と同様に手を抜かないと言うのがコンセプトでした。

お客様は次は何を求めているのか?
その大きなヒントはコメントで戴いた「イケイケ感」という言葉でした。
「イケイケ」と辞書で調べたら、「調子に乗って怖いものなしの高揚した気分を表す語」とありました。

調子に乗って怖いものなしになれかぁ・・・
私はもともと勢いはあるのですが、それはどちらかと言うと勝算があっての勢いなのです。これならイケる!と思うから攻められるのです。

しかし、勝算があってやっているのでは、「イケイケ」ではないですよね。
勝算とか考えずにイケイケドンドンで進むからイケイケなんですよね。

じゃあ、どうやってイケイケになればいいのか?
答えは「先を考えるな」って事だと思います。

井腰君は言っていました。「なんかこう、よしーやるぞー!みたいな感じって言うんですか? イっちゃうぞー!みたいな感じで攻めて行きましょーよぉ!」。

これです!私のようにあれこれ考えずに、店の予算も全く考えていなそうな、このいい加減な彼の感性こそ、私に欠けているイケイケ感です。
彼は「大丈夫っすよっ!なんとかなりますよ!」って簡単に言っていました。後先を考えない彼の勢いこそ、今の我が社に足りない、FANTASYLANDに足りない「イケイケ感」ではないでしょうか?

彼は時々「入れてる感」というワードを使うのですが、彼が言うには「入れてるのを分かってもらえなかったら意味がない」らしいです。確かにその通りです。いい加減ですが意外と色々考えています。

という事で私も後先考えずに、彼の勢いに乗ってみる事にしましたので、「イケイケ感」と「入れてる感」が伝わるのかチャレンジしてみます。
 

新たなスタート

そろそろ「期待感」も飽きましたよね?
私自身も既に飽きています。

ここ数日考え続けていたのは三日前にやんやんさんのコメントにあった、「イケイケ感が足りないんですよ」 。

イケイケ感かぁ・・・

すると昨日、佐野店から異動してきた井腰君が、突然、「このままでいいんですか?」と。
彼が言うには期待感から脱却して、新しい何かが必要じゃないかと・・・


でも勘違いしないでください。
コメントでは最近出ないじゃないかと言う方が多いのですが、実は今月は店側からすれば正直出過ぎです。

でも、飽きてきた「期待感」はお客様から指摘される様な空気を出しているって事なんだと思います。
ここらで一発気合いを入れ直さないと、6月11日から積み上げてきたものが全て水の泡です。

という事で、今月の予算遂行率は全く意識せず、攻めに転じる事に決定しました。
新たな気持ちで第2弾をスタートします。

設定変更を見抜く Part3

朝変更したとしても、デモ画面のズレによって結局は島電源をOFF⇒ONする可能性が高いのですが、色んなホールに行ったら注意深く見てみて下さい。結構2台だけのバラエティーコーナーの中にはデモ画面がズレている機種や、3~4台の機種で全部デモ画面がずれている事ってありませんか?

1台バラエティーの場合は島電源をOFF⇒ONしなくても隣の台がない為にデモ画面のずれがばれませんので、そのまま開店してしまう事も多いはずです。もし今後バイオが1台のバラエティーになったら、朝チョロチョロっと変更してデモ画面のズレが無いから「まあ、いっか」なんて放置するとサブ液晶の価値がググッと上がる事になりますね。 

開店直後の朝一状態はその店の設定管理の特徴が最も表れている時です。
デモ画面がずれている以外にも、メダルが1CREDIT残っている事もあります。クレジット残りは変更でクリアされるので、残っていたらスエです。
サンドノズルがなぜか1台だけ下皿から外れている事もあります。ドアを開けた可能性が高まります。
こういう小さな所で、いい加減に管理しているかどうかが良く分かります。

普通はプレイして設定差を見抜くのが王道ですが、実戦においては今まで話してきたような小さな変化を探すのもスロットの醍醐味です。反対に設定担当者は色んな事に気を遣わないと、まんまと変更を見抜かれてしまいます。

パチンコ店の開店前と閉店後はプレイヤーの知らない世界が広がっています。
ボーナスが潜伏状態で閉店した台は、翌日の電源OFF⇒ONで潜伏をお知らせする機能が働いて、島電源ONと同時にボーナス確定画面を表示する場合もあります。
時には開店前に「〇番台ART中のままです」とスタッフから教えられて急遽リセットする事も。
また開店前に機器トラブルに追われているうちに、開店が近づいてしまい、島電源OFF⇒ONが間に合わずに、「隣の台の電源OFF⇒ONにしておいて」とスタッフに頼んで緊急対応する事があるかもしれません。

変更は夜派が多いのは、朝はそう言った急なトラブルや何かがあった時に開店が間に合わなくなるため、どうしても夜の方が安心して行いやすいのだと思います。

前にも話しましたが設定変更は数人で分担すれば楽ですが、極秘の内容だけに最小限の人数で行うのが普通です。しかし、一人だけだと、担当者が休みの日に店に来て変更しなければなりません。
一昔前はそんな事も普通でしたが、雇用条件がうるさくなった今は少なくなっています。
または休み明けの朝に必ず来るようにするようにすれば変更できますが、その方法だと、担当者の勤務体制は常に遅番⇒公休⇒早番⇒遅番⇒公休⇒早番になります。
パチンコ店の遅番勤務は深夜までです。翌日起きるのは一般的な仕事の人より遅めです。公休の次の朝が早くては、いつも公休日はゆっくり休めません。そう考えると代理で変更してくれる人が居た方が担当者もゆっくり休めます。

台の解析情報も大切です。でも、お店の裏事情も色々想像しながら勝負に挑むと更にスロットが面白くなります。


設定変更を見抜く Part2

前回はバイオのサブ液晶が下がっていたら、もしかすると・・・
しかし、設定変更以外にもメダル量調整等の可能性もあるという所まで話しました。
どうしてサブが下がるのかは分かりませんが、その時によって下がる時と下がらない時があります。

先に話しますと、設定変更は夜やるのが一般的で、変更は朝派?夜派?のアンケート結果を見たわけではありませんが、朝は時間が限られていますので夜の方が焦らずじっくり出来るため、朝やる店は夜やっている店より少ないと思います。今まで色々な人から聞いた話を総合すると明らかに夜派が多いと思われます。
それでも朝やらなければならないホールは少なからず存在します。

朝やっていると仮定して考えてみます。
設定変更は島電源を立ち上げないと変更が出来ません。しかしメダル調整やセレクター清掃等は電源OFFの状態でもできない事はありません。節電が叫ばれるこの時代に朝出勤して直ぐに島電源をバンバン立ち上げるホールは少なくなっているはずです。なるべく開店が近づいてから島電源ONです。
・・・と考えると、ただでさえドアが開くのは設定変更の可能性が高いのに、他の要因は電源OFF状態での作業の可能性があり、ますます設定変更の可能性が高まってきます。

バイオ全台のサブ液晶が多数下がっているならそれはメダル調整等の可能性が高いですが、1台だけ下がっているとすると・・・

しかし、ここで重要なのがデモ画面のズレです。
朝一のスロットの液晶画面はデモ画面が流れていますが、朝一ホールに行ってみると時々同一機種の隣の台とデモ画面がズレている機種に遭遇する事があります。

電源は1台1台入れませんので、例外を除いてほとんどの店が配電盤で島毎に電源を入れていくのが常識です。スイッチ1個で全台ONというのも電気工事的に考えても島毎のスイッチにした方が安全です。
だから同一機種なら隣の台とデモ画面がピッタリ同じになっているのが普通です。
稀に配電盤のスイッチが島の途中で分かれてしまっている店もありますが、その場合はある台を境にデモ画面が左右に分かれているので直ぐに分かります。

朝一入場時のデモ画面が左右の台とずれていたら、その台の電源は何かしらの理由で落とされたことになります。最近の台はオリンピア系と数メーカー以外の殆どのメーカーがドアを開けただけではデモ画面がずれないようになっていますので、デモ画面がズレていたら電源が一度OFFになったか、データランプに回転数が上がらないように1プレイ以上回したかのどちらかです。

店員もセレクター清掃等で台を開けた時に、オリンピア系の台のデモ画面がずれてしまうことくらい知っている店員が多いと思いますので、もしずれれば再度島電源をOFF⇒ONするのが普通です。いい加減な店は同じ機種が3台あったら、他の1台も電源OFF⇒ONして3台ともずらすなんて方法を取る可能性はあります。
 
朝の設定変更は必ずデモ画面がずれますので、2台以上ある機種のデモ画面がずれっ放しで開店する設定担当者は相当適当な人で、そんな人はあまりいないと思って下さい。 変更後はやっぱり島電源OFF⇒ONするのが常識です。

ここまで話すと、「なんだぁ、期待させて結局見抜けないじゃん」と言われそうですが、この続きは次回・・・

 

設定変更を見抜く Part1

みなさん、バイオ5のリール窓の右横にサブ液晶があるのを知っていると思います。
導入して気付いたのですがバイオ5のドアをバタンと閉めたら、サブ液晶がガクンと1cm(正確には約8mm?)ほど下がりました。

「んっ?」と思って、 隣のバイオを開けて閉めてみたら、やっぱりガクンと1cmほど下がるではありませんか。

そこで一回電源をOFFにして再度ONにしてみたら、役物等の動作チェックの為にサブ液晶も一旦動いてから、元の位置に戻りました。パチンコもスロットも、役物がある機種は殆どの台が役物の動作チェックの為に電源投入直後は全ての役物が一回動いてから通常遊技が出来る状態に復帰するように設計されています。

サブ液晶が元の位置に戻った後に、試しにもう一回ドアを開けてバタンと閉めてみると、やはりガクンと下がりました。バタンと言ってもそれほど強い力ではないので普通に閉めても下がります。

しかし違う日にも試してみたら下がらない時も時々ありました。

と言う事は・・・
朝一サブ液晶が下がっている台は誰かが電源投入後に一度は台を開けた可能性大です。
「そうか設定変更か!」と決めつけるのはちょっと早いです。

ドアを開けるのは「メダル量調整」や「セレクター清掃」、「リール窓清掃」、「リール清掃」かも知れません。 
しかし毎日セレクター清掃をしている店は聞いた事ありませんし、リール窓やリール清掃は本当に時々しかやらなくても今の台はそれほど汚れません。

一番多いのはメダル量調整だと思います。
パチンコ店は閉店後にスロット台全台のホッパーのメダル量を一定量に調整してるホールが多いのをご存知でしょうか?
完全自動補給・自動回収の店はメダル量調整など放置ですが、それ以外の店は結構やっているホールが多いはずです。調整する理由としては・・・
朝一のボーナスやARTが掛かった時に直ぐにメダルが空になる事を防ぐ。
朝一にHEエラー(ホッパーエンプティー)が出た時にクレマンなどの発見に繋がりやすい。
手補給の度に台を開けられるのをゴト師が嫌がる。
自動回収ではない店の場合は朝一からオーバーフローではお客様に嫌がられる・・・等々の理由からです。

以前はホッパーもサンドも自動補給にするホールがどんどん増えていたのですが、気が付かない内にゴト師に延々と抜かれてしまったり、4号機時代に3万枚も4万枚も出るようになったりしたため、手補給の方が一気に持って行かれる金額が少なくなる上、台を開けられるのをゴト師が嫌うなどの理由でホッパーへの補給を手補給に戻す店が増えました。

メダル量調整をしてない店は、朝一のボーナスやART等でまだ何枚も出ていないのにメダルが空になったり、いくらも投資していないのにメダルオーバーフローしたりするので、調整していない事がわかります。


以上の様な事から、ドアが開けられるのは設定変更かメダル量調整である事が多く、それを夜やっているのなら、どこのパチンコ店も島の電源を落として帰り、翌日島電源を立ち上げる為、バイオ全台のサブ液晶が綺麗に並んで開店を迎えますので、もしサブ液晶が下がっていたら、翌日、電源を投入した後に何者かがドアを開けた事になります。

しかし設定担当者はもっと気を遣っていますのでこれだけではまだ掘り下げが足りませんので次回この続きを・・・

「そうかっ!」なんて早合点して明日行かないで下さいね。世の中そんなに甘くありませんので。

擬態

※この記事の中にはナナフシの画像が含まれますので、パチンコスロットしか興味の無い方はどうぞ飛ばしていただき、次回のブログにご期待ください。


カブトムシはその後順調に育ち、今年産まれた幼虫が早くも100匹を超えています。

最初は去年飼っていたカブトムシが死んだ時に娘が泣いたので、なんとかその場をフォローしようと「このカブトムシが産んだ卵が来年また生まれるんだよ。」と言ってしまった事からカブトムシ飼育が始まったのですが、いつの間にか私が本気になってしまい今に至っています。

しかし、私の虫好きが高じて、娘まで昆虫の図鑑にハマってしまいました。毎日虫を追いかけ、友達の女の子に気持ち悪がられているようですが、そこまで虫が好きなら飽きるまで応援してあげようと思っています。

娘はその図鑑に載っていたナナフシに興味があり、と言うより私が「ナナフシっていうのはねぇ!」と熱く語っているうちに、ナナフシとはすごい生き物なんだと娘も理解したと言う方が正しいかも知れません。

ナナフシをどうしても捕まえたいとうるさいので今度連れて行ってあげると言っていたら、デパートのガラガラ抽選会で娘が赤城自然園の入場無料券を当て、そこにはどうやらナナフシ橋と言う橋がある事が分かりました。
ネットで徹底的に調べたらどうやらそこよりもその近くに毎年ナナフシが大量発生するスポットがある事がわかったので、赤城自然園に行った後に寄る事にしました。


ほとんどナナフシを捕まえる為の旅行になりましたが、本当に捕獲しました!

ご覧ください。

nanafusi2

どこにいるかわかりますか?
右下を向いて、前足を揃えて伸ばしているのがそうです。

今度は真下を向いている画像です↓

nanafusi3


ついでに両手をY字に開いているショットを↓

nanafusi4

う~ん、芸術的なこの擬態が何とも言えずに、見ているだけで大満足です。
ほとんど動かないのですが、2時間でも3時間でも同じ体勢を続けられる体力に感心してしまいます。

ここまで芸術的だと、素晴らしい環境にしてあげないとナナフシがかわいそうなので、大型ケージを自分で作る事にしました。

既に119個の卵が産まれています。
因みにナナフシは「単為生殖」と言って、メスだけで卵を産める有り難い生き物です。


nanafusike-ji

7匹います。
中央で仕切っているのは幼虫が産まれたら、左側に幼虫、右側に成虫を飼育するためです。

 奥様がやり過ぎじゃないかと言うのですが・・・

 

金メダル増量しました

4スロ用の金メダルを6万枚ほど増量しました。

ストックが出来るようになったので、今までのようにメダルを洗いながら戻して行く方法ではなくて、一気に洗って汚いメダルと交換できます。
スタッフの人数が多い時でないと一気には洗えないので全部終わるのには数週間はかかってしまいますがかなり汚れが改善されてくると思います。

銀メダルは台数が多い分だけ、金メダルより大量にありますので時間が掛かりますがこちらも頑張ってきれいにしていきます。

それから、パチンココーナーにライトタイプの認知度を上げるポスターが掲示されましたので、お暇な時はご覧ください。


追伸:佐野店の例のイケイケの男が19日からFANTASYLAND勤務になりましたので、見つけたら一声かけてあげて下さい。


メダルが汚くて申し訳ありません。

コメントでメダルが汚いとご指摘をいただきました。

私もいつもお客様の指先を見ながらおしぼりをお渡しているのですが、確かに当店のメダルは汚いです。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしております。

以前にもコメントでメダルが汚いとご意見を頂きまして、メダル洗浄に関してはかなり改善したのですが効果が薄いという事になります。

本日高圧洗浄器を自宅から持って来て洗ってみましたが、本日今夏最高気温更新のため、18000枚ほど洗った時点でギブアップさせていただきました。明日以降も続けてまいります。

メダルが汚いという事はこっそりプレイしている方にとっては家に帰って奥様にバレてしまったり、彼女とのデートで汚い指先では彼女に嫌われてしまいますよね。

今日からさらにメダル洗浄に力を入れて、きれいなメダルのお店にしますのでもう少しお時間を下さい。 
今月はメダル洗浄強化月間にしますので、月末頃、まだメダルの汚れがあるようでしたらコメントでご報告をお願いいたします。


ライトタイプの面白さ

ライトタイプはパチンコ稼働アップの重要な鍵を握る機種だと前回書きました。

なぜなら、遊びと夢の両方を兼ね備えているからです。
ライトタイプは時短終了後に再度初当りを狙いに行きたくなってしまうのがミドルとの大きな違いです。

ライトタイプには「もしかしたら・・・」の夢があります。
甘デジでも1万発OVERは出るものの、2万発が出る確率は大幅に下がります。
ライトタイプはミドルマックスの様な3万発、4万発の大勝ちは滅多にありませんが、2万発程度の夢ならかなり現実的な確率で発生しています。一撃だけではなくて、数回の初当りを経て勝ち取る事が出来る可能性を秘めています。

ミドルタイプで3万発、4万発クラスの出玉を交換した台のデータを良く見ると、多くの場合が数回の初当りを引いています。通りがかった人は一撃で出ていると思っていても、実際は出している人は何度も危ない橋を乗り越えて勝ち取っているのです。しかしその危ない橋を渡ろうとする人は少なく、普通の人は時短即ヤメを選択してしまいます。

パチンコをやる人なら一度や二度は、「時短終了即ヤメ」、または「時短即ヤメ」という言葉を聞いた事があるはずです。自分で使っている人も多いと思います。これが今のパチンコが抱える大きな問題点です。

先日久し振りに打ったミドルの冬ソナFinal(1/319)で0回転から812回転まで回させられましたが、これがミドルの現実です。
また、マックスタイプで確変中に内部確率1/39.9のはずなのに、150回転回してもなかなか当たらない事がありますが、あれは通常時に1/399の大当りが1500回転当たらないのと全く同じ現象です。
長い経験の中で、いやな思いを何度も経験している人は、その時の嫌な記憶が甦り、時短終了後にやめてしまう・・・ やっと出た出玉が全てなくなってしまうかもしれないのに、次の初当りにチャレンジしようとはなかなか思えないというのが本音ではないでしょうか?

最近のライトタイプは2000発搭載の機種に人気が集中しています。甘デジの16R比率が高い機種が成功したのと同じです。やっぱりどこかで一撃の可能性を秘めている機種を選んでしまうからでしょうか。

メーカーが甘デジ成功の次は「ライトタイプ」だと張り切って発売したものの、その時は市場に受け入れてもらえませんでした。1パチや5スロが成功して、中途半端な2パチと10スロが好結果を残せないのと似ています。

恐らく、ライトタイプの本当の真髄とも言える、「次の初当たりが狙いやすい」、「一撃でなくても何度か初当りを引けば予想以上の箱数になる事がある」という重要なポイントをユーザーに伝えきれないから、粘ってくれる人が今まで少なかったのかもしれません。
しかしAKBの登場によって、推しメンが見たくて即ヤメしないために、1/199と言うスペックが実は数回の初当りを引くとスゴい箱数になってしまう時がある事を初めて知った人も多かったのではないでしょうか。

ライトタイプのシェアはこの半年で20%から13%まで落ち込んでいますが、これは大量導入されたAKBが大幅減台されている為です。
AKB導入に際して、好調の甘デジと稼ぎ頭のミドルマックスの台数は減らしたくなかったのがホールの現実ですから、AKB導入のあおりを食らって撤去されたのは他のライトタイプだったはずです。

ミドル・マックスで一日何万円も使って現実味の無い一撃3万発4万発を狙うより、AKBによって浮き彫りになった現実的な数回の初当りで狙う2万発を夢見るほうが今の時代には合っています。
FANTASYLANDでは今後遊びと夢の両方を兼ね備えた「ライトタイプの魅力」をお伝えしていこうと思っています。

追加入替決定

今月の月末頃、パチンコ台3機種のみの追加新台入替(正しくは中古台)を行う事にしました。
執行役員に特別予算を組んでもらうように頼みこんだら快諾して頂けました。

当店はパチンコ台:スロット台=232台:223台でほぼ同じ台数です。
それなのに売上比率はパチンコ:スロット=3:7と、明らかにスロットに偏った営業になっています。
過去の事を色々調べた結果、パチンコに比べて明らかにスロットへの投資額が大きかった事が分かりました。

もっとパチンコにも力を入れれば、スロットの利益に頼らない営業が出来ます。
既にパチンコ稼働アップの計画は進行しており、現在のパチンココーナーは今までとは色々な面で違ってきているのですが、ハッキリと体感しているお客様はまだ少ないのではないかと思いますので、皆様が体感できる状態になった頃にはブログでもお知らせしようと思います。

8月末頃に導入する3機種は大当り確率 1/215、1/199、1/199のライトタイプ。そして9月導入のパチンコも 1/221、1/280、1/199のライトタイプです。リクエストの多かった機種も含めました。
このクラスの確率をライトミドルと呼ぶ人もいますが、私は敢えて簡単に「ライトタイプ」と呼んでいます。

業界内でも用語の共通した定義はありません。
昔はミドルと言えば殆どが1/300~1/320でした。近年は様々な確率が出てきた事で甘デジ⇒ライト⇒ライトミドル⇒ミドル⇒ハイミドル⇒マックスとややこしくなりました。1/200前後なら、甘デジとミドルの間なのではっきりとライトと呼べますが、1/220~1/250のタイプが登場してくるのと同時に、ミドルタイプが1/300を切って1/200台後半の確率まで甘くなってきたために、ライトとミドルの境が分からなくなってしまい「ライトミドル」と言う曖昧な言葉が生まれたのだと思われます。
また、マックスタイプの稼働が激減したので1/350~1/370のタイプで甘んじるメーカーが多くなり、ミドルとマックスの中間的な確率をハイミドルと呼ぶようになりました。

以上の様な事から、ライトミドルは非常に定義が曖昧なので、私は甘デジでもなくミドルでもない機種を分かりやすく「ライトタイプ」と呼ぶようにしています。

実はこの「ライトタイプ」こそ、パチンコ稼働アップの重要な鍵を握る機種だと考えています。

次回、今後のパチンコ稼働アップの構想についてお話します。

あの男が帰ってくる

最近期待感が薄くなったんじゃないかと数件のコメントが・・・

でも今日はすごい事になっている1台を抜かして考えても「ご奉仕の一日」だったのですが皆さんからそう言われてしまってはこの辺で男として攻めなければなりません。
スロットファンの最後の聖地を目指して明日からもう一度気を引き締めて頑張ります。

ここで皆さんにお知らせです。
当グループの佐野店が7月28日で休業になりました。佐野店は5年前に私も1年弱だけですが店長をしておりましたが目の前に強豪のL店があって、非常に苦しい経営でした。
もし一度でも行って下さった方がいらっしゃいましたら代わって御礼を申し上げます。

ところでその佐野店にいた井腰班長が8月21日から栗橋店に異動になります。
ご存知ない方もいらっしゃるかも知れませんが、彼は5/21~6/20までの1ヶ月間、研修で当店に来ていた我社でも期待されている非常に優秀なスタッフです。
6月11日の4スロ移設の時も、新生FANTASYLANDのスタートを先頭に立って進めていたのが彼です。この井腰班長は私の制止を振り切ってでも、「もっと攻めましょうよっ!!」と一歩も引かないイケイケの男です。
私が「そんな所に入れんの!?」と言っても、「こういう所に入れるのが「期待感」なんですよっ!」 と、信念を持っています。話も非常に面白くて、彼氏のいない女性は最高の男ですのでよろしくお願いします。

井腰君は設定の鬼なので、私なんかより遥かにスロットに詳しくて、豪快な男なので是非とも「井腰勇太、凱旋キャンペーン」にご期待ください!
 

負けた時のバーチャル体験

今日の14時20分頃、男性のお客様が柱を蹴って穴を開けてしまう事件が発生しました。

話を聞くと、以前この近くに友人が住んでいて、遊びに来た際に当店に寄ったら、非常に良い結果だったと。
最近自宅近くのパチンコ店が全然出ないので、隣の県からわざわざ電車でこの店まで来てくれたそうです。

ところが今日は甘デジで25000円負けてしまって、むしゃくしゃして柱を蹴ったら、本当に穴が開いてしまって我に返ったという事でした。データを確認したら、ストレートで出なかったわけでは無く、何度か当たったけど飲まれて追加投資しても出なかったようです。

期待すればするほど負けた時のギャップが大きくなってしまう気持ちは痛いほどにわかります。それが隣の県から遥々やって来たとなると、絶対に負けられない勝負になってしまい、余計なプレッシャーがかかります。なんだか可哀想に思えてしまいました。


昨日私も1パチの冬ソナFinalの釘が甘かったので0回転から座ってみたら、等価で20回回ったので熱くなって回してしまいました。当たったのは812回転・・・しかも13R通常・・・ここまでは最悪の気分でした。
しかし時短突入して直ぐにアツイリーチが出て、まさかの大当り。あまりに早かったので2回転?と思ってランプを見たら1回転でした。またもや通常当たりだと思ったらラウンド中に昇格して実は確変でした。
812回転の次は1回転って・・・パチンコスロットはドラマですね。319分の1で1000回転ハマるとさすがにショックは大きいですよね。812回転で出て良かったです。私の場合はもし1000回転で出なくても台を叩く事はありませんが。

私は必ず入店前に財布の中から〇円減った時の事をリアルに考えてみて、悲しくなるような金額なら投資額を減らして再度考え、「よし、〇円までなら納得できる!」と自分自身が納得してから入店するのを心掛けています。負けてストレスをためてしまう人は「負けた時のバーチャル体験」をやってから入店してみる事をお勧めします。
そして、その金額を超えたら絶対に帰る事です。
 
勝つ時は草木が生えないほど万枚でも2万枚でも抜きたいだけ抜いて下さい。

リクエストBOXに・・・

リクエストBOXに早くも15件のリクエスト機種を投票していただきました。
想像以上の数で大変喜んでおります。

ブログをご覧のサイバーな方々はコメントでリクエストしても同じですが、その機種を導入して欲しい理由を他の人には公開されないという所がBOXとの違いです。

サイバーな皆さんもたまにはBOXにも投票してみて下さい。 

バージョンアップしました

8月1日より、店内にある「インフォメーションスクエア」と「データロボサイトセブン」の大掛かりな修正を行いました。

インフォメーションスクエアとはスロット館にあり、台データが見られる「タッチパネル式大型ビジョン」の事です。
20スロの機種名で検索できる機種を大幅に増やしました。20スロのバラエティ2列と4スロは今まで通りの検索方法と同じです。
機種名で設定できる件数に制限があり、当店のようにバラエティ化している店は全機種設定するには高額なバージョンアップが必要になる為に今まで非常に使いづらい設定になっていました。全機種機種名で登録するのには更なるバージョンアップが必要なのでご勘弁ください。

データロボサイトセブンは当店のホールコンピューターメーカーであるダイコク電機が提供している出玉情報サービスで、PC・スマホ・携帯で当店だけに限らずデータ公開している店舗の現在データや過去データが見られるサービスです。
今回の大幅なシステム変更により、過去データがクリアされておりますが日を追う毎に過去データが蓄積されていきます。
パチンコは今まで通りですが、4スロも20スロも全機種機種名から検索できるようになりましたので、今まで台番を覚えて閲覧して下さっていた方には大変ご迷惑をお掛けしておりましたが、今後は見やすくなりましたので大いにご活用ください。
サイトセブンは月々315円の有料サービスですが、サイトセブンには10日間無料サービスがありますので、まだご登録されていないお客様は過去データが蓄積された頃に一度お試しください。

 無料期間を過ぎても自動的に有料登録されることはありません。毎月〇万円も使っていらっしゃるお客様は月々20スロでメダル15枚、4スロでメダル75枚で有料会員になれますので是非ともご活用ください。
 因みに当店にはその有料登録料金は1円も入ってきません。ダイコク様に上納されますのでご安心を。

勝利への近道はインフォメーションスクエアとデータロボサイトセブンです。
 
それから、新台と移動台のデータランプの過去データクリアは今回正しく行いましたので報告しておきます。
 
ギャラリー
  • あの人が喜んでいるはず
  • あの人が喜んでいるはず
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: