天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

2017年08月

築地場外市場 新鮮 直送市の舞台裏

ファンタの恒例企画となった、「築地場外市場 新鮮 直送市」。

8月3日の火災で7棟が全焼したそうですが、出火元はラーメン井上さんである可能性が高いと築地署が発表したそうです。

今日は新鮮直送市で店長が築地に買出しにいきましたが、現場は撮影禁止の貼紙が貼られており、復旧作業が進められていたそうです。早く復旧して欲しいですね。


さきほど13時~スタートした新鮮直送市は大盛況で、カウンター前にお客様の人だかりができ、大トロや明太子、玉子焼きなどが飛ぶように売れました。この企画は回数を重ねる毎に信用が高まっています。

所詮パチンコ店の景品販売ですから、どんなにお店が頑張っても食品に関してお客様の信頼を勝ち取るのは難しい。しかし「築地場外市場」という名を借りればファンタジーランドの信頼性ではなく、築地場外市場の信頼性によって景品は飛ぶように売れるのです。


築地場外市場新鮮直送市が始まったのは昨年の2月。
スタート当初は私が仕入れを担当しており、何度も築地に通いました。今では相澤店長やブラザー君が担当してくれています。


この企画の舞台裏はこんな感じです。


朝は7時に出発し、高速で築地へ。
通いなれた銀座インターへはナビ無しでも余裕ですw

8時頃、場外市場に到着すると、いつもの立体駐車場へ車を停めて、いざ場外市場へ向かいます。
9時までが勝負。早く商品を選ばないと外国人観光客や日本人客が多数押し寄せて通路が混雑してきます。
定番で売れる商品、これまでの直送市で売れ残ってしまった商品、初めてチャレンジする商品をあれこれ考えながら選定していきます。途中で生ガキを買ってその場でペロッと食べ、店頭販売している人気商品をつまみ食い。

こうして両手いっぱいに袋を下げて車に戻ります。
車に乗ったら購入した全てのレシートを店舗にいる役職者に
写メで送信し、商品が店に到着するまでに景品登録と商品ポスターを予め作り始めてもらいます。

高速に乗り、時には渋滞に巻き込まれながら漸くお昼頃にファンタに到着します。
そして陳列して、13時頃新鮮直送市がスタートします。

高速代、駐車場代、ガソリン代、人件費、色々ロスも多いですが、全ては「喜んでもらう」それだけを目的にやっている事です。


まだまだパチンコ店がやれる事はたくさんあります。

海シリーズはやっぱりスゴイ

業界人の間では「台粗利」と言う業界用語がよく使われています。

粗利÷台数=(1台当たりの)台粗利

台粗利は「台粗」とも呼ばれ、「台粗いくら?」のように、業界人の会話の中で頻繁に登場します。

しかし台粗利は計算式を見ればわかるように、粗利額を台数で割ってしまうため稼働率が低い店舗では台粗利も低くなります。店舗の収益性を考える上では重要な指標となりますが、1台1台、或いは機種別の収益性を判断する為の指標としてはピントがずれています。

機種毎の収益性を知るには様々な指標がありますが、その中でも特に「時間粗利」は非常に面白い指標であると言えます。1台当たりの粗利額を稼働時間で割れば1時間当たりの粗利額が分かります。
例えば台粗利2000円の機種で稼働時間4時間なら1時間当たり500円の時間粗利の機種です。1時間打つとお客様は500円負けると言う意味です。あくまで平均値です。


しかしパチンコ店は稼働時間をアウト玉(アウトメダル)から逆算して稼働時間を算出しているため、実際は稼働時間で割るとズレが出てしまいます。

もう少し詳しく書くと、パチンコの場合は1時間に打てる玉数は1分間100発×60分=6000発ですが、4時間稼働だと4時間×6000発=24000発になるかと言うと実際はそうならず、保留満タンやロングリーチ中に打ち出しストップ、トイレ等の離席も合わせると、実際の1時間当たりのアウト玉数は5000~5300発程度です。
スロットはフルウェイトで打つと1時間3600秒÷1プレイ4.1秒=約878プレイになり、878プレイ×3枚掛け=2,634枚のアウトになりますが、プレイが遅い人もいるので、平均すれば700プレイ×3枚掛け=2100枚程度が平均的なアウト枚数です。
ホールコンメーカーが独自に、現実的に1時間で打てる玉数と打ち込めるメダル枚数を仮定して、その数値で台粗利を割る事で、現実に近い1時間当たりの粗利額を計算したのが「時間粗利」です。

機種ごとの時間粗利を知って、その機種のアウトも調べれば、「この機種は時間粗利が多いのに人気機種だ」「この機種の人気が長持ちしているのは時間粗利が低い為だ」のような色々な分析が可能になります。


1円パチンコに設置されている現行機種(あまりにも設置台数が少ない台は除外)約250機種を時間粗利が少ない順に並べてみると面白い事が判ります。
時間粗利が少ないと言う事は、お店泣かせであるとも言えますし、或いは必然的にそうなっているとも言えます。

驚くべきは海物語シリーズで、海物語シリーズ約30機種は全て90位以内にランキングされ、その内40位以内に約20機種がランキングされています。お店が意図的にそうしているという表現は誤解を招くのでそうは言いませんが、とにかく海物語シリーズは時間粗利が少ないと言う事は間違いないのです。1円パチンコだけに限らず4円パチンコも同じ傾向です。

特筆すべきはF・クイーン系やナナシー系の様な名機の後継機は安定して上位にランキングされている事です。これも意図的なのかどうかは別として、結果はそうなっています。

海シリーズ導入で台が到着し、ゲージを見ると、「相変わらずお店泣かせの釘構成になってるな・・・」といつも思います。
海シリーズの様に不動の人気機種はメーカーも強気な釘構成で製造してきます。
冬ソナが出た時も、美空ひばりが出た時も、メーカーが「この機種は人気になる!」と自信がある機種ほど、釘構成が製造段階でお店泣かせになっている事が多く、蓋を開けてみると案の定時間粗利が低くなると言う事はよくある事です。

※この記事はそれらの機種を当店がお勧めしていると言う事ではありません。全国的にデータがそうなっているというだけです。

磯ハンター 2017

毎年恒例となりつつある南房総「磯ハンター」シリーズ。

今年も行って参りました。

潮位表で干潮時刻を調べて、最高なコンディションでの挑戦です。

昨年はウツボをGETして感動のフィナーレを迎えましたが今年はどんなドラマが待っているのか・・・


2014年に自宅に海水魚水槽を設置してからは、「捕まえたら持って帰れる!」という安心感がありますから、同じ磯遊びをしていてもワクワク感が違います。



去年、設置後10分で波にさらわれてしまった、お魚一網打尽の秘密兵器「TAKAMIYAのお魚キラー」。


624ebb001


同じ過ちを繰り返さぬ様、今年は妻が2個購入してきました。

昨年の苦い記憶「TAKAMIYA お魚キラー流出事件」。
⇒ (2016.8.22)「続・磯ハンター2016」



朝10時からスタートし、干潮は11:42。

さあ、スタートしようと思ったら、3つ持ってきた網が妻・子供二人に持って行かれて、私の網が無い・・・


気が付くと妻はもう既に子供達を完全に無視して、深場でニシキベラ狙いを開始しています。本当にどうしようもないお母さんです。

nisiki

このベラは昨年十数匹稚魚を持ち帰って、一夜にして全部ハゼに食べられてしまった為に、今年は大きめのベラを持ち帰ろうという魂胆だと思います。

しかし実際捕まえたのは17cm~18cmはあろうかというサイズで、我が家の水槽には大きすぎるので断念しました。

IMG_22521

横から見るとカラフルな非常にキレイな魚です。


お魚キラーにはキヌバリ、ドロメ、ベニツケガニ等が捕獲できました。

キヌバリ

IMG_22523

キヌバリは非常に弱い魚なので逃がしてあげました。



そして私が大きな岩場の下でベニツケガニをGET!

IMG_2256

ものすごい凶暴で、手を近づけるとチョッキン、チョッキンと音を立てて攻撃してきます。
こっちはサイズが大きすぎて水槽に入れると危険なため、お魚キラーで捕獲した小サイズのベニツケガニを自宅に持って帰る事にしました。



磯の常連でありながらじっくり腰を据えないと見つからないのがイソクズガニ。

IMG_2259

今年も2匹捕まえました。


昨年どうしても捕まえられなかったのが「トゲチョウチョウウオ」。
3匹GETです。

体長2cmを2匹と

IMG_2300



体長4cmも捕獲

IMG_2262



そして今回、全員が最も喜んだ獲物がコチラです!

IMG_2294

「ミノカサゴ」です。

なんと美しい姿をしているのでしょうか。

カツオノエボシ・ヒョウモンダコ・オニダルマオコゼ・アカエイと並ぶ、磯で遭遇する「毒がある危険生物ランキング」では常に上位ランキングされている危険生物で、ヒレに触ると激痛が走ると言われています。

まだ小さいので毒があるのかはわかりませんが、これからは水槽メンテナンス時に容易に手を入れられなくなります。


ミノカサゴは娘が捕まえました。

娘と一緒に他の魚を狙っていて、その魚のすぐ近くにおり、実は私もその存在には気が付いていましたが、すっかりイソギンチャクだと思っていました。

娘が「ちょっと待って!これ!」というので近くで良く見たらミノカサゴでした。

ミノカサゴは水中に潜った状態で発見すると直ぐにそれだとわかりますが、水面を上から見ているとイソギンチャクと見間違います。


水槽のコケ掃除担当のシッタカガイを、潜水して10分で22匹捕獲。

IMG_2260


他にもカゴカキダイ、ナベカ等色々捕まえましたが、やっぱり今回の主役はミノカサゴです。

IMG_2294



夕方になり、潮が満ちてきてすっかり深くなった磯を最後にぐるっとひと回りしようと、娘と探検に出かける事にしました。


深場に行くと、娘が「パパー!!!×◎#××ボーーー!!」

沖縄のエラブウミヘビ発見の時と同じく、私の腕をグイグイと引っ張るではありませんか。

この世の終わりかと思うほどの騒ぎようです。


「ウツボー!ウツボ、ウツボぉぉーーー!!」


娘の指さした方を見ると、2.5m先の大きな岩の下から、1.3m以上はあろうかという黒いウツボが口を開けてユラユラと顔を出していました。

昨年捕獲したウツボより遥かに大きかったのと、深場の岩と岩の間の細い通路で遭遇した為にかなりビビりました。


いつかはヒョウモンダコの本物を見てみたいですね。

23546258

破格の給料?

そう言えば先月末に、全日遊連から面白い案内が届いていました。

皆さんご存知のRSN(リカバリーサポートネットワーク)ですが、そのRSNがホールから出向社員を公募する案内です。各ホールで推薦したい従業員を選んで応募する形です。


出向期間は約3カ月間。

その出向先は、なんと沖縄。

P7090858


P7080054

先月行ってきたけど、また行きたいなぁ・・・



ところで、その給料が破格です。

誰もが行きたくなってしまいます。


===========
rikabari-

=========

なぜ賞与・・・

どう考えても一般的な平均的な給料より高く設定されています。


募集の概略はこうです


============


リカバリーサポート・ネットワークへの出向社員の募集について

 
 7月19日開催の全国理事会でご報告致しました通り、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)への出向社員を公募することと致しました。
今回は、下記により第3期、第4期出向社員の募集を行います。
出向社員として都府県方面組合から推薦したいホール従業員の方がおられましたら、「RSN出向社員推薦用紙」に必要事項をご記入のうえ、ご応募ください。
ご検討の程、よろしくお願い申し上げます。

 記

1.出向対象期間
 ① 第3期  グループA  平成29年11月から平成30年1月
        グループB  平成29年12月から平成30年2月
 ② 第4期  グループA  平成30年2月から4月
        グループB  平成30年3月から5月

2.留意事項
 ① 1期間は3ヶ月となっておりますので、3ヶ月間継続して沖縄で出向可
能な方をご推薦願います。
 ② 出向者につきましては、各県からの推薦者を取りまとめたうえで、依存問題検討プロジェクトチームおよび執行部で検討のうえ、RSN西村代表理事との協議により決定し、出向予定者の所属組合に通知致します。
 ③ 出向元の企業に対しては、「リカバリーサポート・ネットワーク出向協定給与一覧表」に基づき、出向者の4月1日現在満年齢による年齢給を支給します。そのほか、現地での家賃・光熱費、レンタカー代、ガソリン代等もあわせ、21世紀会が負担することとなっています。
   なお、出向社員協定給与は40歳を上限としており、それ以上の年齢の方を出向させる場合であっても上限額を支給することとなります。

(中略)


4.締め切り
  平成29年9月4日(月) 17時
===========

良く読むとその給与は「出向元の企業に支払われる」と書かれているので、本人がもらうのではなく企業がもらえるんですね。

ですよね。
それなら分かります。
企業にとっては一人の社員を出向させるわけですから、一人分の欠員と採用費も考慮してくれているのだと思います。

ただ、気になったのは「現地での家賃・光熱費、レンタカー代、ガソリン代等もあわせ、21世紀会が負担することとなっています。」となっています。



なにっ!?

ガソリン代も?

出向の時期が一番早くて11月から、一番遅くて5月までになっているので、沖縄の青い海を満喫できるのは最後の4月5月だけだと思いますが、少なくともこっちより暖かい気候の沖縄で楽しい休日が過ごせるのは魅力です。


全国から知らない男女のスタッフ同士が沖縄で集結するのかぁ・・・


ファンタのブラザー君は彼女がいないみたいだから推薦してあげようかなぁ。


~~~~~~

平成30年3月・・・

第4期グループBにブラザー君はエントリーしていた。

現地に到着したブラザー君は仲良くなったグループ数人と一緒にパチンコ談議に花を咲かせ、週末はグループで国際通りに出かけるのが日課に。

気が付いたらグループの中の笑顔が可愛い女の子とカップルに。


初デートは美ら海水族館。

P7070646


国際通りで飲み歩き、朝までオールナイト。

平日の夜はスロ好きな彼女と沖スロ三昧。依存症対策の事を学びに来ているのに、二人は本場の沖スロに魅せられて沖スロ依存症に。

IMG_1731


4月5月なら海にも入れます。
土日の連休を使って石垣島まで南下して、二人で初めてのスキューバ体験。

BlogPaint

ウミガメも二人を祝福。


ガソリン代は無料だから、休みの日は彼女とバンバン遠出しちゃって、朝までベッドで依存症対策について語り合う・・・


そして出向最終日、彼女とのお別れの時が・・・


ブラザー君は真っ黒に日焼けし、逞しくなってファンタに帰ってきた。

「BM!自分は沖縄で彼女と一緒に暮らす事に決めました!今までお世話になりました!」

と言って、ブラザー君は沖縄に引っ越して行った。



・・・うらましいから、ブラザー君はやめておこう。

パチンコ台が65kg?

よくぞ言ってくれました。

全日遊連から、日工組宛てへ要望書が提出されました。

『遊技機の重量及び筐体形状等の制限について(要望)』


要するに、「最近の遊技機は重すぎる。一定のルールを決めてくれ。」という要望書です。

遊技機の重量


仕事人Vが重すぎると思っていたら、CR牙狼GOLDSTORM翔は遊技球も含めると、なんと65kg以上。

納品時は屈強なトラックのドライバーさんなら荷台から下ろせるかもしれませんが、それでもさすがに65kgになったら屈強なドライバーも「これ本当にパチンコ台?」って萎えますよね。

あのねぇ、メーカーさん、中小ホールは自店のスタッフで入替作業やってんだから、65kgなんて普通のスタッフが持てるわけがないでしょ?
床に置かれている65kgの物を持ち上げるのは相当なパワーが必要ですよ。

設置マニュアルには「2人以上の人員で安全に配慮しながら・・・」と書かれているそうです。

滅多に新台購入しない当グループ店舗なので、それが2つに分かれてくるのかどうかは知りませんが、少なくとも島に設置した状態では65kgあるって事ですよね?

老朽化した島なら、島自体が傾いたり、台が外れてお客様側に倒れたりしないか心配です。
島が傾いたら、裏側の台の入賞にも影響が出るかもしれません。特に海物語のようにステージの傾斜でスタートが大きく変わる機種の場合が心配です。


メーカーさんが売りたい気持ちは分かります。
でも運搬したり、設置したりする人の事ももう少し考えて欲しいですね。
同じ計上で軽量化を図るとパチンコ台はぶっ叩くお客様がいる事から破損する恐れがあるので頑丈な部材がどうしても必要です。という事は小さくするしかありません。


このままではパチンコ店の求人募集には「65kg以上の台を持ち上げられる方大歓迎!」って書かれるようになっていくかもしれません。

誰も応募が来なくなりますよねw

早急な対策をお願いします。

メッセージをいただきました

あるお客様から、こんなメッセージを頂きました。

「7月末で白岡のパチンコ屋が40年の歴史に幕を降ろしましたがこれから規制規制でがんじがらめのパチンコ業界はどうなるのでしょうか?ぶっちゃけたご意見をお聞きしたいです。」

「ぶっちゃけた」という事ですから、言い難い事もズバッと言わなくてはなりませんね。

私はこの先パチンコ店の店舗数はまだまだ少なくなって行くと思っています。

私が思うに、パチンコ業界が生き残る道は二つ、「パチンコ業法の制定」と「完全なる娯楽への回帰」しかないと考えています。

パチンコ業法については4月25日に書いた記事をご覧ください。
パチンコ業界の未来 その1(2017.04.25)


良く考えてみると、運によって結果が左右される物なんて身近な生活の中にも溢れています。例えば「じゃんけん」。じゃんけんって、平等に話し合いで決めにくい事を運によって決定する代表的な手法です。団地やマンションの抽選も同じです。運によって結果が変化する抽選は全て賭け事みたいなものです。

ところがパチンコが問題になってしまうのは事実上の換金になっているからです。どんなに三店方式が合法だと叫んでも、事実上の換金になっているのは明白で、パチンコをやらない人からすればグレーどころかブラックだと言われても仕方ありません。法律で禁止されている賭博をこそこそ隠れてやっているのと同じです。

しかし、換金が出来るだけではここまでの問題には発展しなかったはずです。パチンコが問題になってしまうのは勝ち額と負け額があまりにも大きいからです。仮に一日8時間位打って1~2万円程度の負けなら、ここまで問題は大きくならなかったと思います。数時間なら数千円、丸一日遊ぶなら1~2万円位までは日常生活の範囲内です。
パチンコの場合は一日数万円になる時があり、時には10万負け、10万勝ちなんて事が起こり、さらには一日で20万~40万になる時があるのですから、やはり問題になって当然だと私も思っています。


では誰が悪いのか?

それはメーカーとホールです。

「そんな、10万円も負けるのは打つ本人も悪い」という考え方もありますがファンの中には歯止めが効かなくなってしまう人が必ず出てくるし、一度10万勝ちを体験したり、他人が出ているのを見れば、「もしかしたら自分も・・・」と思ってしまうのは仕方がない事です。
だからこそ法律でギャンブルは厳しく規制されているのであって、弱者救済の観点からすると、実際に10万勝ちになってしまうような性能の機械を設置してる側の方がやはり責任が重いという事です。


私が思うのはパチンコ業界で働いている人間は「ルール違反が平気な人が多かった」と言えます。
最近イベントも無くなり、メールも過激な言葉が無くなりましたが4号機時代を思い出して下さい。4号機時代はイベントをやって良かったのではなく、今も昔も何も変わっていません。ずっと射幸心を煽る営業は最初から禁止されていたのです。

しかしパチンコ業界は過去に何度も規制を潜り抜けては射幸性の高い台を世に送り出してきました。メーカーが悪いというホール関係者がいますが、ホールだってそういう機械を好んで購入してきたのですから同罪です。ファンが射幸性の高い台を望むからメーカーが作り、ホールが設置するのだという人もいますが、それは前述した弱者救済の観点からすればファンのせいにしてはいけないと私は思うのです。

5号機時代に入り、ギャンブル性が抑えられたのも数年の間で、またこうして高射幸性遊技機が規制されるようになりました。
「おい、パチンコ業界!いつまで同じ事を続けるんだ!」
と国民に言われている様な気がするのです。

パチンコの歴史は規制と緩和の繰り返しです。規制されれば衰退し、緩和されれば繁栄する。しかし今回は今までとは違います。パチンコ業界の汚れ切った体質を改善する様、国民が求めているのです。

戦後の焼け野原に現れたパチンコ店で、大人はタバコ、子供はチョコレートを求めて夢中で玉を弾いたと言われています。しかし娯楽から始まったパチンコはいつの間にか多額なお金を賭けるギャンブル機になってしまいました。

来年2月1日から風適法施行規則の改正が行われます。凡そ今までの3分2の出玉になると言われています。
しかしよく考えてみて下さい。厳しい内容であると言われていますが、本当はまだまだ甘い。今は1万枚だって5万発だって出ますよね?20万円ですよ。
その3分の2になっても娯楽とは呼べません。貸玉料の上限が4円の20円に設定されている以上、娯楽と呼べるような台にはならないのです。
貸玉上限パチンコ1円のパチスロ5円にしない限り、ホールの片隅に高レートがある限りは必ず熱くなってしまう人が生まれてしまいます。


ギャンブル性を低くした上でパチンコ業法の制定が実現すればパチンコ業界は大きく変わります。
規制規制の繰り返しはもう御免です。曖昧な法律にもうんざりです。
パチンコ業法下なら、様々なキャンペーンやイベントを堂々と行える様になります。
競合店との戦いはこれまでの様な射幸心を煽る様な低俗な戦いから、「どんどんサービスを充実させ、来店するのが楽しくなる様なサービス合戦」になっていきます。どうせ戦うならそんな楽しい戦いを私は望みます。

カジノとパチンコ店は対立するはずもなく、近所の庶民の遊び場であるパチンコ店はカジノなどライバルではありません。若者も老人も皆が楽しく一日ゆっくり過ごせるパチンコ店を私は既に目指しています。
但し、急激なやり方では倒産してしまいます。パチンコ店の台・設備・家賃は普通の業界とはちょっと違います。ホールコンもサンドも計数機も全てが高額なパチンコ店価格で購入していますから、急に遊べるお店に転換しようとすると支払いが追いつかなくなります。

だから少しずつです。少しずつ、少しずつ、遊べるお店に変化させていくのが私のやり方です。
「ゆっくりと過ごせるお店にする」と方向性を決めたら絶対にブレない。考え方に迷いがなければ最短距離で目標のお店に近づく事ができます。


私は今回の規制は当たり前であり、むしろ歓迎すべき事であると捉えています。
この規則改正に落胆して、今後どうすればいいんだと嘆いているホールは生き残れないでしょう。時代の流れに逆らおうとしている考え方だから落胆しているのだと思うからです。

この規則改正と業界の流れは、ファンタジーランドが目標とするパチンコホール像として掲げてきた「ゆっくりと一日過ごせるお店」を実現するのに追い風となっています。
私はもっともっとギャンブル性が抑えられた法律に改正される事を願っています。

おそらく、他のホールさんでも新しい時代に対応した営業方法を模索している企業は多く有るはずです。今後はその様なホールが生き残り、いつまでも射幸心を煽る事に執着したホールが潰れて行くであろうと考えています。

あなたの店も潰れるよ!(ひげさんのパクリ)

あの有名店が・・・

昨日発生した築地場外市場の火災ですが、場所が大体特定できました。

FNNニュースによる映像

井上2


ここは間違いなくここです。
Google Earth ストリートビューより

井上1

大きなマグロのオブジェがあり、右隣りに「大野屋」の看板が見えます。


このニュース映像で決定的となりました。

inoue

明らかに大野屋さんの看板が崩れ落ちているのが見えます。

この1階の店舗は築地で最も多くの行列ができる店「ラーメン井上」さんが入っていました。「井上」の看板が見えます↑



私もファンタの恒例企画「築地場外市場 新鮮直送市」で買付けに行った際はラーメン井上さんを訪れ、マグロを柵にカットしてもらっている待ち時間に何度も食べた事のある有名店です。

但し!

Twitter等でもラーメン井上さんが出火元の様な記載がありますが、本当の出火元はまだ調査中で発表されておらず、ラーメン井上さんがあまりにも有名なために名前が使われているだけですのでご注意下さい。

いずれにしても「ラーメン井上」のラーメンは暫くお預けになりそうです。

ラーメン井上は築地場外で最も行列ができるお店のトップに君臨しているお店です。恐らくこの店が一番です。

いつも人だかりになっていて、歩行の邪魔になるくらい並んでいます。
立ち食いです。
店舗横にテーブルがあり、道を挟んだ向かい側にもテーブルがあり、常に満員状態で食べています。

BlogPaint



なにしろ、ラーメン丼を2段に重ねて作りっぱなしでも行列は途絶えません。

maxresdefault


20131005235313

並びながら目の前で作っている所を見るのもラーメン井上の楽しみ方の一つです。


味は、透明感のあるあっさりとしたスープが特徴です。

d690e920


こってりラーメンは美味いけど、一度食べるとしばらくは食べたくないという方にはオススメで、毎日の様に食べられるほどにあっさりとしていて量も適量です。

恐らく相澤店長もブラザー君も食べた事があるのではないでしょうか。
待ち時間に場外市場を巡回していると、必ずこの行列を見て、一度は食べたくなってしまうはずです。

井上さんの復活をお祈りしております。

【速報】築地場外市場で建物火災が発生中です

速報です。

ファンタの大好評企画「築地場外市場 新鮮直送市」でお馴染みの築地場外市場で、建物火災が発生中。
↓↓↓
Yahooニュースより


4棟が延焼し、現在も延焼中との情報です。

8月19日(土)の直送市に影響が出るかもしれません。

心配です。


だから言ったでしょ?

ほらね。

だから言ったじゃないですか。

バンジーのロープは切れるかもしれないって。

=========
朝日新聞デジタル
長崎

バンジージャンプのロープ切れ、軽傷 ハウステンボス

2017年8月1日23時10分

1日午後5時半ごろ、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」(HTB)のバンジージャンプでワイヤロープが切れる事故があり、福岡県古賀市の公務員男性(37)が右肩打撲の軽傷を負った。事故を受け、HTBはバンジージャンプの営業を中止した。長崎県警が原因を調べている。

 早岐署によると、男性は高さ約20メートルのジャンプ台からゴム製ロープを付けて飛び降りた。落下して、いったん跳ね上がった後にワイヤ部分が切れた。男性は、その弾みで地面に敷いてあるエアマットから地面に転げ落ちたという。

 HTBによると、バンジージャンプは2015年10月から営業を開始した。営業の前後に点検しており、この日の点検では「問題は見つからなかった」(広報)という。

 HTBは「お客さまを危険な目に遭わせたことは申し訳ない。原因を究明して再発防止に努めたい」と話している。

バンジーロープ切れる2


バンジーロープ切れる

========

怪我をした男性が仮にロープを見て、傷を見つけたり、なんだか伸びちゃってるような気がしたとしても、何十分も順番待ちしてやっと自分の番になり、その傷を見たからと言って飛ぶのをやめたら周りからも「あの人ビビッてやめちゃった」と言われるし、子供達が下から「お父さん頑張ってー!」などと声援を送ろうものなら、どう考えても飛ぶに決まってますから。

お父さん:「店員さん、このロープちょっと傷がついていませんか?」
店員さん:「ああ、この位の傷なら大丈夫ですよ(笑)」
お父さん:「本当に大丈夫ですか?」
店員さん:「大丈夫ですよ!今まで切れた事ありませんから。」
お父さん:「今まで切れた事が無いなら、どのくらいの傷で切れるのかあなたは知りませんよね?」
店員さん:「そうですね。でも今まで3000人位は飛びましたけど、一度も切れた事ありませんから(笑)」


次のダイエットはバンジーの罰ゲームやめよう・・・


あっ、もうリバウンドしないんだった。

ギャラリー
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
  • あの有名店が・・・
  • あの有名店が・・・
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード