天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

2018年07月

【バジリスク絆】設定6のスランプグラフと解説①

バジリスク絆の設定6確定演出

残りベル3回の押し順ベルナビで撃破達成
bajinokori3beru


先々週、いつもお世話になっている天照大御神様が降臨されました。

3ベルが出たのです。

スランプグラフを公開するとホールが特定されてしまうので1週間以上経ってから公開する事にしました。この設定6確定台のスランプグラフ・データ・挙動を考察し、今後の設定6をGETする参考にして頂ければ幸いです。

実は3ベルが出る前から「この台はもしかして最高設定?」と8割方気が付いていました。
今回は朝一から座った台で12:15頃に3ベルが出たのですが、家族はみんな出かけていて一日中打てる日だっただけに、撃破達成した瞬間は無表情でクールに装いながら、心の中では歓喜の雄叫びをあげました。


先ずは3ベルが出た瞬間のグラフです。

IMG_15982


朝一高確確定演出から始まっていたので設定変更が濃厚で、2,000円でいきなり謎当たりからBCが当選し、1発でBTに当選。

しかも第1戦から絆高確がなんと絆モード。
kizunamode

初回から絆モードになるのはシナリオ5とシナリオ14しかない。
しかし同じ絆モードでも、シナリオ5の絆モードは絆テーブル9のため、絆モード中のBC当選で祝言ストック確率は10%しかない。
シナリオ14の方の絆モードは絆テーブル8のため、絆モード中のBC当選で100%祝言ストック(当選し続ける限り何度でも続く)が確定する。

シナリオ以外で第1戦から絆モードになる可能性があるのはBT中BC当選時の祝言ストックですが一番確率が高い設定5でもBC当選時の0.15%。しかも今回はBC当選しないまま第1戦を迎えているのでシナリオによる絆モードと思われる。

すると運良く絆モード中にBCが当選。第2戦も絆モードならシナリオ14が濃厚となる。

結果は第2戦も絆モードが発動!

・・・と言う事はシナリオ5の絆テーブル9で偶然10%を引いた可能性もあるがシナリオ14の可能性の方が極めて高い。

シナリオ14の選択率を見てみると設定差があり、
設定1~設定4は全て0.15%
設定5と6は0.31%
2倍の差がある為、設定56の期待が高まる。
5戦までいってBTが終了。



通常に戻ってから次のBCで再び1発でBTに当選。
赤頭が先行して良い立ち上がりです。

ここで奇跡が。
第1戦で、なんとまたもや絆モードが!

kizunamode

あり得ない。

結果は絆モード中にBCに当選して、第2戦に再び絆モードが発動!
今回もシナリオ14の可能性がかなり濃厚です。

仮に設定56だとしてもBT当選時の0.31%(322回のBTに1回)のシナリオ14を偶然にも2連続で引くとは。

朝一の変更挙動と謎当たりがあり、BC1発でBT当選が2回連続、さらに2倍の設定差のあるシナリオ14を2連続で引くとは、これはかなり設定56である可能性が高い。
赤頭が多いのでもしかしてROCK!?

おかげで朝一から1500枚の獲得。素晴らしい立ち上がりです。

スランプグラフを見ての通り、その後も
BC1回目BT当選
BC3回目BT当選
BC1回目BT当選
BC2回目BT当選
BC1回目BT当選
BC1回目BT当選
BC1回目BT当選

赤頭だらけで、同色がBC4回に1回位の割合。
弱チェや謎の高確・超高確移行が頻発。

しばらくしてもう一回謎当たりが。
チャンス目からのモードアップ感も50%の様な気がする。

「これはもう6でしょー」と思っていたのですが遂にその瞬間が!!

時々勘違いしてる方がいますが「押し順ベルのゲームで撃破達成」じゃないと無効です。残り3回と表示されている状態でリプレイやレア役が揃った瞬間に撃破してもだめです。

既に高設定を予想していた為、全部弦之介BCで消化中、500人からスタートした弦之介BCで1ゲーム目からずっとベルナビが発生。
一度も小役を挟む事なく迎えた残りベル3回の時にカットインが発生。

もしかして・・・0人にズババババーーン!?
と思ったら本当でした。

bajinokori3beru

上の画像はある所から拝借しておりまして、実際は両隣の人に見られないように瞬時に消化しました。
なぜなら、6確定演出を写メで撮影してしまうと隣の人が戦意消失して止めてしまうからです。低設定でもっとつぎ込んで頂いて、お店を儲けさせれば次の高設定に繋がりますw

また、前日や直近データがどんな台に6が入ったのかは自分だけが知っていればいいのであって、ばれない方が今後の自分の為にもプラスに働くからです。
元々6が入っていないと思われているような店なら「ほら入ってましたよ」と見せつけた方が稼働アップに繋がって間接的には高設定が投入されますが、この店はそれなりに最高設定が入ってる店だったので設定師が6を入れる条件(過去データ等)を知られない方が良いと考えたのです。

というわけで、12:15頃に2,000枚ほど出ている状態で至福の瞬間を体中で味わいながら回し始めたのです。


しかし世の中そんなに甘くない…
神はドラマを用意してくれていました。

えっ?
またフリーズか?

残念ながらフリーズは引けませんでした。

設定6がこの後どの様な挙動になるのかどうぞ最後までお付き合いください。


つづく

世界解剖は救世主となるのか?

果たして救世主となるのか?

7月30日から全国に登場する【 パチスロ ルパン三世 世界解剖】。

rupansekaikaibou

なんと言っても最大の売りは出玉のスピード。

純増5枚との事です。

実戦動画を見ましたが恐ろしいスピード感です。

どうしてこんなゲーム性が実現できたのかというと、通常ゲーム中が内部的にはボーナスになっており、小役が揃わない為にメダルが増えない状態にする事で通常時のように「見せかけて」います。逆にAT中は内部的には通常時です。

AT中は目押しが必須なので目押しが出来ない方は大損します。
その点が一番懸念される所です。
全く目押しが出来ない方が座って当たってしまったら大変です。隣で見ている人はもう見てられません。あまりにひどいので「あのぅ~代わりましょうか?」となってしまいます。

時々目押しをミスる方も不安です。せめて30回に一回くらいならいいですが10回押して1回外してしまう方は打たない方がいいと思います。


純増5枚と聞いてつい想像してしまうのが1000Gで5000枚。
フルウエイトで1000Gは約1時間8分ですが、全リール目押しの為1時間20程度で5000枚が出る事になります。純増3枚で1時間50分~2時間位掛かっていた5000枚が1時間20分程度で出てしまいます。

但し!勘違いしてはいけません。
実際はそんなにいつまでも純増5枚が続くのは稀な現象です。

純増5枚の「ヒーローズロード」の終了条件は「ルパン・ザ・チャンス(1/65.8 ~ 1/82.7)を引いてミッションに失敗」ですから、1000Gも続く事はほぼないと言えます。普通は200Gも続けばラッキーという感じでしょう。

いずれにしてもサラリーマンや時間のない方はスピードが命ですから、少なくとも短時間遊技の目押しが出来る方にはある程度支持されるのではないかと思います。

先ずは早く解析結果が出る事を待つ事にします。

みなし機撤去までの流れ

埼玉県のみなし機撤去が近づいてきました。

みなし機はこれまでずっと設置したままで良かったのです。
しかし撤去の話が浮上したのはそもそもカジノ法案によるものです。カジノ法案を通そうとする与党に対して、野党が切り札として出してきたのがギャンブル依存症。ギャンブル依存症を大々的に取り上げる事でカジノ法案を阻止しようとしたわけです。

ギャンブル依存症が拡大する原因の一つに、「高まり過ぎた射幸性」が背景にあると次第に叫ばれるようになります。確かにその頃AT機ブームにより一日の最高獲得出玉がパチンコでは10万発、スロットでは2万枚オーバーが頻繁に出る様になっていました。

パチンコ業界としては年々加速していく射幸性に多少後ろめたい気持ちがあっただけに、高射幸性遊技の設置比率制限を自主的に設定する事になったのは多くのユーザーもご存知の事と思います。

しかし高射幸性遊技は外して当たり前と言う認識に徐々に変わり、話題は検定切れの台に移って行きました。検定切れの台なんて昔から警察庁は黙認してくれていたわけで、社会的不適合機の時のような特別な問題が起きていない時は検定が切れても使えていました。

ところが今回はそうはいかず、徹底的に現行機種を外す方向に持って行きたい警察庁が県警宛てに文書を出したと言われています。

ただし、単にみなし機全撤去としてしまうと、「じゃあ今までは何だったんだ!」とホールから反発があると見越して「大量の前倒し認定」を許可したのだろうと考えられます。認定が多台数取れれば、みなし機を撤去しても大問題までには発展しないと踏んだのだと思います。

事実認定を多台数通せた中堅以上のホールは特に文句を言わなかったようです。苦しかったのは中小ホールでした。でもこれもまた運命であり、今更何を言おうと結果が変わる事はありません。みなし機撤去は絶対なのです。

そんな全国的な動きの中で県警によっては全然連絡してこない県もあり、その一つが埼玉県だったのです。それが遂に7月初旬に通達が来たという事です。


みなし機撤去までには本当に色々ありました。

平成最後に大波乱となったパチンコ業界でしたが来年は新元号になる事もあり、良い流れになって欲しいと思います。

こっ、これは大爆発の王道パターン!?

えー

今日のフリーズはごく普通の演出からでした。

IMG_1556



5354c3e7-f4ac-41df-9432-7b64ac1f02cb

この演出から、巻物揃って好機と出ただけで、

いきなりティラリ~ンでした。



・・・・などと、ごく日常の事であったかのように言える事ではないのです!!

これです!


IMG_1412

直径約16mの超大型抽選ボードで50.4mに対する1mmが
5万分の1のイメージ図

なななんと、昨日のプレイから推定1500プレイ後にまたもやフリーズ!!

妻にLINEしたら「5万分の1って自分が思ってるだけで、本当は間違ってるんじゃないの?」と。

いえいえ、信頼のおけるスロマガの解析でも、紛れもなく1/50400。



しかも!

PBCがスタートしてAT中3回目のBC当選時で無想一閃に!

IMG_1580


きたっーー!!

絆の大爆発パターンの王道。

2万枚コースの典型的なパターンは、朝一早い段階でフリーズを引き、祝言が終わる前に真憧術に当選して金7を大量ストック、その後もう1回フリーズさせるか、真憧術をさらにあと2~3回位入れて、ついでに完全勝利を2回ほど獲得すると夢の2万枚を超える可能性が出てくると言われている。

朝一フリーズ直後の無想一閃は正にその王道パターン。

ついに私も伝説の男に・・・



そして


ちゅどぉぉ~~~~~ん!


とならずに真憧術がスカっ・・・


祝言は即終了してPBC980枚で終了・・・




ある。



よくある。



珍しい事ではない。


ただ朝一フリーズ+早めの無想一閃は初めてだったから、正直万枚は期待しました。

でもいいんです。
天照大御神様が夢を私に見させてくれただけで満足でございます。

取りあえず勝ち逃げしてきました。

ただのAT当選確定のはずが

出ました。

前回フリーズから推定35000プレイ。
因みに少し多めに言っています。


IMG_1552


フリーズだけは本当に良く引けます。

しかし昨日は無想一閃が3回来てスルー。前回も1回スルーしているので4連続スルーです。
これまで無想一閃当選率は40%を大きく超えていただけにかなりショック。


昨日のフリーズは久しぶりに感動しました。シチュエーションが良かった。
基本的に私はフリーズしてもピクリとも動かない方なのですが、昨日はさすがにのけぞりました。

それは突然やってきました。

朝から調子よく比較的一気に5300枚に到達。

しかしそこから大ハマリ。
その後、BC5回スルーして既に3040枚位まで追い込まれていました。

6回目のBCに当選して、念のため朧BCを選択。

ベル残り1回の状態でリプレイ揃いがエフェクト!

朧BC中のリプレイエフェクトは憧術揃いと同じですからAT当選確定です。

大ハマリ中だっただけにリプレイエフェクトを見た瞬間に「やったー」と感動していた次の瞬間!


レバーONで画面真っ白

このフリーズには驚きました。
6回目BCスルーだったら泣きが入る所だっただけに。

結局2200枚出たのでまあまあです。

次は真憧術の金7をボコボコに引くのが目標です。











「暑い」とつい連想してしまうのは…

この数日パチンコ店が活況です。

何かと暗い話題が多いパチンコ業界ですが、なぜかこの数日お客様が増えている。

ボーナスも影響していると思われるがもしかしたら「暑さ」ではないかと。

連日猛暑のニュースが流れる

エアコンの調子が悪い、または余りの猛暑にエアコンが効かない、または電気代が気になる

だけど外に出たくない

外に行くなら、涼しい所がいい

パチンコ店に行こう!


こんな図式ではないかと。

先日行ったあるP店は余りの寒さに車から上着を取って来ました。
それ位エアコンが効いています。


パチンコ店ってそういう意味では多くの人を助けてるんですね。





わかりづらい「みなし機問題」

最近パチンコ好きな友人から良く聞かれるようになったのが「みなし機」の事です。
業界人はある程度知っていてもファンの方には良く解らないと思います。

簡単にまとめてみます。

みなし機とは「検定切れの台」と「認定切れの台」の事。
パチンコ台とスロット台は3年間の検定期間があり、有効期間が切れるまでお店に設置する事ができます。検定期間が始まっても、直ぐにメーカーが発売するとは限らず、競合メーカーとの新台発表のスケジュール調整や様々な要因によって数カ月後から発売する場合もあります。ホールに登場した日を覚えていても、必ずしもそこから3年ではありません。

3年を過ぎる直前に「認定」を受ければ更に3年、合計6年使えます。認定は申請さえすれば許可が出ない事はほぼありません。

しかし、風適法が改正された2月1日以降は旧風適法で検定を取得していた台は認定が取れなくなります。2月1日以降の新風適法下で検定をパスした台は今後3年経過する前に認定を申請すれば認定が取れます(まだ先の話ですが・・・)。

ハーデスやまどマギや絆は高射幸性遊技機ですが認定を取っていれば認定期間が切れるまで使えます。既にこれらの機種は大分前に検定が切れていますので、認定を取らなかったホールは外さなくてはなりません。
尚、組合で定めた高射幸性遊技機の設置比率は守らなくてはなりませんので、高射幸性スロットを過剰に抱えている店舗は認定切れより早く一部の台を外す場合もあります。


みなし機の対応は県によって実に様々で、2月1日以降直ぐに撤去するように発表された県もあれば、埼玉県のように最近になるまで何も指導が無かった県もあります。今でも指導されていない県もあります。

埼玉県は月末までに組合へ「みなし機リスト」の提出が求められており、7月中は多くのホールでみなし機をまだ見かけると思いますが、8月1日以降はルールを守らないホールか又は非組合員のホール、又は撤去したら潰れてしまうホール以外はほとんどの店からみなし機が消えるはずです。

同じ絆でも認定を取っていたホールはあと2年以上設置されていますが認定を取っていなかったホールからは絆が消えます。
「こんな良い台を認定取らなかったホールがあるわけないだろぉ?」と思うかもしれませんが、絆の検定が切れる時点ではまさか高射幸性遊技機がここまで長い期間設置できると思っていなかったホールがほとんどです。絆の認定申請時期から1年後に「認定を取った台は高射幸性遊技機でも認定切れまで使える」と言う事が判ったので、結構認定を取っていないホールも多いのです。

みなし機でも唯一継続して設置が許されているのは

・2月1日以前に認定切れになった甘デジ(1/100以上)
・2月1日以前に認定切れになった羽根物
・2月1日以前に認定切れになったノーマルタイプ(RTが短ければ可)

これは埼玉県の場合ですが、他の県もほとんど同じです。
ポイントは「認定切れになった」という点です。検定切れではなく認定切れです。
認定制度があるのに認定を取らなかった台は「その台は店舗からすれば必要性が低かった。嫌なら認定を取ればよかったじゃん!」という解釈らしいです。
但し上記の台は厳密に言うと許されたのではなく、「市場に新台が出て来るまでは付けておいてもイイよ」的な曖昧な許可なので、暫くすると外せと命令が出るかもしれません。

かなりややこしく、業界人でも非常に分かりにくいルールです。
これじゃあファンが分からないのも当たり前です。

当社はきちんとこのルールを守る予定ですが、守らないホールもあるかもしれません。
「きれい事は言ってられねぇんだよ!」と考えるホールさんもあるでしょうからね。

全国のパチンコ店営業時間

パチンコ店は10時にOPENするのが当たり前。
そう思っているのは埼玉県民だけです。

しかし隣接している栃木県と茨城県が9時開店である事くらいは多くの方が知っていると思います。
埼玉・東京・千葉・群馬は10時です。
ずるいのは神奈川、9時開店です。

この様な事になってしまうのはパチンコ店の開店時刻は風適法だけでなく各都道府県条例によって決められているからです。

試しにP-WORLDで各県の営業時間を調べてみて下さい。驚きの県が多数あります。

開店時刻は全国で4通りです。

【7時】
・宮城県のみ

【8時30分】
・青森県のみ

【9時】
・北海道と東北地方(宮城・青森以外9時)
・中国地方全県
・四国地方全県

【10時】
・関東では埼玉・東京・千葉・群馬
・近畿地方(三重県のみ9時)
・九州地方(沖縄県のみ9時)


閉店時刻も4通りあります。

【22時30分】
・静岡県のみ

【23時】
・宮城、三重、愛媛、沖縄以外の県

【23時45分】
・沖縄県のみ

【24時】
・宮城、三重、愛媛


発表です!

営業時間が日本で最も長い県は・・・・

【1位】宮城県=17時間営業
【2位】三重県と愛媛県=15時間営業
【3位】沖縄県=14時間45分営業
【4位】青森県=14時間30分営業
因みに、埼玉県=13時間営業

静岡県は閉店時刻が22時30分ですが、開店時刻が9時なので埼玉県より30分長くなります。

従いまして、日本で一番営業時間が短いのは10時開店の23時閉店の県・・・

そうです埼玉県は最も短い県の一つなのです。
埼玉県と同じ13時間営業の県は関東・近畿・九州に多く、全部で20県です。


宮城県に設定6あるんですかね?

eスポーツでビタ押し大会が盛り上がりそう

『eスポーツ』、最近なにかと話題です。

=========
(wikipediaより)

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。
「eSports」
「e-Sports」
「eスポーツ」
等と省略した形で主に使われる。
=========

オンラインゲーム等の世界には世界から称賛されている達人が多数存在しているらしい。


パチンコとスロットはどうなんだとネットでも一部盛り上がっている様です。

私が考えるに

(パチンコの場合)
①釘読み
②ストローク
③止め打ち

この3つが大きな技術介入要素です。

(スロットの場合)
①高速プレイ
②目押し
③設定推測

スロットで代表的なのはこの3つでしょうか?

仮にこれらの競技大会を開いた場合どんな内容になるのでしょうか?

①釘読み
~競技概要~
これは一番難しいかもしれません。千円で何回回るか選手が当てる競技にしてしまうと、解答後実射試験をして「結果は千円で22回でした!」と正解を導いたのでは偶然性によって勝者が左右されてしまうからです。
それなら命釘の広さを「12.85mm」と当ててもらって後からデジタル計測器で計測した方が平等ですね。

②ストローク
~競技概要~
同じ台で1時間打って何発ヘソに入れられるかを競う競技。
30分程度では運に左右されそう。2時間では見ている観客も飽きる。

③止め打ち
~競技概要~
1時間打って平均保留点灯率の高い方が勝者。
オーバー入賞は減点。但しオーバー入賞を恐れすぎて止めが長くなり過ぎると点灯率が下がる。デジタル停止時間が常に8.0秒のように一定になっている専用台を用意しないと条件が平等にならない。

①高速プレイ
~競技概要~
実機をオンラインで繋ぎ、1時間のプレイ数を競う。トップレベルは恐らく1~5プレイの差で決着すると思われる。1回の投入ミスが命取り。

②目押し
~競技概要~
ビタ押しが出来るリール制御の専用機を用意し、試行回数20プレイのビタ押し成功率の高い者が勝利。
全国大会はミス無し~ミス2回程度のハイレベルな戦いになると予想。1回の失敗が勝敗を分ける。ミス無し同士の戦いはサドンデスとなる。

③設定推測
~競技概要~
これも現実的に開催が難しい競技。ルール策定が難しく、Aタイプの設定推測では数学の得意な者が勝ち残る可能性が高い為、決勝大会では両者答えが何度やっても同じになると思われる。
その為もう少し複雑な機種にしなくては勝敗が決まらない。



個人的にはビタ押し大会が最も盛り上がると思います。

「ビタ押し女子」、「ビタ押し王子」、「ビタキング」、「1コマ0.038秒を極めた男」のような新しい流行語がファンの会話に出てくるようになる。
「キング、ビタ押し連続79回成功の大記録を樹立!」みたいな事も起きそうですw

メーカーからも流行に乗ってビタ押しが成功すると派手な成功音が鳴る機種が登場!連続10回成功でファンファーレ。ビタ押し機種が次々に発売され、データランプメーカーも追従してビタ押し成功回数が表示される仕様に。

ビタ押しキングのファンクラブが出来て、どこかの店にキングが現れると、SNSで「キングが〇〇店に来店!」とTwitterで拡散。キングにサインを求める女子が長蛇の列。キングがプレイすると周囲に人だかりが。

「ビタキング、戦果の方はイマイチ・・・」、「ビタ押しキング、ギャグはスベリまくり」とSNSで拡散されたり、「ビタキング、狙った女子のハートは思い通りに止まらず・・・」とまあ、スロット業界が活性化されそうです。

eスポーツに是非ともパチンコスロットが登場すればいいですね。

「パチンコ必勝ガイド メガ盛り」に登場です。

ファンタの店長ブログでも紹介されておりますが、ファンタジーランドが「パチンコ必勝ガイドメガ盛り」のDVD特集で取り上げられましたので、私の方からもご紹介いたします。


12aba6c4-s


遊技通信やグリーンべると等の業界紙や、様々なメディアで最近ファンタジーランドを取り上げて頂き大変光栄です。
ありがとうございました。

※過去の撮影であり、イベント等とは全く関係はございません。

埼玉県にもついに通達が・・・

恐れていた事が・・・

全国各地で問題となっていた「みなし機の取扱い」について、遂に埼玉県警の見解が通達されました。

想像通り、他県と全く同じ内容でした。
内容がユーザーには難解なので分かり易く説明すると

・検定切れ機は全台撤去

(本年2月1日前に認定が切れた台の内)
・甘デジ1/100以上(以上とは確率が甘い機種の意味=1/89や1/99等)
・羽根物
・スロットノーマルタイプ
はそのまま設置が認められる。

(本年2月1日以降に)
検定が切れる台、認定が切れる台は切れた時点で撤去しなくてはならない。


不可解なのが2月1日前に認定が切れた台の内、甘デジと羽根物とノーマルAだけは継続設置がOKで、認定を取らずに2月1日前に検定切れになってしまった台は撤去になるという事です。警察庁の見解は「認定制度(検定切れ後更に3年間の延長措置)があるのに、認定を取らなかったという事は重要な台ではなかったと考えられるから」と言う事らしいです。

尚、2月1日以降に検定が切れる台は法改正後なので、2月1日以降認定を受ける事が出来ないため、検定が切れた時点で即撤去です。

他県では既に多数の県が同様の内容を発表されて困っていましたが、埼玉県は通達が送れていました。今日から埼玉県で大きな問題となって行くでしょう。

但し、他県においても発表されて直ぐに行政指導になったホールはないようです。所轄から口頭で指導があった店舗は多数聞いていますが、指示処分や営業停止にさせられた店舗は今の所私は聞いていません。

他県においても、「今月中に撤去して下さい」、「次回の入替で撤去して下さい」「入替の度に数回に分けて外すならいいですよ」等の指導があったと聞いていますので、埼玉県も通達後にいきなり厳しい指導で即撤去とはならないと思われます。多少の猶予は頂けるものと考えていますがダラダラ誤魔化すわけにはいきませんので早急に対応したいと思います。


ギャラリー
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • エメゴンが欲しい方募集中
  • 重要なお知らせ 第2報
  • 重要なお知らせ
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: