実は今日の昼頃に以下の文と同様の内容の記事を書いたのですが、なんと保存を忘れてしまったのか、今確認したら桜の記事が最新になっていました。

ブログ利用方法を勉強しながら見切り発進したため、色々とおかしな点があり、ご迷惑をおかけしております。
今日気がついたのですが、PCで確認したら 最新コメントの表示順が古いコメントの方が上にくる設定になっていたので、新しいコメントが上に来るように設定変更しました。
コメントに対する私からの返信も誰宛ての返信なのかわかり辛かったと思いますので、返信の最初に「○○さん」と全てのコメントに追加しておきました。


記事タイトルの検定の有効期間ですが、コメントにて複数のお客様から古い機種・名機・懐かしの台の設置をリクエストしていただいております。ここで問題なるのはご存知の方も多いと思いますがパチンコスロットには検定の有効期間というのがあり、検定年月日から三年間と定められています。
パチンコスロット台は様々な検査を経て正式に市場に出回ることが許されます。それが三年を経過するとそのまま設置している分には問題ありませんが、故障時に部品交換ができなくなったり、中古機として違う店舗で使用できなくなってしまいます。
アイムジャグラーEXのような人気台は認定申請手続きを行うことで、同一名義人で、なお且つ、同一県内(要するに同一法人の同県のチェーン店舗間)であれば移動できるようになったり、故障時に部品の供給ができるようになったりします。しかし認定申請は警察への申請手続きと警察検査が必要な上、有料であり、面倒なので相当の人気台以外は認定を行わないのが現状です。

先日コメントを下さった通りすがりさんからのご要望であったお目当ての台を調べた結果、残念ですが既に昨年10月で検定が三年を経過しておりました。この場を借りてお詫び申し上げます。コメントで既に検定切れであったことをお詫びしておりましたがコメントが読み辛くて申し訳ありませんでした。

検定日はP-WORLDの機種インデックスから調べられる導入日とは異なります。メーカーの様々な戦略上から、検定をパスしても販売開始時期を数ヶ月先に延ばすことも多々あり、中には半年以上も寝かせている機種もあるので検定年月日は導入が始まった時期より前になっています。

検定年月日は様々なサイトで調べることができますのでマニアな方は調べてみるのも面白いと思います。