※いつもより長文の為、お時間のある時にお読みください。


パチンコスロットは1時間遊ぶといくら負けるのか?

この答えを知っていれば自分がどんな遊び方をしたら楽しくパチンコスロットができるのかを知る事が出来ます。
もうお店とお客様の騙し合いは終わりです。

信頼できる情報元からの全国的な実績データを基に話します。
これは10/7~10/13の一週間のデータです。パチンコスロット合計100万台以上のデータで、全国の設置台数の約1/4程度だと思って下さい。
なんでそんな事が分かるのかは、「そういうシステム」になっているからです。自店データの提供によって全国的な平均値データを知る事ができるシステムなので、個別の他店様のデータを知る事は当然できません。オンラインシステムのデータなので自己申告データではありません。

しかし平均値をズバリ書くのは誤解を招く場合もあり、あまりよろしくないので、数値の幅を考えてみました。
算出根拠は法律上の問題もありますので明記しません。

1時間で負ける金額は・・・

4円パチンコマックスタイプ=1063円~1875円
4円パチンコミドルタイプ=782円~1380円
4円パチンコ甘デジタイプ=842円~1485円
1円パチンコマックスタイプ=366円~645円
1円パチンコミドルタイプ=323円~570円
1円パチンコ甘デジタイプ=272円~480円

20円スロットART=791円~1395円
20円スロットノーマル=519円~915円
5円スロットART=255円~450円
5円スロットノーマル=196円~345円

ちなみに・・・
2円パチンコ全タイプ=680円~1200円
10円スロット全タイプ=502円~885円

これがおおよその目安です。当然この範囲外になる事もあります。

どうでしょうか?皆さんが予想していた金額と同じくらいでしたか?
お客様はもっとパチンコ店が儲けていると思っていたんじゃないかと想像していますが。勝ったり負けたりするから1時間での負け額が体感できないだけです。

でも業界人なら常識の金額だと思います。もしお知り合いにパチンコ店の幹部クラス以上の人やメーカー等のパチンコ業界関係者の人がいるなら聞いてみて下さい。「例のデータ」と言えば誰でも知っています。このデータの信ぴょう性もお墨付きで、上記の金額が妥当な数値である事が分かってもらえるはずです。

4円ミドルと20円ノーマルが遊べているのは、そうです、海とジャグラーの影響大です。
1パチと5スロが単純に4倍遊べていないのは、最新台は4パチ・20スロに導入される事や、消費金額が高い4パチ・20スロは少し優遇されている事が大きな原因な事は否めないですよね。


ここからが重要です。
この金額に自分が一ヶ月に平均して遊んでいるであろう総時間数を掛けて計算してみて下さい。
それがあなたの一ヶ月の平均負け額です。
もちろん、上手、下手がありますので必ずしも負けるわけでは無いのがパチンコスロットの面白い所ですが、あなたが平均的な腕前と知識と運の持ち主だった場合の話です。

恐らく、多くの方が1時間当たりの負け額は「それだけか」と思ったかもしれませんが、実際に自分がプレイしている時間を掛けてみると「えっ?結構負けるな」と思う人が多いのではないでしょうか?

もしその負け額が自分のお小遣いの範囲を超えているなら、パチンコの場合は大当り確率の甘い機種に変更するか、貸玉料金を下げて低貸しで遊んで下さい。
スロットの場合は一撃が少ない遊べる機種に変更するか、同じく貸玉料金を下げて遊んでください。

負けてくると台を叩いたり、自暴自棄になってしまう様な機種でギャンブル性を求めているなら、それは遊びの範囲を完全に超えています。ましてやお金を借りてまで打っている人がいるなら今すぐに遊び方を変えて下さい。
週に一回で会社帰りに2~3時間しかやらない人で、お小遣いが3万円くらいある人なら4円20円でも全然構いません。高給取りの方は今のままMAXでも荒いARTでも結構です。
しかし、週に2~3日、3時間以上やる人で、休みの日は一日中打つような方は3万のお小遣いでは4パチ・20スロの荒い機種は無理です。4円甘デジやライトだって、打ち込めばかなり奥が深いし面白いです。スロットで一撃の少ない機種はその分遊べるようになっているはずです。

友人知人に「1パチなんか面白くない」、「5スロなんか出たって大したことない」って言われたっていいじゃないですか。
甘デジやライト、ノーマルタイプ、純増の少ない機種、低貸しに変更すればその分最初の投資も少なくなります。
投資が少ないから、心にゆとりを持って楽しめます。 パチンコ・スロットをゆっくりと楽しみたいなら、自分の遊技時間に合わせた機種や貸玉料金を良く吟味して選択して下さい。

5号機が出た当初「5号機はつまらない」なんて全員が口を揃えて言っていましたがそんなことありません。4号機を面白いと思っていたのは出玉のスピードとギャンブル性の高さです。5号機の完成度は4号機など比較になりません。演出の数もクオリティもゲーム性も格段に向上しています。同じ機種を長く打てば色んな事が発見できます。自分に合っていない機種や貸玉料を選んでしまうから、短時間しか打てずにその機種の持っている本当の楽しさも知らないままに、また次の最新台を追いかけてしまうだけです。

パチンコも長時間打てば隠されていた演出をたくさん見る事が出来ます。荒い機種を追い求めて短時間しか打たないから「今時の台は演出が派手すぎて良く分からない」と思ってしまうだけです。

現代の最新技術が盛り込まれたパチンコスロットが昔の台よりつまらないはずがありません。長く打たないから表面しか見えないだけです。
自分のパチンコスロットスタイルに合った機種と貸玉料金を選択する。これさえできればパチンコスロットは2倍も3倍も楽しくなります。演出の勉強は面白いですが、スペック=出玉性能についても少し勉強してみて下さい。

それにはホールが、特にスペックについて、「積極的に」、「わかりやすく」、ユーザーに伝えていかなければなりません。


終わり