店内に設置している「店長ダイレクトPOST」に、お客様より次のようなご質問を戴きましたのでブログにてお答え致します。


Q1・店長さんの立場、あるいは一個人として、今のパチ・スロの規制(スペック・イベント・広告)は厳しすぎると思いますか? 例えばホールでイベントがあった時期は、今よりか熱かった、みたいな意見を言う人もいるような気もします。(もっとも、自分は年齢的にパチ歴が浅いので昔の事情がわかりませんが・・・。)
 
A1.一部行き過ぎている部分もあるとは思いますが、大筋は正しい規制であって、厳し過ぎるとは思っていません。
パチンコの歴史を調べれば分かりますが、パチンコ業界は過去に行き過ぎた時代があり、何度も大きな社会問題になってきました。
ホールとメーカーがどうしたらファンに楽しんでもらえるのかを真剣に考える為には、厳しいと思われる位の規制がある位で丁度いいと思います。



Q2・今、若者の「〇〇離れ」みたいなのがあると思うのですが、実際、データ的にも、残念ながらパチ・スロを遊技する若者は減っているかと思われます。(ほかにも車離れとか・・・。)
そこで、やはり「〇〇離れ」とつくようなものには、(ある程度)お金を(多く)使うようなものも多いと思うのですが、それほど昔は景気がよかったと言えるのでしょうか?
そこでさらに、パチ・スロに限らず、古き良き時代(?)の景気が良かったころの「うまい話」のエピソードがあるようでしたら、ご返答いただけるとありがたいです。
あと、昔は「こんだけ景気が良かったんだ!」と言えるような実体験もふまえて書いていただけるとありがたいです。


A2・若者の「〇〇離れ」の根本原因はお金が無い事ですよね。若者なのですから、お金があったら貯金しないでどんどん使う人が増えるでしょうね。今の景気では中高年は自分を守るのに必死ですから、若者にチャンスを与えようとする人は限られています。
バブルの頃は自分が遊んでいても収入があるし、将来も楽観的に考えていますから、若者にもどんどんチャンスが巡ってきます。20代で社長なんて人も次々に生まれていく時代でしたから。
バブル時代は求人誌も電話帳並みに分厚く(今の電話帳自体も薄くなった?)、未経験者大歓迎で仕事なんかいくらでもあった時代です。
バブルの様に将来的に安心感があれば人間は消費意欲が旺盛になり、今の様に先行き不透明なら消費意欲は抑えられます。

私の場合はパチンコスロットの攻略法全盛の時代に打ちまくっていましたので本当に儲かりました。
友人と豪遊しても豪遊しても、儲かり過ぎてお金がどんどん貯まってしまい、〇〇〇万円を机に隠しておいたら、父に見つかってしまって怒られた記憶があります。週に数回通う程度でそれだけ儲かってしまうのです。
それが4年くらい続いたでしょうか。
今のパチンコ店なら露骨なプロはお断りでしょうが、当時はパチンコ店も儲かっていたので、結構見逃してくれたのでしょうね。



Q3・リクエスト用紙にて、ユニバ系のスロットの基板検査料が「〇万円」※1 すると書かれていたのですが、なぜそうなってしまうのですか?ユニバが警察から、いわば、にらまれている、ということでもあるのでしょうか?

また、新台入替や新規開店の際に、(ホールに)警察の検査が入るということを開くのですが、実際に制服の警官がホールに入って立ち会いで検査をするのですか?
あと、警察は検査を行うことになっているわけですが、警察としては、ホールがきちんと健全な営業をしているかどうか、いわば、疑ってかかっているのでしょうか?
店長さんの今までの経験上、何かご意見がございましたらよろしくお願いします。

また、遊技機検定の有効期限が3年というのは、店長さんとしては、キツいと思いますか?(自分も古い台でリクエストしたい台があるのですが、検定切れの台もありまして・・・。)
個人的にパチンコと行政の関係やパチに関する時事問題にも興味があるのでこういった質問をさせていただきました。

※1=基板検査料は地域や営業担当者によっても金額が違うと言われておりますので、金額を〇万円にさせていただきました。


A3・ユニバはメーシー・ミズホ・アクロス・エレコの4つの会社で台を製造しており、メーシーとミズホは基板検査料が掛からず、アクロスとエレコは基板検査料が掛かります。
基板検査料は中古機限定の話ですが、これはメーカーが回胴遊商(回胴式遊技機商業協同組合)に加盟しているかどうかで決まります。アクロスとエレコは加盟していないため、検定通知書と呼ばれる警察への提出書類が回胴遊商から発給できないために、メーカーから検定通知書を発給してもらう事になります。
回胴遊商加盟のメーカーの中古機は基板をそのまま利用できますが、アクロスやエレコはメーカーに基板を一旦送り、新たな基板を取り付け無くはなりません。それが基板検査料と言う名前で請求されます。

新台の警察検査があるのは勿論疑っているからです。生活安全課が検査しますので制服は着ていません。
考え方によっては、検査する事で法律に定められた台の基準をしっかり守っていると証明してくれている、とも言えますが基本は疑ってるんでしょうねw

検定切れの有効期限は3年となっていますが個人的には妥当な範囲ではないでしょうか。時代と共に台の中身も変化していきますので、いざ規制しようとした時にこれ以上長いと撤去までに時間がかかってしまうからです。
検定をパスするという事は「法律上問題ない台」として市場に出回るので、どれかの機種に問題があった時に、保通協が見破れないで検査を通してしまった事になりますから、撤去命令を出す事=検査のミスを認める事にもつながるからです。



Q4・(特に今の(?))パチ・スロは、スロの方がパチより荒波仕様という意見を聞くのですが、店長さんとしてはどうでしょうか?


A4・私はパチンコMAX機が最も荒波仕様だと考えます。
パチンコとパチスロの大きな違いはスペックの広さです。
パチンコの場合は甘デジ⇒ライト⇒ミドル⇒MAXと荒さが極端に違います。甘デジは約100分の1でMAX機は約400分の1ですから、4倍もの開きがあります。

4円パチンコで千円20回転するとします。甘デジは約100分の1とすると、平均5千円で初当りが来ます。
4円パチンコで千円20回転と同等に回る1円パチンコはその4倍ですから、千円で80回転回る台に相当します。
1円パチンコで千円80回転回るMAX機を打つとします。MAX機は約400分の1ですから、これもまた平均5千円で初当りが来ます。
要するに1円MAX機と4円甘デジは波の荒さこそ違えど、平均初期投資額はどちらも同じという事です。
1円にも甘デジはあり、4円にもMAX機はありますから、パチンコは自分に合った初期投資額を自由に選択する事が出来ると言えます。

しかしスロットは違います。
パチンコの甘デジとMAX機のように、4倍もの開きがある機種はあるでしょうか?
どんなにAT気が荒いと言っても、遊べるAタイプと比べて4倍も荒いとは言えません。
スロットはパチンコほどスペックの開きが無いと言えます。

MAX機は千円20回転回って2万円の投資が必要です。実際はMAX機が千円20回まわる店は少ないはずです。
スロットで2万円投資したら、千円30G+αとして、600G+αが平均初当たりの機種などありません。しかもスロットには設定1以下はありませんから、小役の引き次第とは言え、ほぼ確実に2万円で600Gは回せる仕様になっています。これが5スロなら2400Gという事です。

10スロはある程度成功しても2円パチンコが成功しづらい理由はパチンコの場合はスペックが広いので1円と4円だけで既に幅広い客層をカバーしているからだと思います。

また、MAX機は一度当たればかなりの高確率で連チャンしますが、スロットの場合は一回当たってもその多くがショボ連で終わってしまい、追加投資しているうちにロングAT等を引くという流れです。
スロットはショボ連だとしても、取り敢えずは一旦当たるので、もしかしたらそのまま続くかもしれないし、投資は一旦ストップするので当たりは味わえます。
MAX機は400回転回して出なかった場合は401回転目も確率は400分の1ですから、いつ当たるか分からない不安を抱えたままの遊技が続きます。
要するにMAX機は投資も大きいけど出た時の瞬発力もかなり期待でき、AT・ART機は1回2回当たった位ではそれほど期待できないけど、もしかしたらズルズルといつまでも続くロングAT・ARTに入ってしまうかもしれない期待感があると言う感じでしょうかね。

スロットが荒そうに見えるのは非常に薄い確率を引いた時にいつまでも出続けるからで、パチンコのMAX機のスランプグラフに比べたらその荒さは足元にも及びません。一番荒いのはパチンコのMAX機です。
仮に甘デジで、普段はいつもの甘デジ仕様になっていて、極々稀に10万分の1(50日位に1回)に当たった人だけが一撃5万発出るというプログラムになっていれば、その機種は一見荒そうに見えますが、実際に打つと通常の甘デジと変わらないので体感的には全然荒くないという事でしょうか。宝くじの原理に似ていますね。

波が荒いかどうかは初期投資額がいくらかかるのかも重要な要素でしょうから、甘デジやライトミドルを打てばその荒さは抑えられます。パチンコとスロットはどちらが荒いかと聞かれたら「選ぶスペックによって大きく違う」とお答えします。



Q5・たま~にスロットで、ホールが(低設定でも)甘いと判断されて撤去騒ぎになる(?)
機種があると思うのですが、ホール側としてはそのような機種を導入するのは実際にツラいのでしょうか?
また、パチのボーダーが甘い台も導入しずらいのでしょうか?
店長さんの今までの経験上、ご意見がございましたら、よろしくお願いします。
また、「スロのホール側にとって甘い」=「客側にとっても甘い」と言えるのかどうかは言い切れない部分があると思うのですが、どうでしょうか?
内容的にシリアスで(やや)答えづらいものもあるかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。


A5・全国データを見ると、甘い機種なのかどうかは一目瞭然です。しかし甘い機種はゲーム性が詰まらない機種でなければそれなりに稼働が高くなる傾向にあります。甘い機種ですから勝つ人も多いため、自然に稼働が上がります。
しかしパチンコ店は1台当たりで稼がなくてはならない金額があります。その金額を下回るような機種は問題です。
スロットの場合だと、甘くて仕方がない機種とは設定1でどうにもならない機種の事ですから、それでは高設定も入れらないので魅力がありません。
パチンコの場合はただでさえ甘い機種なのに、止め打ちをキッチリ行う様なお客様がいる場合は赤字にさえなってしまいます。

私個人としては甘い機種は人気が高く長続きするので気にせずに導入していますが、人件費や電気代すら捻出できないような機種は敬遠します。


以上5つの質問に対する私の意見でした。


最後に、メッセージにて違うお客様より、「新しいカードはいつから作れるのか?」とのお問い合わせをいただきました。
新しいカードの発行開始は11月7日からです。
宜しくお願いします。