パチンコ館に突如として現れたコレ。


IMG_4411


囲炉裏です。

「何でパチンコ店に囲炉裏なんだ?」と思われる事でしょう。 
囲炉裏を置こうと思った切っ掛けは「座りたくなるテーブルと椅子」。

ずっと前からパチンコ館に置かれている4人掛けの白いテーブルですが、このテーブルに知らないお客様同士が座っているのを見たことがありません。

パチンコスロットは一人で楽しめる遊びです。それだけに、他のお客様と話さないまま一人で帰っていく。
4人用テーブルに座らなくてもアームチェアがあれば休憩するのには充分だし、テーブルは特に必要ないのかもしれません。

しかし、仲の良いお客様同士や、ご夫婦、ご友人、カップルでゆっくりとくつろぐ事のできるテーブルは無い物か・・・
時には知らないお客様同士が同じテーブルに座った事で初めて会話するようになり、いつの間にか仲良くなってしまう・・・そんな人々を惹きつけるような「座りたくなるテーブルと椅子」は無いだろうか?

と、ずっと考えていたのです。


数ヶ月前。
七輪をネットで調べていたら、同じページに出てきたのが「囲炉裏」。

「囲炉裏かぁ・・・」

前に家族で旅行に行った時、旅館に大きな火鉢があり、赤々と燃える炭火で煎餅を自分で焼いて食べられるようになっていて感動しました。

「炭かぁ・・・」

囲炉裏を調べていくと、「囲炉裏には人を引き寄せる効果がある」と。
それは炭も同じ事。火は人を引き寄せる力を持っている。

・・・!

これだ!

「座りたくなるテーブルと椅子は囲炉裏で解決できる!」


囲炉裏など、昔話に出てくるか古民家で見たことがあるだけで、年配のお客様ですら、なかなか本物を見る機会も少ないはず。 
囲炉裏を囲んで、赤々と燃える備長炭を眺めているお客様の様子が目に浮かびます。

椅子は数百ある食卓用椅子の中から厳選した「うずくり仕上げ」の回転式。

IMG_4417

回転式だから年配のお客様も座りやすい。

消防法と風営法が心配だったので警察に相談後、消防署に書類を提出して準備OK。

そしてオーダーから製作に3週間掛かり完成しました。
送ってもらうと送料が27000円もかかるので、私が福島県いわき市までハイエースで引き取りに行ってきました。
総重量約200kg。男性スタッフ7人がかりで店内に設置しました。全身筋肉痛ですw

炭については相当勉強しました。安全にご使用いただけます。
偽物が多い備長炭ですが、当店使用の備長炭は「和歌山県木炭協同組合 紀州備長炭証合格」のお墨付きを頂いた本物の最高級備長炭を使用します。

囲炉裏の中央に置かれている鉄瓶と五徳(鉄瓶の台)は岩手県が誇る経済産業大臣指定伝統的工芸品「南部鉄器」。
火箸・灰ならし・灰掻き・火掻きも全て南部鉄器です。


この後、消防署から指導された通り、スタッフに炭火の取り扱い方法を指導して、数日後から囲炉裏開放予定です。