もう勘弁ならないのでブログに書く事にしました。

本日店の周りを清掃していたスタッフが、店舗北側の植栽に、またゴミが散乱していると報告してきました。

当店の北側にある植栽には数年前からずーーっとゴミが捨て続けられています。そのゴミはコンビニ袋に入っていて、パンの袋やお菓子の箱、タバコの箱や缶など色々な物が混じった状態で袋ごと捨てられているのです。
この三年の間に、私だけでも100袋位は拾っています。スタッフが拾ってくれているのも合わせると数百袋のゴミ袋を拾い続けているのです。
朝出社すると、その袋をカラスが突いて、道路までゴミが散乱してる事が頻繁にあります。


その数百袋の内最も多いのが、「ある人」が捨てている袋です。

しかし、その「ある人」が誰なのか分からないのです。
人物を特定できる物はその犯人も警戒しているのか絶対に袋の中に入れません。しかしタバコの銘柄が珍しいので、「またコイツかぁ」と分かります。
そしてもう一つ、決定的な特徴があります。特定の薬の錠剤の空になったゴミが毎度含まれているので、ほぼ99%同一人物のゴミであると特定できているのです。
って言うかこんな事する人は滅多にいませんから。



しかし今まで、どうしても「ある人」までしか分かりませんでした。

週に多い時で2~3回、少ない時でも週に1回はこの人物が捨てて行きます。1回に2袋3袋の時もあります。それは近所の人なのかもしれないし、当店のお客様なのかもしれません。
しかしこれだけ悪質な不法投棄はお客様であろうと、見つけ次第警察に通報するつもりでした。


そして本日ついにその犯人がボロを出しました。

名前入りの封筒と、名前入りの通勤手当の袋、そしてある店の会員番号の入ったレシートが一緒に捨てられていたのです。袋の名前と会員番号の名前が一致すればもう言い逃れは出来ません。

早速警察に通報しましたので、近いうちに解決すると思われます。

その犯人にはこれまで当店の全スタッフがどれだけ苦労して来たのか知ってもらいたいですね。

また同じ様な不法投棄の現場を見かけましたら、ブログのメッセージにてお知らせください。