そんな予感もしていましたが何かしら糸口が見つかるのではないかと少し期待はあったのですが・・・


パチンコスロットが趣味の独身男性と女性の御縁を結ぶ企画ですが、所轄からご回答を頂きました。ご担当者様より、「先日の企画案について県警からの回答を伝えます。結論から言って残念ですが難しいです」とのお話しでした。


・営業面積外、パチンコ店とゲーム店の共用部分(サロンDEグリーン)と言えど、建物自体はパチンコ店であり別物という扱いは出来ない。
・参加費の徴収は営業目的外であることからよろしくない。
・ゲーム大会に家庭用パチンコ機・パチスロ機を使うのは、パチンコ店とゲームセンターの営業面積外の共用部であろうと遊技機であり店舗の遊技機を伺わせる状況のため使用許可はできない。
・ゲーム大会・クイズ大会等での賞品提供は参加費徴収に関わらず無料で渡せば「物あげ」となる。
・飲食を提供する事は良いが保健所にて問題が無い事を確認してから行う様に。
・司会進行役を立てるのもその場で「営業」していると見なされる。

結論として、このスペース(サロンDEグリーン休憩所)を利用してイベント的なものを行う事は全てパチンコ店の営業として見なさざるを得なく、非常に難しいと言える。

と言う結果でした。

参加費の徴収は当店が儲けたいのではなく、飲食物の提供や賞品を準備する為の資金に充てるつもりでした。当然ですが、飲食代+賞品代は参加費用内に設定しようと思っていたのですがそれも駄目だそうです。

パチンコ店の店内での徴収は無理だとしても、営業面積外なら可能性は残っているかもしれないと思っていましたが甘かったようです。

この回答では、参加費の徴収をしないで、賞品も無し、飲食の提供も無しで聞いても結果は同じですね。

一番驚いたのが、「司会進行役を立てるのも営業と見なされる」という点です。
その程度なら許してくれてもいいと思うのですが・・・

皆さんにもパチンコ店がどれだけ厳しいルールの下で営業してるのか少し分かって頂けたと思います。

期待していて下さった独身男性と女性の方々に申し訳ない気持ちでいっぱいです。



しかし唯一希望の光が・・・


ご担当者様によれば、


【集まりたい方が集まって湯茶を飲み、談話するだけなら良い】


との事です。

「集まりたい方が集まって」
「湯茶を飲み」
「談話するだけ」

これらは良いそうです。

例えば、お客様の中の誰かが、Twitterか何かで、「おーーい!今度の12月18日(日)、久喜市のファンタジーランドで男女の談話をするので、パチンコスロットが大好きな独身男子と女性は午後2時までに集合して下さ~い!!」とかつぶやいて、「はーい!分かりました♡じゃあ2時頃伺いまーす!談話楽しみにしてます!」と言う様に、勝手にお客様が集まるのは自由って事ですかね。
 

何ですか?「談話」って?



・・・というわけで、残念ではありますが、サロンDEグリーンで何か企画を開催するのは基本的に出来ないという事でした。

本当に申し訳ありません。

これに懲りずに、次の作戦を考えます!