2015年2月にソフトバンクが発売したロボット「Pepper(ペッパー)」。
ペッパー君の愛称でも知られています。

pepper03





多くの方がSoftBankショップの店頭で見た事があると思います。

法人向けのビジネスプランなら、月給5.5万円でペッパー君が来てくれます。

ペッパー君と会話した事がある人は知っていると思いますが、ペッパー君はゆっくりではありますが会話する事が出来ます。

ペッパー君の特徴の一つに「感情機能」があり、気分がいいときは鼻歌を歌ったり、落ち込んでいるときにはため息をついたりすると言われています。


私はふと思った。

・・・という事は、ペッパー君は勝手に言葉を覚えて、自分の意志で会話をする事ができるのではないだろうか?



あるパチンコ店の店頭にペッパー君がいて、お客様がペッパー君に

「ねぇ、今日の4スロのオススメはどこ?」
「ハイ。キョウノオススメハ、マツビ、7バンデス。」
「ありがとう!」


「ねぇ、ペッパー君。この台高設定かな?」
「イイエ、チガイマス。アナタノダイハ、サイテイセッテイデス。ホンモノハ、ミギドナリノダイデス。」
「・・・・」


「ペッパー君!4パチはどこ打ったらいいかな?」
「オキナワ3ノアマデジガ、グルングルンデス。」


20時になると店内音楽が急に変わり、ペッパー君がある台の所に行き、「オメデトウゴザイマス」とだけ言って去って行く。次は自分の番かとドキドキしていると素通り・・・


所轄の方がやって来て、「なんかロボットが変な事言ってるらしいですね?通報がありました。」

「そうなんですよ。勝手に言葉を覚えてしまって、私達もほとほと困っているんです。こちらは何も教えていないんですけど。」


暴走するペッパー君が人気になり、あっという間に繁盛店になったりしないだろうか?

多分、その前に、所轄の方に「嘘つけ!あんたが教えたんだろ!」って怒られて終わりでしょうね。

悪い事を考えるのはやめましょう。

単なる妄想でした。



パチンコ・パチスロランキング