出ましたねぇ。
昨日、テレビ東京「アド街ック天国」に久喜市が登場しました。
ネタバレになってしまいますので、録画されている方はご視聴後にどうぞ。


1位から20位までの結果がこちら。

アド街ック順位表

予想通り、ハクレンジャンプ、百観音温泉、オートパーラーまんぷく、王将旅館(やっぱり正式には旅館「王将」みたいです)が出ていました。

先日ブログで紹介した百観音温泉の「立ち湯」が紹介されてましたねw
5月22日のブログには「推定45℃位ありそうです」と書きましたが、それを読んだ方の中には、「何言ってんだよぉ~、45℃以上って分かってんの? 45℃って言ったらメチャクチャ熱いぞ。誇張してるんだろうな?」と思った方がいたのではないでしょうか。
でも実際は46℃を超えているようですね。あの風呂はある意味修行に近く、危険な風呂ですが一度はチャンレンジして下さい。


食堂カーちゃんの登場には驚きました。
食堂カーちゃんはファンタから車で2分。

カーちゃん食堂


こんなに近いのに見落としていました。ファンタのお客様でも多くの方が通っているのに。
灯台下暗し。自分の地元の良さって、風景化して気が付かないものですね。
そう言われてみれば昔のドライブインが50年間もそのまま残っているなんて珍しいですよね。異動してきて初めてカーちゃんに行った時の感動を忘れていました。


それと格闘技・武道用品では国内シェアナンバーワンメーカー「イサミ」が出ていました。
何年か前にイサミのトレーニングマシンとバーベルとダンベルを買いに行きましたが番組見て思い出しました。


19位には「個性派ラーメン」がランキングされていました。
番組では「ラーメン王国埼玉」と紹介されていましたが確かに埼玉県はラーメン王国。消費量としては全国的には上位の常連なだけですが、埼玉県が凄いのは無差別なジャンルのラーメン店が乱立している所です。
札幌ラーメン、喜多方ラーメン、佐野ラーメン、東京トンコツ、博多ラーメンのように、ラーメンは一般的に地元愛がある事が多く、佐野市に行くとあちらこちらに佐野ラーメンがあり、地元愛を感じずにはいられません。

しかし東京のベッドタウンである埼玉県民は地元愛が薄い為、どの地方のラーメンでも受け入れてしまいます。埼玉県民は醤油ラーメンだろうが味噌だろうが、豚骨だろうが魚介だろうが、どんなラーメンでも美味ければ認める気質があります。それだけにラーメン店は熾烈な争いを繰り広げています。本当に美味いラーメン店だけしか生き残れないのが埼玉県です。
だから、アド街で紹介されたラーメン店以外にも、久喜市周辺には個性派ラーメン店が至る所にあるのです。幸手市のラーメン街道だって密集してますからね。

という事で、アド街ック天国の久喜市編のご案内でした。

もう少し詳しく見たい方はアド街ック天国のHPにて

アド街ック天国「埼玉 久喜」