あるお客様から「なぜ中古台しか買えないファンタに最新台のスーパーミラクルジャグラーが4台も導入できたのか?」とのご質問がありました。

そこで、その理由をご説明させて頂きます。

それは「ジャグラーシリーズだから」です。
これはファンタが導入したと言うより、本社決裁が特別に下りたのです。

ジャグラーシリーズはスロット機種の中で鉄板中の鉄板。いや、パチンコも含めた全ての機種においての最高ランクの機種です。

100%に近い確率で損失が出ない、非常に珍しい機種です。

ジャグラーシリーズは中古相場を見れば分かりますが、中古でも数十万円の値が付いていて、新台価格を上回る機種や、中には100万円を超える機種まであります。


これだけ人気のジャグラーシリーズですから、作れば作る程売れてしまいます。しかし北電子は常に市場への供給量を調節して、過剰な台数にならない様にしています。他のメーカーはヒット機種が生まれると、3万台・5万台・7万台と、売れるならトコトン売り捌いてしまいます。

しかし、北電子はもっと売れるのに売ろうとしません。目先の儲けではなく、長い目で見ていると思うのです。

供給過多になった機種は全国データのアウトが下がってしまいます。中古価格は全国データを見て相場が決まってきますから、過剰な供給を抑えてアウトが下がらないように調節する事で全国データが下がり難くなります。こうしてジャグラーシリーズはホールから絶大なる信頼を獲得してきたのです。

仮にジャグラーを40万円で新台購入して、一年設置して40万円で売れたら、1年分の利益は機械代0円で儲かったのと同じです。
パチンコにおいての海物語シリーズはジャグラーに近いですが、それでも海物語はコケる事があります。しかしジャグラーシリーズは鉄板なのです。特に初期の5号機ジャグラーより、AT機規制が騒がれ始めた頃からAタイプの価値は格段に上がったと言えます。

本当は同じジャグラーの中にも良い機種とそうでない機種があり、ミラクルジャグラーは前作が不評だった為に市場ではそれほど期待されていませんでした。
それだけに北電子も「SMJは数台しか売らないよ」とは言い辛かったために、これだけの台数が確保できたと思われます。これがもしマイジャグラー4だったらこんなに台数は確保できません。当店クラスでは運が良くて1台~2台がやっとです。0台という事もあり得ます。
ブログなのであまり批判的な事は書けませんが、それこそ営業マンの方の言葉遣いは敬語を使っていても、売り方の手法は完全に北電子さんに主導権があり、ホールは言われるがままにするしかないのが現状です。

世の中にはプレミアが付いて購入価格を上回る物が時々出てきますが、それが発売前からほぼ99%分かっている物は本当に極僅かしかありません。
子供に大人気の商品をわざと品薄にして加熱させるビジネスを展開している汚い企業がありますがそこまでとは言いませんが・・・

本社が「ジャグラーなら心配ないな」と安心して投資したくなるのも頷けます。

但し!ミラクルジャグラー系はミラクルだけにシンプルジャグラー系とは違いますので、幅広い層から支持されにくい為、その点は注意が必要です。