~~~あれは去年の10月頃の事~~~


ニュースで時々、「仮想通貨ビットコインが・・・」と耳にするようになっていました。

株価の情報を調べていると、その横には仮想通貨の広告が。
(仮想通貨ねぇ。意味わからん。そんなに上がってんのかな?)

と気になってチャートを調べてみると・・・

BTC価格


「確かに。この一年だけでもメチャメチャ上がってるわ。」

しかし、11月に入っても、「仮想通貨ビットコインが最高値を更新し・・・」、「仮想通貨ビットコイン価格は今年に入って数倍になっており・・・」と、報道される回数が日に日に増えていく。

もう気になって気になって仕方がない。

まるで、自分の隣のおじさんが設定6確定演出が出たのを自分だけが偶然目撃してしまい、おじさんのARTが終わってチラチラ時計を見だし、満タンだった下皿のメダルを全部箱に移し、膝の上に置いた箱からメダルを使って打っているのを通行人のフリして見張っているのと同じ気持ちです。


相場の基本的な格言である「株は安い所で買い、高い時に売る」。
解かっちゃいるけど、ビットコインのあまりの急騰ぶりに、この先まだまだ上がるかもしれないと言う素人的な考えも捨てきれない。


パチンコスロットが好きな人は価格の変動(玉やメダル量の変動)には耐性があるわけで、軍資金がゼロになってしまう可能性があっても挑戦する覚悟は最初からできています。

ビットコインは暴騰が続いているのだから、暴落する可能性は常に隣り合わせです。
それを承知でやるのだから、最初から「無くなってもいいや」と思える金額しか投資しないようにすればいい。

結局ビットコイン(BTC)を買ったのですが、仮想通貨を調べて行くうちにリップル(XRP)という銘柄を気に入って、BTCを売却してXRPに乗り換えてみることにしました。

初期投資125,000円だったBTCは168,000円になっていたので全部売却して、全額XRPを購入しました。

しかし、この「無くなってもいいや」の投資がまさかあんな事になろうとは・・・


つづく