天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

プライベート(虫)

今年も出ました

今年も出ました。

我が家の庭のシラカシの木に、今年も出て参りました。

ノコギリクワガタです。
(ナメクジが一緒に写っていますがモザイク加工済みです!)


BlogPaint



IMG_1553



あっ、すっ、すみません!

モザイク加工はこちらでした

BlogPaint


6月に入り、梅雨で雨が一定量降ると、樹液が出てきます。

すると同時にノコギリクワガタが出現します。

今年は一昨日が初出現日。
一気に3ペアが出現中です。


ノコギリクワガタのオスは昆虫界のジェントルマン。
常にメスをお腹に下に入れて守り続けます。
いつも同じメスと一緒にいます。

昆虫界の浮気者カブトムシのオスとは次元が違います。


最強王者カブトムシが出てくる時期より早く羽化して、バッティングしないようにしています。


梅雨が明けて子供達が夏休みに入り、「虫だ虫だ!」と騒ぎ始めた頃には急に出現率が低くなるので、真夏はノコギリクワガタをあまり見かけなくなります。

ゴト?

私は杉戸町在住です。

家に帰るとこんな物が


sugitogoto

スギトゴト・・・

タイトルの上に小さく「未来につなぐ杉戸のコト」と書いてあるので、「杉戸の事」⇒「杉戸事」⇒「スギトゴト」。
「ギト」と「ゴト」の韻を踏んでみたらしっくりきたので、このネーミングになったのでしょう。

しかし、我々パチンコ業界人にとっては「ゴト」の文字の並びがどうしても気になります。



==========

全然話違いますが、自宅のシラカシの木に今年もカブトムシとクワガタが出現中。

IMG_8616

IMG_8614

IMG_8611

IMG_8607


今年はノコギリクワガタが過去10年間で最も大量発生している年です。


このシラカシ(白樫)の葉は、コノハムシを育成している人たちの間では最もメジャーなコノハムシ用の餌として知られています。

ある時、「コノハムシがどうしても欲しい」と思うようになり飼い方を調べたら、餌は「シラカシの葉が一番楽」ですと書かれていました。
自宅に何本も自生するシラカシの葉がメインの食草だなんて、こんなラッキーな事は無い。神様が飼えと言ってるようなものだという事でコノハムシを飼い始めたのです。

コノハムシは羽化していた成虫が卵を32個産み★になりました。
残る13匹は1匹も★になる事なく元気です。

IMG_8517


あと数ヶ月待つと成虫になりますので、その時はコノハムシ展をお店で開催しますのでご期待ください。
 

オオコノハが産みました

ところで全然パチンコと関係ありませんが、オオコノハムシが卵を産みました!



 IMG_8273

なんとも奇妙な形をしているオオコノハムシの卵。


左側のキャノピーの様な蓋をパカっと開けて、よっこらしょ!とその出口から幼虫が出てくるのです。
だから、蓋が開いていたら「おっ!生まれたな!」と判ります。

昨日までに3個うみました。

無事に孵化して大きく育ち、オオコノハムシ天国になったら、念願の「全国初!パチンコ店でオオコノハムシ展示会」を開催しますのでお楽しみに!

(なぜ今やらないのか?)

コノハムシは環境の変化やストレスに弱いため、もし死んでしまったら困るので、もっと確実に数を増やしてから開催しようと思っています。



P店で全国初かどうかは調べた事ありませんが、恐らく初でしょう。

もしかすると東京のあるP店の店長さんがコノハムシを飼っている事がわかっているので、もしかしたら先を越されているかもしれませんが。


えっ?
出玉の方はどうなってんだ?


ご心配なく、ちゃんと考えていますので。

オオコノハムシ

虫嫌いな方はスルーして下さい。




ブログで知り合った方がオオコノハムシの幼虫を譲って下さいました。

oonkonoha


私が9月初旬に購入した
タイコノハムシ
ジャワコノハムシ
オオコノハムシ
の3種の内、ジャワコノハムシ1頭しか孵化しないので、貴重なオオコノハの幼虫を1頭譲って下さったわけです。
心の広い方に出会えて光栄です。ブログやってて良かったぁ・・・って思いました。

我が家のジャワコノハムシはまだ小さいので、届いたオオコノハの大きさにビックリです。
この後10cm位まで成長します。


昨日は公休日。午前中にオオコノハムシの幼虫が宅配便で到着したので、温室内の配置替えなどをしてから家族で外出。そして、19時頃家に戻って、温室の中のオオコノハをチェック。「いるいる」、元気に止まっています。基本、一日中ほとんど動きません。

そして、下の方のまだ孵化していない卵が入っているケースをふと見ると・・・



「う、うまれてるっ!」

さっき出かける前にチェックした時は間違いなく孵化していなかったのに。外出している間に孵化したと思われます。しかもジャワコノハが孵化した時の大きさより遥かにデカい。

これはまさかオオコノハ?
コノハムシは卵の蓋を開けて出てくるのでチェックしてみると、3種の卵の内、オオコノハの卵の蓋がパカっと開いているではありませんか!オオコノハ誕生です!

蓋が開いてるの分かりますか?

ookonohafuka

この小さい穴からあの大きさの幼虫が産まれるとはどうしても信じられません。どう考えても折り畳まれて入ってたと思われます。
しかし、オオコノハ6個の卵は3ヶ月以上も1頭も孵化しなかったのに、偶然にも譲って頂いたオオコノハムシが到着した日と同日に孵化するとは・・・偶然にもほどがあります。

早速、ジャワコノハと先ほど到着したオオコノハと同じ水槽ケースに移動してあげました。

ookonohayoutyu
 
初令の幼虫は2~3令になるまでが鬼門なので用心して育てます。

いやあ、ビックリした。

コノハムシ

コメントをほとんど頂くことがない、パチンコスロットに全く関係無い、恒例になりました「虫」に関する記事です。興味のない方は飛ばしてください。


カブトムシの幼虫は40匹を残して、全部庭に逃がしました。
来年は大豊作だと思います。

 9月28日にブログで書いたコノハムシの卵。8月末からずっと温めています。 
コノハムシは東南アジアのジャングルなどに生息する昆虫なので、 日本で普通に育てても全滅です。
 室温を24度から29度前後に保ち、湿度もジャングルのように高めの湿度に保つ必要があります。
この湿度管理が難しく、70%から90%を目標にしていますが時々50%になってしまいます。

コノハムシは通常オークションで購入します。輸入は禁止で、累代繁殖と言って、既に日本で飼われている個体が産んだ卵や成虫を購入します。

購入した卵を温め始めたのは8月30日だったと思います。
10月に入ってから室温が下がってきたので温度を維持するために 温室を買いました。

onnsitu


この温室セットは約10万円するのですが、2~3万円の小さな温室にしようか悩んでいたある日、バジリスクで初めて真・瞳術 チャンスに当選し、これ以外にも17連が重なって一夜にして108,000円勝ちしたので、思い切って購入した「バジ温室」と命名している温室なのです。

その時の真瞳術チャンス画像がコレ↓
sindoujutu



 この温室は加湿機能も付いていて、温室内はジャングルそのもの。コノハムシが孵化しても好条件で飼育できるわけです。

guaba2


孵化したら食べさせるためのグァバの苗
guaba



毎日毎日、一日3回以上は覗いていたのですが、何の変化もないまま3ヶ月が過ぎたある日の事、いつものように期待しないで覗いてみると・・・



いました!生まれています。
12月2日に孵化したので丸三ヶ月で孵化した事になります。

葉の裏側にいる赤茶色いのがそうです。
fuka1


fuka2


そして3日前に一度脱皮して少し緑色になりました。

konohadappi


以上コノハムシでした。
 

※ご注意:この記事にはカブトムシの幼虫とコノハムシの卵の画像が含まれています。お嫌いな方は読まずに飛ばして下さい。

パチンコ・スロットのブログですが、少しは自分のプライベートの事も書かないと、堅苦しいブログになってしまうんじゃないかと思って 、飼っているカブトムシの幼虫や蛹化、羽化、ナナフシ等の事も何度か書いています。

しかし、過去1度だけ「玉ちゃん」が「気持ち悪い」とコメントしてくれただけで、他には誰一人としてコメントしてくれないという淋しい企画がこの「生き物シリーズ」の記事です。
ところで「玉ちゃん」、ブログまだ見てくれてたらまた遊びに来て下さいね。待ってます。

前回の昆虫記事で紹介したのはカブトムシが羽化して成虫になったと言う内容でしたが、その成虫たちが卵を産んで大変な事になっているのはまだお知らせしていませんでした。話は変わりますが先日の「さくらたまご」を「さくら卵」と書いたら、会議で宇都宮の店長に「佐藤さん、ブログに書いたあのたまごは「卵」じゃなくて、「玉子」ですよ」と言われました。
「えっ?何それ?卵じゃないの?」と聞いたら 「スーパーでは玉子で売っている」と。
虫の情報ばかり見て、スーパーで玉子を人生2回くらいしか買った事の無い私はすっかり卵だと思っていましたが違うようです。

それでは、皆様お待ちかねの今年生まれた幼虫たちの画像です。
こんな事になりました↓

youtyu10

こんな状態で飼っているわけはなく、体の大きさ別に大中小に分けようとしている選別作業中の画像です。
たぶん320匹位います。
現在は210匹ほど庭に放しており、残り110匹を飼っています。
先日妻がfacebookで誰か欲しい人いないのかとこの写真を使って呼びかけたら、「2匹くれ」と言う人が居たらしいです。
2匹って・・・


それから先月から始まったのが子供の時からの夢でもあったコノハムシの飼育です。

これがコノハムシの卵↓

ookonohatamago

左からオオコノハムシ、ジャワコノハムシ、タイコノハムシの卵です。
成虫は飼ってません。成虫は高いので卵からスタートです。
飼育がかなり難しいので全滅の可能性も充分あります。全部で20個あり、保温中&保湿中です。失敗したらもう一度卵を購入して成功するまでチャレンジする事に決めています。

成虫になるとこんなのです↓
一度くらいは見たことありますよね?

konoha

konoha3


温度と湿度管理が非常に難しく、成功したらこれ以上の喜びは無いでしょうねぇ。
食草のグァバの種と苗を現在急ピッチで育成中です。

パチンコスロットに関係なくてすみませんが、時々息抜きにでも見て下さい。

擬態

※この記事の中にはナナフシの画像が含まれますので、パチンコスロットしか興味の無い方はどうぞ飛ばしていただき、次回のブログにご期待ください。


カブトムシはその後順調に育ち、今年産まれた幼虫が早くも100匹を超えています。

最初は去年飼っていたカブトムシが死んだ時に娘が泣いたので、なんとかその場をフォローしようと「このカブトムシが産んだ卵が来年また生まれるんだよ。」と言ってしまった事からカブトムシ飼育が始まったのですが、いつの間にか私が本気になってしまい今に至っています。

しかし、私の虫好きが高じて、娘まで昆虫の図鑑にハマってしまいました。毎日虫を追いかけ、友達の女の子に気持ち悪がられているようですが、そこまで虫が好きなら飽きるまで応援してあげようと思っています。

娘はその図鑑に載っていたナナフシに興味があり、と言うより私が「ナナフシっていうのはねぇ!」と熱く語っているうちに、ナナフシとはすごい生き物なんだと娘も理解したと言う方が正しいかも知れません。

ナナフシをどうしても捕まえたいとうるさいので今度連れて行ってあげると言っていたら、デパートのガラガラ抽選会で娘が赤城自然園の入場無料券を当て、そこにはどうやらナナフシ橋と言う橋がある事が分かりました。
ネットで徹底的に調べたらどうやらそこよりもその近くに毎年ナナフシが大量発生するスポットがある事がわかったので、赤城自然園に行った後に寄る事にしました。


ほとんどナナフシを捕まえる為の旅行になりましたが、本当に捕獲しました!

ご覧ください。

nanafusi2

どこにいるかわかりますか?
右下を向いて、前足を揃えて伸ばしているのがそうです。

今度は真下を向いている画像です↓

nanafusi3


ついでに両手をY字に開いているショットを↓

nanafusi4

う~ん、芸術的なこの擬態が何とも言えずに、見ているだけで大満足です。
ほとんど動かないのですが、2時間でも3時間でも同じ体勢を続けられる体力に感心してしまいます。

ここまで芸術的だと、素晴らしい環境にしてあげないとナナフシがかわいそうなので、大型ケージを自分で作る事にしました。

既に119個の卵が産まれています。
因みにナナフシは「単為生殖」と言って、メスだけで卵を産める有り難い生き物です。


nanafusike-ji

7匹います。
中央で仕切っているのは幼虫が産まれたら、左側に幼虫、右側に成虫を飼育するためです。

 奥様がやり過ぎじゃないかと言うのですが・・・

 

カブトムシ報告

ところで、羽化後ずっと土に潜ったまま待機していたカブトムシ29匹が7月2日頃から1週間かけて次々と地表に現れました。


seityu1


seityu2


メスはほとんどが土の中に潜っている上に、今年捕まえたカブトムシもいるので本当はもっとすごい事になっています。

これは一時保管の状態なので、ケンカしないように、下の様な状態になりました。

siikujoutai

去年生んだクワガタのサナギがいるケースと、今年捕まえたノコギリ専用ケースとコクワガタ専用ケースも交じっています。クワガタのサナギは条件があまり良くなかったのか、7匹がまだサナギです。

この後これをどうするのかは決めていません。

昆虫ゼリーは業務用500個を購入しましたが昨日時点で既に180個は使いました。
このまま行くと今年は卵が300~400個くらいになってしまうので、どうしようか考え中です。
外国産もやりたいのですが止まらない性格なのでやめておきます。

取り敢えず子供にカブトムシの一生を見せてあげられた事でかなり満足しています。

 

羽化しました。

※ご注意:この記事にはカブトムシの蛹とその羽化の様子の画像が含まれています。お嫌いな方はご遠慮ください。

6月16日、1匹目のメスが羽化しました。

でも、11日に新生FANTASYLANDを掲げているだけに、5日目にして「羽化しました!」とかはしゃいでると、クレームが来るんじゃないかと思い、ちょっと大人しくしておりました。

仕事は一生懸命やっていますので、家に帰れば先ずは羽化チェックを楽しみにして過ごしています。
観察できる10瓶の内、実は既に9匹が羽化済みです。
残る一匹は蛹の殻の乾き具合からして、今日か明日に羽化するのは間違いありません。

羽化は蛹化に比べて始まる前兆がわかりづらく、見られたのは2匹だけでした。
蛹化の方が羽化より神秘的ですが、去年の成虫が生んだ卵がこうして無事に成虫になった事は蛹化より感動しました。

蛹化は実質10~15分ですが、羽化は15~23分と言う感じでしょうか。

uka1


uka2



羽化スタートから2分間隔の連続写真をご覧ください。
↓↓↓

2013-06-20_191202(2)


2013-06-20_191202(3)


2013-06-20_191202(4)



2013-06-20_191202(5)



2013-06-20_191202(6)



2013-06-20_191202(7)



2013-06-20_191202(8)



2013-06-20_191202(9)



2013-06-20_191202(10)



2013-06-20_191202(11)



2013-06-20_191202(12)


2013-06-20_191202(13)


2013-06-20_191202(14)



2013-06-20_191202(15)



2013-06-20_191202(16)



2013-06-20_191202(17)



2013-06-20_191202(18)



2013-06-20_191202(19)



2013-06-20_191202(20)



2013-06-20_191202(21)



2013-06-20_191202(22)



2013-06-20_191202(23)



羽化完了。

この後は体が固まるまで10日前後は土の中で動かずにじっとしています。

元気に這い出てきたらまた報告します。

パチンコスロットに関係なくてすみません。好きな方だけ見てください。
 

バジⅡとサナギの話。

※ご注意:この記事にはカブトムシの幼虫とノコギリクワガタの画像が含まれています。お嫌いな方はご遠慮ください。


幼虫の話は置いておきまして、バジリスクは相変わらず打っていますが未だにBIGは引いたことがありません。
BIGどころか爆発した事も一度もありません。
給料も入って早く打ちたくて、気合いを入れて戦場に向かいました。

516Gで放置されている台1台しか空いておらず、どうしても我慢できずに着席し、思い切って設定1覚悟で最悪天井まで回す覚悟でプレイスタート!

ところが、巻物からの開眼が一度も当たらず、3チェも3回スルーして、好機揃いも2回スルーして、ついに1100プレイ・・・
(T T)ここまで来たら天井まで行ってくれ!

・・・の願いもむなしく、10回目の巻物が初めての開眼に当選。
まさか当たらないよね?

bajirisuku3

こんな時に、か、神様が助けて下さいました(T^T)
どうもありがとうございます。

bajirisuku2
 
最悪です。

これは2連終了でしたが、通常遊技開始後直ぐに巻物から開眼当選し、赤リプ引いて5連!
でも結局飲まれて終了です。
それでもバジは最高です。
 


~ここからは幼虫・蛹・ノコギリが出現しますので嫌いな方はページを閉じて下さい。

昨日の夜、幼虫が観察できる10ビン全ての蛹化が終了しました。

sanagi4

sanagi2


これはまだ蛹化ほやほやです↓
sanagi5


妻の撮影編集です↓
sanagi3

5月30日メス
5月31日メス
6月1日メス
6月2日オス
6月3日メス
6月3日メス
6月4日オス
6月4日オス
6月5日オス
6月5日オス

メス5匹、オス5匹、合計10匹。

幼虫の蛹化が始まると、蛹化完了までは約15分です。
あっという間なので本当に良く観察していないと見逃してしまいます。
蛹化に立ち会えたのは5匹でした。子供たちにも蛹化の瞬間を2回見せてあげられたので大満足です。
もうすぐ3歳の息子はこの感動が分からなかったようですが、5歳の娘は目をキラキラさせて見入っていました。
女の子なのに虫好きで大丈夫でしょうか?

話は変わって今日の昼頃、当店スロットコーナーの風除室にてノコギリクワガタを発見しました。今年の第一号です。取り敢えず家に持って帰ります。
 
nokogiri

 

幼虫報告2

※ご注意:この記事にはカブトムシの幼虫とカエルの画像が含まれています。お嫌いな方はご遠慮ください。


前に紹介したカブトムシの幼虫は順調に育っています。
バジⅡで大敗を喫して家に戻り、気持ちを切り替えて幼虫のお世話です。

そろそろ蛹になる準備を始める幼虫を個別に飼育して、蛹化する瞬間を観察できるように直径10cm、高さ20cm位の透明なガラス瓶を14本購入しておいたので、そこに幼虫を移し替える作業です。


必死に潜ろうとする姿がなんとも言えず可愛いです。

youtyu2

幼虫は29匹で、ガラス瓶は14本しか購入していないので14匹をこの中から選ぶのですが、蛹化について詳しい方のサイトによると、どうやら大きい個体の上位数匹と小さい個体の上位数匹ずつを選んで観察すると、大きかった幼虫はオスになり、小さかった幼虫はメスになる可能性が非常に高いと書いてあったのでそうする事にしました。

youtyu3


youtyu4


14本の瓶のフタは全て同じ色が揃わず、4本が赤いフタ、3本が青いフタ、7本が透明のフタになってしまったので、赤4本にオスと思われる大きいサイズの幼虫、青3本にメスと思われる小さいサイズの幼虫を入れ、透明の7本は適当に入れました。


youtyu5
環境によって蛹化のタイミングはだいぶ違うらしいのですが6月上旬頃じゃないかと思います。

 
話は変わり、一昨日会社帰りに道路の真ん中にトノサマガエルが座っていたので、カエル好きな子供たちの為に車を降りて、静かに近づき見事捕まえました。片手でカエルを持ったまま運転し家に到着、庭でケースに入れようとした瞬間に逃げられてしまいました。

幼虫の世話が終わった後、その話を娘にしたら、どうしてもトノサマガエルが欲しいと言うので、家族4人で近くの水田に行き、やっと見つけて捕まえました。

tonosamagaeru

さあ、車で家に帰ろうとしたら、車で待っていたカエルが大嫌いな奥様が「家に持って帰るなら全員車に乗せない」とダダをこね、ドアをロックしたまま、子供が外で大泣きしてわめいているのに頑としてドアを開けず、20分近く説得した結果、私だけが歩いて持って帰る事になりました。家まで2kmはありました。そんな人います?

家に着いたら、あれだけ「絶対に飼う!」と言って泣きわめいて聞かなかった娘が手の平を返したように「いいよ、逃がしてあげて・・・」。なんだ、この変わり様は?

たぶん、物を買ってもらうかなんかで、うまい事妻に丸め込まれたんだと思いますが、幼虫は平気でカエルはダメって・・・

 1日だけ飼って、放す事になりました。 
 

幼虫

去年の夏に飼っていたカブトムシが産んだ卵は31個。
その内孵ったのが30匹。
現在も生きているのが29匹。

子供たちに、「飼っていたカブトムシが死んでしまうことは悲しい事だけど、でもちゃんと育てれば卵を産み、幼虫が生まれ、蛹になり、そして最後はまた元通りにカブトムシになる」という事を教えてあげたいのです。

youtyu
 

もうすぐ蛹になるのでその前に今日は最後のマット交換。マット交換は去年から数えてこれが5回目。
マット交換は一人でやると結構大変なので家族総動員でやっています。
「よーし!今日はマット交換するぞー!」と言うと、子供たちが大騒ぎする反面、奥様だけが落胆した表情。
私が指示するマット交換作業の方法が細かいらしく、また、手伝ってもらっているという思いが足りないとの事でそれが嫌だそうです。

カブトムシの幼虫は脅威の食欲で腐葉土を食べるので糞が大量に発生します。

youtyunofun

これを「ふるい」で除去して、庭の植物の肥料にしています。

蛹になるためには土の固まり具合が重要で、水分が少なければ蛹室が作れず蛹になれません。水分は多すぎてもだめ。水分が多いとダニや微生物が発生しやすくなるので適度な水分量調整が課題です。

蛹になったら報告します。






 
ギャラリー
  • あの人が喜んでいるはず
  • あの人が喜んでいるはず
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: