天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

ひとり言

大晦日

2016年大晦日、残り10時間を切りました。

今年も大変お世話になりました。


大晦日の夜は毎年近所のお寺に行って除夜の鐘を撞きに行きます。

04e8c99a2efff16498bfb92b9ce1ae02_s

「今年ももう終わりかぁ」なんて思いながら今年の一年を締めくくります。

今年もいい年になりました。
ファンタの売上最高記録更新は忘れられません。

来年もまた元気に頑張って行こうと思います。


明日から、2017年、平成29年、昭和換算で92年だそうです。

どうぞ来年もご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。


皆様良いお年をお迎えください。

設定6以外の機械割も重要 その2

設定6の機械割だけではなく、設定1も設定2も注意して見なくてはならない所まで話しました。

設定2の機械割が99.8%のような機種はホールも長期間放置はしてこないでしょう。それが98.5%~99.0%位ならベースアップとして多数の設定2を使う事もありえます。 

実戦で重要になってくるのが設定4の機械割です。
試しに、周りの人や、自分が通っているホールの店長さんや設定担当者の方に、「〇〇〇〇(機種名)の設定4の機械割って何%でしたっけ?」と聞いてみて下さい。結構多くの人が答えられないと思います。

正確に答えられたら100点ですが複数の機種を聞いてみると全部は答えられないはずです。

「最近の機種は103%~105%位の機種が多いですよね。」と答えられたら、その方はある程度現在の設定4事情を分かっています。さらに言えば、「ちょっと前までは104%~106%位だったのに、最近は少しずつ設定4の機械割が微妙に下がってきていますね」と答えられたら更によく勉強しています。

去年の記事で4号機ジャグラーの設定4の機械割が異様に高い事がどれだけすごい事なのか書きましたが、設定4の機械割は実戦では絶対に無視できない重要な数値です。

読んでいない方はこちらからどうぞ↓
これがジャグラー・・・その2


ここ数年はAT機ブームにより、設定6の機械割が112%⇒115%⇒117%⇒119%とどんどん上がってきていました。こうなってくると、設定3が機械割100%だったとして119%までの幅が大きくなります。
設定3で100%、設定6で119%の機種があるとします。その間の差が大きすぎるので、その機種の設定4と設定5の機械割はメーカーや機種によって大きな差が出てきます。
これが設定6で110%しかないと、設定3と設定6の幅が狭いので、必然的に設定4は103%~105%位になり、設定5は105%~108%位になってしまいます。


しかし、各機種を良く見てみると、設定4と設定5の機械割が他の機種より高い機種が存在します。

例えば、大都の「クレアの秘宝伝~眠りの塔と目覚めの石~」の設定4のメーカー発表機械割は106.1%です。実績データでは104.9%となっています。
メーカー発表数値と実績データの機械割が大きく違う事は日常茶飯事で、発表値だけを見ると105%超えの機種はたくさんありますが、実際は2%も3%も低くなっている事など珍しい事ではありません。Aタイプは比較的発表値に近く、AT・ART機は差が開きやすい傾向にあります。それは特賞中閉店ストップやペナルティーが厳しい等の様々な事が要因です。

設定4は、設定師が「4でも入れてあげるか・・・」と気軽に投入してくる設定だけに、メーカーは設定4の機械割にもこだわって開発しています。高すぎれば保通協で不適合になる確率は高まりますが、人気機種の後継機は少しでも設定4の機械割を高くして発売してくる傾向にあります。

「クレア眠りの塔」のように、設定4実績データで104%台後半は優秀な数値で、メーカーが気合いを入れている証と言えます。

サミーの最後の砦である「北斗修羅」も実績データで設定4=104.8%です。
それを凌ぐのは北斗転生の105.2%

三洋の大海TIARAや大工の源さんも105.1%
JPSのドリームジャンボ105.1%

さらに上を行くのがバジ絆。設定4実績データは105.8%で、現役機種のトップクラスの設定4機械割です。

オリンピアの設定4はもっと頑張って欲しいですね。どの機種も101%~103%と低めに設定されています。
オリンピアの設定4が低い事も良く知らずに設定師は「4でも入れてあげるか・・・」と投入しているケースがあります。
そんなオリンピアでもやっぱり人気機種は高くなります。
戦国乙女2深淵=104.4%
ガルパン=104.0%


ここまでで伝わりましたでしょうか?

実績データでは設定6の投入率より、設定4の方が約8倍~14倍ほど高いと出ています。
設定5の投入率と比較しても設定4は6~9倍です。

設定4で102%台の機種は多数ありますが、設定師は「この機種は102%、この機種は105%」とはそこまで考えずに適当に投入してる人が多い(しっかり覚えている人もいるでしょうが、それほど多くは無い)事は私の経験上間違いありません。
何でそんな事が言えるのかと言うと、私の知っている限りで「あの機種の設定4の機械割は何%高い」とか、「あの機種の設定4の機械割は・・・・・・」と話す人がほとんどいないからです。
もう一つは全国データで、設定4の機械割が高い機種の投入率と低い機種の投入率にそれほど大きな差がないからです。普通なら、設定4の機械割が高い機種は低い機種より投入率が高い分だけ減るはずですが、大きな差が無いのは多くの設定師が適当に投入してるからです。本当は3%~4%の差って大きいのですが、業務に追われてそこまで勉強している時間が無いのだと思います。


人気機種の設定4はどのメーカーも頑張っているので狙い目と言えます。

結局、現実的に座る可能性の高い設定4の特徴を深く勉強して、4を狙えるかどうかで勝敗が決まってくると言えます。

設定6以外の機械割も重要

今日はスロットの機械割について語ろうと思います。

ほとんどのスロットファンが注目していないのが最高設定以外の機械割です。

バジリスク3の最高設定6の機械割(PAYOUT)は110.1%です。最高設定6はスロットファンの夢ですから、誰もが注目しているし、自分が好きな機種の機械割なら多くの方が知っているはずです。

因みにバジリスク3の機械割は次の通りです。

設定1= 98.5%
設定2= 99.8%
設定3=102.0%
設定4=104.0%
設定5=107.1%
設定6=110.1%

ここで先ず注目したいのが設定1の機械割98.5%です。ホールの台選定担当者は最高設定の機械割を見た後に必ずと言っていいほど最低設定1の機械割を見ているはずです。

設定1の機械割は97.9%以下の方が圧倒的に多く、機種によっては96%台、ひどい機種は95%台もあります。
バジ3の機械割を初めて見た担当者の多くが「また98%台半ばかぁ~。」と思った事でしょう。なぜなら最近のユニバは98%以上の機種を多数発売してくるからです。

担当者の心の内を代弁すれば、「最近ユニバもコケ始めたけど、この所ヒット機種が何機種も出てるからなぁ。調子に乗って98%台半ばなんて設定してきやがって・・・。でも、絆があれだけヒットしただけに、設定1が98%OVERでも導入するしかないか・・・」。 と、こんな感じでしょうか。

設定1が98%台なら、ユーザーの大負け確率は明らかに減ります。その方がその台の稼働が長持ちしますが、それを好意的に受け止めてくれるホールばかりではありません。

「設置後1ヶ月でガラガラになってしまうような機種ばかりの時代に、直ぐに購入代金を回収できなくてどうするんだ!」と考えるホールも多数あります。そんなホールとメーカーのせめぎ合いが毎回繰り返されているのです。



次に注目すべきは設定2です。

ユーザーの皆さんはほとんどの方が気が付いていないかもしれませんが、イベント規制前と規制後では設定配分に大きな変化が表れています。それが設定2の使用率です。
イベント規制前は高設定をどこまで使えるかがホールの人気を左右していましたから、高設定比率を高めて、それ以外は全部設定1にしているホールがほとんどだったのです。

しかし、イベント規制後は変わりました。最近では設定2を多数使うホールがどんどん増えています。
これはジャグラーから始まった現象です。優良店がジャグラーコーナーを他店と差別化する為に、設定2を多用して超薄利状態で営業する様になりました。

その流れは他の機種にも波及し、設定2の機械割がギリギリ100%を切っている機種は極力設定2を多く使ってあげようとする優良店が増えて行きます。それに伴いメーカーも設定2で超薄利になるような機種を多数発売する流れに変わって行きます。

さらにメーカーは設定2で偶数設定の挙動が分かり易く開発するようになり、場合によっては設定2でも設定6に見える挙動を見せる仕様にする事で稼働アップを狙う様になっていきます。



つづく。

今年の重大ニュース

12月17日土曜日。
あと残すところ2週間で2016年も終わりです。

皆さんはどんな一年でしたか?

プライベートの今年の重大ニュースのトップテンはいくつか思い出されますが、その中でも忘れられないのがやっぱり「ウツボGET」ですね。

IMG_9211

これは私のプライベートでは2016年最高の瞬間でした。



仕事面では7月のファンタジーランド売上最高記録・入場者数最高記録更新も印象に残る出来事でした。それと、9月から全店を回るようになった事でしょうか。

他にもEPカフェのOPEN、サロンドグリーンのOPEN、ヤシの木の登場なども印象に残っています。
長年の夢が叶ったスロット館ナンバーランプIL-X全台設置完了も思い出します。
オオコノハムシ展の開催も良かったですねぇ。


あと二週間ありますので、その簡に驚くような事件が起きない事を願います。

バジⅢが気になります。

バジⅢの出玉が非常に気になります。

まだ仕事が忙しくて打てていないのですが、導入済み店舗のこの二日間のスランプグラフを調査してみました。

5000枚OVERがとにかく少ない。
その分、絆の様なストレートに近い様なマイナス4000枚~5000枚クラスの大ハマリ台も少ない。
かなり遊べる仕様になったという感想でしょうか。

まだ打ってもいないくせに批評するなと言われそうですが。

一撃で6000枚出ている台などもありましたので、一応瞬発的にその位だったら出る時があるようです。

逆に5000枚位出た人の感想はどんな感じなんでしょうか?


P-WORLDの掲示板や他のサイトでの実戦コメントを見ると案の定批判が噴出しています。
勿論ファンは絆と比較するでしょうから、ダラダラした出玉スピードと爆発力の無さを体感して文句の一つも言いたくなる気持ちは分かります。

なにしろ隣のコーナーにまだ絆様が居座っている以上、絆に戻ってしまう人は多いでしょうね。



ところで、男女が出逢う企画はだいぶ内容が決まってきました。

問題は風適法ですから、所轄にしっかり確認して堂々と開催できる内容でやりたいと思っています。
所轄から駄目と言われれば諦めるしかありません。

あとは祈るばかりです。

〇回転以内に当たる確率

パチンコ業界人ではないパチンコ好きの私の知人と、MAX台撤去の話をしていたら突然、「ところで、牙狼魔戒ノ花の確変継続率77%って言うのが、どうしても納得がいかない!」と言ってきました。

彼曰く、「魔戒は確変中1/110で大当たりすると書かれていて、STの回数が161回もあるんだから、どう考えても77%には思えない。感覚的には90%位ありそうな気がする。それが77%って発表されているのは基板の中で何か操作されているって事?」と言う発想らしいです。


時々、これに似た質問をされるのですが、魔戒ノ花は1/110でST160回だから分かりにくいとして、最も多いのが「時短100回の台で1/300の大当たりを引き戻す確率は、1/3だから33.33%じゃないのか?」という質問です。MAX機1/400なら、時短100回で1/4の確率で引き戻すから25%だという理論です。

しかしこの考え方だと、約1/100(甘デジのような1/99.9)の台は100回転の時短だったら、1/1で100%当たる事になってしまいます。それはあり得ませんよね。必ず100回を超える台がありますから。

前にも書いたことがあると思いますが、「〇分の1が〇回転以内に当たる確率」の計算はこんな風に考えます。

・全ての結果-当たらない確率=当たる確率

・100%-〇回転回した時に当たらない確率=〇回転回した時に当たる確率

なんでこうやって考えるのかは正直わからないのですが、多分当たる確率を直接計算するのは難しいんでしょうね。だから当たらない確率を引くのだと思います。

魔界ノ花は正確には

高確率時1/109.77
時短 100回
ST継続率:77.1%
となっています。

STに突入して1回転目に当たらない確率は
(109.77/109.77)-(1/109.77)=108.77/109.77(99.089%
がSTの1回転目に当たらない確率です。

2回転目も同じく108.77/109.77(99.089%)です。

これを161回繰り返すので、
99.089%(1回目)×99.089%(2回目)×99.089%(3回目)・・・・・・×99.089%(161回目)
の答えがST161回までに当たらない確率です。

こんなの計算できませんから、Micrsoft Excelの登場です。
=(108.77/109.77)^161=22.914%
「^」は「キャレット」と言う記号で、「べき乗」を表します。99.089%を161回掛け算する記号です。
ST161回転以内に当たらない確率は22.914%です。

当たる確率は当たらない確率を引けば計算できるので、
=100%-(108.77/109.77)^161=77.086%

やっぱり、メーカー発表通り77.086%(約77.1%)ですね。

 
さっきの時短100回の話も同じです。

1/100の台を時短100回で引き戻す確率は
=100%-(99/100)^100=63.397%

1/300の台を時短100回で引き戻す確率は
=100%-(299/300)^100=28.387%

1/400の台を時短100回で引き戻す確率は
=100%-(399/400)^100=22.144%

実際には1/99.9、1/299.9ですから、0.1%程度の誤差はありますが大体こんな確率です。


でも確かに、ST161回で1/110って聞くと、なんとなくですが、85%位ありそうな気がしないでもないですねw

運命の出会い

一目惚れという言葉がありますが、一目で惚れてしまったぐらいだから、片思いのままで終わってしまい、交際にまで発展する可能性は低そうな気がします。しかも大人になると、「こんなカワイイ(カッコイイ)人とは無理そうだな・・・と現実を考える。

それに比べて、最初はただの友人関係だったとか、最初は同じ職場の仲間で特に気にもしてもいなかったのに、いつの間にか付き合う事になっていた・・・というパターンは良くある話です。

最初はただの異性の友人を急に意識し始めるのには、切っ掛けがあったりしますよね。

その中でも多いのが、「運命を感じた時」。

例えば、私の場合は私が高校生の時に入っていた部活と、妻のお父さんが同じ部活だった(高校も部活も同じ)のですが、それは二人の共通の話題にもなりましたし、それを知った時はある意味運命を感じました。

地方から出てきた男女が東京で働いているとして、会話の中でお互いの出身地が同じであった事が分かった場合などは、これはもう強烈なインパクトとなって「運命的な出会い」を感じてしまうでしょう。その出身地が東京から離れれば離れるほど運命を感じます。
会話は故郷の話題で盛り上がるし、もし結婚すれば長期休暇で実家に帰る時も同じ故郷だから、今日は夫の実家で明日は妻の実家と順番に回る事も出来るので、親も喜ぶだろうな・・・と、ついついそんな事も想像してしまい、ただの友人のはずがいつの間にか男女を意識するようになっていく。

他にも、行った事がある海外旅行の旅先が同じだったり、飼っている犬の犬種が同じだったりするパターンもありますよね。
他にもお互いの両親が離婚しているとか、過去に苦労した境遇が似ているとか、ただの友人・知人関係がある日突然男女を意識するようになる瞬間があると私は思うのです。


その運命を感じる出来事の中で、確率は重要です。

例えば、好きな色がお互い赤だったとしても特に驚きません。どの程度の確率では同じになっても運命を感じる事はありません。
運命的な出会いだと感じるには「えっー!?」っと驚くような確率でなくてはなりません。


じゃあこれならどうですか?

隣で打っていた異性のお客さんと同時にフリーズしたとか・・・

これはもうジュース買ってきてお互いに乾杯してもおかしくないほどの確率ですよね。

または、やっと当たった大当たりが自分は555回転で、隣の異性が333回転でほぼ同時に大当たりしたなら、これもまた奇跡。これクラスの確率なら、独身だったら絶対に話しかけるべきです。

男性:「いやあ、偶然ですねぇ~!もう諦めかけてました。貴方の台も散々(33サンザン)でしたねw」
女性:「ええ、あなたも頑張って下さい。ゴーゴー(55ゴーゴー)!!」



(・・・・・・・・)



こんなギャグしか出ないようならお互い好かれないでしょうね・・・


という事で、運命的な出会いは確率が低ければ低いほどインパクトも強烈であるという事が言えます。

どうせパチンコスロット好きな男女が集まるなら、やはり「確率」を使ったゲームが必要だと思っています。

パチ&スロで男女が出逢う その3

1987年にフジテレビでスタートした、とんねるずの「ねるとん紅鯨団」は集団お見合い番組として有名です。
高視聴率をマークし、放送後は「ねるとん」だけで集団お見合いを表すほど世の中に影響を与えました。 

この番組の山場と言えば、やっぱり「告白タイム」でしょう。

しかしこの告白タイムは本当に必要なのか?

番組としては必要でしょう。 
視聴者はどの男性と、どの女性がカップルになるのかを観たいわけですから、 告白タイムが無かったら、全然つまらない番組になってしまいます。

しかし、カップルになれた人は幸せの絶頂なのでいいですが、フラれた男性は放映されたくないのが本音でしょう。
告白タイムが無かったら、もしかして参加率が上がるとか・・・

本当は主催者としては結果を知りたいのでしょうが、敢えて告白タイムを作らない事でまた違った発展性を持たせることが出来るような気がします。



今日は会社の色々な人に相談してみました。

「おせっかいな司会者」が登場する、「おせっかいタイム」なんてアイディアも出ています。

ただいま、着々と進行中です。

パチ&スロで男女が出逢う その2

若い方はパチンコよりスロット派の方が多いと思われるので、仮に「第一回 スロット合コン」とか「第一回 スロット婚活」と題して参加者を募集したとします。タイトルはもっといい名前にできたとしても、そもそも「〇月〇日 第一回・・・」と謳った時点でアウトです。

このコーナーだけ合コン参加者専用コーナーというのも「特定日・特定コーナー・特定台」に抵触してしまうため無理です。

だったら、サロンドグリーンか隣のゲーセンなら開催できるのではないか?

でも、その前に女性スロッターが集まるのか?

「スロット好きな彼氏探しています」と堂々と言ってくれる女性がいるとは思えない。

本当は女性だろうが男性だろうが、人間は本能として異性を求めるに決まってるのだから、男性と同じ数だけ「彼氏がいたらなぁ・・・」と思っている人がいるはずです。あとはそれをオープンにしてくれるかどうかだけの問題です。

やはり女性参加者には何かしら別の参加理由が無いと、まず参加者ゼロと思って間違いないでしょう。


別の理由・・・

それさえあれば女性スロッターも参加してくれます。



思い浮かびました。

早速内容を煮詰めて開催に持って行こうと思います。


パチ&スロで男女が出逢う!

現在、彼氏彼女がいない方々で、

スロット好きな彼女が欲しい!
パチンコ好きな彼氏が欲しい!
そんな事を考えた事がある人はいませんか?

趣味は?と聞かれて即座に「パチンコ・スロット!」と答えるあなたは根っからのパチンコ・スロット好き人間なはずです。

しかし、パチ&スロは個人でプレイするのが基本。テニスサークルなら男女の出会いがあったとしても、パチ&スロは「出会い」という面ではどうしても不利な趣味です。

周りの独身のスタッフを見ても、「パチンコ店で知り合った女性と付き合い始めました!」と言う話を聞いた事が無い。

しかも今は「恋愛したくない」「結婚したくない」と考える若者が増えているとか…
少子化の日本に於いて、こんな事ではいずれ日本が滅びてしまう。


何とかならないものか・・・

そうだ!
俺が立ち上がらないで、誰が立ち上がるんだ!
何か男女が出逢う切っ掛けになる様な企画を考えなくは!


あるパチンコ店の企画で男女が出会い、次第に二人は惹かれあう様になっていく。
日々のプレイを通じて(変なプレイじゃありませんよ)お互いを理解し合うようになっていき、二人は恋に落ちる。
彼氏は完璧なビタ押し力の彼女を次第に尊敬するようになり、ダブル天井でも微動だにしない彼氏の忍耐力を彼女は結婚生活に重ね合わせるようになっていく・・・

ある日20スロで彼氏が大敗、4スロを打っていた彼女は堅実にプラス収支。
帰りの車の中で、彼女がポケットからそっと差し出したのは1枚の4スロ金メダル・・・
彼氏:「何これ?」
彼女:「今日のアナタは負けちゃったけど、あの立ち回りは間違ってなかったよ。だから私から金メダルのプレゼント♡。一番ピカピカの金メダル探したんだからっ♡」

(まあ、この辺で私のキモイ妄想は終わりにして・・・)

そしてプロポーズ。
二人は同じ趣味を通じて、めでたく結婚。


・・・って、ハッピーエンドになるような企画はないものだろうか?


簡単に思い浮かぶのはやっぱり1BOXを貸し切っての合コン的な企画ですよね。
昔なら「誰が一番出せるか?」を競うのも有りでしたが、今はそれは出来ません。

また、朝一10時開店から閉店まで1BOX貸し切りならいいですが、終了後20時からのオフ会の為に16時~19時だけの限定開放とかにしてしまうと、これは「特定コーナーの時差開店」とみなされて所轄からNGと言われてしまいます。

狙ってもいない男性が隣に座ってあれこれ話しかけて来たら・・・

前々から男女の出逢い企画を考えているのですが、最終的にこれらの法律や数々の問題をクリアするのが非常に難しくて一歩が踏み出せずにいるのです。

考え方としては間違っていないし、自分の店からカップルが生まれるなんてこんな素晴らしい事はありません。

それでも私はまだ諦めていません。
必ず方法はあるはずです。


つづく

Twitter始めます!

グループ全店のホームページ公開に先駆けて、Twitterを始める事にしました。

Twitterは詳しくないので、これから猛勉強していきます。


尚、現在ファンタジーランドの公式Twitterで、本ブログ「天職」の更新をお知らせしていますが今の所はそのまま変更はありません。
しかし、このブログはTwitterへのプッシュ通知がひとつのTwitterしか登録が出来ませんので、いずれ、私の新Twitterのフォロワーがもっと増えたら、新しいTwitterアカウントの方にプッシュ通知を切り替える予定です。
切り替える時はお知らせします。

それでは、新たに始まるツイッターをどうぞ宜しくお願い致します!




「えめたろう」のつぶやきはコチラ




スマホアプリ 「パーラージキル&ハイド」

こんなニュースが・・・
 
===========
RSN 自己診断アプリをリリース

ぱちんこ依存問題相談機関リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)は10月18日、パチンコ・パチスロの遊び方の安全度・危険度のチェックが手軽にできるスマートフォンアプリ『パーラージキル&ハイド』をリリースした。自分の遊び方を他者の基準で見つめるきっかけ作りが狙いだという。
RSNが開発したアプリは、11の質問に答えていくと、「遊び方の安全度」「危険なのめり込み度」「総合評価」「あなたにおすすめの対処方法」などがフィードバックされるもの。安全度は100点満点中の得点で、危険なのめり込み度はパーセンテージで表示される。総合評価は「のめり込み度強く、だいぶ危険です」などの文章が表示される。おすすめの対処方法をタップすると、遊び方のアドバイスのほか、RSNのWebページに飛ぶボタン、RSN以外の相談機関の紹介ページに飛ぶボタンが表示される。アプリの結果は、あくまで目安であり、医学的な判断はしない。
RSNの西村直之代表は、アプリを開発した理由を「自分の遊び方のスタイルを考えてもらうきっかけのハードルを下げたかった。遊技しながらでも、遊び感覚で試してもらえるような手軽さが必要だと考えた」と語る。

unnamed

〔詳しくは週刊アミューズメントジャパン11/7号に掲載〕 

======================
 


早速やってみました。


(結果)

IMG_9762


IMG_9763



のめりこみ度強く、だいぶ危険!?


皆さんもやってみてください。

ファンタジー品質

9月から系列店を回るようになって、早2ヶ月。
あっという間の2ヶ月でした。

今日は庄和本店へ。
明日はファンタと宇都宮。
忙しく飛び回っています。


ところで相澤店長が面白いことを始めたようですね。

「ファンタジー品質」?

なにやら、私がやっていた花リボンのさらに上を行く品質をファンタジー品質と位置付けているそうです。

いいですねぇ。
何事もチャレンジしてみる事が大切です。あとは最後まで貫き通せるかですね。

花リボンの時より長い時間をかけてやっていくそうです。

ホームページ進んでいます

ホームページを素人の私が自分で作ると言ってみたものの、いざやってみると結構大変。

それでも何とかそれなりに形にはなってきました。全店の各ページを店舗ごとに作ってもらって完成です。公開は11月中旬を目指しています。

そもそも基本的な専門用語自体が良く分かっていませんでしたから、 操作方法をネットで検索すると早速意味不明の専門用語が出てきてその単語を調べる。すると、そこにも新しい単語が出てきてそれも調べる。
そしたらまた専門用語・・・
ブラウザが新しいタブだらけになって、何を調べていたのかすら分からなくなる。そんな事を延々と繰り返して、やっとそれなりのホームページになってきました。
でも、デジタルおやじを目指している私にとっては、面倒だと思われがちな専門用語の勉強も、実はそれほど苦ではありません。 自分でホームページを作れる喜びの方が大きいのかもしれません。

問題はどんな内容のサイトにするのかですね。
ホームページが出来上がってお客様が増えるのではなく、魅力的な内容にならなければ誰もアクセスしてくれませんから。


全国のパチンコ店のオリジナルホームページをいくつか調べてみましたが、まだこれと言って真似したくなるようなサイトがありません。参考になる所がありましたら誰か教えて下さい。

CRまりたんDX

ファンタのツイッターフォロワーを見ていたら、なんかどっかで見たことがある人が・・・

aq_vy9P_

滝川さん?

本人でした。

どうやらファンタを応援するために頑張ってくれることになったそうです。
フォロワーが少ないと悲しんでいるので、ぜひフォローしてあげてください。

CRまりたんDX


やっぱり今はツイッターですかね。

最近は若者離れが進んでいると言われているツイッターですが、それでも国内で数千万人の利用者がいるというし、その拡散力は半端ではない。


現在作っている全店のWEBサイトにもツイッターは連動させましょう。


全店のWEBサイトは現在作成中です。

しかしホームページを作るのって素人には難しいですね。


作るだけなら4~5日もあれば誰でも作れます。一日中それだけやるならです。ネットにいくらでも初心者用のホームページの作り方が公開されているからです。
まずレンタルサーバーを契約して、WEBサイト作成用のソフトウェアをダウンロード。次にネットでそのソフトの使い方をしらべる・・・、といった流れでやればサイト自体はあっと言う間に完成です。
趣味の範囲で作るなら全然簡単ですから興味のある方はやってみてください。


しかしそれだけなら誰でもできますが、パチンコ店が会社としてやるとなるとセキュリティ面の強化をしないと大変なことになりますし、使いやすいページ構成にしなくてはなりません。
そして何より難しいのでSEO対策です。いかにして検索エンジンで上位ヒットさせるのかがサイトの命でもあるので、そこに掛ける勉強の時間がとにかく長い。

ただ今猛勉強中です。

自分で作ろう!

ライターの来店日告知が禁止の方向に。
特に告知をしなければ取材自体は構いません。

しかしあれもこれも駄目ではお客様が増えない。

そこで!

私は考えました。

全店が掲載されるオリジナルホームページを作ろう!

そこから何かが始まるかもしれない。

・・・という事で、昨日はホームページの作り方を深夜まで6時間半に亘りyoutubeを見て勉強してみました。

早速、本日レンタルサーバーを契約完了です。

と言ってもド素人ですからどうなる事やら・・・
どうしても挫折しそうなら業者に頼むしかありませんが、「デジタルおやじ」を目指している私としてはギリギリまで頑張ってみようと思います。

仕事の合間に作るのでちょっと時間が掛かりそうですが、完成したらお知らせします。

何でも経験

都内のパチスロ専門店が高設定示唆のメール等で営業停止処分になったニュース。
ニュースの内容からすると、かなり露骨にやっていたようですね。

通常は高設定の示唆は指示処分というのが業界の常識ですが、既に同店は今年の1月と4月に指示処分を受けていたとか。それでも懲りずにやってしまったので、さすがに行政側も許さなったのでしょう。 

どういう発想で「やっちゃえ」となってしまうのか私には良く分かりませんが、相当追い込まれてたのかもしれません。鬼の営業部長がいたとか、プレッシャーが凄かったとか、上司がイケイケだったのか・・・


営業停止になったら大変な事が待っています。



私は以前2ヶ月営業停止になってしまった事があります。

今の会社ではありませんよ!

もう二十年も前の話です。

しかも私の責任では無く、私が店長になった直後に、前任の店長が無承認変更(構造変更違反)で島の長さを勝手に変えていた事が判明して営業停止になったのですが、もうその時は大変でした。

営業しないから収入が無いので人件費が払えません。
アルバイトスタッフには全員辞めてもらいました。

電気代はエアコンも台も稼働しなくなるので安くなりますが、家賃はいつも通りに発生するわけです。

営業停止初日から社員全員で掃除や台のメンテナンスを始めたのですが、数人で朝から晩まで掃除していたので一週間もするともう掃除する場所がなくなり、普段出来なかった島内の清掃や天井の鏡まで掃除してしまいました。もう完全に清掃業者並みです。

続いて販促物を作ったり、ポスター等の貼り紙を新しい物に変えたり、島の装飾などをやったのですが、とにかくやる事が無い。
社員には一ヶ月ほど休職として自宅待機してもらい、最後の方は私一人で店で色々とやっていました。
2ヶ月もそんな事が続いたら気が狂います。

近所の商店街の店主さんには事情が説明できましたが、今まで来てくれていたお客様はすっかり閉店したんだと思っていたはずです。


そして2ヶ月ぶりのOPENが近づき、恐る恐る社員達に再集合をかけたら、赤穂浪士ばりにみんな集まってくれました。

営業停止のくせに、なんか感動的じゃありません?


しかし営業再開の方は、すっかり黒い噂が広がって店内はガラガラ・・・


と思っていたら、思いのほかたくさん来店されました。
ご来店されたお客様に「私のせいじゃないんです!」「私の前の店長が!」と懸命に言い訳しておきました。

事前に〇月〇日OPEN!と告知してたので、早くOPENしてくれと願っていた方がいたんですねぇ~。
逆にプチリニューアルOPENみたいに店内装飾もガラスも壁もピッカピカでしたから、営業停止前より少し増えた感じでしたw

営業停止になった店長も珍しいですよね。

パチンコ店はV字回復できるのか? Part4

まとめます。

パチンココーナーはスロットの高設定のような極端な台はほぼ存在しないのでお客様が納得してくれる台の状態になっているのかが一番重要ですね。
スロットコーナーはやっぱり夢の高設定をしっかり投入していなければ、他店と戦う土俵にすら上がれません。

しかし、前述しているように、多くの店長が一歩を踏み出せないのは、噂が広まって行く前に恐怖の月末がやってくるからです。

それを乗り越える為には二つの方法があります。
ひとつは「一気に集客する」、もうひとつは「少しずつ信用を上げて行く」。

少しずつと言うのは、パチンココーナー全体・スロットコーナー全体でいきなり今までと違う営業状態にしてしまうのではなく、1BOXでもなくて1列でもなくて、先ずは1台から始めてみる事です。データを良く見れば、パチンコ台全台の中に1台ぐらいはお客様が完全に納得してくれる台があるはずです。それをお客様に知ってもらい、そういう台を一台ずつ増やして行けばいいだけです。

いきなり全部やろうとするから本社に怒られてしまうのであって、1台くらい突出して良く回り、大当り出玉が多く、確変時短中に玉が減りづらい台があっても怒られるわけがありません。それができればその流れを少しずつ増やして行けばいいだけです。ついでに一気に集客するネット媒体に挑戦するのも有りですね。


スロットも同じです。
いきなり高設定をスロットコーナー全体に急に増やしたって利益が取れる筈がありません。先ずは特定の台から少しずつ信用を上げて行き、それが機種になり、列やBOXになり、いずれは全台になるのだと思います。
数台の信用が上げられないなら、多くの台の信用を上げるなどできるはずがありません。

萌え系の台しか打たない人もいますし、Aタイプばかり打つ人もいます。ハーデスの様な荒い機種ばかりが好きな人もいます。それぞれの小さなカテゴリーで信用してもらえないお店は全体のスロットコーナーの稼働を上げる事はできません。
もっと言えば、今いるお客様に喜んでもらえる仕組みが出来ていないのに、外から新しいお客様を呼ぶ事だけを考えても上手く行くはずがない。


但し、どんなにパチンコスロット台がメインのパチンコ店の売り物だとしても、接客態度が悪かったり、サービスが悪かったり、トイレが汚いなど、台以外の事を手抜きしてお店が繁盛するわけがありませんよね。

私は家族でどこかに出かけた時、子供達が喜んでくれればそれだけで満足だったりします。多少大人は居心地が悪くても子供が行きたいと言えば多少の事は我慢できます。しかしパチンコ店は大人の遊び場です。大人が満足できる空間づくりも大切です。


今いるお客様に喜んでもらえる準備が整ったら、いよいよ外への外部発信が有効に活かされるようになります。その時こそ一気に集客する時です。

巨費を投じて外部への広告宣伝を行ったとして、せっかく来てくれた新しいお客様に、「なんだこの程度の店か・・・」と思われている様では次にまた広告宣伝を行ってもそのお客様は二度と来てくれないかもしれません。

数年ぶりに来店されたお客様、初めて来店されたお客様が、「へぇ~こんな店なんだぁ」と思ってもらえる準備をしてから外部へ宣伝すれば今まで以上の集客効果をもたらすと私は考えています。

何かと暗い話題が多いパチンコ業界でも、しっかりとした営業が出来ればまだまだV字回復させる方法はいくらでもあります。


今回の記事はブログ読者の方に、パチンコ店店長はじめ多くの幹部の方がなぜ「出玉を出しても簡単にはお客様は増えない」と思っているのかを知ってもらいたいのと、当グループ店の全店長に、私の考え方はこうですと知ってもらいたいと思って書いてみました。

まあ、どんな商売でも同じような事が言えるのかもしれませんね。

終わり

パチンコ店はV字回復できるのか? Part3

出玉を伝えられないのがパチンコ店の悲しい所。

「あの手この手で隠れてやっている店もたくさんあるじゃん」と思うかもしれませんが、そっち側には入りたくありません。

そもそも出玉が出る店と言うのはどんな事なのか?

例えばスロットコーナー全台2の店と、1列に高設定2~3台入っているけど他は設定1ではどちらをファンは望んでいるのか?
たぶん後者ですよね?
負けてもいいから高設定に座れる可能性がある方が面白いと思います。

しかしパチンコはどうですか?

パチンコとスロットの大きな違いはここです。
スロットは設定1も設定6も全く同じ顔をしています。確定演出でも早々に出ない限り、長時間打ってみないと分かりません。 
しかしパチンコは2千円も打てば千円で何回回るのかがある程度分かってきます。5千円も打てば理論上勝てる台なのかほぼ判ってしまいます。もちろんその状態で数万回転のような膨大な試行を繰り返した場合の話ですから、一日での実際の勝ち負けは計算上の答えとは違いますが、一ヶ月、一年と繰り返して行けば結局は確率は収束されていくのです。

それではパチンコはあまりにも夢がなさ過ぎる。
スロットみたいに高設定に座れれば理論上勝てる台が存在しているなら探す楽しみもありますが、パチンコ台はボーダー越えの台はほぼ皆無に等しいのが現状のホールではないでしょうか。

それが現在の長期的な観点でのスロット優位に繋がっているのだと思います。
 
パチンコを良く打つ人でも意外に知らないのが、スロットの最高設定がパチンコ台の千円何回転相当の台と同じなのかです。

例えばスロット台の最高設定PAYOUT112%の機種があるとします。
一日打って25,000枚INで差枚+2800枚、等価なら+56,000円です。
一方、CR牙狼 魔戒の花の理論値(パチンコ攻略マガジン参照)は13時間実戦の条件で千円27回転で+55,500円です。そんな魔戒の花に遭遇する事は滅多にないはずです。
魔戒の花は千円30回転でも+65,100円ですから、絆の119%に相当するパチンコ台に遭遇する事などパチンコ台では99.9%有り得ないのです。


パチンココーナーに数台の千円30回転のような台があると、あっという間にお客様に見つかってしまいます。その台だけが長時間稼働になってホールは利益が取れなくなります。
パチンコ台はスロットファンの様に高設定で勝つのではなく、「薄利の状態で安心して打っている間に、偶然性によって確変連チャンして勝てればいいや」と考えてくれるファンを獲得する方法に徐々に変わってきています。現状では、ボーダーを少しでも超える台に座れればそれでも満足できると言えますね。

4号機時代には平気で「甘釘」と謳って集客しているホールがありました。
しかしその当時千円で25回~30回回る様なイベントは朝からプロっぽい人が並び、イベント日以外は二度と来ないというパターンがほとんどでした。
最終的に常連様を泣かせる結果になってしまったホールが多く、結局スロットイベントに注力したホールが成功を収める事になりました。

つづく

パチンコ店はV字回復できるのか? Part2

長期に亘り薄利営業が出来れば、全てのとは言いませんが多くのパチンコ店がお客様を増やす事に成功するでしょう。しかし現実は非常に難しいと言う所まで書きました。 

ファンタジーランドは様々なサービスや変わった施策を行う事で客数を増やし、売上も入場者数も7月に最高記録を更新しました。その結果、数年前のファンタジーランドとは比べ物にならないほどに還元率を上げる事に成功しています。

しかし、私はそろそろその営業方針も終わりだと思っています。
客数が増えて結果的に還元率を上げられのだから失敗ではありませんが、次の一歩を踏み出さなくてはなりません。
ファンタジーランドに欠けているのは明らかに出玉です。
賢い皆様はご存知のはずです。パンパンに入っている繁盛店よりファンタジーランドが出せるはずも無い事を。
お店によっては「新台入替費用を抑えて営業する事で、還元率を高めた営業をしております」と謳っている店があります。確かに大量の台数を導入して大コケばかりしているホールは負け組です。むしろ中古機の慎重な台選定をしているホールの方が還元率が高い場合もあります。

しかし、最新台の導入も適正な台数で導入し、慎重な台選定をしてる繁盛店は必ずあります。そういう店舗にファンタジーランドが出玉で勝つのは非常に難しい。そんな事くらいお客様は知っています。

ではどうしたら繁盛店にも負けない出玉を出す事が出来るのかというと、結局は『スピード』です。
一歩上の店舗を目指そうとするなら、一気にお客様を集めて出玉を出した時の利益率低下を売上アップが埋めなくてはなりません。しかしその一気に集客する事が出来ないから、いつまで経っても一段上の店舗に上がれないのです。
これが恐らく今のパチンコ店店長の大きな悩みとなって立ちはだかっているのだと思います。
これを読んでいる他店の店長様がおられたら、恐らく「そうだ、そうだ。」と頷いていると思います。

それを可能にしたのが4号機時代です。
会員メールの爆発的な普及により、ホールは超低価格の広告宣伝費で一気に集客する事に成功します。
弱小店舗でもメールの内容次第では一躍繁盛店になれたのが4号機時代です。


しかし時は流れ・・・

広告規制2012年7月13日に発出された「ぱちんこ営業における広告、宣伝等に係る風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反の取締り等の徹底について(通達)」により、弱小店舗が復活する可能性が大幅に縮小されました。

ここから弱小店舗だけに限らず、繁盛店も苦しい戦いが始まりました。
さらに追い打ちをかける様に、次々と出される新たな規制・・・

規制を破る事無く、一気に集客するのは至難の業です。


近所で噂の幸チャレさんはその「一気に」を成功させた良い例だと言えます。
しかし他のパチンコ店がそれと同じ事をして成功するのかと言うと恐らく上手く行かないでしょう。
「パチンコ店買いとってみた」というタイトルが持つ強烈なインパクト、ネオン切れを直すのも難しいと言う切実なる営業状態、オーナー自らホールに立ち、一ヶ月の内ほとんど休みなく朝から晩まで働いて頑張っている姿、そして何よりツイッターへの返信内容に見えるファンへの温かい接客魂。だから応援したくなる人が増えているのであって、それを他のパチンコ店が表面上だけ真似してニコ動やyoutubeを始めても、私は失敗するだけだと思っています。

それでもやっぱり、成功した背景にはニコ動やyoutube、Twitterの拡散力であったり、ネット社会が持つ独自のコミュニティーであったり、現在のパチンコ店がどうしても必要としてる「一気に」がそこにはあります。

問題は「何を伝えるのか?」です。

ところが、出玉が出ている事を知らせるのはご法度だからパチンコ業界はややこしいのです。


つづく
 
ギャラリー
  • 巨大松ぼっくり
  • 埼玉県民は「パチンコ好き県民」
  • 沖縄のスロット事情(聞いた話)
  • 沖縄のスロット事情(聞いた話)
  • ファンタジーランドが紹介されました
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード