天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

ひとり言

みなし機撤去までの流れ

埼玉県のみなし機撤去が近づいてきました。

みなし機はこれまでずっと設置したままで良かったのです。
しかし撤去の話が浮上したのはそもそもカジノ法案によるものです。カジノ法案を通そうとする与党に対して、野党が切り札として出してきたのがギャンブル依存症。ギャンブル依存症を大々的に取り上げる事でカジノ法案を阻止しようとしたわけです。

ギャンブル依存症が拡大する原因の一つに、「高まり過ぎた射幸性」が背景にあると次第に叫ばれるようになります。確かにその頃AT機ブームにより一日の最高獲得出玉がパチンコでは10万発、スロットでは2万枚オーバーが頻繁に出る様になっていました。

パチンコ業界としては年々加速していく射幸性に多少後ろめたい気持ちがあっただけに、高射幸性遊技の設置比率制限を自主的に設定する事になったのは多くのユーザーもご存知の事と思います。

しかし高射幸性遊技は外して当たり前と言う認識に徐々に変わり、話題は検定切れの台に移って行きました。検定切れの台なんて昔から警察庁は黙認してくれていたわけで、社会的不適合機の時のような特別な問題が起きていない時は検定が切れても使えていました。

ところが今回はそうはいかず、徹底的に現行機種を外す方向に持って行きたい警察庁が県警宛てに文書を出したと言われています。

ただし、単にみなし機全撤去としてしまうと、「じゃあ今までは何だったんだ!」とホールから反発があると見越して「大量の前倒し認定」を許可したのだろうと考えられます。認定が多台数取れれば、みなし機を撤去しても大問題までには発展しないと踏んだのだと思います。

事実認定を多台数通せた中堅以上のホールは特に文句を言わなかったようです。苦しかったのは中小ホールでした。でもこれもまた運命であり、今更何を言おうと結果が変わる事はありません。みなし機撤去は絶対なのです。

そんな全国的な動きの中で県警によっては全然連絡してこない県もあり、その一つが埼玉県だったのです。それが遂に7月初旬に通達が来たという事です。


みなし機撤去までには本当に色々ありました。

平成最後に大波乱となったパチンコ業界でしたが来年は新元号になる事もあり、良い流れになって欲しいと思います。

ただのAT当選確定のはずが

出ました。

前回フリーズから推定35000プレイ。
因みに少し多めに言っています。


IMG_1552


フリーズだけは本当に良く引けます。

しかし昨日は無想一閃が3回来てスルー。前回も1回スルーしているので4連続スルーです。
これまで無想一閃当選率は40%を大きく超えていただけにかなりショック。


昨日のフリーズは久しぶりに感動しました。シチュエーションが良かった。
基本的に私はフリーズしてもピクリとも動かない方なのですが、昨日はさすがにのけぞりました。

それは突然やってきました。

朝から調子よく比較的一気に5300枚に到達。

しかしそこから大ハマリ。
その後、BC5回スルーして既に3040枚位まで追い込まれていました。

6回目のBCに当選して、念のため朧BCを選択。

ベル残り1回の状態でリプレイ揃いがエフェクト!

朧BC中のリプレイエフェクトは憧術揃いと同じですからAT当選確定です。

大ハマリ中だっただけにリプレイエフェクトを見た瞬間に「やったー」と感動していた次の瞬間!


レバーONで画面真っ白

このフリーズには驚きました。
6回目BCスルーだったら泣きが入る所だっただけに。

結局2200枚出たのでまあまあです。

次は真憧術の金7をボコボコに引くのが目標です。











「暑い」とつい連想してしまうのは…

この数日パチンコ店が活況です。

何かと暗い話題が多いパチンコ業界ですが、なぜかこの数日お客様が増えている。

ボーナスも影響していると思われるがもしかしたら「暑さ」ではないかと。

連日猛暑のニュースが流れる

エアコンの調子が悪い、または余りの猛暑にエアコンが効かない、または電気代が気になる

だけど外に出たくない

外に行くなら、涼しい所がいい

パチンコ店に行こう!


こんな図式ではないかと。

先日行ったあるP店は余りの寒さに車から上着を取って来ました。
それ位エアコンが効いています。


パチンコ店ってそういう意味では多くの人を助けてるんですね。





全国のパチンコ店営業時間

パチンコ店は10時にOPENするのが当たり前。
そう思っているのは埼玉県民だけです。

しかし隣接している栃木県と茨城県が9時開店である事くらいは多くの方が知っていると思います。
埼玉・東京・千葉・群馬は10時です。
ずるいのは神奈川、9時開店です。

この様な事になってしまうのはパチンコ店の開店時刻は風適法だけでなく各都道府県条例によって決められているからです。

試しにP-WORLDで各県の営業時間を調べてみて下さい。驚きの県が多数あります。

開店時刻は全国で4通りです。

【7時】
・宮城県のみ

【8時30分】
・青森県のみ

【9時】
・北海道と東北地方(宮城・青森以外9時)
・中国地方全県
・四国地方全県

【10時】
・関東では埼玉・東京・千葉・群馬
・近畿地方(三重県のみ9時)
・九州地方(沖縄県のみ9時)


閉店時刻も4通りあります。

【22時30分】
・静岡県のみ

【23時】
・宮城、三重、愛媛、沖縄以外の県

【23時45分】
・沖縄県のみ

【24時】
・宮城、三重、愛媛


発表です!

営業時間が日本で最も長い県は・・・・

【1位】宮城県=17時間営業
【2位】三重県と愛媛県=15時間営業
【3位】沖縄県=14時間45分営業
【4位】青森県=14時間30分営業
因みに、埼玉県=13時間営業

静岡県は閉店時刻が22時30分ですが、開店時刻が9時なので埼玉県より30分長くなります。

従いまして、日本で一番営業時間が短いのは10時開店の23時閉店の県・・・

そうです埼玉県は最も短い県の一つなのです。
埼玉県と同じ13時間営業の県は関東・近畿・九州に多く、全部で20県です。


宮城県に設定6あるんですかね?

eスポーツでビタ押し大会が盛り上がりそう

『eスポーツ』、最近なにかと話題です。

=========
(wikipediaより)

エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。
「eSports」
「e-Sports」
「eスポーツ」
等と省略した形で主に使われる。
=========

オンラインゲーム等の世界には世界から称賛されている達人が多数存在しているらしい。


パチンコとスロットはどうなんだとネットでも一部盛り上がっている様です。

私が考えるに

(パチンコの場合)
①釘読み
②ストローク
③止め打ち

この3つが大きな技術介入要素です。

(スロットの場合)
①高速プレイ
②目押し
③設定推測

スロットで代表的なのはこの3つでしょうか?

仮にこれらの競技大会を開いた場合どんな内容になるのでしょうか?

①釘読み
~競技概要~
これは一番難しいかもしれません。千円で何回回るか選手が当てる競技にしてしまうと、解答後実射試験をして「結果は千円で22回でした!」と正解を導いたのでは偶然性によって勝者が左右されてしまうからです。
それなら命釘の広さを「12.85mm」と当ててもらって後からデジタル計測器で計測した方が平等ですね。

②ストローク
~競技概要~
同じ台で1時間打って何発ヘソに入れられるかを競う競技。
30分程度では運に左右されそう。2時間では見ている観客も飽きる。

③止め打ち
~競技概要~
1時間打って平均保留点灯率の高い方が勝者。
オーバー入賞は減点。但しオーバー入賞を恐れすぎて止めが長くなり過ぎると点灯率が下がる。デジタル停止時間が常に8.0秒のように一定になっている専用台を用意しないと条件が平等にならない。

①高速プレイ
~競技概要~
実機をオンラインで繋ぎ、1時間のプレイ数を競う。トップレベルは恐らく1~5プレイの差で決着すると思われる。1回の投入ミスが命取り。

②目押し
~競技概要~
ビタ押しが出来るリール制御の専用機を用意し、試行回数20プレイのビタ押し成功率の高い者が勝利。
全国大会はミス無し~ミス2回程度のハイレベルな戦いになると予想。1回の失敗が勝敗を分ける。ミス無し同士の戦いはサドンデスとなる。

③設定推測
~競技概要~
これも現実的に開催が難しい競技。ルール策定が難しく、Aタイプの設定推測では数学の得意な者が勝ち残る可能性が高い為、決勝大会では両者答えが何度やっても同じになると思われる。
その為もう少し複雑な機種にしなくては勝敗が決まらない。



個人的にはビタ押し大会が最も盛り上がると思います。

「ビタ押し女子」、「ビタ押し王子」、「ビタキング」、「1コマ0.038秒を極めた男」のような新しい流行語がファンの会話に出てくるようになる。
「キング、ビタ押し連続79回成功の大記録を樹立!」みたいな事も起きそうですw

メーカーからも流行に乗ってビタ押しが成功すると派手な成功音が鳴る機種が登場!連続10回成功でファンファーレ。ビタ押し機種が次々に発売され、データランプメーカーも追従してビタ押し成功回数が表示される仕様に。

ビタ押しキングのファンクラブが出来て、どこかの店にキングが現れると、SNSで「キングが〇〇店に来店!」とTwitterで拡散。キングにサインを求める女子が長蛇の列。キングがプレイすると周囲に人だかりが。

「ビタキング、戦果の方はイマイチ・・・」、「ビタ押しキング、ギャグはスベリまくり」とSNSで拡散されたり、「ビタキング、狙った女子のハートは思い通りに止まらず・・・」とまあ、スロット業界が活性化されそうです。

eスポーツに是非ともパチンコスロットが登場すればいいですね。

バジリスク絆の弱チェは数える意味があるのか?

バジリスク絆を打つ時にチェリーを数えた方がいいのかもしれませんが私は数えません。

理由は簡単です。

『チェリーの確率差は微妙であり、他にもやる事がたくさんあるため、チェリー差を数えるメリットがほとんど無いから』です。

ジャグラーのブドウ判別は数えるメリットがあります。
ジャグラーのブドウ判別 Part1(2017.02.18記事)

ジャグラーの場合は正直打っていて暇ですよね。ブドウを数えている暇が充分にあります。


しかしバジリスク絆の場合はチェリーの確率差以外にもたくさんの設定判別要素があります。その判別要素をしっかりと確認していく作業はかなりの集中力が必要で、チェリーの数など数えている場合ではないと私は考えています。

チェリーの確率差以外の判別要素の話をする前に、そもそも弱チェリーの差はどの位あるのかです。

バジリスク絆
設定1の弱チェ確率=1/44.37
設定6の弱チェ確率=1/39.67
です。

2000プレイなら
設定1=45回
設定6=50回
です。

4000プレイ数えた時の平均出現回数は
設定1=90回
設定6=100回
です。

設定1を2000プレイ打って弱チェが設定6と同じ50回以上になってしまう確率は24.82%。低設定とも高設定とも言えない微妙な47回以上になる確率は40.61%もあります。

設定1を4000プレイ打って弱チェが設定6と同じ100回以上になってしまう確率は15.95%。微妙な95回以上になる確率は31.68%です。

この数字だけを見ると、大して参考にならないと思う方もいれば、やっぱり数えた方が良いと思う人もいるでしょう。

しかし、もっと注意したい事がバジリスク絆にはいくつもあります。

通常ゲームを打っている時に弱チェや共通ベルが出現したら、私は次のゲームから1・2・3・4・・・とカウントを始めます。その弱チェからで高確移行や超高確移行に当選したかを見抜くためです。共通ベルの設定別高確移行確率差は弱チェより少ないので、共通ベル出現後に数ゲームで弱チェが重複したら弱チェからのカウントに変えています。

また、リプレイと押し順ベル(ハズレ)からの高確移行には設定差はありませんが、モードを見抜く事は間接的に設定看破に繋がる為重要です。

もう一つ。
謎当たりは超高確時に設定差がありませんから、状態判別を常に行っていれば勘違いが少なくなります。

さらに、強チェが出現すると15G以上の高確が確定します。25Gが選択される可能性もありますが、確実な15G間の巻き物からのBC当選率も重要です。設定6のみ47.5%で設定5以下は40%ですから、赤頭が明らかに多い偶数示唆の台は特に注意して15G中の巻き物BC当選率を計算しています。

滞在モードを見抜く事です。
謎高確移行や謎超高確移行が見抜けないとモード判別も難しくなります。
BC当選確率は滞在モード(A・B・C・D・E)と滞在状態(低確・高確・超高確)によって大きく違うので、どのモードでどの状態でBCが当選したのかが分かっている人と分からない人では設定判別に大きな差が出ます。

・高確超高確移行
・謎当たり
・高確確定中巻き物BC当選率
・滞在モードと滞在状態を見抜く

これ以外にもたくさんの設定判別要素があり、そこに集中していれば弱チェを数えている暇はありません。カチカチ君があれば押すだけなのでだいぶ楽ですが、私の場合は他の事への集中力を重要視しているので絆にカチカチ君は必要ないと思います。


そもそも2000プレイ打った時点で2~3万円負けていて、弱チェが設定6の50回出ていたとしても、他の判別要素が低設定っぽければ、普通はその台を止めますよね?
その逆で、2000プレイ打った時点で高設定の挙動がいくつか出ていれば、弱チェが45回でも打ち続けると思うのです。

4000プレイの時点でならチェリー差も大きくなってきていますが、4000ゲームも打ってまだ打ち続けているという事は高設定の可能性が高いと思っているからであって、チェリーが少なくてもどうせ私は打ち続けます。

この様な理由から、大変で面倒な弱チェのカウントをやる意味が無いと結論づけて、私は弱チェのカウントをやらない事にしました。カウント間違っていたらもっと最悪ですよねw

振れ幅が大きい?

先日、ある人がこんな事を言っていました。

その人はミリオンゴッド神々の凱旋が好きらしいのですが、私がその人に「なぜ凱旋を打つのか?」と聞いたら、「振れ幅が大きいから」と言ったのか、それに近いような言い方をしたのか忘れましたが、要するに「大人の遊び場に行ける(または来てもらえるw)可能性があるから」らしいのです(女性読者の皆さま、お下劣な話で申し訳ございません)。

私は誰かのパチンコスロット理論を聞くと、「こう考えた方がいいのでは?」と、専門家ぶってつい訂正したくなってしまう質(たち)なのですが、その人の考え方には妙に納得させられてしまいました。パチンコ・スロットの打ち方は人によって千差万別ですが、実はこのタイプの方は案外多いのかもしれません。

例えば分かり易く、毎月1万円のお小遣いの人がいたとします。

大人の遊び場に行くのにはそれなりのお金がかかります。しかし、毎月1万円ではあっという間に無くなるどころかそもそも足りません。3万円のお小遣いだったとしても、その内1万~2万の使い道が予め決まっている人も多いでしょうから、現実的には簡単に大人になれないわけです。

本当は毎月5千円ずつ数ヶ月貯金して2~3万円になれば大人になれるのでしょうが、その方法だと虚しいのかもしれません。

「べらんめぇー!江戸っ子は宵越しの金なんざ持たねぇってんだよぉ!」と、あぶく銭でパーッと夜の街に繰り出した方が気分も盛り上がります。私の話じゃないですよ。想像です。

その点、凱旋のような一発がある機種は「振れ幅」が大きいため、瞬間的に数千枚プラスになるチャンスがあると、その人は言いたかったのだと思います。

色んな人がいますねw

10万発

2018年9月14日に劇場公開される「愛しのアイーリン」

そのビジュアルがこれです。


v

良く見て下さい。

わかりますよね?

これもしかしてパチンコ玉ではないですか?


と思って調べてみたら、やっぱりパチンコ玉だそうです。

その数なんと10万発。

記事には「ピンクと紫に彩られたラブホテルのバスルームで、10万個のパチンコ玉に浸かる白タキシード姿の宍戸岩男(安田)と、後ろから抱きすくめるウェディングドレス姿のアイリーン(シトイ)を写し出している。」と書かれていました。

パチンコが映画の中に出てくるのかどうかは書かれていませんでしたが非常に気になる映画です。
 

忙しい時ほど

相澤店長のブログでも紹介されていましたが6月8日にNHKで放送されたドキュメント72時間「1円パチンコに哀歓あり」。勿論私も観ました。

「なぜパチンコ店に通うのか?」

そんな視点で番組は構成されています。

番組内では多数の来店客にインタビューを行っており、多くの方がその理由を語っています。
その理由は実に様々でしたが、私が印象に残ったのは「うるさいのがいい」「嫌な事を忘れられる」でした。

その気持ち私もよく分かります。
初めてパチンコ店に入った人は先ず「音」に圧倒されると思います。そして大人が整然と並んで黙々と台に向かってプレイするその様を初めて見た人は「なんなんだパチンコ店って・・・」と唖然とするはずです。

うるさい音は「騒音」と呼ばれます。
しかし「都会の喧騒」のように使われる「喧騒」は「うるさい」と言うより、どちらかと言うと「心地良い騒がしさ」の意味で使われる時があります。初めて行ったパチンコ店でその音を「騒音」と感じたのか、それとも「喧騒」と感じたのかによって印象は大きく変わるのではないでしょうか。
その時、勝ってしまった人は喧騒になりますよねw


嫌な事を忘れられると言うのも良く分かります。
私も仕事が忙しかったり、色々考え事が多い時にパチンコ店に行くと、そんな事完全に忘れていますからね。

打ち始めたら・・・・・

今日は早めに巻き物一発当選頼むぞぉ

あっ!巻き物っ!

あれ?スカかよぉ~~

ん!?高確移行したかっ?

おっ強チェ!

えっ? 数プレイ後にまた強チェ!

よし弾正屋敷!

頼む!巻き物来てくれぇーー!


とまるで子供の様に夢中になっていますから、仕事の事なんかすっかり忘れています。もちろん通常モードのモードAで消化ゲームになっている時はちらっと考え事をする時もありますが、

(いきなり)

ズドーーーンっ!!!

とアツイ演出が出た途端に、もう考え事なんか頭からすっ飛んでますからね。
それがパチンコスロットの醍醐味です。

時々「パチンコは無心になれる」と聞く事もありますが、私の場合は無心と言うより「パチンコスロットの事だけを考えまくっている」と言う方が正しいです。しかし嫌な事を考え続けているのと、楽しい事を考え続けているのでは全くストレスが違うわけです。


相澤店長がぽろっと言っていました。

「仕事が忙しい時ほどやった方が良いのかもしれませんね・・・」

私はいつも暇な時ほど打っていたのですが、確かにストレスが溜まった忙しい時ほど打った方が良いのかもしれません。

奥深いですね。

すっかり梅雨です

6月6日に梅雨入りした関東地方。

そして今日も雨・・・

雨雲が立ち込めた空を見ていると気分も憂鬱になってしまいそうですが、家族で出かけようかパチンコ店に行こうか悩んでいた人は「これでパチンコ店に行くしかなくなった」と逆にスッキリするのではないでしょうか。

雨⇒外で遊べない⇒天気に左右されないパチンコ店

このパターンで結構私もパチンコ店に行ってしまいます。
梅雨明けまでパチンコ店に行く日が増えそうです。

最近春日部店の店長がちょいちょいバジ絆の写メを見せてきて、フリーズだのレア画像を自慢してきます。すると私の絆魂が沸々と再燃してきて、つい長話になってしまい、その内「絆打とうかな・・・」となるわけです。

絆は人気が続いているため、演出の解析が知らぬ間に進んでいて、私の知らない解析結果がいくつか出ているようです。もう一度細かく調べてみようかなぁなんて思っています。

6号機が徐々にクローズアップされてきましたが、まだまだ現役の人気機種から目が離せません。

交換玉数と交換枚数

お客様から時々「換金率はいくつですか?」と聞かれる事があります。

しかしこの辺はお察し頂きたいのですが、パチンコ店は「換金」には一切無縁の商売であるため、それをお答えする事はできません。

そしてそのお客様に「交換玉数の事ですか?」と聞き返すと、ほとんどの方が「そうそう」と頷かれます。
そこでお答えできるのは例えばカード型の大景品や中景品などの例を挙げて、「中景品の交換玉数は1円パチンコで〇〇〇〇玉です。」とお答えする事になります。

ところで、このパチンコの交換玉数とスロットの交換枚数は一つの中景品に対して同じ価値でなくてはならないルールになっています。これを「一物一価(いちぶついっか)」と呼んでいます。
埼玉県は一物一価に厳しく、他県では許されている(黙認されている)所もありますが、埼玉はほとんどのホールが守っているのではないでしょうか。

一物一価を詳しく説明すると「一つの景品が一つの価値」になっている事です。
例えば1円パチンコで特殊景品(中)が1000玉で交換なら、2スロでは500枚で交換しなくてはなりません。

これならOK

中景品1枚=1円パチンコ×1000玉=メダル2円×500枚

これは違反です。

中景品1枚=1円パチンコ×1100玉=メダル2円×500枚


その為、パチンコの交換玉数を多くすればスロットの方も多くしなくてはならず、パチンコファンとスロットのファンの両方にご納得頂ける中間の玉数にしている店舗が少なからずあります。

これがスロット専門店だとパチンコファンの事は考えなくて良いので自由にできます。

以上です。


出玉を出せばお客様は増えるのか? Part4

パチンコ店の店長が大きな勝負に出られない原因は
①一ヶ月後に返済期限がやってくる
②「最近あの店出してるよ」と口コミで広がっていくスピードが遅い
③いつでも元に戻せる「強み」が逆に自分を弱くしている

こうして「出せない理由」を解明していくと、自ずと答えが浮かび上がってきます。

どこのホールの店長も悩んでいる「出したいけど出せない」という難題を解決する最も重要なキーワードは【伝える】です。

お店がやる気を出す⇒それを超スピードで一気に伝える事ができれば全ての問題が解決します。

伝えるって難しいですよね。どんなにお店がバックヤードで気合いを入れても、店の幹部が念入りに会議やミーティングをしても、そのやる気が伝わらなければ稼働が上がるはずもありません。口コミのスピードでは待っていられません。

どうしたら伝わるのか?
それはポスターの作り方一つにしても、マイク放送の喋り方にしても、ブログの書き方やメールの書き方、スタッフの会話も・・・一つ一つを一切手抜きしない。
店のやる気がお客様に正確に伝われば、恐れている返済期限はそれほど近く感じなくなります。お店のやる気が自然に伝わっていくのを指を咥えて待っている(要は楽している)から、返済期限ばかりが気になるのであって、毎日必死に伝える事に集中していたら、返済期限なんか考えている暇はありません。

やり過ぎはダメです。法を犯すような言葉を使ったり、どうにでもなれ的な気持ちで喋ったり書いたりするのは違反ですから。

しかし、お店が「今日から頑張ります」と言って、何がいけないのでしょうか?
全然平気です。どの商売だって、今日から頑張ろうと決意する時ってありますよね。今月だけ頑張りますとか、今週頑張りますはNGです。特定日ではありませんが、特定期間に該当しますから違反と捉えられる可能性があります。

大切なのはどの位の覚悟でお店が立ち上がろうとしているのかを正確にスピーディーに法律の範囲内で多くのお客様に伝える事です。

その質も量も「これでもか」と言う位頑張れば、お客様は必ず気が付いてくれると私は思っています。これだけ悪いニュースが続ているパチンコ業界において、一生懸命やっているホールは必ず際立って見えるはずです。そんなチャレンジャーなホールをパチンコファンは待ち続けているはずです。

ファンタが遂にその狼煙(のろし)を上げます。
そして岩槻店の店長もファンタの相澤店長に勝負を挑むと気合いを入れているそうです。

お互いの店長がどこまで頑張れるのか、私も参加して一緒に盛り上げて行くつもりです。

『挑戦せずに終わるより、失敗を恐れずやってみる事に大いなる価値がある』。
我社の会社方針です。


近い内にこの記事が何を言おうとしているのか気が付いていただけると思います。

出玉を出せばお客様は増えるのか? Part3

「出玉を出してお客様を増やそう作戦」が失敗に終わる原因は大きく分けて3つあります。
①出した分の返済期限はお客様が増える前にやってくる
②パチンコ業は出している証明が難しい
③一時的に成功すると、急に目標が変更になってしまう

==========
今日は「③一時的に成功すると、急に目標が変更になってしまう」についてです。

要するに「儲かり始めると、人間はもっともっとを望む様になる」と言う事です。

会計事務所の先生がある日突然こんな事を・・・
先生:「パチンコ業は利益率を好きなように変えられる所が他業種との大きな違いですよね」

正にその通りです。
ラーメン店の800円を700円にする話で言えば、これも「好きなように利益率を変えられる事」になりますが、「6月1日から700円に値下げしました!」と言っておいて、7月1日からまた800円にしたら、お客様は再び減ってしまいます。むしろ値下げ前の800円の時より減ってしまうかもしれません。

しかし、パチンコ業はイメージ先行型の商売であると書いたように、急に利益率を下げても直ぐにお客様に伝わらない反面、急に利益率を上げても直ぐにお客様は飛ばないのです。

そこがパチンコ店の強みでもあり、弱みでもあると言えます。

仮に「出玉を出してお客様を増やそう作戦」が成功し始めたとします。
すると、簡単に利益率を変更できるパチンコ店は

常に

(お客様が増えたのだから、出玉を出さなければもっと儲かるよ・・・)

と背中で悪魔に囁かれている状態にあります。

一度お客様と約束を交わした「ラーメン店の700円のメニュー表」のように、店内に誓約書を掲示していませんから、元の出玉率に戻しても瞬時に見抜かれるわけではありません。

恐れずに書くとすれば、出玉戦略がせっかく軌道に乗り始めた頃、株主や経営者から「経営が苦しいからもっと利益を取ってくれ」と言われてしまうかもしれません。

これは経営者だけではなく、店長にも同じ事が言えます。
「出玉を出してお客様を増やそう作戦」に打って出た店長は何度も書いている様に、口コミが広がっていくスピードの遅さに、ずっと苦しんできたはずです。本社や上司からの圧力を耐え忍んできたはずです。

大勝負に出ている店長の場合は、クビも覚悟で挑んでいる場合も多いでしょうから、稼働が上がってきたら、「もうそろそろいいんじゃないか」と一時的に利益率を元に戻したくなってしまう。

それが私の言う
「③一時的に成功すると、急に目標が変更になってしまう」です。

ずっと闘い続ければ本当はお客様は信じてくれるのに、自分がお客様を信じられずに裏切ってしまう。

楽になれと囁く悪魔に勝てない限り、このジレンマは繰り返されます。


「現実は甘くない」と良く言いますよね。

「出玉を出せばお客様が増えるのか?」と聞かれれば、本当の答えはYesです。
「出さない方がお客様が増える」と思っている人など誰もいません。

しかし、Yesと答えた店長に「じゃあやってみてくれ。但し、利益は今のままで。」と言うと、チャレンジする人はほとんどいないでしょう。利益率を下げた分だけ売上を返済期限が来る前に上げなくてはなりません。

パチンコ店は商売の特性から、売上粗利の管理は基本的に月末締めです。
支払いや決済のベースではなく、売上と粗利は月末締めにする方が管理上やりやすいからです。だから私が言っている「返済期限」も月末です。

もし1日にスタートしたら残りは一ヶ月。
もし、半端な日付けからスタートしたら翌月末になるでしょう。

この短い期間に出玉率を急に上げて、同時にお客様を増やす事にチャレンジする店長は全国でも非常に少ないと言いたいのです。

======

ここからがまとめです。

「出玉を出せばお客様は増えるのか? 」について、3回に分けて説明してきました。

しかし、勿論私は「無理だ」と言いたくて書いているわけではなく、「どうしたら、その無理が無理ではなくなるのか?」を書きたくて書いています。


詳しくは明日。


出玉を出せばお客様は増えるのか? Part2

「出玉を出してお客様を増やそう作戦」が失敗に終わる原因は大きく分けて3つあります。
①出した分の返済期限はお客様が増える前にやってくる
②パチンコ業は出している証明が難しい
③一時的に成功すると、急に目標が変更になってしまう

==========
今日は「②パチンコ業は出している証明が難しい」についてです。

昨日話したラーメン店の場合なら、100円の値引きは絶対的な利益の還元です。


時々ネットショップにおいて、ある商品の最安値を検索すると、いかにも個人がやっている様なサイトが最安値で販売している商品を発見する事があります。
何か裏があるかもしれないと思いつつも、商品が届いて何も問題がなければ、そのショップは最安値で売ってくれたと誰もが認める事になります。これを見ているといつも「価格が固定される商売はうらやましいなぁ」と思います。

パチンコ店は違います。
パチンコとスロットは確率なので、値引き▲100円が▲千円分にも▲一万円分にもなる事があれば、値引きどころかプラス千円分にも一万円分にもなる事があるわけです。
急に頑張り始めたところで、各台の結果はバラバラです。集計データを見るか、または時間を掛けて一台一台の公開データを集計してもらわない限り、ホールがどれだけの利益を得ているのかは簡単には判断ができません。

さらに困るのは稼働が高い店ほど出ている様に見えて、稼働の低い店は総じて出ていない様に見える事です。弱小店舗が並々ならぬ覚悟で投入した高設定は5000枚出ていても「誤爆」と呼ばれ、繁盛店の設定1は5000枚出ていれば「高設定」と呼ばれてしまう。

先程のネットショップの様に、「今日から生まれ変わります」を全ての消費者に平等に価格表示で示す事ができないのです。パチンコ店はイメージ先行型の商売であると言えます。

それでもずっと出し続けていれば必ずお客様には伝わっていきます。
しかしその伝わるスピードが他の商売より遥かに遅いのです。800円のラーメンを今日から700円にした時のように、今日からの覚悟を「今日からの価格」として瞬時に伝える事ができず、月末の返済期限が近づいてくる・・・それがパチンコ店の宿命です。

しかし、それを黙って「仕方がない」で済ませている内は何も前に進みません。


つづく

出玉を出せばお客様は増えるのか? Part1

条件付きですが『出玉を出してお客様を増やすのはほぼ無理である』と言えます。

この話は当社の全従業員にも聞いて欲しいし、当グループ店舗にご来店頂いているお客様にも、またこのブログを読んで下さっている「集客できなくて困っている業界関係者の方々」にも、またSNSで「出玉をもっと出せ」と匿名で投稿している方々にも是非とも聞いていただきたいと思います。

「無理である」ではなく、「ほぼ無理である」としたのは「相当難しい事だが可能性は残されている」という意味です。その理由は全て説明しますので、もしご批判を書きたい方は最後までしっかりと読んでからお願い致します。

可能性が残されていると言っても、10%など到底残っておらず、ほんの数%程度だと思います。

この話はブログで何度か書いているのですが、いつ書いたのか調べられず、記事検索してもヒットしないのでもう一度最初から書きます。

逆説的な言い方をすると、そんな事ができたら、全ての店が大繁盛してしまいます。

店舗ナンバー2:「店長!お客様が増えないのは出玉を出さないからです。出玉を出しましょう!」
店長:「確かにそうだ。明日から出すようにしよう!」

もしこれで成功したら、チェーン店の他の店も出しまくればいいし、その会社の全店舗が成功したら業界でも話題になり、「出せばお客様は増える」が流行語になってどの店も大繁盛し、パチンコ業界全体が復活します。

「出玉を出してお客様を増やそう作戦」は失敗に終わる事がほとんどです。もし当社の店舗ナンバー2、ナンバー3の役職者やパートアルバイトスタッフの中に、「俺が私が店長だったら、もっと出玉を出してお店を繁盛させてみせる」と思っているのでしたら、それはほぼ妄想であると知って下さい。それでも自分はできると思っているのでしたら、是非店長に立候補して欲しいとおもいます。

「出玉を出してお客様を増やそう作戦」が失敗に終わる原因は大きく分けて3つあります。

①出した分の返済期限はお客様が増える前にやってくる
②パチンコ業は出している証明が難しい
③一時的に成功すると、急に目標が変更になってしまう

失敗する原因はほとんどこの3つです。


【出玉を出してお客様を増やそう作戦が失敗に終わる理由】

「①出した分の返済期限はお客様が増える前にやってくる」

現在自分のお店に通って下さるお客様は新規OPENしてから長年かけて現在の来店数になっています。急に出玉を出し始めて、お店のデータでは明らかに薄利になっていると言っても、その日負けたお客様は特に何も気が付かないまま帰ってしまう。例えばスロットで低設定に座ったとか、パチンコを打って驚くような回転率でもなかった場合は、お店が変わろうとしている事など全く知らないまま帰ってしまうのです。

しかし、高設定に座って気が付いたお客様や、パチンコを打っていつもとの違いに気が付いたお客様は今までより頻繁に通ってくれるようになるかもしれません。また、誰かに「最近あの店出してるよ」と喋ってくれるかもしれません。そう考えれば、出した分だけお客様は増えて行くと言えます。

しかし残念ながら、今までより出した分は必ず返済期限がやって来ます。
出玉を出し始めて2週間。明らかにお客様が増えているとしてもデータは正直です。確実に今までの利益より少なくなっているはずです。
口コミで良い噂が広がって少しずつお客様が増えている事はデータにも表れ始めているのですが、出した分を穴埋めするほどの集客に繋がる事は少なく、店長は本社や上司からのプレッシャーによって徐々に追い込まれていきます。

本社や上司:「おい、今月どうなっているんだ?」
店長:「少々お待ち下さい。今月から出玉率を上げておりまして、徐々に稼働も上がってきております。この赤字分は必ず後で取り戻しますので、もう少々お時間を下さい!」

これで「そうか。わかった。頑張ってるな!」と許してくれる会社や上司ならラッキーですがそんな会社はとっくのとうに繁盛しています。繁盛しているから許してくれるのです。

お客様がガラガラで悩んでいる、夫婦で経営するラーメン店のご主人が奥様に「おい、うちの店が繁盛しないのは、値段が高いからじゃないか? 明日から100円ずつ値下げすればお客様が増えるんじゃないか?」と提案したところで、奥様から「(昭和風)アンタ、なに寝ぼけた事言ってんだいっ!ローンの支払いと子供達の食事代はどうするのよ!うちは慈善事業で商売やってるんじゃないんだよっ!」と言われるに決まってます。これと何ら変わりません。

ある日突然出し始めても、その返済期限は一ヶ月後に必ずやってくるのです。
店長なら誰でも一度や二度は「出玉を出してお客様を増やそう作戦」に挑戦した事があるはずです。
でも後で嫌な思いをして大変だったから、またやりたくても中々その一歩が出せなくて悩んでいるのです。
=======

・・・と「出しても増やせない理論」を肯定しているような事を言っていますが、それでも方法は残されているから書いているわけです。


続きは明日

絆がもし売買できたら500万!?

海皇が420万になりました。


海皇2


そろそろ、ここがピークだと思います。

直近のアウト枚数ランキング上位20位は下の通りです。

1 パチスロ FAIRY TAIL
2 バジリスク~甲賀忍法帖~絆
3 沖ドキ!-30
4 沖ドキ!
5 パチスロ 聖闘士星矢海皇覚醒
6 秘宝伝~太陽を求める者達~
7 マイジャグラーIII
8 パチスロラブ嬢
9 新鬼武者 再臨
10 マイジャグラーII
11 マイジャグラーII 2013年
12 パチスロ交響詩篇エウレカセブン2
13 バイオハザード5
14 魔法少女まどか☆マギカ
15 回胴黙示録カイジ3
16 パチスロ 修羅の刻
17 ファンキージャグラー
18 パチスロ北斗の拳 転生の章
19 パチスロ化物語
20 GOGOジャグラー

GW中のデータですが、海皇がアウト15,000枚に対して、絆は19,000枚です。
仮に絆が売買できるとしたら、480万~500万円になっていた可能性があります。

ところで「秘宝伝~太陽を求める者達~」が6位に入っていますね。ジワ系です。
8位ラブ譲と9位新鬼武者も根強い人気になっています。

こうして見ると、高射幸性や新基準機に該当しない機種が上位を独占している中、海皇だけが新基準機として一人頑張っている感じです。

考えようによっては新基準機の最新台を導入しまくったホールは悉く(ことごとく)失敗したと受け取る事もできます。

旧基準機が打てる内に打っておきましょう。

台の「音量と光量」の話

パチンコスロットファンに朗報です。

全日遊連がメーカー団体にこんな要望書を提出しました。

どこの誰が最初に提起してくれたのかわかりませんが、よくぞ言ってくれました。
これには長年、私も困っていました。

============

遊技機の音量及び光量の調整機能について(要望)

(抜粋)
先般当連合会が遊技ファンを対象に実施したアンケートによりますと、ぱちんこ店に対する不満の大きな要因の一つに「遊技機の音量」が挙げられており、中・高齢者( 40歳以上)を中心に遊技機の「大きすぎる音」や「眩しすぎる光」を不快とする傾向が見受けられます。
また、「遊技機の音量」により火災報知機等の警報音が聞え難いような状況では、防犯・防災上の観点から大きな問題があるばかりか、お客様のみならずホール従業員も騒音性難聴を発生するリスクを抱えており、人手不足が深刻化している中、各ホー ルが必要に応じ、創意工夫を凝らして職場環境の改善に取り組んでいるところでございます。
貴組合では、ぱちんこ遊技機の音量に関する内規を制定し、音量の上限を「95dB以下」(工場出荷時は、85dB以下に設定)に規定するとともに、既に多くのメーカーが音量及び光量の調整機能を搭載した遊技機を製造・販売されていることは重々承知しておりますが、その調整方法や調整範囲についてメーカー毎に差異がある状況にあります。
更に、お客様が自由に調整できる仕様のため、各ホールの判断で異なるメーカーの遊技機を同一音量に合わせることや、音量の調整範囲の上限値を設定することができず、自店の職場環境の改善を図ることが困難な状況となっております。
貴組合におかれましては、こうした状況をご理解いただき、遊技機の音量及び光量の調整機能につきまして、ホールやお客様がより自由に調整できるための統一したルールを策定されますよう下記のとおり要望いたします。

1.音量の調整機能に関する要望
1音量の調整範囲の上限値を各ホールで設定できるようにする。
(お客様は各ホールが設定した上限値の範囲内で自由に設定できる。)
2音量の調整範囲は数値的に多段階とし、全メーカー共通とする。
3セキュリティ音(報知音)の音量は、設定値に比例して上下するようにする。
2.光量の調整機能に関する要望
1光量の調整範囲は多段階とする。

===========

素晴らしい!
早くこうなる事を切に願います。


私はプレイする時に必ず耳栓をしています。
時々耳栓を忘れてホールに入ってしまった場合は面倒でも車まで戻ります。広大な駐車場のホールで忘れた場合は少し打って様子を見て、まだ続けて打ちたい時には車までわざわざ戻ります。

なぜなら、私は標準的な人より少し難聴なのではないかと、ちょっと心配しているからです。
昨年の健康診断では正常であると診断されましたが、職業柄長期間に亘ってホールで働いていた上、自分でも長年ファンとしてホールに通っているため、もしかしたら正常範囲のギリギリではなかろうか?と心配なわけです。

若い頃は耳栓の値段が高く、また現代の様に高性能で使いやすい耳栓ではなかったので耳栓を心配していなかったのですが、20年位前から必ず耳栓をするようになりました。

当グループ店舗ではお客様に無料耳栓を提供している店舗が多くあります。ファンタもその一つです。
これは私が店長の時にスタートさせたのがグループ店に徐々に広がっていったのですが、耳栓を置こうと思った理由は自分自身が絶対的に耳栓があった方が良いと思っているからです。お客様の中にも必ず同じ事を考えておられる方が多いと思ったからです。

耳栓をしていても台の音は充分聞こえますし、雑音がカットされて寧ろ綺麗に聞こえていると思います。

(宣伝)ファンタは原則新台導入時に全台中レベルの音量に設定するルールになっています。難聴が気になる方は、「耳栓を無料提供し、パチンコ店としては稼働も少なく、音量も全台中レベル」にしてある「パチンコホールの図書館ファンタ」へGO!!(宣伝終)


これはスタッフにも同じ事が言えます。
調べた結果、ミュージシャン、ライブハウススタッフ等には騒音性難聴(職業性難聴とも)の方が多くいると書いてありました。そうかと言ってスタッフが耳栓をしているのはイメージ的にも問題があります。

でも調べてみたら外見からは目だたない耳栓があるそうです。
medatanai mimisenn


スタッフは片方の耳にはインカムをしているので騒音のクッションになっていますが、もう片方の耳は直接騒音を聞き続けているので職業性難聴になる可能性があります。

これは早急に改善しなくてはなりません。
スタッフにも外見からは見えにくい耳栓の無料提供を考えてみます。

閉店したのは0軒

2017年1月から2018年2月までに閉店したパチンコ店の県別軒数で、埼玉県は5位の44店舗でした。

しかし唯一閉店が0店舗だった県がありました。

どこだと思いますか?


沖縄県です。

これだけのパチンコ不況で閉店した店舗が一年以上無いとは・・・

沖縄は現在人口が増えており、この先も2025年か2030年位まで増え続けると言われています。

Wikipediaによれば
==========
2010年における沖縄県の合計特殊出生率は1.87人と全国の1.39人を上回り、1975年度以来連続で全国1位を維持している。

『平成17年度版 厚生労働白書』によると、出生率が高い理由として、

①他の都道府県と比較して親族や地域同士とのコミュニティの結び付きが強く、相互扶助の精神(方言で「ユイマール」)が残っている。

②男系子孫を重んじるため、男児を産むまで出産を制限せず、結果的に多産する。

という2つの説を挙げている。
==========

人口が増える事はどの商売にもプラスなのは当たり前です。

しかし、私が思うに沖縄の店舗が閉店0軒だったのは、人口増のほかに「スロット偏重型営業」と「沖スロブーム」が影響しているのではないかと思います。

昨夏の記事にも書きましたが、沖縄県は全国で唯一スロット台数がパチンコ台数を上回っている特殊な県です。
スロットは確実にパチンコを凌駕しつつあります。短期間で見ると規則改正によりパチンコの人気が出たり、スロットの人気が上がったりと変動しますが、長期的に見れば確実にスロットの台数の方が増えている事は明らかです。沖縄はその先端を走っていると言えます。


沖スロブームも必ず影響しています。沖ドキの大ヒットは「沖スロ=30φノーマルAタイプ」の固定観念を見事に打破しました。スロットコーナーの沖スロ占有率は着実に上がっています。

パチンコ不況の救世主である「スロット」「沖スロ」を早くから浸透させていた沖縄だからこそ、閉店0店舗と言う驚異的な結果を残せたのだと思います。


パチンコの最もらしい稼働アップ理論にはいくつかの矛盾があります。
①超高齢社会によって年金受給者をターゲットにすると成功する
②高齢者は低貸しのパチンコを好むから1円パチンコに注力しよう
③長期的にスロットが増えているからスロットを増やした方がいい
④若者はほとんどパチンコを打たないので将来的にはスロットが勝つ

なんだかどれもあっている様な気もします。

しかし結果的に沖縄はこの不況で閉店が無かったのですから、そこには何かしらのヒントがあるはずです。


海物語シリーズでも沖縄シリーズは鉄板であり、沖縄そのものに魅力があるとも言えます。

私も昨年すっかり沖縄に魅了されてしまいました。何だか分からないけど沖縄って考えるだけでとても楽しいんですよね。

P7090858


パチンコスロットは遊びですから、「楽しさ」が重要なのだと思います。

振り返っている暇は無い

ファンタのお客様ならご存じでしょうが、お向かいのルート125さんが閉店しました。
そして幸チャレさんが一時休業、さらにガイアネクストさんが・・・
実はもう一軒、噂を聞いているのですが、確定するまでは書かない事にします。


ブログのコメントに「この件についてどのように受け止めているか?」とご質問を頂きましたので、少しばかりお話しさせて頂きます。

幸手チャレンジャーさんは再開する予定らしく、私も本当に再開すると思っています。しかしゆとりの経営であれば一時的に休業する必要はありませんから、内部事情は相当大変であった事は想像に難くありません。

「敵が減って喜んでいるのではないか」と思っている方もいるかもしれませんが、それは10%位なものであって、事態はもっと深刻です。考え方によっては一気に3店舗も閉店する位にパチンコ市場の縮小のスピードが早いとも言えます。他のお店の事など気にしている暇などありません。

事実、私と相澤店長の間ではルートさんが閉店した時も「うちに何人くらい流れてくるんだろうね?大して期待はできないね。」と一度話したきりですし、幸チャレさんの時もガイアさんの時も、ちょっと話しただけで、その後は一切その事に触れていません。

生き残った店はただ前を見据えて、超スピードで手を打っていくだけです。

昨日、相澤店長が面白い稟議を2つ提出し、本社から両方共決裁が下りています。

前進あるのみです。

渡良瀬のヨシ焼きは前日の雨にご注意

念願の渡良瀬遊水地のヨシ焼きに行ってきました。

IMG_0646

HPでは8時30分スタートとなっていましたが、現地では9時30分スタートに変更になったとアナウンスが。

9時半になってやっと点火がスタートしましたが全然火が燃え広がらず。
おじさんたちが大苦戦。

ギャラリーから「昨日、雨降ったからな」との声が多数。

IMG_0647

何度やっても鎮火してしまい苦戦中

点火は遊水地の各所で行われていますが、どこの場所も燃え広がらずに苦戦しているようで、遠くの方で煙が上がってはすぐに煙が小さくなっていきます。

11時を過ぎて、やっとあちらこちらの煙が高くなり始めました。


IMG_0649


IMG_0650

風が少し強くなり、太陽がヨシを乾かしてくれたのか、ようやく炎に勢いが。


IMG_0651


この下のショットが一番燃え上がった瞬間で、それなりに迫力はありましたが、ほんの2~3分続いたくらいで終了

IMG_0653

すぐに弱くなってしまいます

IMG_0654


子どもたちが飽き始めたので11時45分頃退散しました。

私の想像では、メラメラ燃え広がって危険を伴うイメージでしたが、実際は苦戦する時もあるみたいですね。

来年また行こうと思いますが、数日前から雨がどのくらい降っていたのか注意しておこうと思います。

ギャラリー
  • ブログDEダイエット2018 経過報告
  • ブログDEダイエット2018 経過報告
  • どこまでをサービスと呼ぶのか?
  • 佐藤式:100%痩せられる方法
  • 佐藤式:100%痩せられる方法
  • これを奇跡と言わずして・・・
  • これを奇跡と言わずして・・・
  • 息子が!?
  • 1店舗に玉は何発あるのか?
  • ダイエット詳細決定しました
  • ダイエット詳細決定しました
  • ダイエット詳細決定しました
  • ダイエット詳細決定しました
  • ブログDEダイエット2018
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
  • 小学生女子と行く原宿
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: