天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

業界情報

春日部市のパチンコメーカー

皆さんは埼玉県民のパチンコファンとして、春日部市にパチンコメーカーがある事ぐらい知ってましたよね?

えっ!?

ご存知ない!?


・・・なんて、知らない方がほとんどですよね。

CRAコスモパニックです!

dl_kyotai


情報通の方なら、もうこのニュースはご存知でしょう。

愛喜が最大10連動の『コスモパニック』発表 

小林成寿生産管理部長様によれば、「特に若年層の方に楽しんでもらいたい」との事です。


埼玉県も広いですが、久喜市と春日部市なんて隣みたいなものですから、是非ともみんなで応援してあげましょう!

「小林部長!私ですよ。宇都宮でお会いした佐藤です。陰ながら応援しております。勝手に筐体画像HPから拝借させて頂きました。」


メーカーHPはこちらです

普通機専門メーカー 愛喜


40日で150万

昨日あるホールで歩いていたら、真・北斗無双の島が。

まあ、半分稼働と言う所でしょうか。

その北斗無双の中古相場がこちらです。

無題

6月10日頃に267万円近くあった中古相場が、たったの40日で本日現在117万円です。
その価格差▲150万円。一日当たり▲37,500円の下落です。
リーマンショック級の大暴落です。

しかし250万円以上も出して、買っているホールがあるのだから驚きです。
北斗無双の島に行ったら、一台一台新車が並んでいると思って下さい。
ガラスぶっ叩いたり、ボタンをガンガン叩いている人が居たら、「それ・・・新車並みの価格だそうですよ・・・」って、そっと教えてあげて下さい。
 

回収対象遊技機リストに該当しないMAX機

さようならMAX機・・・


あれ?
ところで当店に設置されているCR牙狼XX(初代)はどうなるの?

実はこれ、外さなくて大丈夫なんです。
今の所・・・

回収対象に指定されなかったMAX機はどうなるんだ?とあちらこちらで声は挙がっているようなのですが、全日遊連に確認した所、「回収リスト以外は外す必要はありません。との回答を頂きました。

当店に設置されているMAX機の内、第三次までの回収リストに該当しなかったMAX機は



2010年7月登場
パチンコ北斗シリーズの最高傑作

・CR北斗の拳剛掌HVJA(1/399.6)

FullSizeRender

もう今年で6年経過しています。
今では埼玉に8店舗しか設置されていません。
この機種は私が大勝ちした台で、各リーチの期待感に対する実際に当たる信頼度のバランスが非常に良くできている名機です。その為、他のホールが次々と撤去して行く中、ずっと大切にしてきたのです。


続いて
2010年4月登場
・CRスーパー海物語IN沖縄2MSNS(1/398.5)

IMG_8624

剛掌より3ヶ月早く発売された機種で、可愛らしいピンク色の顔して出玉の方は大荒れです。
埼玉に24店舗。




まさか、ここまでの大ヒットシリーズになろうとは・・・
2008年11月登場
・初代CR牙狼XX(1/397.18)

IMG_8630

埼玉に12店舗のみ。
GARO伝説はここから始まった。
もう8年も経っているんですねぇ。



2007年1月登場
来年の1月で発売から10周年を迎える
・CR新世紀エヴァンゲリオン・奇跡の価値はSF(1/397.2)

FullSizeRender (1)

東京に1店舗、福島に1店舗、そして当店に設置されているのみ。
全国1万店舗中3店舗しか設置されていない超レア台です。
昨今のごちゃごちゃした演出とは違う、シンプルで分かり易いリーチが特徴です。
遠方から遥々この機種を打ちたいとご来店されるお客様も。



12月末には全国からMAX機がほぼ消えて無くなります。

来年以降、時々MAX機が打ちたくなったら、ファンタにはこの4機種がある事をお忘れずに。
大切に使ってきて良かった・・・


パチンコ・パチスロランキング

最近餃子がブーム?

宇都宮店に私がいたのはもう三年半も前の事ですが、宇都宮と言えば「餃子の街」です。

「宇都宮人あるある」と言えば、宇都宮以外の地域の人から良く聞かれる「どこの餃子が一番美味しいの?」の質問でしょう。
私は宇都宮に4年いましたから、地元のスタッフからどこが美味しいのか何度も話を聞いていたので、どこが人気店なのか知っています。
地元民には地元民の拘りがあり、全国的に有名なM店の事は「有名だけど、地元ではM店よりあっちの店の方が人気です」と言うスタッフが多かったですね。

私の友人から電話が入り、「ねぇ、来週仕事で宇都宮に行くんだけどどこの餃子が美味いの?」と何度か聞かれた事がありますが、いつも私は「地元では〇〇〇が美味しいと言われてるみたいだけど、所詮、餃子は餃子だから、そこまで期待して行っちゃうと感動は無いかもよ」と答えていました。


そんな話はどうでもいいのですが、最近中古機市場で餃子がブームです。

CR餃子の王将3 メガ盛7000
1,277,333円
 
CR餃子の王将3 大盛5000
527,705円

CR餃子の王将2 メガ盛7000
325,000円

CR餃子の王将3 凄盛2000
230,625円

どれも高い!

おふざけメーカー豊丸産業の餃子シリーズが今頃になって脚光を浴びています。
撤去リストに指定されなかった事で、ある程度まとまった出玉が出る餃子シリーズに注目が集まっています。


餃子シリーズはタイアップ企業の「餃子の王将」であの事件があってから、その事件と共に稼働も落ちてしまったように思えます。

しかし私はこの台が好きで、初代のCR餃子の王将M2の頃から打っています。
一発回るだけでかなりの期待度ですし、保留連も充分あるからです。

最近注目されているのはその中でもスペック的に荒い機種です。

当店には上記にない「CR餃子の王将2 特盛5000」が0.5パチに1台だけあります。
この機種は検定切れなので中古相場は分かりません。


cr_g_ohsho2_5000_b



餃子ランプが光った瞬間は嬉しさとバカバカしさで一人で心の中で笑えます。
一度お試しください


沖縄3のRTCが鳴らない!?

7月1日(金)の夜。

CRスーパー海物語IN沖縄3HME(ミドル)を打っているお客様から、「スペシャル魚群タイムがいつまで待ってても始まらない」とご指摘がありました。

一昨日と昨日は土日だったので、今日になってメーカーに電話して、「スペシャル魚群タイムが鳴らなく・・・」と話し出すと、待ってましたとばかりに、「ああ、その件でしたら、製造から3年が経過したので、もうRTC(Real-Time Clock機能=スペシャル魚群タイム)は発動しなくなります」との回答・・・


えっーーー!?

そんなの初めて聞きました。


HMEの導入開始は平成25年7月頃(検定日平成25年4月19日)ですので、製造から確かに三年が経過しています。製造から三年なので最後の方に作られた台はあと少しの間RTCが発動している可能性もあるそうです。

台を見るとカレンダー機能も表示されなくなったので、クリスマス等の季節に応じたスペシャル演出も無くなると思われます。


甘デジのASBも同じだそうで、今年の10月末頃にRTCが終わると思われます。

桜マックスとまわるん大海は来年までRTCは発動するのですが、第三次リストに入っているので12月末で撤去です。

私の妻は沖縄3のRTCが大好きで、スペシャル魚群タイムを楽しみにしていたので多分ショックだと思います。

どんな理由でそうなるのか知っている方がおられましたら情報提供お願いします。


パチンコ・パチスロランキング

回収対象遊技機 全リスト公開

ブログのメッセージに回収対象遊技機リスト公開のご要望がありましたので、第一次・第二次も含め、一昨日公表された第三次回収対象遊技リストもまとめて全て公開します。


平成28年2月10日発表
第一次回収対象遊技機リスト
(平成28年8月末日までに撤去の予定)


第一次回収対象遊技機リスト




平成28年3月2日発表
第二次回収対象遊技機リスト
(平成28年8月末日までに撤去の予定)

第二次回収対象遊技機リスト





平成28年6月23日発表
第三次回収対象遊技機リスト①
(平成28年12月末日までに撤去の予定)

2014年検定機種

第三次回収対象遊技機リスト1



平成28年6月23日発表
第三次回収対象遊技機リスト②
(平成28年12月末日までに撤去の予定)

2015年検定機種

第三次回収対象遊技機リスト2


以上です。

MAX・ハイミドル機種以外でも数機種だけ対象になっている機種がありますがほぼMAX機と言えます。
逆にMAX機でも入っていない機種が何機種あるのかはまだ調査中です。

何かお気づきの事がありましたら情報提供して頂けると助かります。 
 

第三次撤去リスト出ました。

速報です。

第三次撤去リストが公開されました。
正式には「回収対象遊技機」と言います。

業界大激震、なんとその台数93型式589,510台です。
第三次と第四次の合計で、約60万台くらいではないかと言われていました。
第三次は2014年検定通過機種で第四次は2015年検定通過機種と言われていたのが、6月9日の行政講話に於いて早急な撤去を求められたことから、急遽第三次リストとして、2014年と2015年の両方が纏めて発表された形です。

現在の全国のパチンコ台設置台数は約290万台と言われています。
第一次撤去=48,863台(8月末までに撤去の可能性大)
第二次撤去=88,104台(8月末までに撤去の可能性大)
第三次撤去=589,510台(12月末までに撤去の可能性大)

その数合計726,477台

290万台中の72万台ですから、約4台に1台が撤去対象という事です。
これは大変な事になりましたね。

撤去確定ではなくて撤去の可能性大と言うのは、まだホール団体が完全に納得したとは言っていないからです。
また大半のホールが納得しても死活問題になるホールが撤去しない強硬策に出るかもしれないからです。
でも今回のこの流れはどうやら撤去の方向で落ち着きそうです。

1990年代後半には社会的不適合機の撤去がありました。
その時も撤去台数は70万でしたが、当時のパチンコ台数は約400万台で、今よりもっとパチンコが活況のパチンコバブルと言われた時時です。
しかも社会的不適合機の撤去は1年以上も猶予があり、4段階に分けて撤去されたのに対し、今回は半年の間に72万台を撤去しなくてはなりません。

撤去対象はほぼMAX機。348分の1などのハイミドル機種も含まれますがほとんどがMAX機です。
これは業界大激震と言っていいでしょう。

しかしピンチをチャンスに変えるのがFANTASYLANDです。

必ずやこの危機を脱して更なる記録更新を目指して行こうと思います。


(策はあるのか?)


~あります~

そもそもMAX機はやり過ぎです。
業界人の私ですら殆ど打ちません。
パチンコ業界は健全な方向に進むしか道は無くなりました。

台構成を根本から見直し、眠っているお宝台を育成すれば道は開けます。
お宝台とは釘が甘いとか良く出るとかではなく、本当は面白いのにその面白さを知られる事なく市場から消えていく台の事です。

その方向で行こうと思います。
中古機相場で100位圏外で表示もされず、現在数千円で売られているのに、実はお宝台なんて機種ありますかね?
口で言うのは簡単ですが発掘には時間が掛かりそうですがこんな状況になったのだから、調査してみる価値は有りそうです。 
 

間もなく第三次撤去リストが公開

しかしまあ、大変な事になりました。

日工組から本年2月10日及び3月2日に提示された回収対象遊技機(第一次・第二次撤去リスト) については、本年8月末を目途に市場から回収・撤去する事になりそうです。
そして第三次リストは間もなく6月末までに公表され、該当機種は年内に撤去と言う噂です。 

ところで、「新基準機に該当しない機種の設置比率制限」と、「高射幸性遊技機」と、「釘曲げによる撤去」を混同しておられる方が多いので、ここでもう一度ご説明します。


事の発端はパチンコスロットが最近出すぎていると言う話から始まり、パチンコはMAX機の確率が低く連チャン率が高過ぎる点が問題になりました。
スロットはサブ基板制御によって大量出玉が発生する点が問題になりました。


そこで、パチンコの新基準(大当たり確率320分の1以下)に該当しない遊技機の設置比率を2017年11月末までに20%以下、パチスロの新基準(主基板制御で、かつペナルティー非搭載)に該当しない遊技機の設置比率を30%以下とする自主規制策を全日遊連は決議しました。

そして、「新基準に該当しない遊技機」の中でも、特に射幸性が高く優先して撤去すべき機種をまとめたものが「高射幸性遊技機リスト」です。

あくまでも「どうせ外していくならこのリストから優先して外した方が良い」というのが高射幸性遊技機リストです。高射幸性遊技機の定義はパチンコの場合は最も出玉期待値の高い初当りからの平均獲得球数が9000個以上、もしくは差玉10万個以上出る可能性がある台の事、スロットは差枚2万枚出る可能性があるスロットの事です。
※実際は差玉・差枚では無く最大放出数なのですが分かり易くそうしておきます。


そして、この後に浮上したのが釘曲げ問題で、釘曲げによって検定時と異なる性能の台がホールに設置されているとして問題になりました。そして高射幸性の問題よりも釘曲げの方が大問題だとして取り上げられ、撤去リストの公開に至ったのです。

と言っても、横行していたと言われている釘曲げをしないで検定を通した台なんて本当にあるの?
実は全メーカー全機種釘曲げしてたでしょ?
と言っておられる業界関係者が多いですが・・・本当かどうかは定かではありません。


新基準機に該当しない台の設置比率と、高射幸性遊技機リストと、、釘曲げされた機種の撤去が重なった為に同じように扱われていますが、「釘曲げ問題」と「高射幸性遊技機リスト」は別の問題です。

釘曲げは検査機関を欺いて検定通過させた大事件であり、高射幸性のグレーな問題とは大きく違います。
しかしどうせ釘曲げで撤去していくなら、高射幸性遊技機を中心に外してしまえば一石二鳥なので、第一次・第二次撤去リストの中には高射幸性遊技機リストと重複した機種が多く掲載されています。

スロットは釘曲げと関係ないので、高射幸性遊技機リストに載っている機種でもいまだに高値で売買されています。
 
これまで、釘曲げによる撤去台についてはホール団体が猛反発しており、まだまだ先の事だという楽観的な風潮がありましたが6月9日の日遊協総会に於いて警察庁生活安全局保安課課長による行政講話の中で非常に厳しい見解が発表されたのを受けて、急遽ホール団体も掌を翻したかのように早急な撤去の方向に動き始めたようです。

これを良い機会に、業界の膿を出し切り、本当遊べるパチンコスロットになってもらいたいものです。

UNI-MARKET

皆さんは
UNIVERSAL ENTERTAINMENT OFFICIAL WEB SHOP
【 UNI-MARKET 】
をご存知でしょうか?

ユニバ機種のグッズを売っているWEBサイトです。
他のメーカーもグッズ販売をしている所はたくさんありますが、なぜかユニバだけはついつい笑ってしまう商品を数多く取り揃えています。

一般的にありがちなのはサウンドトラックやライターやタオルですが、それは「その商品なら売れるだろう」というメーカーの思惑が働いています。


しかし、ユニバの商品開発の人は絶対に「笑いを取ろう」としているのが見え隠れしています。

例えばこれ

god_cap_00
 
たぶん、街で向かいからこのキャップをかぶって誰かが歩いてきたら、絶対に目が釘付けになりますよね?
一瞬、「まさか、あのGOD!?」と疑うでしょうが、次の瞬間サイドのGODマークを見て、「間違いないっ!」と確信します。見ず知らずの人でも、なんだか仲良くなれそうな気がします。


私が欲しいのがコレ

god_tumblr_01

GODを引けた日に勝利の美酒に酔いしれる・・・

god_tumblr_02



 
ただ、ここまでだと「笑わそう」と思って作っているとは決め付けられないですよね?

もしかしたら商品開発担当者は真剣かもしれません。



じゃあ、これはどうですか?

ハーデスの槍

betones_hades_01


この辺になるとちょっと遊び心が出てきているような気もしますよね?





ではこれならどうですか?
↓ 
betones_god_push_01

笑わそうとしていますよね?
ボタンの位置がおかしいですもん。
スロ好きの彼女が条件反射で押してくれるかもしれませんね。



これも

betones_god_01

ここまでくると真剣に作ってますとはもう言い逃れできないですよね。


これはちょっと真剣なのでしょうが、たぶん「どうだ!これを買えるやつはいるかっ!」と挑戦状を叩きつけられた感じです。

basilisk_umbrella_01


 これを欲しいと言えないようでは、私もまだまだ絆マニアではなく、絆ファンレベルだなと思いました。

 他の機種も様々なグッズが出ていますが、どうしてもGODシリーズが笑ってしまいます。

これなんか「お客様のご要望により」作ったそうですから。


god_cuffs__silver_01



やっぱりGODってスロット界において、特別な存在なんですね。



hades_hood-towel_01


UNI-MARKET

 

間もなく自粛期間解禁です

新台の入替自粛がスタートして3週間。

いよいよ来週から新装ラッシュが始まります。
約20機種もの最新台が登場します。

しかしこれと言って打ちたい機種が無い・・・

秘宝伝~TheLast~
 伝説への道発売から半年で早くも秘宝伝の後継機が・・・
大都さんも苦戦してます。
「Last」と名付けたのは、心苦しかったんでしょうね。 

ギアス2は前作のギアスにはマニアなファンが存在する事が判明したので、期待しているホールも多いと思います。 

ナイツ2も気になりますね。前作にハマった人も多いのでは?


パチンコはどれも期待薄・・・ 
一度聞いた名前ばかりで、新しさはありません。 



ところで、アステカはどうしちゃったんですかね?
私も少しだけ打ってみたのですが、面白そうな感じでしたが、現実は廃墟のような閑散とした状態になっています。この所ユニバが当たっているので期待してたのですが、蓋開けてみたら大コケ確定です。
中古相場も大暴落中です。ここまで安くなるとついつい手を出したくなるのが本音ですが、やっぱり急落銘柄は危険ですかね。

ちょいパチ

最近話題になっている、「ちょいパチ」。

先月、4月29日~30日に開催された「ニコニコ超会議2016」の「超パチンコ&パチスロフェスタ2016」内でも「ちょいパチ」が展示されたとか。

「大当り確率1/40以上」「ヘソ賞球5個以上」というスペックの手軽に遊べるパチンコ機が「ちょいパチ」だそうです。

型式名においては、全メーカー共通で、機種名の前に“ちょいパチ”という言葉を、さらに機種名の後ろには大当り確率を表記(例:ちょいパチ●●●●30)することとし、“ちょいパチ”を浸透させていくとの事。



あれ?

ちょっと待てよ・・・

「ちょいパチ」ってどっかで聞いた事あるな・・・


そうだ!確か我社が商標登録をしていたはずでは!?

これは大変な事だと思って、ネットで「ちょいパチ」の商標登録の出願人を検索してみると、太陽グループさんと日工組になっている。


変だなぁ

確か何年も前に1パチを始めた時に商標登録したと聞いていたはずなのに。


その数日後、パチンコ倉庫の奥の方にあったドル箱を見て思い出しました。
そこには「ぷちパチ」と書かれていました。

思い出した!

確かあの時、埼玉県内でヤマフジさんに次いで2番目に早く当社が1円パチンコを導入した時に、手軽に遊べる1円パチンコを何か新しいネーミングにして商標登録しておこうと社内で盛り上がり、最終的に決まったのが「ぷちパチ」だったのです。
その時に同時に他の案として出ていたのが「ちょいパチ」だったので、当社が商標登録していると勘違いしたようです。


そこでもう一度「ぷちパチ」と商標検索してみたら、当社の名前がヒットしました。

「ぷちパチ」も「プチパチ」もどちらも2007年7月30日に出願されており、ぷちパチは当社だけで、プチパチは京楽さんも2015年12月に出願しているんですね。

これってどういう事なんでしょうか?
先に出願した方が勝ちって事では無いんでしょうかね?

その辺は良く分かりません。

ついにメスが

ついにオオコノハムシにメスが生まれたわけではありませんよ。
と言うより、コノハムシは単為生殖なのでほとんどがメスですから。


手を替え品を替え・・・


最近やたらと見る事が多い、『リニューアル』。

ついに警察のメスが入りました。

他県ですが、あるホールが『リニューアル』と称して事実上イベントを開催しているとして、警察から指導が入ったそうです。その県の県遊協(県遊技業協同組合)にも警察から指導があったらしいです。


例えば軽微な破損箇所を元通りに修復したとか、遊技設備の位置を少し変えた、装飾を少し変えた程度では法律的に届出を必要としないので、これらは「リニューアル」 には当たらない。
という事です。

パチンコ店は、テーブルやイスの位置なども警察に届け出ていますが、届出を必要としない程度の内容なのに、リニューアルはないだろうという事でしょうね。



そしてもう一つ。

最近厳しくなりつつあるのが

芸能人やパチンコライターを招致して、取材予定を広告紙面に掲載するやり方です。
イベントとの何らかの関係事実があれば「イベント宣伝」そのものであり、行政処分の対象になる。
との事です。

パチンコ業界には多数のイベント企画会社が今でも多数存在しますが、もうそういう会社は根本から考え方を変えて、隠れイベントではなく正当な企画を立案していかないと生き残れないでしょう。

ホールも同じです。
時代は変わったのです。
ゆっくり時間を潰せるパチンコ店作りを目指さないと、そろそろ射幸性を煽る隠れイベントもできなくなりつつあります。


そしてお客様も同じですね。
頭に来て台を叩くほど熱くならない事です。
頭に来ている時点でその台は自分にあったレートとスペックではないという事です。
楽しみながらゆっくりとパチンコ店で過ごす時代になりつつあるのです。


今、低貸しで楽しく遊んでいる人が急速に増えています。
自分の遊技時間と遊技スタイルを客観的に分析して、適正なスペックやレートを選んで打つ時代です。


そう言いながらあの店のあの日の絆にどうしても座りたくなってしまう私です・・・

伊勢志摩サミット開催に伴う遊技機入替自粛期間

2016年5月26日から5月27日に三重県志摩市で開催予定の第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)。

全国一斉に遊技機の入替自粛が行われます。

サミットの警備の為に全国から警官が多数派遣されるため、パチンコ屋の新装検査なんかやってられるか!っていう事らしいです。

検索エンジンで「サミット 自粛」と検索するとパチンコ業界のニュース一色です。
サミットは重要な会議だけに協力するのはいい事だと思いますが、他の業界で協力している業界はあるのでしょうか?


自粛期間は都道府県ごとに多少違います。

埼玉県は5/2~5/27。関東一都六県は全て同日です。

カレンダーを見ると、

4/29は祝日
4/30は土曜日
5/1は日曜日
5/2は月曜日

早い話が4/28木曜日の新装OPENが最後という事です。

そして、自粛最終日の5月27日は金曜日なので、
5/28土曜日
5/29日曜日
5/30月曜日
5/31火曜日

最短で5/31(火)OPENです。


まとめます。

4/28(木)の新装が最後で、5/31(火)の新装が最初。
4/29~5/30は新装は無い。

所轄によっては検査当日に許可が出る地域もあったりしますので一日ずれる所があるかもしれません。

新潟県は4/18~5/27が自粛期間だそうです。

知れば知るほど面白い

今から二十年前の話です。
私は東京でP店の店長をしていました。

ある日公休日に池袋のゲーセンに行くと初めて見るビンゴゲームがあり、やってみようと思ったらやり方が分からない。取り敢えずやってみれば徐々に分かってくるのでしょうが、面白さも良く分からなままお金を使うのはもったいない。次に英語だけで書かれているポーカーゲームをやろうとしたら、これもまた遊び方がいまいち分からない。 

ゲーセンのゲームはなぜ説明書が無いのか?
その時思った。「これはパチンコとスロットも同じだ」。

私は自分がパチンコスロットを大好きだし、ホールの人間だから専門雑誌(必勝ガイドや攻略マガジン)を何冊も買って細かい文字まで全て読んでいました。だからどの台に座っても演出や解析情報はほとんどわかってプレイしていました。
しかし、ゲーセンに行くとただの素人ですから、遊技説明が書かれていないと遊び方がさっぱり分からないゲームがたくさんあったのです。

そのゲーセン以来、私はパチンコ台の遊技説明を作ってみようと思うようになりました。当時私は池袋・新宿・上野辺りの繁盛店はほとんど行っていましたが遊技説明を設置している店などどこにもありませんでした。

そんなある日、アルバイトスタッフに「こんな感じの遊技説明を作りたいんだ」と何気なく話したら、あるスタッフが「それなら自分が出来ますよ」と言うではありませんか。そのスタッフはある意味オタクで、イラストを書かせるとその道で仕事した方がいいんじゃないかと思う位の上手なイラストを描くのです。そして自宅に当時100万円以上するMacとその周辺機器を持っていました。

専門雑誌にはスペック・演出・解析・プレミア画像等、たくさんの情報が掲載されています。当時カラーコピーはありましたが、そのままコピーして台に設置したとしても専門雑誌は専門用語が多く、初心者のお客様が読んでも理解できない内容になっているため、分かりやすい言葉に編集する必要がありました。


専門誌のページをスキャナーで読み込んで、専門用語や分かり難い表現をPCで編集して初心者用に作り直すのは当時の技術では大変難しく、1ページを高解像度でスキャニングするのに15~20分も掛かり、スキャニングが終了した画像をPCに保存しようとするとフリーズする事があるような時代です。高性能なPCを持っているスタッフが居たのは本当にラッキーでした。

そして自店に設置していた人気機種から遊技説明を作っていきました。今では当たり前になっている台横に設置されている遊技説明と全く同じ物・・・いやその時作っていた物の方が現代の遊技説明より遥かにレベルが高かったです。ページ数もたくさんあったし、何より分かりやすい言葉に編集してあるのですから。
これは大変お客様に喜ばれ…と言いたい所ですが、お客様は「これいいね!」とは言いません。黙って見ているだけです。でも多くのお客様が手に取って見ているのですから、「これは確実に喜ばれている」と実感したのです。

そのサービスが結果的に正しかったのかは現代のパチンコ店を見れば一目瞭然。80%以上とも思える遊技説明を設置しているパチンコ店の現状を考えれば、遊技説明はお客様から支持を得たということでしょう。


パチンコスロットは本当は知れば知る程面白い。
しかしそれをお客様に伝えるのは本当に難しい事です。
お店が必死に教えなくても、自分で雑誌を購入したり、ネットで解析情報を見たりしている人も多数いますが、「そんなの面倒臭くて見ないよ」と言う人もたくさんいます。

しかし積極的に情報を伝えようとしている店舗はなかなかありませんね。遊技説明を設置してハイ終了。
パチンコ業界がへヴィーユーザー化していると言う話を聞いた事がある方も多いと思いますが、それは台が複雑になっている半面、実は中身を良く知れば本当は非常に面白く、知っている人だけが心の底からその台を面白いと思っているために起こっている現象です。

複雑になった機種が増えれば増える程、これからの時代はお客様にその台の遊び方や面白さを伝えて行く必要性が今以上に高くなっていくと考えています。

FANTASYLANDは今後その点に於いてもっと力を入れていく事にします。

バジリスク絆堂々第1位!

きたっーーー!

バジリスク絆が本日現在の中古相場堂々の第1位に輝いております!


絆中古相場1位

その価格972,986円(税抜)!

多分1位は今日だけもかもしれないので、1位に輝いたこのページの画像を記念にコピーしておきました。


kizuna97mann


そして大騒ぎした時が最後、そろそろ下降トレンドに入ると思われます。

それでも2年前に発売された機種が、一度3万円台まで下がったのに再びこの金額まで高騰した機種は今まで見た事がありません。当店は現在9台絆がありますが、平均購入価格は基板検査料5万円も合わせて15万円位です。一番安かったのは33,000円+基板検査料50,000円=83,000円で購入しています。

絆は昨年1月に発売されて、11月には全国データでアウト(投入枚数)7000枚台まで下がったのですが、今ではアウト12800枚まで上昇しています。後から稼働がここまで上がって来た機種は滅多にありません。
この稼働が評価されてこんな価格まで上昇しているのです。


パチンコ釘問題

本日の午前中、Yahooニュースにトップ表示された「パチンコ台大量回収へ」のニュース。
そして夕方頃に発表された「パチンコ釘 何が問題に」のニュースも18:21現在未だYahooニュースでトップ表示されています。
「一般入賞口」の検索ワードから、このブログにもアクセスが増え、訪問者数(UU)、アクセス数(PV)、共に過去の最高記録を数倍上回っています。

先日、大門課長補佐から「緩和」とも受け取れる発表があったばかりなのに、このニュースで確実に大問題へと発展していく事になりそうです。ホール関係者もメーカー関係者も、本音は「何をいまさら・・・」。まるで、護送船団方式で進んできたパチンコ業界が突然護送の船が居なくなってしまったと言った所でしょうか。

現在トップ表示されている「パチンコ釘何が問題に」の記事を書いたのは業界では有名な国際カジノ研究所所長の木曽崇氏なので、内容的にはかなり真実に近い内容になっていますが、読売新聞と毎日新聞の記事は曖昧過ぎて、様々な誤解を与えかねない内容となっています。
 

保通協と呼ばれる検査機関をまるでメーカーとホールが欺いているかのように書かれていますが、まさか保通協が本当に知らなかったとは考えられません。保通協の検査官が検査時にいつも見ている釘と全国のホールで設置されている釘は明らかに違うはずです。それを長きに亘って何年も気が付かなかったはずはないと思います。
 
保通協の検査官だって、誰か一回位はパチンコ店に行った事がありますよね?
一般入賞口への入賞率は検査時は10分間に数十個とも言われ、ホールの実情はどの店だって10分間に1~3発程度が普通です。もしパチンコ店に行った事が無いと言うのなら、一度位は実際にパチンコ店に出向いて、検査にパスしたパチンコ機に不正な改造が行われていないか目視だけでも調査してみるのが当たり前ですよね。


保通協の一回の検査代は非常に高額で、何度も何度も不合格ならメーカーの検査代負担は大きい。その為、メーカーは一発で通りやすくした釘曲げを行った台を持ち込んでいると言われています。今回のニュースでも問題になっている、「一般入賞口を広げて、デジタル始動口を狭くした台」は大当りの発生率が下がり、その分一般入賞口からの払出しが多くなるのですから連チャン性能が下がり出玉が安定します。出過ぎず、且つ出な過ぎない台になるというわけです。

しかし、元々メーカーは大当り確率も確変確率も賞球もラウンドも全て公開しているのですから、シミュレート試験でも行えば、10万発が出る確率など簡単に割り出せます。それなのに原始的な試験方法で時間と出玉率を基準に検査するから、メーカーも一般入賞口を広げた安定した出玉になる台を検査に送り込むようになったのです。


次に問題となるのがホール側の釘曲げ。
しかしこの問題は簡単には言い尽くせません。

そもそもメーカーから納品された状態そのままで営業しなくてはならない法律など非現実的です。命釘と呼ばれるデジタル始動口は0.1mm広さが変わっただけで出玉も大きく変わります。
メーカーから納品された同一機種複数台の釘が±100分の1mm以下の精度で納品されるならまだしも、実際はそんな精度で納品される事は有り得ません。
偶然よく回る台もあれば全然回らない台もあり、それが納品時点で決まってしまうなんて。納品状態のままで営業してみたら、回り過ぎて赤字が続く台があったらどうするんでしょうか?その反対で、全く出ない日が1ヶ月も続いているのに釘を広げてあげられないなんて。

釘を調整していいように法律自体を変えるか、釘の様に曲げる事が出来ないパチンコ台を作る、または釘に多少バラつきがあっても出玉率を一定に保つ事ができる補正機能を有する台に変更しない限り、ホールの釘調整問題が解決する事はありません。
それが出来ないなら、もうこれからはパチンコ台の未来はありません。そうなればこれからは設定変更の許されていているスロットの時代。全国から「パチンコ店」はなくなり、「スロット専門店」の時代です。専門店の言葉も無くなっていき、最後は普通に皆が「スロット店」と呼ぶようになるでしょうね。

その方がいいのかもしれません。

可及的速やかに該当型式・・・

「可及的速やかに」=できる限り早く。

「可及的速やかに」と聞けば、皆さん思い出すのはこれじゃないでしょうか?
サントリーDAKARAのCMです。


可及的速やかに


そもそも「可及的速やかに」なんて皆さん日常では使いませんよね。
「行政用語」または「お役人言葉」と言っていいでしょう。

DAKARA以来、聞く事の無かった「可及的速やかに」ですが、最近になって警察庁から発せられた言葉の中に使われていました。

「可及的速やかに該当型式に係る遊技機の撤去を推進して頂きたい」

情報ばかりが先走ってしまい、「パチンコ全台撤去か!?」のような不安心理を煽る様なサイトも現れましたが、そんな非現実的な事がまかり通る筈もなく、11月25日に警察庁生活安全局保安課 大門課長補佐より、「可及的速やかにというお願いをしているところであるが、いろいろと誤解もあると思う。例えば、1ヶ月、2ヶ月で該当型式を撤去しろと言っているつもりはない」と補足説明が出ています。


ですよね。
パチンコ台全撤去なんて言われても、中古しか購入できないホールにとって、新基準になった最新台しか使えないなんて事になったら大問題です。いくらお上には逆らえないパチンコ業界と言えど、そこまで強硬な手段に出られたらさすがに黙ってないでしょうから。


しかし、この補足説明があってから、中古相場にも影響が出ているようです。

バジリスク絆の中古価格が大暴騰。

本日現在683,666円です。

kizunatyuukosouba

年末年始の需要増で他の機種も上がっていますので、補足説明があっただけで暴騰しているわけではないと思いますが、高射幸性遊技機リストに入ってしまっているバジリスク絆ですから、「パチンコ台がこれだけ厳しく指導されたのだから、もしかしたらスロットも撤去時期をもっと早くしろと指導が入るかもしれない」と、台の選定担当者が購入を控えていた可能性があります。

安くなったら増台しようとずっと思っているのですが、またしばらく手が出ません。

 

CRA-gon 昭和物語 打ってきました

打ってきました、【CRA-gon 昭和物語】。


上野へ。

IMG_6326




これが噂の手打ち式パチンコ。

IMG_6308


タイプは2種類。
・ALL10
・5&7&15

どちらも打ちましたが、手打ち式は技量による差が顕著ですから、15賞球の方が面白いのでは?


ハンドル性能が非常に気になります。

IMG_6311


先ずは弾いてみる事に。

狙った所に打てるようになるには若干時間が掛かりました。
思ったより長く打てます。1時間位あっという間です。


本気でバンバン打てば電動ハンドルより早く打てない事もありませんが、それが予め出来ないように作られています。

IMG_6318

上の画像で、上部にレールとバネの先端が見えます。
そのレールに上皿から玉を送り込むのが白い部品ですが、前の玉送りをした動作から0.606秒以上経過しないと次の玉を送り込まないように設計してあり、保通協検査の1分間100発以下規制をクリアしています。


下の画像は発射部の拡大画像ですが、バネ先端の上に被っている黒い部品は玉がセットされたかどうかを感知するセンサーになっていて、次から次へと玉が送り込まれないようになってるんだとか。

IMG_6319

色々考えてるんですね。

これがセンター役物

IMG_6309

上部GOスルーチャッカーを通過した玉は役物内に落下。

役物拡大

IMG_6313

分かりにくいかもしれませんが、上段3つの穴の左右がハズレ。
上段中央の穴に入れば下段へ。

下段も同じく3つの穴があり、
左の穴に入れば盤面左側のチューリップが開放。
右の穴に入れば盤面右側のチューリップが開放。

IMG_6317


役物下段の中央の穴が「大当り」みたいなもので、ここに入ると役物下にある3つの連動チューリップが開きます。上段は中段に連動、中段は下段に連動しています。

大当り穴に入賞すると、最初に上段のチューリップが開放。
上段チューリップに玉が入ると中段チューリップが開放。
中段チューリップに玉が入ると下段チューリップが開放。
3つのチューリップはどれも2個入賞すれば閉まります。

IMG_6310


チューリップに玉が入る順番によって獲得玉数に大きな違いが出ます。


【最悪パターン】

・上段チューリップに玉が入り、中段が開放。
・中段に入る前にもう一個上段に入賞してしまうと、上段チューリップは閉まってしまいます。
・中段チュリーップはまだ開放した状態。
・中段に1個目の玉が入ると下段が開放しますが、下段に入る前に中段に2個目の玉が入ると中段チューリップは閉じてしまいます。
・そして下段に2つ入賞して終了ぉ~~orz

上中下段2個ずつだから合計6個
15個賞球タイプなら
(15-1)×6=純増84玉獲得


【黄金パターン】

・上段チューリップに玉が入り、中段が開放。
・中段に玉が入る
・下段が開く(上中下段全部開いた状態)
・下段に2個入る⇒下段閉まる
・中段に2個目の玉が入り、下段開放、中段はもう2個入ったので閉まる
・下段に2個入る⇒下段閉まる(上段だけ開いた状態)

・上段に2個目の玉が入る⇒上段閉まる、中段が開く
・中段に玉が入る
・下段が開く
・下段に2個入る⇒下段閉まる
・中段に2個目の玉が入り、下段開放、中段はもう2個入ったので閉まる
・下段に2個入る⇒下段閉まる

このパターンだと合計14個入っています。
(15-1)×14=純増196玉獲得

最悪パターン84玉に対して、黄金パターンが196玉です。
全然違いますね。

※昔のチューリップのように、2個同時に入るとまた開いてしまう様な事はありません。2カウントで閉まります。


残念ながら、打ち方(狙い場所)によるチュリーップ連動の延命打法があまりできないゲージでした。
例えば、右打ちすると上段チューリップに入りにくいとか、特定の場所を狙うと下段に先に入りやすい等の技量による差をもっと活用できるゲージなら、面白さが倍増したと思います。

しかも、いくらショールームとは言え、釘が甘すぎです。
もっと現実的な出方にしてくれれば良かったのに・・・


それから、問題がこれ


IMG_6321

これは下皿ですが、この画像の状態で「下皿が満タンです!」とエラーメッセージ。
まだ下皿は1段目ですよ。
常に下皿をかき出していないとこのアナウンスが流れ続けます。
もっと下皿満タンセンサーを上に設置するとか、下皿への玉の出口を上にして段差を作るとかして、アナウンスが流れるタイミングを遅くしてほしかったです。

それから発射部を透明化して、発射台に玉が2つ重なってしまった時に視覚で分かる様にした方がいいと思います。一度玉が重なると何度もそれが続いてイライラ感があります。


【結論】

A-gonさんの意気込みは分かりましたが、まだまだ「第一作目」って感じでしょうか。
改善の余地が多数ありすぎです。
第二段に期待します。

でも1台だけなら入れちゃおうか・・・と迷っています。

手打ち式パチンコ CRA-gon 昭和物語

気になる・・・
どうしても気になってしまう・・・ 

CRA‐gon昭和物語

昭和物語



パチンコ業界のデジタル化の流れに一石を投じる「手打ち式パチンコ」だからです。



HP_03



納品は最短で12月6日から。

新台価格は税抜27万8千円。
2台買うと税抜24万8千円。

どデカイ液晶や役物を搭載していないので安い事は間違いない。



hp_10


問題はお客様によって打つスピードに大きな差がある事です。


営業マンに聞いた話では、平均的な人で、1分間に75発打つそうです。
しかし、現代のパチンコのように、誰が打ってもみんな同じ所に落ちていく台に比べて、この機種は遊技者の技量によって大きく出玉が変わる様に出来ているので慎重に狙う人も多いはず。

一発ずつ丁寧に、考えながら打つ人もいるでしょう。
もし営業マンの話し通り、1分間75発なら10時間稼働で45000発が入りますが、多分それはバンバン打った場合の話で、人によっては10時間で20000発しか打たない人がいるかもしれません。
10時間も稼働する可能性の方が低いでしょうから、もしかしたら5千発も入らなかったりして・・・
1パチにも入れてあげたいけど、新台価格を回収するのに何ヶ月かかるのか、アウトが予想出来ないので計算できません。


私がパチンコ歴30年と言っても、手打ち式はさすがに知りません。
手打ち式はゲーセンで数回程度、数分間位しか打った事がなく、「へえ~、これが昔の手打ち式ねぇ~」って程度で、本気で勝負した事なんか一度もありません。
もし1万発もずっと打ったら親指の皮が剥けるんじゃないかと心配です。

誰か年配の方で、昔手打ち式を打っていた人はいませんか?
指にタコが出来るって聞きましたが本当でしょうか?
またタコが出来れば痛くならずに一日中打てるものなのでしょうか?
ご存知の方はコメントでお知らせください。


取り敢えずこれはショールームに実際に打ちに行ってみるしかないですね。
 

高射幸性遊技機にTKだけ!?

問題になっている、「高射幸性遊技機」。

パチンコは、最も出玉期待値の高い初当りからの平均獲得球数が9000個以上、もしくは差玉10万個以上出る可能性がある台の事、スロットは差枚2万枚出る可能性があるスロットの事です。

厳密に言うと差玉や差枚ではないようですが、ユーザーには差玉・差枚の方が分かりやすいと思います。



その高射幸性遊技機のリストは、随分前からネット上では出回っていましたが、漸く正式にホールまで届きました。

IMG_6280 (1)

IMG_6281 (1)


IMG_6282


IMG_6283 (1)


 バジリスク絆も書いてありますね。

仕方ありません。




ん?
 

!!!


な、なにぃーーーー!!! 


IMG_6284 (1)



良く見ると、「バジリスク絆TK」と書いてある!


前にブログでも書きましたが、TKとは赤パネルの事で、青パネルはMKです。

過去記事 ⇒ 赤パネルの型式の謎(2014.02.18)


MKが別に書いてあるのかと思ったら、どこにも書いてない。


・・・・・という事は?

赤パネルだけ2万枚出たけど、青パネルは出てない?

そんなわけがない。
青パネルの方が断然台数も多いし、全国でこれだけ打ったら一人くらい2万枚出た人いるでしょーー!


確か2万枚出るかどうかのデータは、ホールコンメーカーのダイコク電機からの情報提供だから、これは明らかな表記ミス。

なぜなら、前にダイコクさんに問い合わせた時に、MKとTKは別々に扱えず、どのホールが赤パネルでどこが青パネルなのかはダイコク電機側は知らないと言っていたからです。
従ってこれは100%表記ミス。


早速、全日遊連様に電話で報告しておきました。



「 (笑) しめしめ・・・ この表を作った人は、絆にはMKとTKがあるのを知らないな。 このままとぼけて、「えっ!?高射幸性なのはTKだけですよね?」って誤魔化せるかもしれないぞ・・・エっヘっヘw」

・・・と思っていた全国のバジリスク絆MK設置店よ!

そんな事になっては赤パネルの相場だけが落ちてしまいますので、赤パネル設置店チームを代表して、私がしっかり報告しておきました。訂正が後で入ったら、赤チームの人は私に感謝して下さい。

もしこれが間違いじゃなくて、本当にTKだけだったらガッカリです。


======
本日のグラフ

無題


ギャラリー
  • 巨大松ぼっくり
  • 埼玉県民は「パチンコ好き県民」
  • 沖縄のスロット事情(聞いた話)
  • 沖縄のスロット事情(聞いた話)
  • ファンタジーランドが紹介されました
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
  • ヒカゲヘゴ現る
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード