天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

パチンコ台

確変がある日突然消滅したら

皆さんはパチンコの確変中の台が何らかの原因で突然通常状態に戻ってしまった経験はありませんか?
その時お店はどんな対応をしてくれたでしょうか?

店員に、「証拠がないのでこれで終了です」と言われたら納得できませんよね。または「故障台は原則ご遊技中止をお願いしておりますので補償はできかねます。」と言われても納得できるわけがありません。


初当りが確変だった場合の平均出玉はこんな風に計算します。

【CRスーパー海物語 IN JAPAN(1/319.6)】の場合
 
(基本データ) 
・大当り確率1/319.6
・確変突入率60%
・大当り時の振り分け
  ヘソ・電チュー共通
  確変:48%
  突確:12%
  通常:40%
・時短回数100回
・平均獲得出玉:約1545個

信憑性が高い老舗のパチンコ雑誌「パチンコ攻略マガジン」のWEBサイトには、CRスーパー海物語 IN JAPAN(1/319.6)の確変突入時の平均連チャン数【4.01連チャン平均6195個】と書かれています。
 

本当に正しいのか検証してみます。

確変突入率60%と言っても突確は無効と同じですから、実際の確変確率は
確変48%÷(確変48%+通常40%)=54.54%です。

確変だけの平均連チャン数は
1÷(100%-(確変48%÷(確変48%+通常40%))=2.20連チャン

ですが、時短引き戻しの分が足されていません。

時短引き戻し確率は
1-(大当り確率分母の内のハズレ数318.6÷大当り確率の分母319.6)^時短100回
=1-(318.6/319.6)^100=26.903%

時短に突入する確率は
通常40%÷(確変48%+通常40%)=45.45%

時短引き戻し込みの確変継続率
確変のみの継続率54.54%+時短突入率45.45%×時短引き戻し率26.903%=66.774%

時短引き戻しを含んだ平均確変連チャン数
1÷(100%-時短引き戻し込みの確変継続率66.774%)=3.01回

従って、確変状態になっている台の残っている平均連チャン数は3.01回分という事です。
初回確変当たりを1回足すと、確変突入時の平均連チャン回数は4.01連チャンです。

パチマガの平均連チャン数は合っています。

平均連チャン数4.01回に大当り平均出玉1545個を掛ければ
(1/(1-(48%/(48%+40%)+(40%/(48%+40%))*(1-(318.6/319.6)^100)))+1)*1545=6194.98個

パチマガサイトに書かれている『平均6195個』が正しい数字である事がわかります。

パチンコ攻略マガジンはパチンコ雑誌として老舗であり、解析力も優れており、非常に安心できる雑誌です。公式サイトの数値も安心して利用できます。


補償してくれるかどうかはそのお店次第ですが、交渉してみる価値はあるかもしれません。

みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2

この輝かしい黄金のマスク

IMG_0743


歯並び矯正不要の見事な噛み合わせ

一瞬、バナナを思い出させる二つの角


そして妖怪ウォッチのコマさんを彷彿とさせる奇妙なマーク

sp19

IMG_0780

全てのパーツが洗練されています。


この辺からが皆さんの本当に気になっている所ではないでしょか?

PFOGの横顔です。

IMG_0745

う、薄い・・・
すっかり丸い物だとばかり思っていました。

ただし、ここまでは気が付いていた人が多いかもしれません。

しかし、後ろ姿は恐らくほとんどの人が見た事無いのではないでしょうか?

本邦初公開!
PFOGの後頭部です。

IMG_0749

なんか、見てはいけない物を見てしまったような・・・

そして、PFOGの下はガラ空きです。

IMG_0781



もう一つ気になるのが、召喚される時に半分に割れた顔がなぜ左右からせり上がる様にして出てくるのかです

こうなっているからです

IMG_0760 - コピー


分かり難くて申し訳ありませんが、赤で囲んだ部品が顔半分と連結されていて、この棒が上下する事で、格納されていた顔が持ち上がってくる仕組みになっていました。


次は角です。

角は顔が左右から合体した時点では格納されたままです。

角が格納されている状態です

IMG_0776


少しだけ出て来た状態で撮影


IMG_0742


角は格納されている位置から、少し斜め上に移動しながら出てくる事も分かりました。


最後に動画でご覧ください。





いかがでしたか?

皆さんが日頃ずっと気になっていたPFOGの疑問が少しでも解決できたでしょうか?

私もスッキリしました。

みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その1

本当はみ~んな興味があるのに恥ずかしくてジロジロ見ることが出来ない、牙狼の顔役物『P.F.O.G(パーフェクト・フェイス・オブ・ガロ)』。そんな貴方に代わってP.F.O.Gを徹底解剖してみます。


IMG_0715


私も人の事言えないのですが、なんで日本人って自分に正直じゃないんでしょうか?
思った事をそのまま行動に移すのは恥ずべき行為と考えるんでしょうね。

分かっています。皆さんの気持ち。
本当は一度でいいからP.F.O.Gをガン見してみたいんですよね?

でも、出てくる瞬間を狙って、立って上から見ているとか、出た後に立ち上がってジロジロ見るなんて出きるわけがない。まるで全く興味がないフリをして、じっと座っている。

本当は一度でいいから角(ツノ)を触ってみたい・・・
ましてや、とんがってる角(ツノ)をおでんツンツン男みたいにツンツン押して動くか試してみるなんて、ホールで実際にやったら、周りのお客さんにも店員にも変人扱いされちゃいますもんね。


みんな!
自分に正直になろうぜっ!!
触りたいんだから、触っちゃおうぜっ!!!

と言っても、誰も興味がないフリをする事は知っています。


そこで、全国隠れPFOGファン30万人(テキトー)の夢を乗せて、私が実現して差し上げる事にしました。

P.F.O.Gは台の扉を開けた状態で「召還解除ボタン」を長押しすると、 強制作動させる事が出来ます。

IMG_0712


IMG_0714


因みにこの「召還解除ボタン」、辞書では「召還」は「呼び戻す」意味で、「召喚」が「呼び出す」意味らしいです。召喚したP.F.O.Gを召還する為のボタンなので「召解除ボタン」だと思うのですが、台には「召還解除」と書かれています。

先ずは召喚してみました


IMG_0743


おお、素晴らしい!

打ち手の「ナンバーランプが見えなくなったら困る」というクレームなど、これっぽっちも考えない、ひたすらインパクトだけを追求した堂々とした役物です。

サンセイR&Dの企画開発会議で、イケイケ若手社員が「次の牙狼の新しいギミックはこれです!」

IMG_0610


とプレゼンし、企画開発部長から、

「お前はバカか・・・? それじゃナンバーランプが見えないじゃないか。」

と言われ、そこでやっと気がついたイケイケ社員が

「えっ・・・? 言われてみればそうですね・・・」

企画開発部長:「でも、それはそれで面白いかもしれないな・・・」

という伝説のエピソードが隠されていた・・・と勝手に私は思っています。


次回、P.F.O.Gの全貌が明らかになる。

乞うご期待。 

一般入賞口を見逃すな

半年ぶりに妻と一緒にP店へ。

二人の収支表を付け始めから、あと1万数千円でプラス100万円オーバーになる大事な戦いでした。
打った機種はCRスーパー海物語 IN JAPAN 319バージョン

しかし二人でドツボに嵌り、 結果▲95,000円・・・
妻が帰った後に、私だけ自費で打って▲20000円。
合計▲115,000円という稀に見る大敗orz

妻が寂しそうにしていたので、この二ヶ月で25万円も勝っていたので6万円あげました。



ところで、ジャパンを打っていて気が付いた事があります。


黄色い4つの〇で囲んだ一般入賞口は全て8個戻しです。

kyotai-319_001 - コピー


実際に打ってみると、4つの丸の内の左から二番目の穴にポコポコ玉が入ります。

8個戻しなのでここの入り具合で大きな差が出ます。


しばらく打っていて、何気なく右盤面の釘を見ると、風車上の釘がヘソに寄る様になっているではありませんか!

早速右打ち開始。

案の定、左と比べてヘソに入る!
右のワープも殺されていない。

保留8個満タンになる確率が増えました。
これはラッキーと思いながら打ち続けていると・・・


あれ?

右側の一般入賞口は全然入らない。
左打ちと同じ考え方なら、黄色い4つの丸の右から二番目の穴に入っても良さそうですがなぜか全く入りません。


原因が分かりました。

左から二番目の穴の2本の釘の根元の位置関係を見て下さい。
釘の頭では無く、釘の根元ですよ。

IMG_8431 - コピー



そしてこちらは右から二番目の穴です。

IMG_8433 - コピー

↑この角度だと根元が見えていませんが、釘は曲がっておらずにほぼ鉛直です。


お解りでしょうか?
右から二番目の穴の2本の釘の根元は明らかに段差が付いており、入りにくくなっています。

補助線を引くともっと分かり易くなります。

左の穴の釘

IMG_8431 - コピー (2)



こちらは右から二番目の穴の釘

IMG_8433 - コピー (2)


釘が曲がっているのでは無くて、元々打たれている釘の根元の位置が釘一本分位高さがずれているのです。

だから右から二番目の入賞口にはほとんど玉が入らなかったのです。


一見すると右打ちの方がたくさん回る様に見えましたが、実際は左打ちの方が8個戻しが頻繁に入る為に、千円当たりの回転数で数えてみると左打ちの方が全然多く回りました。

これからの新基準機は今まで全く無視されていた一般入賞口への入賞率も良く見て座る様にしなくてはなりませんね。

手打ち式パチンコ CRA-gon 昭和物語

気になる・・・
どうしても気になってしまう・・・ 

CRA‐gon昭和物語

昭和物語



パチンコ業界のデジタル化の流れに一石を投じる「手打ち式パチンコ」だからです。



HP_03



納品は最短で12月6日から。

新台価格は税抜27万8千円。
2台買うと税抜24万8千円。

どデカイ液晶や役物を搭載していないので安い事は間違いない。



hp_10


問題はお客様によって打つスピードに大きな差がある事です。


営業マンに聞いた話では、平均的な人で、1分間に75発打つそうです。
しかし、現代のパチンコのように、誰が打ってもみんな同じ所に落ちていく台に比べて、この機種は遊技者の技量によって大きく出玉が変わる様に出来ているので慎重に狙う人も多いはず。

一発ずつ丁寧に、考えながら打つ人もいるでしょう。
もし営業マンの話し通り、1分間75発なら10時間稼働で45000発が入りますが、多分それはバンバン打った場合の話で、人によっては10時間で20000発しか打たない人がいるかもしれません。
10時間も稼働する可能性の方が低いでしょうから、もしかしたら5千発も入らなかったりして・・・
1パチにも入れてあげたいけど、新台価格を回収するのに何ヶ月かかるのか、アウトが予想出来ないので計算できません。


私がパチンコ歴30年と言っても、手打ち式はさすがに知りません。
手打ち式はゲーセンで数回程度、数分間位しか打った事がなく、「へえ~、これが昔の手打ち式ねぇ~」って程度で、本気で勝負した事なんか一度もありません。
もし1万発もずっと打ったら親指の皮が剥けるんじゃないかと心配です。

誰か年配の方で、昔手打ち式を打っていた人はいませんか?
指にタコが出来るって聞きましたが本当でしょうか?
またタコが出来れば痛くならずに一日中打てるものなのでしょうか?
ご存知の方はコメントでお知らせください。


取り敢えずこれはショールームに実際に打ちに行ってみるしかないですね。
 

パチンコ台が50万円以上?

京楽から10月発売予定の「CR仮面ライダーフルスロットル」、当初は「CR仮面ライダースロトンガー」と言われていたので、登場するのはストロンガーなのでしょうが、皆さんはこの機種が法外な価格で販売されると言う噂をご存知でしょうか?

その価格は掟破りの50万円以上、人によっては60万円近いのではないかと言っている人もいます。
基本的にパチンコ台は新台価格が40万円以上の機種はありませんので、もしこの噂が本当なら50万円の大台を超えて、ぶっちぎりの過去最高価格の台になります。

私は仮面ライダーアマゾンまでしか見てません。
ストロンガーはアマゾンの次の仮面ライダーで、時々チラッと見た程度です。
調べてみたら、1975年4月5日~12月27日放送でした。今から40年前です。

ST


仮面ライダーって早くて3歳位からですか?
上は小学校低学年が限界?
逆算すると、1975年の仮面ライダーストロンガーを見ていた人は、現在43歳~47歳位の人でしょうか?
最も人口が多い、第二次ベビーブームのいわゆる「団塊ジュニア」にターゲットを当てた戦略なんでしょう。

パチンコ市場の赤文字・赤背景・疑似連・激熱図柄の信頼度を著しく低下させたとも言われてる京楽が、越えてはいけない40万円の壁まで崩そうとしています。
京楽は赤文字やメーカー独自の激熱柄(京楽の場合はゼブラ柄)の信頼度が新しい機種が出る度に低下していき、「赤文字程度では当たらない」、「ゼブラ柄も簡単にハズレる」、疑似連は4連しないと期待できないとまで言われる様になり、今の結果に繋がっているのだと思っています。
その点、バジリスク絆の赤文字や赤背景の信頼度を見習って欲しいと思うし、それが市場に評価されている事を知るべきです。
せっかく、キュインが気持ちいい京楽なのに…


1台50万円以上って・・・
最終的に負担するのはユーザーです。

こんな事では、到底大衆娯楽など目指せるはずがありません。
京楽さんには今一度考え直してほしいと思います。

そう言いながらも打ってしまうのが業界人の悲しい性ですw

CRリアル鬼ごっこ

こんなニュースが。

==========
Amusement Japan Express Vol.907/15年6月17日(火)

高尾:『CRリアル鬼ごっこ』先行発表イベント
15日、都内で開催。製作協力の映画「リアル鬼ごっこ」完成披露試写会と合同開催。ゲストは実機に出演するパンチ佐藤さんと佐藤かよさん。ホール導入は今夏を予定。試写会には、作中に出演する篠田麻里子さんらが駆けつけた。
==========

噂に聞いていた「CRリアル鬼ごっこ」がリリースされるそうです。
映画にもなった「リアル鬼ごっこ」のパチンコ版です。

そもそも「リアル鬼ごっこ 」とは山田悠介のホラー小説で、西暦3000年、500万人以上に膨れ上がった全国の「佐藤さん」を捕まえて処刑するという内容です。

私は佐藤姓ですから、この映画の話を聞いた時に正直ムカつきましたが、日本一の人数を誇る佐藤なので、寛大な心でスルーしておきました。

世間では「絶歌」の出版について大騒ぎになっていますが、リアル鬼ごっこも批判されるべきだと思います。完全な差別です。リアル鬼ごっこのシリーズには確かB型がターゲットになっている映画もあったはずです。


そのリアル鬼ごっこがCR機で登場するのですから一度は打ってみましょうかねぇ。
皆さんは鬼ごっこの鬼の方の視点で遊技するのでしょうが、私は逃げる側の佐藤の視点で逃げまくろうと思います。

ところで、この台は鬼側として打つのでしょうか?
それとも佐藤として打つのでしょうか?
鬼として佐藤を捕まえたら当たり?
佐藤として逃げ切ったら当たり?
どっちなのでしょうか?

CRリングは女子高生視点で貞子に遭遇したら当たりでしたから、佐藤視点で捕まったら当たりの様な気がしますが実際はどっちなのでしょうか?

高尾のHPにはcoming soonとなっていたので詳細は不明です。
私としては佐藤が逃げ切ったら当たりにしてくれると本気で楽しめるのですが・・・

北斗6

CR北斗の拳6拳王H80。
宿命バージョンも出ていますが設置比率は
拳王48:宿命1となっていますので拳王についてお話します。


全国データでは牙狼金色と沖縄3とほぼ同じ台数が設置されています。この3機種が設置台数トップ3です。

牙狼金色は中古相場が一時120万円を超えて話題になりましたが現在の相場は50万円。
金色は導入から半年以上経っていますが、導入当初は想像以上の高稼働だったために、今でも50万するのも頷けます。


しかし北斗6拳王は
発売からまだ3ヶ月なのに中古相場で23,700円。
全国データを見ると、稼動は拳王に対して金色が26%勝っていますが中古相場がここまで違うとは・・・
金色の購入は現実的じゃありませんが、北斗6が面白いならお買い得です。


そこで北斗6を打ってきました。
過去に何度か挑戦していますが、あまりの回らなさに、面白さがわからないまま敗退してきました。


サウンド、演出共にさすが北斗シリーズの最新作です。

IMG_4763

キャラの動きも液晶の鮮明さも、サミーが総力を結集して作りこんできた事が伝わってきます。

千円で15回・・・

納得いかないけど当たるまで投資します。
このお金を会社に出してもらいたいくらいです。 

 

投資9000円。
それは意外にも早く訪れました。

北斗6は詳しくありませんが、過去の剛掌と覇者の演出からして、そこそこアツイ予告から発展したサウザーリーチ。「サウザー」の文字は赤。

スーパーリーチになるだけで期待してしまう、この圧倒的な臨場感。
壮大なスケールで繰り広げられる北斗の拳の世界感。
この機種が現役最高峰の機種である事はこのリーチを見ただけでわかります。



そして最後のボタンPUSHは・・・

キリン柄ぁあーーー!

頼む!


会社は払ってくれないんだ。

ここで当たってくれっ!




ピキーーン!



IMG_4765


IMG_4766


IMG_4767


IMG_4769


IMG_4771


哀しい男よ 誰よりも愛深きゆえに
 

IMG_4772

 

神様ありがとうございます。
会社は払ってくれませんが、神様だけは私の味方でした。

4Rでしたが贅沢は申しません。
当てて頂いただけで満足です。



しかし・・・

なんじゃこりゃ?


IMG_4777

 
5連続4R・・・

初回4R50%×4R17%
×4R17%×4R17%×4R17%=超薄

ありえねぇ~~

でも単発で終了するよりはマシか。


そして終了・・・




と思ったら、無想モード中になんと敵が現れてバトルに。

しかし残念ながら敗北して無想モードに・・・

と思ったら、な、な、なんと!


EXTRA BONUS!16R

こんなことあります?


保留は電チュー優先消化ですから、大当り時に残っていたヘソ保留は電チュー保留がある限り消化されません。
連チャン中の右打ち消化中にEXTRA BONUSが当選する可能性があるとすれば、電チュー保留が途切れた時にヘソ保留消化が始まってしまって偶然それがEXTRA BONUSを引いていた?

EXTRA BONUSはヘソ電チュー当選の2%しか存在しないレア当たりです。
ハンドル固定はしてなかったので、もしかしたら本当に偶然にも左からヘソに入ってたんでしょうか・・・
それしか考えられません。

写真撮ればよかったのですが、不可解な現象に混乱して撮れませんでした。
でも最後に撮ったのがこれです。

IMG_4784

5回時点で3000発でしたから、明らかに16Rですよね?

解析ではEXTRAはヘソ当選の2%となっていますが、メーカー公式サイトには電チュー当選時にも「EXTRA含む」と書かれていますので、もしかしたらHYPERを演出上EXTRAにしているのかもしれません。
超不思議体験でした。同じ体験をした方がいらっしゃいましたらお知らせください。



北斗6はどの店に行っても、とにかく回らない。
千円で15回は普通です。ひどい店になると千円13回とか12回、500円で4〜5回なんて事もザラです。

ゼロアタッカー搭載によって出玉は凄いですが、その分甘すぎてホールも苦しいんでしょうね。
それが一番の問題で、完成度に関しては間違いなく現役トップクラスです。

回れば本当に面白い台です。

大海物語3特別先行展示会 Part1

9月4日(木)、グランドプリンスホテル新高輪 飛天の間で開催された、「CRまわるんパチンコ大海物語3」の特別先行展示会に行ってきました。


ところで

あれは昨年5月15日の事・・・
私は、同じく飛天の間で開催された「CRスーパー海物語 IN 沖縄3」の展示会が始まる4時間前、グランドプリンスに早々に到着していました。

目的は沖縄3の展示会だったのですが、グランドプリンスの違う会場で、P店店長向けの無料セミナーがあると知っていたので、早めに到着して無料セミナーに参加し、それから展示会に行こうと考えたのです。

しかしセミナーが始まって10分ほど経った時の事・・・

FANTASYLANDから電話が…
最初は無視。

「緊急時はバンバン電話していいよ」と言っておいたのに、3回目の電話…

「緊急事態?」

セミナー会場を抜けて店に電話すると

「ゴト師にやられました!」

結局、セミナーも展示会も放棄して、店に向かいました。



だから私にとっては大海3の展示会は昨年のリベンジとも言うべき、因縁の展示会なのです。

今日は屋台で時間がないので、展示会の話は明日に。

つづく
 

ライトタイプの面白さ

ライトタイプはパチンコ稼働アップの重要な鍵を握る機種だと前回書きました。

なぜなら、遊びと夢の両方を兼ね備えているからです。
ライトタイプは時短終了後に再度初当りを狙いに行きたくなってしまうのがミドルとの大きな違いです。

ライトタイプには「もしかしたら・・・」の夢があります。
甘デジでも1万発OVERは出るものの、2万発が出る確率は大幅に下がります。
ライトタイプはミドルマックスの様な3万発、4万発の大勝ちは滅多にありませんが、2万発程度の夢ならかなり現実的な確率で発生しています。一撃だけではなくて、数回の初当りを経て勝ち取る事が出来る可能性を秘めています。

ミドルタイプで3万発、4万発クラスの出玉を交換した台のデータを良く見ると、多くの場合が数回の初当りを引いています。通りがかった人は一撃で出ていると思っていても、実際は出している人は何度も危ない橋を乗り越えて勝ち取っているのです。しかしその危ない橋を渡ろうとする人は少なく、普通の人は時短即ヤメを選択してしまいます。

パチンコをやる人なら一度や二度は、「時短終了即ヤメ」、または「時短即ヤメ」という言葉を聞いた事があるはずです。自分で使っている人も多いと思います。これが今のパチンコが抱える大きな問題点です。

先日久し振りに打ったミドルの冬ソナFinal(1/319)で0回転から812回転まで回させられましたが、これがミドルの現実です。
また、マックスタイプで確変中に内部確率1/39.9のはずなのに、150回転回してもなかなか当たらない事がありますが、あれは通常時に1/399の大当りが1500回転当たらないのと全く同じ現象です。
長い経験の中で、いやな思いを何度も経験している人は、その時の嫌な記憶が甦り、時短終了後にやめてしまう・・・ やっと出た出玉が全てなくなってしまうかもしれないのに、次の初当りにチャレンジしようとはなかなか思えないというのが本音ではないでしょうか?

最近のライトタイプは2000発搭載の機種に人気が集中しています。甘デジの16R比率が高い機種が成功したのと同じです。やっぱりどこかで一撃の可能性を秘めている機種を選んでしまうからでしょうか。

メーカーが甘デジ成功の次は「ライトタイプ」だと張り切って発売したものの、その時は市場に受け入れてもらえませんでした。1パチや5スロが成功して、中途半端な2パチと10スロが好結果を残せないのと似ています。

恐らく、ライトタイプの本当の真髄とも言える、「次の初当たりが狙いやすい」、「一撃でなくても何度か初当りを引けば予想以上の箱数になる事がある」という重要なポイントをユーザーに伝えきれないから、粘ってくれる人が今まで少なかったのかもしれません。
しかしAKBの登場によって、推しメンが見たくて即ヤメしないために、1/199と言うスペックが実は数回の初当りを引くとスゴい箱数になってしまう時がある事を初めて知った人も多かったのではないでしょうか。

ライトタイプのシェアはこの半年で20%から13%まで落ち込んでいますが、これは大量導入されたAKBが大幅減台されている為です。
AKB導入に際して、好調の甘デジと稼ぎ頭のミドルマックスの台数は減らしたくなかったのがホールの現実ですから、AKB導入のあおりを食らって撤去されたのは他のライトタイプだったはずです。

ミドル・マックスで一日何万円も使って現実味の無い一撃3万発4万発を狙うより、AKBによって浮き彫りになった現実的な数回の初当りで狙う2万発を夢見るほうが今の時代には合っています。
FANTASYLANDでは今後遊びと夢の両方を兼ね備えた「ライトタイプの魅力」をお伝えしていこうと思っています。

追加入替決定

今月の月末頃、パチンコ台3機種のみの追加新台入替(正しくは中古台)を行う事にしました。
執行役員に特別予算を組んでもらうように頼みこんだら快諾して頂けました。

当店はパチンコ台:スロット台=232台:223台でほぼ同じ台数です。
それなのに売上比率はパチンコ:スロット=3:7と、明らかにスロットに偏った営業になっています。
過去の事を色々調べた結果、パチンコに比べて明らかにスロットへの投資額が大きかった事が分かりました。

もっとパチンコにも力を入れれば、スロットの利益に頼らない営業が出来ます。
既にパチンコ稼働アップの計画は進行しており、現在のパチンココーナーは今までとは色々な面で違ってきているのですが、ハッキリと体感しているお客様はまだ少ないのではないかと思いますので、皆様が体感できる状態になった頃にはブログでもお知らせしようと思います。

8月末頃に導入する3機種は大当り確率 1/215、1/199、1/199のライトタイプ。そして9月導入のパチンコも 1/221、1/280、1/199のライトタイプです。リクエストの多かった機種も含めました。
このクラスの確率をライトミドルと呼ぶ人もいますが、私は敢えて簡単に「ライトタイプ」と呼んでいます。

業界内でも用語の共通した定義はありません。
昔はミドルと言えば殆どが1/300~1/320でした。近年は様々な確率が出てきた事で甘デジ⇒ライト⇒ライトミドル⇒ミドル⇒ハイミドル⇒マックスとややこしくなりました。1/200前後なら、甘デジとミドルの間なのではっきりとライトと呼べますが、1/220~1/250のタイプが登場してくるのと同時に、ミドルタイプが1/300を切って1/200台後半の確率まで甘くなってきたために、ライトとミドルの境が分からなくなってしまい「ライトミドル」と言う曖昧な言葉が生まれたのだと思われます。
また、マックスタイプの稼働が激減したので1/350~1/370のタイプで甘んじるメーカーが多くなり、ミドルとマックスの中間的な確率をハイミドルと呼ぶようになりました。

以上の様な事から、ライトミドルは非常に定義が曖昧なので、私は甘デジでもなくミドルでもない機種を分かりやすく「ライトタイプ」と呼ぶようにしています。

実はこの「ライトタイプ」こそ、パチンコ稼働アップの重要な鍵を握る機種だと考えています。

次回、今後のパチンコ稼働アップの構想についてお話します。

パチンコの魅力 Part3

「CR北斗の拳5 覇者」は一日の出玉で全国ランキングの常連ですが、今まで私が実際に打った店では最も回った店でも千円で17回でした。他の店は15回、14回、ひどい店は12回でした。

覇者は1/397.2です。千円15回転では約26,500円も初当たりに掛かる計算です。潜伏と4R通常も考慮すると実際はこの金額では収まりません。パチスロ攻略マガジンによれば、覇者の「初回電サポあり確変大当たり時の平均獲得玉数」は約7700個です。この過激なスペックでは初期投資がすごい金額になってしまうのもうなずけます。覇者は釘の構成上大当たり出玉が少なくならない機種の為、どうしても回転数(ヘソ入賞)が苦しくなってしまいます。

私は剛掌が大好きでしたが、覇者はさすがにサラリーマンの給料では時々しか打てません。覇者を毎日のように打ちこめる方は非常に稀です。完成度は素晴らしい機種なのでもったいないですね。

昨日の全国ランキング1位は覇者で12万発です。しかしその確率は宝くじ並みで、現実的に遭遇する出玉は一撃で2万発・3万発というのは珍しく、実際は長い連チャンが2回、3回重なって出ている事の方が大半です。4万発以上出た人に初当たりは何回あったのかを聞いたら、多くの人が複数回あったと答えるでしょう。しかし、普通の人は2万発も出ただけで満足でしょうから、時短終了後に再度1/397にチャレンジしようとはなかなか思えないと思います。

覇者の場合、現金投資から初当たりして、連チャン終了時短即ヤメまでの平均的な時間は概算ですが1時間50分位でしょうか? 6時間~8時間遊びたい人にとっては1/397の危険な橋を3回も4回もチャレンジしなくてはなりません。確率以下の400回転超え辺りから、続けようかやめようかと不安になってしまうのが普通の人です。


それに比べて、時短終了後に「次の初当たり」をついついチャレンジしてみたくなるのが大当たり確率1/200以下のライトタイプ。用語の定義が業界内でも曖昧なのでライトミドルと呼ぶ場合もあります。
甘デジは確かに遊べますが当たっても出玉が少ないのでどうしても2万発3万発の夢はちょっと非現実的です。
1/200前後の台は2~3箱もあればかなりの確率で初当たりを引き戻せる上、もしかしたら2000発大当たりが連チャンすれば更に4箱5箱と上乗せできる可能性を秘めています。

覇者で話したように、一見うらやましいような2万発3万発の人と言うのは何度か次の初当たりにチャレンジしている人が結構いるもので、その「大きな壁」を何度も乗り越えるのに、現実的にチャレンジしやすいのがライトタイプだと私は思っています。

MAXタイプの半分の投資しかかからず、甘デジの様な少ない出玉ではないので、1万発出るのも現実的な割合で発生し、2万発・3万発の夢もある。連チャンが終わっても、MAX・ミドルタイプのように時短抜け即ヤメをしなくても、何となく次の当たりも結構早い回転数で当たってしまう事が多い為、5~6箱持っている時は連チャン終了後も、「もう1~2箱打ったらまた初当たりを引けるかもしれない」というマイルドな期待感があります。

ギャンブル性を抑えていながら、現実的な「中勝ち」の夢がしっかり残っているライトタイプはこれからのパチンコの主軸になっていくと私は考えています。「次の当たりが早く」、「長く遊べて夢もある」。ライトタイプを良く知れば知るほどライトタイプのファンになってしまうと思います。
 

沖縄3

今日はバジリスクで出ず、パチンコに移動して沖縄3を初体験。

実はこの機種、セミナーで品川に行った際、横の建物で沖縄3の展示会が行われており、見ようと思っていたら、ゴト師が来店した連絡を店から受けて、急遽店に戻ってしまったために見る事が出来なかった台なのです。

それにしてもスペシャル魚群タイムはスゴイ。
まあ、AKBのリアルタイムクロック機能と同じですがすごいの一言です。

しかし、どうしてあれって素直に周りを見渡せないのでしょうか?
一回だけスペシャル魚群タイム中に全体をぐるっと見渡してみたのですが、周りの人も初体験の方が多数いるはずなのに、誰もが前を向いたまま キョロキョロせずに遊技を続行しています。日本人って恥ずかしがり屋なんですね。メーカーの策略に引っかかってないぞ俺は!とでも言いたいのでしょうか?

しかし1/358はやっぱりきついですね。右隣は1300回転、左は700回転、私も1000回転オーバー(883回転から遊技開始)。それでもハマっている感が無いのは可愛い魚のキャラのせい?

最近の海で一番気に入らないのは、同一絵柄枠内三つ停止のチャンス目の連続が嘘くさい事。
チャンス目が2回連続して、3回目に期待していると、上下に同一絵柄が出るのに、最後の中断は枠内を通り過ぎて左枠外に同一絵柄が停止するパターンが頻発します。「おっ!」と期待させておいて、実は3連続しないというガセ演出です。毎度毎度裏切られてちょっとイラっとします。

最近はその手の機種が多いですね。


パチンコ台の魅力 Part2

Part1で全国のランキングをお見せしました。
あれだけ見るとパチンコよりスロットの方が夢があるような気がしますがそうとも限りません。
パチンコにはパチンコの良さ、スロットにはスロットの良さがあります。

4号機のアラジンとミリオンゴッドを例にすると良く分かります。
4号機の爆裂最強機種はと聞かれたら、どうしてもアラジンとゴッドの名前が浮かんでしまいます。皆さんはどちらですか?
明らかに強烈な印象があるのはゴッドです。でも実際に7万枚以上クラスが多く出たのはアラジンです。何故なら非常に薄い確率ながら、スーパーアラジンチャンス5000ゲームの振り分けが存在するために、一度引いてしまえば朝から閉店までずっと止まらないからです。自動メダル補給の店では8万枚を超えた人もいます。あの超超低確率を朝一で引くのは一生打っても当選しそうにありませんが、そうは言っても全国のアラジンを打っていた人数で考えれば7万枚プレイヤーになった人が何人も出てもなんら不思議はありません。

ゴッドの場合はアラジンほどのロングATが無かったので、通常ゲームが連チャンの間に挟ってしまいます。だから驚くような差枚数ランキングとしてはアラジンの方が多かったのです。しかし、実際にあの頃打っていた方は体感していると思いますが明らかに1万枚2万枚が多いのはGODでしたよね。そういうプログラムになっているからです。

この話は今のARTにも同じことが言えます。万枚が出る機種が必ずしも一番荒っぽい機種かと言うと、そうとは言い切れません。
宝くじも1等金額は1000万円だけどその本数がたくさん入っているというタイプが売られることがありますがこれも同じです。スクラッチの宝くじなどは1等100万円なのでその本数は更に現実的な確率になっています。大勝ちを少なくすれば中勝ちが増える仕組みになっています。

そしてまた、同じようにパチンコとスロットの関係にもこれと同じことが言えるのです。
ART機やAT機のスロットは大勝ちタイプ、パチンコは小勝ち中勝ちが多いタイプです。
スロットのノーマルタイプはパチンコより更に確率的に安定しますが、設定があるので高設定を掴まないと安定して負けるという事になってしまいます。

パチンコは殆どの機種が単純な確変確率で連チャンする仕組みになっており、最近のART機のように故意に大勝ちする人を生み出すプログラムではないので、中勝ち・小勝ちの人を減らす必要がありません。そのため、日常的に中勝ち・小勝ちに遭遇するという事です。

夢の万枚を目指す人、夢は捨てて日常的な勝ち負けを楽しみたい人、人ぞれぞれです。
また、その日の気分でも、その時の所持金によっても自分に合った機種を選ぶことができます。
折角パチンコ店にパチンコとスロットと言う二つのゲームが許されているですから、そのゲーム内容をよく理解して遊べば楽しさは更に広がります。

つづく


 

パチンコ台の魅力 Part1

7月に入っても好調をキープしています。
お客様が増えれば増えた分だけ、一人一人の期待感は更に上昇しますので非常に良い傾向です。
6月より7月の期待感はかなりアップしています。


ところで皆さんはパチンコで10万発出したことありますか?
私は最高で95,379発出したことありますが10万発はありません。

またスロットで2万枚出したことありますか?
私は4号機ゴッドで22000枚がありますがそれ1回だけです。

ブログでも何度か紹介しているSISデータは全国のパチンコスロットの総台数459万台中の122万台(全国の26%の台数)が登録されている巨大なデータベースから情報公開されているという、他業種にはなかなか真似の出来ない驚異のデータなのです。

あんまり詳しく書くと大黒様に怒られますが、内容的にはダイコク電機の宣伝になっていますので、怒られない程度に書かせて頂きます。因みにダイコク電機さんのデータは本当に使い易くて便利です。

昨日(土曜日)の全国パチンコ最大MYランキングの上位5位は以下の通りです(端数切捨て)。MYとは簡単に言うと一番凹んだところから最も吹き上がった頂点までの玉数を表す指標です。

1位 12万発
2位 10万発
3位 10万発
4位 10万発
5位 10万発
パチンコ上位5位はMAXタイプです。
 

スロットの最大MYランキングの上位5位は

1位 25000枚
2位 24000枚
3位 23000枚
4位 23000枚
5位 23000枚
スロット上位5機種は設置台数も稼働も高い機種が独占しています。

パチンコで10万発以上出すには1/400という難関をパスしなければなりません。しかしスロットはMAXタイプの様に初期投資が掛かりませんので、遊んでいるうちにある日突然ロングART・ATがやってくると言う点が大きな違いです。

パチンコの魅力を語るつもりがスロット擁護の話になりつつありますが今日はこの辺で・・・


つづく
 

パチンコについて

今日はパチンコについて話します。 

ここで最初にお断りしておきたいのは今後ブログでパチンコの釘や回転数等について書く際、以下の事をご理解いただいた上でご覧くださるようお願い申し上げます。

パチンコ台の釘調整は違法行為であり、納品されてから釘1本触れる事はできません。これは保通協と呼ばれる検査機関の厳正な規準をパスした台と同じ釘の配置と角度で製造された台のみがホールに設置されることを許されている為です。お店が台の性能に関わる釘を調整する事は保通協の検査で認められた規準を故意に変更してしまう事になります。

その為、今後千円あたりの回転数等に触れているのは偶然そのような事が起きた場合やメーカーの製造過程ににおける誤差の許容範囲において個体差が生まれてしまう為に起こる現象と捉えて頂きますようお願い致します。


スロットの最高設定は出玉率で119%のような台が存在しますし、他機種においても最高設定は110%程度はある機種が多いですよね。だからスロットはホール内のどこかに確率上赤字になる台が存在していても何ら不思議はないと言うのがスロットの魅力ではないでしょうか。

しかし、パチンコにはそのような魅力的な台はほとんど存在しません。

スロットの出玉率110%とは25000枚IN=約8300プレイで2500枚の差メダルです。
パチンコ台は機種によって違いがありますが、2500枚と同等の玉が出る台は等価11時間実践で千円当たり25~28回転に相当します。

スロット出玉率115%なら25000枚IN=約8300プレイで3750枚の差メダルです。
パチンコなら等価11時間実践で千円当たり30回転以上回らないとここまで出ません。

しかし、ボーダー理論が浸透してきているパチンコにおいては、今や年配の方まで千円〇回転を数えるようになりました。千円で25~30回も回るような台は最初の千円が偶然18回しか回らない時があったとしても、2千円、3千円と追加していくと、それなりに回ってしまいます。言い換えれば、スロットの最高設定を数千円で見つけてしまったようなものです。

更に釘調整はやってはいけないのですから、ブログでご案内するのは台の特性や演出などについてしかお話ができません。今後パチンコの釘に関して、ブログ内で調整したことを臭わせるような内容は一切登場しませんのでご了承ください。


しかし、今後パチンコの稼働もどうしても上げていきたいので、ブログをご覧のみなさまが楽しめる内容を書いていきますのでパチンコファンの方、またスロットしかやらない方もご期待くださいませ。




 

甘海の15連

こんなコメントを頂きました。
「甘デジの海で保留連チャン15連チャン以上する体験をした方は珍しくないと思います。60%の連チャン率としても現実なにもないとあり得ないように思いますが~店長のご意見を是非 」

面白い質問ですね。こういうの結構好きです。
先ず甘海シリーズの最強連チャン機種は「
CRA新海物語Withアグネス・ラムSAG」ですかね?
この機種の大当たり確率は1/99.5で大当たり終了後6回転だけ10倍の確率1/9.95になります。地中海や白海などはST中1/8.975ですが5回転で終了なのでSAGの方が少しだけ上です。

先ずは15連チャンする可能性が何%の確率なのかを計算してみます。
質問には保留連チャンとありましたが多分ST中の事だと想像できますので
時短中の引き戻しは含めず、純粋にST6回転限定で計算します。

先ずは連チャン率の計算ですが、6回転以内に当たる確率はEXCELで簡単に計算できます。
「6回転目までに当たらない確率を1から引いたもの」です。

1回転目に当たらない確率=8.95/9.95
2回転目に当たらない確率=8.95/9.95
3回転目に当たらない確率=8.95/9.95
4回転目に当たらない確率=8.95/9.95
5回転目に当たらない確率=8.95/9.95
6回転目に当たらない確率=8.95/9.95
EXCELなら「=(8.95/9.95)^6」で計算できます。
これを全部掛けると52.966%です。52.966%の確率で6回転までに当たらない事になります。それを100%から引けば答えは
47.0337%。連チャンの計算は必ず最初の初当たりした時を対象に考えているので、47.0337%とは2連チャンする確率の事です。なんで当たる確率を直接計算せずに、当たらない確率を100%から引くのかは数学博士じゃないので知りません。○分の1の大当たり確率の台が○回転以内に当たる確率の計算はなぜかこうやります。理由は詳しい人に聞いてください。
EXCELには下の数式を入れれば47.0337%と出るはずです。
=1-(8.95/9.95)^6
^ ←このマークはPCのキーボードではひらがなの「へ」のキーにあります。○乗の事です。

連チャン率が分かったので3連チャン目はEXCELに「=(1-
(8.95/9.95)^6)^2」と入れれば出ます。3連チャンは初当たり+2回の連チャンだからです。確率マニアの方はこんなの常識かもしれませんが。
15連の場合は初当たりを含まずに14回ST中に当たった事を意味するので、「=(1-(8.95/9.95)^6)^14」です。
^6)^  ←こういう顔文字じゃないですよ。

15連する確率は0.002593%です。1÷
0.002593%=38,572 なので、早い話が38,572回の初当たりに1回しか遭遇しない貴重な体験です。
高稼働なお店で初当たりが平均20回もあったとして、それが20台設置されていて、30日で累計12000回の初当たりですから、15連チャンが出現する可能性は約3ヶ月に1回です。
因みに大海2の甘ならST5回なので、15連は265,000回の初当たりに1回です。

時短引き戻しは連チャンとしてデータランプに上がる店が多いので純粋15連チャンを確認するのは容易ではありません。これがもしST6回転限定で15連が頻繁に起きている店なら「やってます」。

上の計算で合ってますか?
詳しい方、間違ってたら訂正して下さい。

ブラボー10

ブログのプロフィールにあるセル盤画像を見た系列店の店長が「この台何?」、と。

この台は昭和59年頃にヒットした平和の「ブラボー10」。
今こうしてパチンコ店で働いているのもこの台に出会ったからと言っても過言ではないほどの思い出の台。
この台でどれだけ稼がせてもらったことか。

ブログの写真を何にしようかと考えて、Googleで探したら何とビックリ見つかりました!数年前にネットで探した時はもっと小さくて画質が粗かったのに、今は驚くほど鮮明な画像だったので驚きました。

bravo-10

今から28年も前に撮った画像がこんなにキレイなはずがない。
数年前にネットで「ブラボー10」を検索した時は昔の攻略法全盛の時代の事をまとめているサイトが見つかって、そのマニアな方がブラボー10の画像をアップしてくれていた。その画像が見つかっただけでも驚いていたのに・・・。オークションでもブラボー10を散々探してみたけどやっぱりどこにも無かった。
 

ところがこれだけ鮮明な画像をアップしてるんだから、絶対にこの人はこの台を持っている!と思って調べてみたら、やっぱり現存していました!
なんと同じ埼玉県の川口市にある歴代の名機で遊ばせてくれるゲームセンターの方がアップしていたようです。

「あれほどまでに探し続けたブラボー10が同じ埼玉にあったのかよぉ」とか思いながら、電話番号を調べてそのゲーセンに電話してみると、優しそうな方が出て、「今はありませんが1年前にレンタルで借りていたんです」と。
しかもどこがレンタルしてくれたのかもご丁寧に教えてくれました。ありがとうございます。

これまた驚いた事に岩槻市の会社。まさか同じ埼玉にあるとは!
夢にまで見たブラボー10が現存していた!高鳴る鼓動を抑えて、恐る恐る電話してみた。

頼むっ!「ある」と言ってくれ!壊れててもいい!あると言ってくれ!頼むぞっ!なんて思いながら電話すると、これまた丁寧な方が電話に出たので、

私:「すみません、川口のゲーセンの方から教えてもらったんですが、ブラボー10ってまだ扱ってますか・・・?」

意外にもアッサリ
男性A:「 あ り ま す よ 」。

(゚ロ゚;)エェッ!?

あんまり驚くと絶対に高く言われるから、思いっきり落ち着いて、それほど興味ありませんみたいな声で
私:「いくらですか?」

男性A:「今、外なのでホームページが見れないからいくらかわからないですけど、ホームページ見てもらえば値段が出てますよ」

すごい勢いでカチカチクリックして検索したら、ありました!ありました!

お値段たったの45,000円!!!

 

・・・って、高すぎません?
「でも欲しい、どうしても欲しい! カミさんに言ったらバカじゃないのって絶対言うだろうなぁ・・・。3日前の麻雀物語が5000枚くらい出てたら買ったのになぁ。」


というわけでyoutubeにアップしてくれていた動画をみてその気になっています。 




20000円なら買うのになぁ。
 
 
ギャラリー
  • なぜ沖縄なのか?
  • なぜ沖縄なのか?
  • なぜ沖縄なのか?
  • なぜ沖縄なのか?
  • なぜ沖縄なのか?
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
  • みんなの夢実現!P.F.O.G 徹底解剖 その2
記事検索
メッセージ

ブログ管理者に非公開でメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード