天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

パチンコ台

パチンコの魅力 Part3

「CR北斗の拳5 覇者」は一日の出玉で全国ランキングの常連ですが、今まで私が実際に打った店では最も回った店でも千円で17回でした。他の店は15回、14回、ひどい店は12回でした。

覇者は1/397.2です。千円15回転では約26,500円も初当たりに掛かる計算です。潜伏と4R通常も考慮すると実際はこの金額では収まりません。パチスロ攻略マガジンによれば、覇者の「初回電サポあり確変大当たり時の平均獲得玉数」は約7700個です。この過激なスペックでは初期投資がすごい金額になってしまうのもうなずけます。覇者は釘の構成上大当たり出玉が少なくならない機種の為、どうしても回転数(ヘソ入賞)が苦しくなってしまいます。

私は剛掌が大好きでしたが、覇者はさすがにサラリーマンの給料では時々しか打てません。覇者を毎日のように打ちこめる方は非常に稀です。完成度は素晴らしい機種なのでもったいないですね。

昨日の全国ランキング1位は覇者で12万発です。しかしその確率は宝くじ並みで、現実的に遭遇する出玉は一撃で2万発・3万発というのは珍しく、実際は長い連チャンが2回、3回重なって出ている事の方が大半です。4万発以上出た人に初当たりは何回あったのかを聞いたら、多くの人が複数回あったと答えるでしょう。しかし、普通の人は2万発も出ただけで満足でしょうから、時短終了後に再度1/397にチャレンジしようとはなかなか思えないと思います。

覇者の場合、現金投資から初当たりして、連チャン終了時短即ヤメまでの平均的な時間は概算ですが1時間50分位でしょうか? 6時間~8時間遊びたい人にとっては1/397の危険な橋を3回も4回もチャレンジしなくてはなりません。確率以下の400回転超え辺りから、続けようかやめようかと不安になってしまうのが普通の人です。


それに比べて、時短終了後に「次の初当たり」をついついチャレンジしてみたくなるのが大当たり確率1/200以下のライトタイプ。用語の定義が業界内でも曖昧なのでライトミドルと呼ぶ場合もあります。
甘デジは確かに遊べますが当たっても出玉が少ないのでどうしても2万発3万発の夢はちょっと非現実的です。
1/200前後の台は2~3箱もあればかなりの確率で初当たりを引き戻せる上、もしかしたら2000発大当たりが連チャンすれば更に4箱5箱と上乗せできる可能性を秘めています。

覇者で話したように、一見うらやましいような2万発3万発の人と言うのは何度か次の初当たりにチャレンジしている人が結構いるもので、その「大きな壁」を何度も乗り越えるのに、現実的にチャレンジしやすいのがライトタイプだと私は思っています。

MAXタイプの半分の投資しかかからず、甘デジの様な少ない出玉ではないので、1万発出るのも現実的な割合で発生し、2万発・3万発の夢もある。連チャンが終わっても、MAX・ミドルタイプのように時短抜け即ヤメをしなくても、何となく次の当たりも結構早い回転数で当たってしまう事が多い為、5~6箱持っている時は連チャン終了後も、「もう1~2箱打ったらまた初当たりを引けるかもしれない」というマイルドな期待感があります。

ギャンブル性を抑えていながら、現実的な「中勝ち」の夢がしっかり残っているライトタイプはこれからのパチンコの主軸になっていくと私は考えています。「次の当たりが早く」、「長く遊べて夢もある」。ライトタイプを良く知れば知るほどライトタイプのファンになってしまうと思います。
 

沖縄3

今日はバジリスクで出ず、パチンコに移動して沖縄3を初体験。

実はこの機種、セミナーで品川に行った際、横の建物で沖縄3の展示会が行われており、見ようと思っていたら、ゴト師が来店した連絡を店から受けて、急遽店に戻ってしまったために見る事が出来なかった台なのです。

それにしてもスペシャル魚群タイムはスゴイ。
まあ、AKBのリアルタイムクロック機能と同じですがすごいの一言です。

しかし、どうしてあれって素直に周りを見渡せないのでしょうか?
一回だけスペシャル魚群タイム中に全体をぐるっと見渡してみたのですが、周りの人も初体験の方が多数いるはずなのに、誰もが前を向いたまま キョロキョロせずに遊技を続行しています。日本人って恥ずかしがり屋なんですね。メーカーの策略に引っかかってないぞ俺は!とでも言いたいのでしょうか?

しかし1/358はやっぱりきついですね。右隣は1300回転、左は700回転、私も1000回転オーバー(883回転から遊技開始)。それでもハマっている感が無いのは可愛い魚のキャラのせい?

最近の海で一番気に入らないのは、同一絵柄枠内三つ停止のチャンス目の連続が嘘くさい事。
チャンス目が2回連続して、3回目に期待していると、上下に同一絵柄が出るのに、最後の中断は枠内を通り過ぎて左枠外に同一絵柄が停止するパターンが頻発します。「おっ!」と期待させておいて、実は3連続しないというガセ演出です。毎度毎度裏切られてちょっとイラっとします。

最近はその手の機種が多いですね。


パチンコ台の魅力 Part2

Part1で全国のランキングをお見せしました。
あれだけ見るとパチンコよりスロットの方が夢があるような気がしますがそうとも限りません。
パチンコにはパチンコの良さ、スロットにはスロットの良さがあります。

4号機のアラジンとミリオンゴッドを例にすると良く分かります。
4号機の爆裂最強機種はと聞かれたら、どうしてもアラジンとゴッドの名前が浮かんでしまいます。皆さんはどちらですか?
明らかに強烈な印象があるのはゴッドです。でも実際に7万枚以上クラスが多く出たのはアラジンです。何故なら非常に薄い確率ながら、スーパーアラジンチャンス5000ゲームの振り分けが存在するために、一度引いてしまえば朝から閉店までずっと止まらないからです。自動メダル補給の店では8万枚を超えた人もいます。あの超超低確率を朝一で引くのは一生打っても当選しそうにありませんが、そうは言っても全国のアラジンを打っていた人数で考えれば7万枚プレイヤーになった人が何人も出てもなんら不思議はありません。

ゴッドの場合はアラジンほどのロングATが無かったので、通常ゲームが連チャンの間に挟ってしまいます。だから驚くような差枚数ランキングとしてはアラジンの方が多かったのです。しかし、実際にあの頃打っていた方は体感していると思いますが明らかに1万枚2万枚が多いのはGODでしたよね。そういうプログラムになっているからです。

この話は今のARTにも同じことが言えます。万枚が出る機種が必ずしも一番荒っぽい機種かと言うと、そうとは言い切れません。
宝くじも1等金額は1000万円だけどその本数がたくさん入っているというタイプが売られることがありますがこれも同じです。スクラッチの宝くじなどは1等100万円なのでその本数は更に現実的な確率になっています。大勝ちを少なくすれば中勝ちが増える仕組みになっています。

そしてまた、同じようにパチンコとスロットの関係にもこれと同じことが言えるのです。
ART機やAT機のスロットは大勝ちタイプ、パチンコは小勝ち中勝ちが多いタイプです。
スロットのノーマルタイプはパチンコより更に確率的に安定しますが、設定があるので高設定を掴まないと安定して負けるという事になってしまいます。

パチンコは殆どの機種が単純な確変確率で連チャンする仕組みになっており、最近のART機のように故意に大勝ちする人を生み出すプログラムではないので、中勝ち・小勝ちの人を減らす必要がありません。そのため、日常的に中勝ち・小勝ちに遭遇するという事です。

夢の万枚を目指す人、夢は捨てて日常的な勝ち負けを楽しみたい人、人ぞれぞれです。
また、その日の気分でも、その時の所持金によっても自分に合った機種を選ぶことができます。
折角パチンコ店にパチンコとスロットと言う二つのゲームが許されているですから、そのゲーム内容をよく理解して遊べば楽しさは更に広がります。

つづく


 

パチンコ台の魅力 Part1

7月に入っても好調をキープしています。
お客様が増えれば増えた分だけ、一人一人の期待感は更に上昇しますので非常に良い傾向です。
6月より7月の期待感はかなりアップしています。


ところで皆さんはパチンコで10万発出したことありますか?
私は最高で95,379発出したことありますが10万発はありません。

またスロットで2万枚出したことありますか?
私は4号機ゴッドで22000枚がありますがそれ1回だけです。

ブログでも何度か紹介しているSISデータは全国のパチンコスロットの総台数459万台中の122万台(全国の26%の台数)が登録されている巨大なデータベースから情報公開されているという、他業種にはなかなか真似の出来ない驚異のデータなのです。

あんまり詳しく書くと大黒様に怒られますが、内容的にはダイコク電機の宣伝になっていますので、怒られない程度に書かせて頂きます。因みにダイコク電機さんのデータは本当に使い易くて便利です。

昨日(土曜日)の全国パチンコ最大MYランキングの上位5位は以下の通りです(端数切捨て)。MYとは簡単に言うと一番凹んだところから最も吹き上がった頂点までの玉数を表す指標です。

1位 12万発
2位 10万発
3位 10万発
4位 10万発
5位 10万発
パチンコ上位5位はMAXタイプです。
 

スロットの最大MYランキングの上位5位は

1位 25000枚
2位 24000枚
3位 23000枚
4位 23000枚
5位 23000枚
スロット上位5機種は設置台数も稼働も高い機種が独占しています。

パチンコで10万発以上出すには1/400という難関をパスしなければなりません。しかしスロットはMAXタイプの様に初期投資が掛かりませんので、遊んでいるうちにある日突然ロングART・ATがやってくると言う点が大きな違いです。

パチンコの魅力を語るつもりがスロット擁護の話になりつつありますが今日はこの辺で・・・


つづく
 

パチンコについて

今日はパチンコについて話します。 

ここで最初にお断りしておきたいのは今後ブログでパチンコの釘や回転数等について書く際、以下の事をご理解いただいた上でご覧くださるようお願い申し上げます。

パチンコ台の釘調整は違法行為であり、納品されてから釘1本触れる事はできません。これは保通協と呼ばれる検査機関の厳正な規準をパスした台と同じ釘の配置と角度で製造された台のみがホールに設置されることを許されている為です。お店が台の性能に関わる釘を調整する事は保通協の検査で認められた規準を故意に変更してしまう事になります。

その為、今後千円あたりの回転数等に触れているのは偶然そのような事が起きた場合やメーカーの製造過程ににおける誤差の許容範囲において個体差が生まれてしまう為に起こる現象と捉えて頂きますようお願い致します。


スロットの最高設定は出玉率で119%のような台が存在しますし、他機種においても最高設定は110%程度はある機種が多いですよね。だからスロットはホール内のどこかに確率上赤字になる台が存在していても何ら不思議はないと言うのがスロットの魅力ではないでしょうか。

しかし、パチンコにはそのような魅力的な台はほとんど存在しません。

スロットの出玉率110%とは25000枚IN=約8300プレイで2500枚の差メダルです。
パチンコ台は機種によって違いがありますが、2500枚と同等の玉が出る台は等価11時間実践で千円当たり25~28回転に相当します。

スロット出玉率115%なら25000枚IN=約8300プレイで3750枚の差メダルです。
パチンコなら等価11時間実践で千円当たり30回転以上回らないとここまで出ません。

しかし、ボーダー理論が浸透してきているパチンコにおいては、今や年配の方まで千円〇回転を数えるようになりました。千円で25~30回も回るような台は最初の千円が偶然18回しか回らない時があったとしても、2千円、3千円と追加していくと、それなりに回ってしまいます。言い換えれば、スロットの最高設定を数千円で見つけてしまったようなものです。

更に釘調整はやってはいけないのですから、ブログでご案内するのは台の特性や演出などについてしかお話ができません。今後パチンコの釘に関して、ブログ内で調整したことを臭わせるような内容は一切登場しませんのでご了承ください。


しかし、今後パチンコの稼働もどうしても上げていきたいので、ブログをご覧のみなさまが楽しめる内容を書いていきますのでパチンコファンの方、またスロットしかやらない方もご期待くださいませ。




 

甘海の15連

こんなコメントを頂きました。
「甘デジの海で保留連チャン15連チャン以上する体験をした方は珍しくないと思います。60%の連チャン率としても現実なにもないとあり得ないように思いますが~店長のご意見を是非 」

面白い質問ですね。こういうの結構好きです。
先ず甘海シリーズの最強連チャン機種は「
CRA新海物語Withアグネス・ラムSAG」ですかね?
この機種の大当たり確率は1/99.5で大当たり終了後6回転だけ10倍の確率1/9.95になります。地中海や白海などはST中1/8.975ですが5回転で終了なのでSAGの方が少しだけ上です。

先ずは15連チャンする可能性が何%の確率なのかを計算してみます。
質問には保留連チャンとありましたが多分ST中の事だと想像できますので
時短中の引き戻しは含めず、純粋にST6回転限定で計算します。

先ずは連チャン率の計算ですが、6回転以内に当たる確率はEXCELで簡単に計算できます。
「6回転目までに当たらない確率を1から引いたもの」です。

1回転目に当たらない確率=8.95/9.95
2回転目に当たらない確率=8.95/9.95
3回転目に当たらない確率=8.95/9.95
4回転目に当たらない確率=8.95/9.95
5回転目に当たらない確率=8.95/9.95
6回転目に当たらない確率=8.95/9.95
EXCELなら「=(8.95/9.95)^6」で計算できます。
これを全部掛けると52.966%です。52.966%の確率で6回転までに当たらない事になります。それを100%から引けば答えは
47.0337%。連チャンの計算は必ず最初の初当たりした時を対象に考えているので、47.0337%とは2連チャンする確率の事です。なんで当たる確率を直接計算せずに、当たらない確率を100%から引くのかは数学博士じゃないので知りません。○分の1の大当たり確率の台が○回転以内に当たる確率の計算はなぜかこうやります。理由は詳しい人に聞いてください。
EXCELには下の数式を入れれば47.0337%と出るはずです。
=1-(8.95/9.95)^6
^ ←このマークはPCのキーボードではひらがなの「へ」のキーにあります。○乗の事です。

連チャン率が分かったので3連チャン目はEXCELに「=(1-
(8.95/9.95)^6)^2」と入れれば出ます。3連チャンは初当たり+2回の連チャンだからです。確率マニアの方はこんなの常識かもしれませんが。
15連の場合は初当たりを含まずに14回ST中に当たった事を意味するので、「=(1-(8.95/9.95)^6)^14」です。
^6)^  ←こういう顔文字じゃないですよ。

15連する確率は0.002593%です。1÷
0.002593%=38,572 なので、早い話が38,572回の初当たりに1回しか遭遇しない貴重な体験です。
高稼働なお店で初当たりが平均20回もあったとして、それが20台設置されていて、30日で累計12000回の初当たりですから、15連チャンが出現する可能性は約3ヶ月に1回です。
因みに大海2の甘ならST5回なので、15連は265,000回の初当たりに1回です。

時短引き戻しは連チャンとしてデータランプに上がる店が多いので純粋15連チャンを確認するのは容易ではありません。これがもしST6回転限定で15連が頻繁に起きている店なら「やってます」。

上の計算で合ってますか?
詳しい方、間違ってたら訂正して下さい。

ブラボー10

ブログのプロフィールにあるセル盤画像を見た系列店の店長が「この台何?」、と。

この台は昭和59年頃にヒットした平和の「ブラボー10」。
今こうしてパチンコ店で働いているのもこの台に出会ったからと言っても過言ではないほどの思い出の台。
この台でどれだけ稼がせてもらったことか。

ブログの写真を何にしようかと考えて、Googleで探したら何とビックリ見つかりました!数年前にネットで探した時はもっと小さくて画質が粗かったのに、今は驚くほど鮮明な画像だったので驚きました。

bravo-10

今から28年も前に撮った画像がこんなにキレイなはずがない。
数年前にネットで「ブラボー10」を検索した時は昔の攻略法全盛の時代の事をまとめているサイトが見つかって、そのマニアな方がブラボー10の画像をアップしてくれていた。その画像が見つかっただけでも驚いていたのに・・・。オークションでもブラボー10を散々探してみたけどやっぱりどこにも無かった。
 

ところがこれだけ鮮明な画像をアップしてるんだから、絶対にこの人はこの台を持っている!と思って調べてみたら、やっぱり現存していました!
なんと同じ埼玉県の川口市にある歴代の名機で遊ばせてくれるゲームセンターの方がアップしていたようです。

「あれほどまでに探し続けたブラボー10が同じ埼玉にあったのかよぉ」とか思いながら、電話番号を調べてそのゲーセンに電話してみると、優しそうな方が出て、「今はありませんが1年前にレンタルで借りていたんです」と。
しかもどこがレンタルしてくれたのかもご丁寧に教えてくれました。ありがとうございます。

これまた驚いた事に岩槻市の会社。まさか同じ埼玉にあるとは!
夢にまで見たブラボー10が現存していた!高鳴る鼓動を抑えて、恐る恐る電話してみた。

頼むっ!「ある」と言ってくれ!壊れててもいい!あると言ってくれ!頼むぞっ!なんて思いながら電話すると、これまた丁寧な方が電話に出たので、

私:「すみません、川口のゲーセンの方から教えてもらったんですが、ブラボー10ってまだ扱ってますか・・・?」

意外にもアッサリ
男性A:「 あ り ま す よ 」。

(゚ロ゚;)エェッ!?

あんまり驚くと絶対に高く言われるから、思いっきり落ち着いて、それほど興味ありませんみたいな声で
私:「いくらですか?」

男性A:「今、外なのでホームページが見れないからいくらかわからないですけど、ホームページ見てもらえば値段が出てますよ」

すごい勢いでカチカチクリックして検索したら、ありました!ありました!

お値段たったの45,000円!!!

 

・・・って、高すぎません?
「でも欲しい、どうしても欲しい! カミさんに言ったらバカじゃないのって絶対言うだろうなぁ・・・。3日前の麻雀物語が5000枚くらい出てたら買ったのになぁ。」


というわけでyoutubeにアップしてくれていた動画をみてその気になっています。 




20000円なら買うのになぁ。
 
 
ギャラリー
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: