天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

スロット台

絆を語らせたら

久しぶりの友人と電話をしたら、「今度、酒でも飲んで絆の事で語らない?」と。

どうやら、夫婦でバジリスク絆に大ハマリしているらしい。ハマると言っても負けているハマリではなく、面白くてハマッているそうです。

それなら望む所です。


2014年1月に発売されたバジリスク絆。
稼働が良かったのは最初だけで、BC11回スルー天井を嫌ったファンは絆から離れて行きました。
その冬には全国平均アウトが7000枚まで低下。中古価格は35000円まで落ち込みました。

それまで私は社内で絆を絶対的に推していただけに、「でも中古相場は下がってるよね?」と批判的な意見に押され気味。それでも負けずに「絆は面白い!絶対にイケる!」と社内で豪語していましたが、私の株も中古相場と共に急降下・・・
それでも諦めずに安くなった絆を50000円で1台、35000円でまた1台と増台し続けて11台まで増台していきました。


しかし翌年の春頃からバジリスク絆の全国データに異変が…

その異変はファンタの絆の客層にも、近隣ホールの客層にも現れ始めました。

毎日のように絆を打っていた私はよく覚えています。
以前は若者ばかりだった絆コーナーに少しずつ女性ファンが増えている。サラリーマンも増えている。目押しも出来ないようなおじさんが増えている。

(カイジ2?)

カイジ2もそうだった。
目押し不要機はいつもそうだ。人気に陰りが出始めた頃から徐々に女性ファンや目押しが出来ないおじさんが安心して打ち始めるようになり、稼働が戻ってくる機種も多い。

目押し不要に加えて、バズーカ筐体の160mmウーファ―が生み出す重低音、メダルがサラサラ入るコイン投入口。

私が「この機種は絶対にいける」と考えた決定的な理由は「止め時がはっきりしない事」。その頃、気が付けば多くの人が朧BCを使う様になっていた。朧BCの次回モード示唆の月の確率が実に良くできている。

絆はBCスルー何回まで打っていいのか良く分からない。BC何回目から座ればいいのかも良く分からない。その人の考え方次第で、BCスルーが何回で落ちていようが誰かが座ってくれる。
BCスルー3回で落ちていても、BC4回か5回まで打ってやめると決めている人もいるし、BC5回なら天井まで打ち込むと考える人もいる。

赤頭BC確率の差により最低設定が使いにくい安心感。
2000枚出ただけで、満足感たっぷりの絆高確のループ。
MAX設定119%の魅力。
WILD EYESの感動。
赤文字の信頼度。
真瞳術の夢。
感動のエンディング。

絆を再評価する客層は徐々に増え続け、全国アウトは9,000枚まで上昇。
それとともに中古相場も再上昇に転じて7万円10万円を超え、あっという間に15万円に。ファンタが買った最後の11台目が15万円でした。

それ以降、12台目は二度と手の届かない金額まで上昇していきました。


今月のバジリスク絆の全国平均アウトは何枚だと思いますか?
先月発売されたばかりの新機種を除いたアウトランキングは堂々第1位。

なんと、アウト16,400枚です。

こんな機種見た事ありません。

一度7000枚まで低下した機種が16000枚にまで戻った機種は過去にあるのでしょうか?
私の記憶ではありません。

現在ファンタには4台の絆があります。7台は売却してこのパチンコ不況を乗り切ってきました。最も高く売れたのは230万円です。その7台の売却総額は1000万円を超えています。絆が無かったらどうなっていた事か。


こんな機種だからこそ、友人夫妻がハマるのも当然です。

友人と電話で絆の話で盛り上がり、最後は飲む約束までしました。

楽しみです。

パチンコ台が65kg?

よくぞ言ってくれました。

全日遊連から、日工組宛てへ要望書が提出されました。

『遊技機の重量及び筐体形状等の制限について(要望)』


要するに、「最近の遊技機は重すぎる。一定のルールを決めてくれ。」という要望書です。

遊技機の重量


仕事人Vが重すぎると思っていたら、CR牙狼GOLDSTORM翔は遊技球も含めると、なんと65kg以上。

納品時は屈強なトラックのドライバーさんなら荷台から下ろせるかもしれませんが、それでもさすがに65kgになったら屈強なドライバーも「これ本当にパチンコ台?」って萎えますよね。

あのねぇ、メーカーさん、中小ホールは自店のスタッフで入替作業やってんだから、65kgなんて普通のスタッフが持てるわけがないでしょ?
床に置かれている65kgの物を持ち上げるのは相当なパワーが必要ですよ。

設置マニュアルには「2人以上の人員で安全に配慮しながら・・・」と書かれているそうです。

滅多に新台購入しない当グループ店舗なので、それが2つに分かれてくるのかどうかは知りませんが、少なくとも島に設置した状態では65kgあるって事ですよね?

老朽化した島なら、島自体が傾いたり、台が外れてお客様側に倒れたりしないか心配です。
島が傾いたら、裏側の台の入賞にも影響が出るかもしれません。特に海物語のようにステージの傾斜でスタートが大きく変わる機種の場合が心配です。


メーカーさんが売りたい気持ちは分かります。
でも運搬したり、設置したりする人の事ももう少し考えて欲しいですね。
同じ計上で軽量化を図るとパチンコ台はぶっ叩くお客様がいる事から破損する恐れがあるので頑丈な部材がどうしても必要です。という事は小さくするしかありません。


このままではパチンコ店の求人募集には「65kg以上の台を持ち上げられる方大歓迎!」って書かれるようになっていくかもしれません。

誰も応募が来なくなりますよねw

早急な対策をお願いします。

BIG獲得枚数が200枚!?

来年2月の風適法規則改正でパチンコの大当り出玉の上限が2400個から1500個に引き下げられますがスロットはどうなるのでしょうか?

スロットは

【遊技メダル数の上限を480枚から300枚へと引き下げる】
と言う事になっています。

パチンコ1500個÷2400個=0.625(現行の62.5%の玉数が上限)
スロット 300枚÷ 480枚=0.625(現行の62.5%の玉数が上限)

どちらも現行の上限から62.5%の量に引き下げられます。

「なんだぁ、ジャグラーの様なAタイプは現在の300数十枚から数十枚分だけ下がるだけかぁ。良かったぁ~。」

ではありません。


【BIGの獲得枚数について】

現行規則の上限は480枚ですが、480枚とは投入したメダルを含まない枚数です。

最も多く獲得するには1枚BETで32ゲーム回し、全部15枚払出し小役が当選する状態です。

480枚

純増枚数は448枚が最高だということです。
デビルメイクライ3やハイパールーレットがそれです。

しかし勘違いしがちなのが、ジャグラー系や沖スロ系のAタイプです。
これらはBIG獲得枚数が360枚以下(純増約312枚~336枚)になっているため、480枚規制を自主的に余裕でクリアしている様に見えますがそうではありません。

現行規則の上限は480枚上限と360枚上限の2種類あり、それぞれBIG図柄の組み合わせ数に規定があります。

480枚上限の機種⇒6通りまで
360枚上限の機種⇒12通りまで


ジャグラー系や沖スロ系のAタイプ機種の最高獲得枚数は組み合わせ数の関係で360枚が上限です。
360枚上限の機種は純増枚数は336枚が最高です。

360枚

但し、主流のAタイプは合成確率を高めたい為に純増上限の336枚まで出さない仕様にしている機種が増えています。

=============

という事は・・・

規則改正で言われている「現行の480枚上限を300枚上限に引き下げる」と言うのは、480枚上限の機種の話であって、360枚上限の機種も同じ比率で上限を引き下げると言われているのと同じであると捉える事ができるわけです。

300枚÷480枚=0.625=62.5%
480枚上限機種はパチンコと同じく、現行の62.5%まで引き下げる計算です。

従って、現行の360枚上限の機種に62.5%を掛けると・・・

現行360枚上限×62.5%=225枚

投入枚数を含まない上限が225枚ですから、投入枚数を引いてみます。

225枚


純増は210枚になります。

480枚上限が300枚に引き下げられるのであれば、360枚上限の機種は210枚の純増枚数になるという事です。

ネット上で「Aタイプが約200枚位になるらしい」と書いてる人は恐らくこの事を計算したか、誰かが計算した結果を転記したのではないかと思われます。


但しこうなる可能性は非常に高いです。

ジャグラー系は組み合わせが多いのだから、デビルメイクライ3やシェイクⅡ等の機種より、リール図柄と当選ラインの関係からたくさん当たる様に表面上見えるわけで、射幸心を煽っていると言えば煽っています。初心者の人がボーナス図柄がたくさんある機種を見たら、当たりそうな気がしますからね。

現行360枚上限機種は480枚から300枚に引き下げられたのと同じ比率で225枚に引き下げられると考えて間違いないと言えます。

確率の収束

ネットでスロットの情報を見ていると、確率の収束について間違って理解してる人が非常に多いですね。

確率の収束とは試行回数を増やして行くと、どんどん確率通りに近づいて行く事を言います。

例えば設定3で出玉率(機械割)100%の台があるとします。
この台をアウト枚数(IN枚数)1万枚打った時の差枚数期待値は±0枚になるはずです。
しかし実際には+1000枚出るかもしれませんし、▲1000枚になるかもしれません。

では▲1000枚になった台はその後確率上どうなると考えられるのか?
答えは「▲1000枚のまま」なのですが、どうしてもこれが理解できない方が多く、「それなら収束するって言わないじゃん」と思っている様です。

設定担当者の中にも同じ事を考えている人が未だに多くいるのです。

勘違いしている人のほとんどの方に共通しているのが、「▲1000枚になった台はいつか+1000枚の力が働く」と思っている事です。


私はいつもそう言う人に「確率の収束とは枚数が収束するのではなく、確率(出玉率)が収束する」と説明します。

1万枚アウトで▲1000枚になった台は出玉率90%です。

この台(出玉率100%の設定の台)をこの後1万プレイ回そうが3万プレイ回そうが、出玉率が100%なのですから期待獲得枚数は±0枚です。
しかし注意しなくてはならないのが、期待獲得枚数±0枚とは既に▲1000枚になった後からのプレイが±0枚なのであって、最初に負けてしまっている▲1000枚はそのままです。実戦ではその▲1000枚が元に戻る事もあるし、+1000枚になる事もありますが、確率上は一度ハマってしまった▲1000枚はずっとそのままです。追加で回した3万プレイの分の差枚数が±0枚だという事です。


確率の収束は計算してみればわかります。

3万プレイ×3枚掛け=90,000枚の投入です。
最初のアウト10,000枚+追加で回したアウト90,000枚=合計アウト100,000枚
最初に負けていた▲1000枚はそのままですから、

99,000枚÷100,000枚×100
=出玉率99.00%

ほら、追加で3万プレイ回したら収束に向かいましたよね?
1万枚アウト時点の出玉率は90%になっていましたが、追加3万プレイ(アウト90,000枚)が終わった時点の出玉率は99.00%にまで上がっています。

自分で▲1000枚も負けると2万円ですから大きく感じますが、合計10万枚もの大量のメダル投入枚数に対しての▲1000枚など、たったの100分の1だという事です。



これが万枚出た台だと思って下さい。

設定1で+1万枚が出てしまうと、確率の収束なんかもう関係なさそうに思えますが、アウト枚数がどんどん増えて行くと、所詮+1万枚など大した枚数ではないのです。

一般的なお店のスロットの1台のアウトは一日1万枚位はあります。繁盛店ならアウト2万枚ある店もあります。
仮に一日1万枚アウトで365日営業すると、年間アウトは365万枚です。
万枚がある日出たとしても、
1万枚÷365万枚×100
=0.27%
365万枚という途方もない枚数に比べれば差枚の+1万枚など、たったの0.27%でしかありません。

この台が3年設置されていれば、0.27%の3分の1に相当する0.09%でしかなくなっていきます。3年間で見れば差枚の万枚は0.09%の誤差でしかありません。

万枚出る事もあればその反対だって起こります。それを何度も繰り返している内に、次第に確率通りになって行く。それが確率の収束です。

『枚数が収束するのではなく、確率(%)が収束していく』のです。


仮に300分の1の確率の台を分母の10倍である3,000回転回すと
確率通りなら10回当たります。
確率通りの10回の大当りに対して±10%の誤算の範囲は大当り9回~11回です。
9回~11回になる確率は36.45%です。

分母の100倍である30,000回転回すと、
確率通りなら100回当たります。
その±10%以内の誤差の範囲は90回~110回です。
90回~110回になる確率は70.73%です。

分母の1000倍である300,000回転回すと、
確率通りなら1000回当たります。
その±10%以内の誤差の範囲は900回~1100回です。
900回~1100回になる確率は99.85%です。

分母の10倍⇒100倍⇒1000倍と試行回数を増やして行くと、±10%以内の誤差の範囲内になる確率が36.45%⇒70.73%⇒99.85%とどんどん精度が高くなって行きます。


例えば30,000回転回して100回当たるはずが、80回になってしまう確率は193人に1人です。

しかし300,000回転回して1000回当たるはずが800回になってしまう確率は1622億人に1人です。900回でも13500人に1人です。

試行回数が増えて行くと確率はどんどん収束していきます。

パチンコの場合なら一日2000回転として、スロットの場合なら5000プレイとして、一年365日で考えるとパチンコなら730,000回転、スロットなら1,825,000回転は回っていますから、99.85%よりもっと確率が収束します。


まとめます。
①確率より多く出た分はそのままラッキー。出なかった分はアンラッキーのまま。
②確率上より出過ぎたら、その分だけ出なくなる力が働くわけではない。
③出過ぎた分も出なすぎた分も膨大な試行回数に比べれば確率通りの範疇でしかない。
④1000枚や一万枚程度の誤差は1年~3年の総アウト枚数に比べれば大した枚数ではない。
⑤収束するのは枚数や玉数ではなくて、確率(%)が収束するという意味。

以上です。

設定が1段階!?

ハイパーリノ(山佐)は設定が1段階。

Hrino


全国データを見ると出率は98.2%となっている。
なぜこんな機種を発売してきたのか私も分かりません。

山佐はそれなりに色々考えて開発してくるメーカーですから、成功する根拠もなく1段階にしたとは思えません。もしかしたら成功を目的にしたのではなくて、何かを試したかったのではないかと思えるのです。

設定1段階になった事でハッキリ言えるのは、高設定に座れる楽しみが絶対に無い事です。
完璧目押しで出率が100%を超えると言われていますが、本当に出来る人がいるのかどうかは実際に打っていないのでその難易度がどれほどなのかはよく分かりません。

もう一つ言えるのは等価以外の店では打つ意味が無い事です。
どう考えても等価の店で打った方がいいですもんね。

山佐さんがどうしてこんな事をしてきたのかその理由を聞いてみたいですね。


こんな事もある

先月スーパーミラクルジャグラーで、こんなスランプグラフの台がありました。

IMG_1654


一気に出た後、夕方からモミモミ状態に入り苦戦したようですね。



その時の特賞履歴がこちらです。
↓(MYとはメダル枚数の事です)


NO 特賞 発生時刻 ゲーム MY
RB 10:04 31
1 BB 10:14 135 311
2 BB 10:30 174 352
RB 10:47 216
3 BB 10:51 48 390
4 BB 10:54 2 701
RB 11:08 142
RB 11:11 30
5 BB 11:19 100 815
6 BB 11:36 203 894
7 BB 11:39 14 1180
8 BB 11:43 33 1423
9 BB 11:51 65 1660
RB 11:54 11
10 BB 12:02 102 1878
11 BB 12:08 46 2120
12 BB 12:16 66 2314
13 BB 12:18 9 2612
14 BB 12:28 103 2772
15 BB 12:37 101 2971
RB 12:51 52
16 BB 12:53 8 3356
17 BB 13:03 100 3561
18 BB 13:11 58 3794
RB 13:20 41
RB 13:22 19
RB 13:31 99
19 BB 13:34 33 4098
20 BB 13:43 89 4316
RB 13:55 112
RB 14:06 123
RB 14:08 18
21 BB 14:10 21 4516
22 BB 14:14 9 4805
RB 14:39 232
RB 14:41 5
23 BB 14:42 2 5008
24 BB 14:46 28 5268
25 BB 15:04 171 5365
26 BB 15:20 189 5459
27 BB 15:22 10 5763
28 BB 15:30 59 5949
29 BB 15:39 89 6128
RB 15:47 68
30 BB 16:27 494 5850
31 BB 16:41 128 5965
RB 16:55 167
RB 17:26 303
RB 17:27 8
32 BB 17:50 274 5483
33 BB 18:09 128 5626
34 BB 18:31 253 5591
RB 18:35 33
35 BB 18:41 77 5869
36 BB 19:04 278 5827
RB 19:09 41
RB 19:13 48
RB 19:17 49
37 BB 19:21 40 6212
38 BB 19:56 390 6060
RB 20:02 59
RB 20:05 37
39 BB 20:08 20 6437
RB 20:29 260
40 BB 20:42 163 6162
RB 20:47 43
41 BB 20:57 123 6331
42 BB 21:03 66 6524
43 BB 21:16 124 6655
44 BB 21:33 195 6695
RB 21:51 192
45 BB 21:58 101 6675
46 BB 22:35 453 6342
RB 22:39 32
RB 22:40 5
128




特賞履歴を見ると、15:39のBIGで既に6128枚に達しています。

なんと15:39のBIGは29回目のBIG!

しかしこの29回を最後に苦しい展開になってしまったようです。

29回?

どっかで聞いたような・・・

藤井聡太4段も29連勝で途切れてしまいましたね。



私の記憶では9時OPENの栃木県で16時の時点で6000枚OVERしている台を見た事はありますが、埼玉県で15:39の時点で6000枚を超えたジャグラーを見たのは初めてです。

10時OPENの埼玉県では16時の時点でOPENから6時間が経過しています。
閉店時刻が22:45の平均的な店なら、16時から閉店までは6時間45分あるわけで、16時の時点で5000枚でも充分万枚の可能性があります。

それだけに15:39の時点で6100枚に到達する台は非常~~に稀だと思われます。

15:39時点のプレイ数は3198ゲームでした。

スーパーミラクルジャグラーに於いて、3198ゲームでBIGを29回引く確率とは何分の1なのでしょうか?


例のEXCELの数式
=BINOMDIST(X,n,p,FALSE)
を使って計算してみました。

設定1だった場合

設定1

3198ゲームでBIG29回を引く確率は設定1の場合、208,824分の1の確率です。
設定1に約20万日座った内の1回です。



設定6だった場合はどうでしょうか?

設定6

7398分の1です。

設定6でも3198ゲームでBIGを29回引くのは7千日に一回しかありません。
これは驚異的な運です。



いい事ばかり話していると射幸性を煽っていると言われかねませんので、この辺で反対のコワ~イ話もさせて頂きます。


もう一度表をご覧ください。
設定6の場合の表です。

設定6-2

設定6に2396回座った時の1回は3198ゲームを回してBIGが3回しか引けない事もあるという事です。運によって結果はこんなにも大きく左右されます。


設定1の場合の表もご覧ください

設定1-2

設定1を打った時の7413回に1回は3198ゲーム回してBIGが1回だけしか引けない事があるのです。

運が良い人もいれば、その反対の人もいる。
いい事ばかりではないのがパチンコスロットなんですね。

ご遊技は楽しくほどほどに。


常時人気の記事

このブログをアクセス解析すると、人気記事として常時アクセス数の上位ランキングに入っているのが、バジリスク絆の絆高確の仕組みについて、その1~その3に分けて詳細を書いた3つの記事です。


試しにGoogleで「絆高確 仕組み」と検索すると、本日現在も3位まで独占状態です。

無題


この3つの記事を書くのに、かなりの時間を要したのですが、やはり内容が濃ければ読んでくれる方も多い事が判ります。

バジリスク絆の絆高確の仕組みはわかりづらい為に、多くの方が曖昧なまま遊技されていると思います。私自身もずっとその不満を抱えながら打っていたので詳細を調べて記事にまとめたのです。

実際に私も自分で打つ時にこの記事を見ていますw

絆を時々打っている方は是非ともご活用ください。

絆高確の仕組み その1~その3



ジャグラーのブドウ判別 Part3

昨日まではプレイ数別の設定判別信頼度の話をしました。
では、ブドウを偶然引き過ぎてしまう様に、他の役を引き勝ったり引き負けたりした場合はどうなってしまうのでしょうか?


ここからが本題です。

一般的なアイム系のブドウ判別は下の確率で計算しているはずです。

ブドウだけ確率

しかし、ここで重要なのが、実はハズレの確率です。

なぜなら、設定5以下のブドウ確率と設定6のブドウ確率の差は、8割方「ハズレ確率の差」と言えるからです。

これが全役の確率表です
〇〇分の1という表現だとわかりづらいので、%に直しています。

全役%表


良~~く見ると判りますが、ブドウ以外の役で設定差が大きいのはハズレの確率です。
チェリーと単独ボーナスにも差がありますが、ハズレの設定差には及びません。

チェリーとボーナスの重複当選はチェリー狙いをしていればチェリー出現時にGOGOランプが光るのでチェリーとしてカウントします。


(設定1と設定6の確率差)

ハズレ確率の差は
(設定1)67.334%-(設定6)66.385%=0.949%

チェリーの差は
(設定1)2.979%-(設定6)3.028%=▲0.049%

単独ボーナスの差は
(設定1)0.397%-(設定6)0.525%=▲0.128%

ブドウの差は
(設定1)15.408%-(設定6)16.181%=▲0.773%

電卓でチェリーの差+単独ボーナスの差+ブドウの差を足してみて下さい。
▲0.049%+▲0.128%+▲0.773%=▲0.949%

当たり前ですが、ハズレの差の0.949%と全く同じです。チェリーも、単独ボーナスも、ブドウも、設定6の方が確率が高い。その高くなった分だけ、ハズレ確率が削られている事になります。

そして、ハズレの差0.949%に対して、ブドウ差は0.773%ですから、
0.773%÷0.949%=81.45%
ハズレ確率の差はブドウ確率の差が約8割も占めている事になります。


出現回数で見るともっと現実的で分かり易くなります。

設定1と設定6をそれぞれ4000P回した時の設定差のある役の出現回数は

(ハズレ)
設定1=2693回
設定6=2655回
その差=▲38回


(ブドウ)
設定1=616回
設定6=647回
その差=31回
※ハズレの差38回の内、31回がブドウ回数の差です。

(チェリー)
設定1=119回
設定6=121回
その差=2回

(単独ボーナス合成)
設定1=16回
設定6=21回
その差=5回


ここまで説明すればもうお気づきだと思いますが、一般的に行われているブドウ出現率を使った設定判別はブドウとハズレの確率差を利用した設定判別法であって、ブドウとハズレ以外の役が出た時のプレイ数は除外して、「ブドウとハズレのプレイ数だけを分母」として、「ブドウが何回揃ったのか」を計算する方が精度が上がるのです。

全設定共通で1/7.30で出現するリプレイを何度引こうが、設定差が無いのだから、リプレイを引いたプレイ数は設定判別していない事と同じです。
 
リプレイを確率以上にたくさん引き当てた人はその分、他の役を引くチャンスを失った事になり、反対にリプレイを引き負けた人は、他の役の抽選を予定以上に多く抽選した事になります。極端に言えば、プレイスタート直後から100プレイ連続でリプレイが揃ってしまったらブドウは一度も出なくて当たり前であり、100P終了時点では設定判別を全くやっていない事になるという事です。


実戦上で一番厄介なのはこのリプレイです。
二項分布の計算を使えば、リプレイを引き負ける確率も計算できます。

4000P回した時点で揃うリプレイの回数は平均548回です。548回のリプレイに対して、リプレイが引けずに仮に26回少なかったとします。ブドウ確率は設定5以下で1/6.49ですから、26プレイ÷6.49=4.01回。ブドウの出現回数が4回増えるのが普通です。リプレイが26回以上少なくなってしまう確率は12.05%です。約8.3回に一回はそういう現象が起きるという事です。

実戦ではリプレイとブドウが頻出するので、どちらも数えるのは大変です。ブドウよりリプレイの方が出現回数は少ないので、一番出る方のブドウは頭で数え、リプレイはカチカチ君でカウント、ブドウのカウントが頭に10個貯まったら一気にカチカチ君でプラス10個をカウントします。

計算手順としては
①総プレイ数を調べる
②データランプから重複ボーナスの回数を引いて単独ボーナス数を計算する
③単独ボーナス+チェリー+リプレイ+ベル・ピエロ(ベルピエロは期待回数で良い)の出現回数を合計する(
データランプのBR合計回数から重複当選回数だけ引けば単独フラグ成立回数が計算できる)。
④ボーナスを揃えるのに掛かったプレイ数も引く(1枚掛けは累積3回でデータランプに1プレイ上がる)。
⑤総プレイ数から②③④のプレイ数を引く⇒ハズレとブドウのプレイ数
⑥ブドウ回数÷(ハズレとブドウのプレイ数)を計算する

※スマホでこの記事を読むと、スマホの表示次第では、⑥の「÷(割る)」が「+(プラス)」に見える場合があるので注意してください。


上記の計算結果を次の表と照らし合わせます。


NEWブドウ判別表


要するに、ブドウとハズレの比率を計算するのですから、この他にも「ハズレ回数÷ブドウ回数」で計算したり、「ブドウ回数÷ハズレ回数」で計算する事もできます。


マイジャグ系も他のジャグラーシリーズも考え方は同じです。
EXCELで計算すればあっという間に答えが出ます。


以上、アイム系のブドウ設定判別でした。

終わり


パチンコ・パチスロランキング

ジャグラーのブドウ判別 Part2

昨日はアイム系を4000P打った時のブドウ出現確率について書きました。

ブドウ回数2
 


これを2000プレイしか数えなかった時はどうなるのでしょうか?

2000Pブドウ回数
(ブドウ回数は四捨五入)

設定5以下なら308回。
設定6なら324回です。

ブドウ回数別の遭遇確率は

2000Pブドウ確率

もう一度4000P時の表と見比べて下さい。

ブドウ回数2


設定5以下に座っている時に、設定6のブドウ回数以上出てしまう確率が
4000Pの時9.38%だったのに対して、2000P時は17.09%と7.7%近く上がっています。

言い換えれば、『設定5以下に座ってブドウをカウントした場合、約11回に一回(9.38%)の割合で設定6と勘違いする時があったが、2000Pしかカウントしないと、設定6と勘違いする可能性が約6回に一回(17.09%)に上昇する』という事です。

2000P 時の設定6のブドウ回数が324回の為、仮に実戦で320回位なら「恐らく設定6じゃないか?」と考えてしまいがちです。それも合わせると、もう少し勘違いの確率は上がります。


それでは6000P、8000P カウントした場合はどうでしょうか?

6000Pブドウ回数

6000P回数

6000Pブドウ確率

6000P確率



8000Pブドウ回数

8000P回数


8000Pブドウ確率

8000P確率



今までの表を2000P⇒4000P⇒6000P⇒8000Pの順に綺麗に並べると重要な事に気が付きます。どのプレイの時にも約50%になる部分です。

赤く着色した部分がそれです。


全プレイ集計


赤の部分で言えるのは、

⇒ 設定5以下に座っている時は、設定5以下のブドウ回数以下 になる時が2回に1回はある。
⇒ 設定6以上に座っている時は、設定6以上のブドウ回数以上になる時が2回に1回はある。

この事はプレイ数が変化しようが、いつもほぼ変わらないのです。


違う言い方をすると、
⇒ 設定5以下の時は設定6以上のブドウ回数にはなかなかならず、頻繁に設定5以下の回数に遭遇する。
⇒ 設定6の時は設定5以下のブドウ回数にはなかなかならず、頻繁に設定6以上の回数に遭遇する。


2000P位数えて、ボーナスを運よく確率以上に引き当てると、「もうカウントは終わり。多分高設定だろう。」・・・これではまだ本当の高設定を見抜く事はできません。


終わり


・・・と言いたい所ですが、実はブドウ判別は本当はこれだけでは語れないのです。


つづく
 

パチンコ・パチスロランキング

ジャグラーのブドウ判別 Part1

スロッターの多くの方が知っている、ジャグラーの設定判別要素『ブドウ確率』。
私の知る限りで、「ブドウ確率判別は本当に当たるのか?」について、徹底解説したいと思います。
この話はかなりコアなファンへの内容ですので、ライトユーザーの方は飛ばして下さい。


アイムジャグラー系でお話しします。
アイム系の小役確率は全機種同じです。

ジャグラー小役確率


カチカチ君を使ってブドウ判別をやっている人たちは本当に見抜けているのでしょうか?

先ずは何プレイまで数えればいいのか?
今まで私が聞いた話では、2000プレイから3000プレイ位まで数えるという人が多く、4000プレイ以上になると、ほとんどの人がカウントをやめてしまうようです。
5000プレイ以上まで数える人に聞くと、「5000プレイも数えると既にボーナスの当選率で既に結果が見えてきているので、自分の台が設定5なのか設定6なのかを知りたいだけ」と答える人が多くなります。

ある店のジャグラーの隠れイベントを夜に見に行って観察しても、5000プレイ以上カチカチ君をやっている人は滅多にいません。多分本人も疲れるんでしょうね。だって、既に2000枚も3000枚も持っていれば、普通ならボーナス確率で高設定と半分思いこんでいるからです。


それではアイム系を4000P、ブドウをカウントした時の話しです。

(4000Pブドウ期待回数)
※ブドウ回数の小数点は四捨五入しています。

ブドウ4000プレイ

設定5以下なら616回、設定6だけ647回です。もちろん平均値ですから、実戦では、バラバラです。

616回より少なければ「低設定だろうなぁ」と思うでしょうし、
647回より多ければ「これは高設定だ!」と思うでしょう。

616回と647回の中間に当たるのは631.5回。中間の631回前後なら、低設定と高設定のどちらに近いのかを考えながら打っているはずです。


ここで役に立つのが、以前にもブログで書いた、EXCELを使った二項分布の計算です。
=BINOMDIST(X,n,p,FALSE)
詳しくはコチラ↓
確率って面白い

この計算式を使えば、色々なケースを正確に確率計算できます。
その結果がこちら


ブドウ回数2


設定5以下を打ってる時に、4000Pブドウを数えて、設定6の647回以上になる可能性はたったの9.38%です。
設定6に座っていた場合は647回以上になる可能性が51.09%と、2回に一回は647回以上に遭遇します。
逆に616回以下の時は設定5以下なら50.49%もあり、設定6では9.28%しかありません。
647回以上出た場合は出玉がモミモミ(高設定っぽくなさそう)でも粘った方が良さそうですね。

ここで重要なのは、617回~646回の区間に当てはまった場合にどうするのかですよね。その場合はやはり引き続き数え続けるしかありません。と言うより、数えれば数える程、精度が増すのは間違いありません。


では2000プレイしか数えないで止めてしまうとどうなるのか?

続きは明日。


パチンコ・パチスロランキング

中古機相場大暴騰中!

スロットの中古相場が大変な事になっています。


沖ドキを筆頭に、実績を残してきた旧基準機の相場が大暴騰しています。

その兆候は既に年末に現れていました。

「新基準機に該当しない遊技機の設置比率規制=50%以下」をクリアしてる店舗は今年の12月1日までに設置比率を30%にすればいいので、何も焦って45%⇒40%にする必要はないと考えて、旧基準機を買い漁る行動に出ています。

悪質な中古業者は利ザヤを狙って受注していない中古機を買い占めているとも言われています。


本日現在の相場(昨日の夜に更新された価格)は次の通りです。
※本日も夜に更新されますが、今日一日で更に大暴騰している機種もあります。



 沖ドキ
2,843,743円

沖ドキ




ファンキージャグラー
1,652,727円

ファンキー


そして年明け早々に上が


ミリオンゴッド神々の凱旋
369,560円

凱旋


バーサス
320,000円

バーサス



みどりのマキバオー
198,419円

緑のマキバオー


やじきた
196,384円

やじきた


サラリーマン番長
157,118円

番長


これ、株だったら大儲けです。

驚きは、みどりのマキバオーの様な機種まで暴騰している事です。

凱旋は既に本日の取引で50万円台の取引が行われています。

これは異常事態です。

まだ50%を切っていないお店や、お金の無いホールはこの機会にお金持ちホールに売ってしまいましょう!

旧基準機がまだ売れる

モンキーターンⅡの中古相場が上がっています。

p7317_1



monki-ta-nn2

本日現在189,144円。

この台、検定年月日が今年の3月まであります。

昨年問題になった新基準機に該当しないスロットの設置比率は
・昨年12月1日に50%以下
・今年12月1日に30%以下
というルールです。

50%以下をクリアしている店舗は新基準機を次々に導入している内に、50%以下どころか49%⇒48%⇒47%・・・と猛スピードで下がってきています。
「おいおい、今年の12月1日までに30%以下にするのなんて余裕だから、何もそんなに急いで新基準機を増やさなくてもいいんじゃないのか?」と考える様になります。

旧基準機は50%規制の範囲内なら使えるわけですから、まだ検定が残っている旧基準機を今さらながら買おうとするホールが多数ある為に、検定が残っている機種の中古相場が上がる事になります。


しかしこのモンキーターンⅡはファンタでは既に撤去されています。稼働が全然無かったからです。
3台も倉庫に眠っています。18万円もするのですから、どう考えても売った方がいい。

相澤店長は「もっと上がれ、もっと上がれ」と楽しみに中古機相場を見ています。

もう少し冷静に相場を見ながら、高値のピーク辺りで売ってしまいましょう。

バジリスク3実戦報告

12月3日にバジリスク3を初打ちして以来、仕事に追われて一度もパチンコ店に行けず、昨日久しぶりにバジ3を打ちにホールへ。

その店に先日行ってきた役員が、『あの店は入口から入って直ぐ見える台に高設定を入れている』と言っていたので観察してみると、確かにその傾向がある。

一番見えやすい角のバジ3が空き台。
データを見ると昨日は最高設定のようなグラフ。

そして今日も据え置きと思わせるグラフを描いて、2000枚抜かれて空き台になっていたようだ。

これはチャンス。

早速角番に座って千円投資するやいなや、チャンスベルからいきなりBCに当選!

私のバジ愛がバジ3にも通じてます。

その後BCが連発して、最初に掴んだ争忍チャレンジは一発でBT当選し4連終了。
次の争忍チャレンジもまたまた一発でBT当選し、順調な滑り出し。





そして、、、

開始50分で



あいつが!




あのねぇ、本当か知らないけど今の所PBCは1/32768って言われてるんだから、まだ通算1500ゲームしか打たないで、これ出ます?


フリーズじゃなかったけど、かなり嬉しいです。

PBC中は瞳術揃い確率がアップすると聞いてたけど、、、


3つ乗りました。

確か絆の時は初日フリーズだったよな?

やっぱりバジ愛がスロ神様に届いてるんだろうなぁ。

PBCの期待獲得枚数はまだ知らないけど、順調に1800枚を超えた頃....


争忍の天膳バトルで弦之助が天膳に勝ったのに、なぜか天膳が生き返る復活演出が、、、

何だこれ?


『鬼哭啾々』

...!?


こっ、これは、確か絆で言う無想一閃って雑誌に書いてあった!

天膳撃破で真瞳術が確定する、悶絶ゾーン!


絆の無想一閃の過去成績は絶好調で、直近では、なんと無想一閃5回連続真瞳術に当選しています。



確か、鬼哭啾々もベル揃いの一部かレア役で当選とか、どこかで読んだなぁ。


まずは最初のベル揃い。




すると、PUSHボタンが...


まさかぁーw



最初のベルで当選するわけないよねぇーw





チュどぉーーーん!!


天照大御神様、ご無沙汰しておりました
(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


もう私の所には来てくれないと思っておりました。
お空の向こうで見守っていて下さったんですね。

贅沢は申しません。1つでも上乗せして頂ければ充分でございます。
何しろ千円ですから。






あと2〜3個くれませんか...



この時点で1800枚だったのですが


結果、エンディングまで行きまして、最終的にこの様な結果に。

3034枚。
新基準機としては上出来です。


感想

これだけ出れば面白い。
でも、気になったのが多くの人が言ってる『争忍中のバトルが自力継続と言っておきながら、若干嘘くさい所』です。
解析が進まないと本当に自力が大きく左右しているのかわかりません。ここは課題です。

それとこれ↓

準備中が長い。
これも非常に気になります。

以上、バジ3実戦報告でした。




バジⅢ打ってきました

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III、やっと打てました。


BlogPaint

そもそも一回打っただけとか、丸一日打った程度でその機種が面白いかどうかを判断する事などできないのですが、 メーカーはその最初の初打ちから数回打つまでの間にファンを確保できるよう努力しなくてはなりません。「噛めば噛むほど後から味が出ます」って言われても、「口に入れたと同時に美味しい」の方をファンもホールも望んでいますから。

先ず打ち始めて最初に思ったのが巻き物の音。絆の方が上です。
次に強チェ。バジⅡの方が上です。
絆の巻き物はバジⅡの巻き物と比べて期待感がアップしましたが、バジⅢになって再度巻き物の期待感は強チェに抜かされたって事でしょうか?
それならそれで強チェ揃いのサウンドをもっと豪華にして欲しかったですね。


4千円でBT当選しました。

IMG_0011


出玉が遅い。でもこれは仕方がない。

残念だったのが、BT中のミニキャラ演出です。天膳バトルまでミニキャラって…


CZすら遠くなったと言われるバジⅢですが、私としてはこれは有りかなと思います。
小役揃いから煽りが入って、発展してCZ当選。絆のBC当選の様にレア役出現から数ゲームで結果が分かるのに慣れてしまったファンからすれば「バジⅢは煽るだけ煽ってCZすら当たらない」と思うかもしれませんが、多分これは慣れてしまえば「楽しめる時間が多くなった」と理解してもらえると思いました。
但し、内部的にCZ当選の場合と非当選の時の演出の違いがバレバレだった場合は騙そうとしている感が大きくなります。過去のバジリスクシリーズは高期待度演出は期待を裏切らない事でファンの信用を勝ち取って来たのでバジⅢもそうであって欲しいと思います。
過去に演出の信頼度をどんどん低下させて失敗している機種は多く、それをグッと耐えられるかがバジⅢに求められます。解析が今後出て来れば開発スタッフがどこまで作り込んできたのかも徐々に分かってきます。


全国データを見ると、メーカー発表の各設定毎の出玉率と実績データとの差がどの設定もほぼ±0.1%以内と正確な出玉率になっています。設定5だけ0.9%実績データが低くなっているのですが、これは閉店強制終了の影響ではないかと思います。設定5はロングARTが多いという事を表しているのでしょうかね?


注目したいのは全国データの高設定の投入比率です。
詳細を書いては大黒様に叱られますので書けませんが、設定6の投入比率が私が想像していたよりあまりにも低い。ファンが聞いたらがっかりするレベルです。30台に一台?いえいえ、そんなものではありません。
恐らく、絆の119%のイメージが強い事もあるでしょうし、ここ数ヶ月間撤去台で入れ替え需要が急増し、最新台ばかり入れたホールは苦しいのだと思います。
12月に入ってパチンコのMAX台撤去も終わりになりますし、スロットの50%規制も終わりました。これから少しずつホールも楽になってきます。市場規模が縮小しなければの話ですが・・・

そうなれば高設定の投入比率は増えて行くでしょうね。


バジⅢの解析情報公開を楽しみにしています。

バジⅢ 埼玉は明日解禁

明日ついにバジリスクⅢが登場ですかぁ。

県や地域によってはもう今日から打てる所もありますが、埼玉県は基本的には明日が解禁日です。

baji4


近辺の大型店が確実に導入してきますから、しばらくの間我慢の日々が続きます。

私も早速打ってきたいと思いますが、空き台は恐らく全然出ていない台ですから、最初の4~5日間は良い台には簡単に座れないと思っておきます。

スペック的には絆を超える事は出来ないので、絆よりヒットするとは思えませんが、バジリスクファンの私としては少なからず大きな期待を寄せています。

最新台は解析がまだ出ていないので、自分なりに高設定の特徴を勝手に推測して打つのも楽しみの一つです。

白BAR揃いの恩恵等がまだ発表されていないのでそこも気になる所です。

ユニバのバジⅢ特設サイトには早速「十の伝令」というコーナーが出ており、そこにはなにやら演出の怪しげな説明がありますので、その辺が先ずは初打ちのポイントになりそうですね。


初打ちした皆様のご感想をお教えください。
 

SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ

昨日都内で行われたのがこちら↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Amusement Japan Express Vol.994/16年10月25日(火)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇ユニバーサルエンターテインメント:『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』プレス発表会

25日都内で開催。純増約1.7枚/GのA+ART機。ゲームフローは『絆』よりも『Ⅱ』に近いが、周期抽選によるCZなど新機軸を多数搭載した。ART「バジリスクタイム」中の「争忍の刻」は、毎ゲーム成立役で攻撃抽選を行う自力バトル。バトルに勝利(決着)後天膳が復活する場合があり、撃破すれば真瞳術チャンスに突入する。

baji4





これまでバジリスクはことごとく当たってます。

■初代 バジリスク甲賀忍法帖

baji1


■バジリスク~甲賀忍法帖~II

baji2


■バジリスク~甲賀忍法帖~絆
(敢えて赤パネル)

baji3


そして今回が第4作目となる
■SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III

baji4

4作目なのに「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~III」

という事は「絆」は特別な存在だったという事でしょうかね。

ホール関係者は絆の中古相場に驚愕していますから、このⅢには大きな期待を寄せています。



導入は11月28日からの予定。

全国の他のホールにて。

どこまで上がれば気が済むのでしょうか

バジリスク絆の中古相場が現在1,668,088円まで高騰しています。

20


いくらなんでも高過ぎる。

現在絆だけに限らずユニバの機種は書類発給まで3ヶ月かかると言われています。
実際に当店もハナビを購入したら3ヶ月待ちの状態でした。

伊勢志摩サミットの入替自粛がある事で、どうせしばらく入替は出来ないから、3ヶ月待ちと言われても、その内約一ヶ月はサミットの自粛だと思えば実質2ヶ月待ちみたいなものだと言っているホールがあるそうです。


中古業者に聞いてみたら、最近絆の最高設定を使った隠れイベントに多くの絆ファンが集まる様になっているとの事。
確かにバジリスク絆の全国平均出玉率のデータはこの一年で明らかに高くなっています。かなりのホールが薄利の状態で営業していると思われます。

そして絆の高設定で4000~5000枚も出した日には、バズーカ筐体中毒になってしまい、絆の虜になってしまうわけですw

今日の中古機取引では180万円の台が成約になっていました。
これは優良なホールでも回収に一年以上は掛かる金額ですから、それ以上長く使うつもりで購入していると思われます。規制が入っても、既定の設置比率以内であればまだ設置できると睨んでの事だと思います。


当ブログのコメントでもお馴染みのミラクルさんは、何と自宅に絆を持っているとの事。
ホールには設置できないので160万円の価値はありませんが、家スロ用としても値段は高騰しているでしょうから、買った値段より高くなっている事は間違いないでしょう。資産運用みたいなものですねw


昨日10スロのお客様から、絆の右ストップボタンの接触が悪いとの事でご指摘を受けまして直したのですが手に汗握りました。部品が折れたりしたら大変ですから。


絆ファンの皆様は、ホールでBC11回天井を食らっても、決して台をぶっ叩いたりしない様にして下さい。壊れてしまったら、恐ろしい額を請求されるかもしれません。

現役最遅機

明日は新装開店10時OPENです。

詳細は店長ブログにて
↓↓↓
店長ブログ 


実は最近ハナビが気に入っていて、「これはイケル!」と思ってハナビを一台購入しました。

しかし、警察用の書類が出るまでに3ヶ月待ちとの事で、最短でも6月下旬の導入になってしまいます。

3ヶ月待ちだからと言って、いつかは買わないと導入できないので頑張って買っておきました。
先ずはたった一台ですが、少しずつ増やそうと思っています。


ハナビってなんで面白いんでしょうね?


図柄も音もリール制御も素晴らしい事は分かっていますが、私が思うに、「リプレイ揃い後の自動3枚BETが現役最遅の超スロー仕様」が人気の秘密だと考えています。

普通の機種はリプレイが揃ったら、すかさず自動的に3枚BETがパッパッパッと高速でBETされますよね。

しかしハナビは何ですかアレ?
リプレイが揃うと「ピロりろりんっ!」とフラッシュが走って、その後、業界最遅のスピードで「ポン・ポン・ポン」と3枚BETが入ります。
どう考えても「わざと」です。

しかし!
その遅さが、かえって昨今のフルウェイト消化に慣れてしまったプレイヤーの心を和ませ、ゆったりとした気持ちで次のリールを回す事が出来るのです。気が付かないうちに、ハナビ独特の「まったり、ゆったりワールド」へ引きずり込まれてしまうのではないでしょうか。

中古価格が高くならなければ複数台になるまで増やして行く予定です。

バジリスク絆に新事実が発覚!

コンビニのパチスロ雑誌を何気なく見ていたら、表紙にデカデカと「バジリスク絆」の文字が!

なんで今頃!?

良く見ると、「新事実が発覚!」と書いてあります。



速報です!

バジリスク絆に新たな事実が発覚しました。

絆を打つ人なら絶対に気になっていたはずです。


「BC成立時のテンパイ音振り分け」です。

弦之助:「ようやった」と「好機!」のAT期待度の違い
朧:「お見事です」と「うれしき予感がいたします」のAT期待度の違い

実戦上、みなさんも「好機!」と「うれしき予感がいたします」が、あまり期待できないのを体感していると思いますが、実は確率的にもやっぱり期待できない事が判明しました!!


・・・・シーーーン。 

正直ほとんど変わりませんでした。


弦之助:「ようやった」
AT非当選時=75.7%
AT当選時=63.2%

弦之助:「好機」
AT非当選時=24.3%
AT当選時=25.87%


朧:「お見事です」
AT非当選時=75.7%
AT当選時=63.2%

朧:「うれしき予感がいたします」
AT非当選時=24.3%
AT当選時=25.87%

どうですか?
殆ど変わらないですよね。

「好機!」と散々期待させておいて当たらないのもうなずけます。


これ以外にも、絆ファンが絶対に知りたかった情報が次々に発覚しています。


・「朧BC最終ゲームの演出別AT期待度」
ピンクの丸い光のエフェクトが出た時と出ない時、弦之助の顔が第1停止と第2停止でフラッシュバックされた時とされない時のAT期待度の確率も詳細が判明しました。


他にもプレミアムリプレイ確定目。
これは嬉しいですねぇ。


それからもっと気になっていた、「ループ率別のAT開始画面の弦之助・朧・天膳の選択率」。
これも気になりますよねぇ。もっと早く公開して欲しかったですね。



それからまだまだあります。

・次回予告発生抽選

・AT中のBGM変化詳細。4セット以上確定のパターンも!


・あ~、これも気になってた。争忍の刻中・ステージ選択率!昼・夕方・夜の選択率は!


知りたい方はパチスロ攻略マガジンドラゴン5月号をご購入ください。


当店の絆全台に明日の朝までに公開しておきます。
お楽しみに!

スロットの設定変更 その2

私が思うに、お客様が想像する設定変更される台と、設定師が変更しようとする台選びは実はほとんど合っているのではないかと思っています。

仮に皆さんが設定師だったら、どんな台に高設定を入れますか?

全然出なかった台に翌日高設定を入れたくなりませんか?
もしかしたら今日その台で大負けした人が明日リベンジに来るかもしれないと思いませんか?

でも、こう考える設定師もいるでしょう。
「毎度毎度大ハマリ台ばかり高設定を投入していると、そのパターンが読まれてしまい、ピンポイントで特定の人に狙われてしまうかもしれない・・・」。
設定師も人間ですから皆さんと同じことを考えてもおかしくないですよね。


私の知っているある設定師は非常にひねくれ者で、ピンポイントで狙われるのが怖くて前日中途半端な数百枚程度の差枚の台を好んで高設定を入れている人がいました。
私に「俺は簡単には高設定を読まれない」と自慢していましたが、私は裏ばっかりかいているとプレイヤーが逃げてしまうと思うのですが。

「角番は目立つし、一番稼働が高いから猛アピールできる!」と言って、角ばっかり入れる人もいました。
反対に、「角は稼働が高いから低設定でガッチリ儲けて、その分を角以外の高設定で出してあげると稼働が上がる」と言い張って、徹底的に角には入れない人もいました。
どの店とは言えませんが私が時々行くホールには角番好きの設定師がいます。しかしその角番は中央通路の角番です。壁側の端にある角番は人通りが少ないのでそっちには入れる事が少ない様です。


他にも、据え置きが好きな人もいれば高設定を並べるのが好きな人もいます。
ある人は「高設定は絶対に並べない。飛び飛びに配置すれば1台の高設定の両サイドの2人がその出方を目撃するから並べるより印象に残る」と言っている人もいます。

こんな人もいます。
「前日や一週間のデータだけを見て高設定を投入していると、その台の長期的な還元率が把握できないから、長期データも活用して一週間データと照らし合わせながら高設定投入台を選ぶ」と。


このように設定投入の方法にも人それぞれ拘りがあり、癖があり、実に様々な人がいるのです。

私の部下でも同じで、最初は「どうやって設定するんですか?」と聞いてきますが、しばらくすると自分なりの癖が出てきて、放置しておくといつの間にかその人のパターンが出来上がっています。そして自分の好きな台ばかり高設定を入れようとするのです。

チェックシートと期間データを両方活用している設定師は結構いるのではないでしょうか。
因みに当店はそれです。
 
なぜならチェックシートの一週間データだけ見て設定していると、直近一週間が赤字の場合、その機種には高設定を投入しようとはなかなか思えません。しかし、その前の週はもしかしたらその赤字分を大きく上回る大黒字になっているかもしれないからです。

しかしチェックシートは期日指定が毎日過去一週間と決まっていますから閉店後の自動印字が可能ですが「期間データ」と言うのは期日指定が必ず必要になり、「過去一ヶ月平均」や「過去三ヶ月平均」のように自動的に期日が指定される様に設定できない仕様のため、毎日期日指定をしないと印字が出来ません。その為、設定師が面倒になってしまい、期間データを毎日印字しない人がたくさんいます。
これらの理由から、確率的にはやはり過去一週間のチェックシートで設定変更台を選んでいる設定師が多くなるのは当然です。

私が一番最初に見るのはやっぱり過去一週間の差枚ですね。それと同時にアウトも見ています。この二つは瞬間的に見てしまいます。勿論、店全体、機種毎の平均値を見た上での話です。

結論から言うと、設定変更はその設定師とお客様の戦いです。
読んで読まれてお互いに戦っているのです。


ただ、設定師とお客様との一番大きな隔たりは、以前にもその事はブログで書いていますが、「お客様は設定変更作業がどれだけ大変な作業であるかを知らない」という事です。

これは当店の設定KEY一式です。

設定KEY

同一メーカーでも新旧筐体によりKEYが違う場合もあり、初めて設定担当になった人は覚えるだけでひと苦労です。

データをじっくりと分析して、期間データと照らし合わせながら台を選定し、その台を開けて設定KEYを選び、変更してドアを閉め、ガックン対策をやる店も多いでしょうし、一連の作業は本当に大変な事なのです。変更台数が多ければその分チェックシートへの設定変更入力する台数が増えます。

設定師が10人いればその中に一人や二人は絶対に面倒臭がりの人っていますよね?
そんな面倒臭がりな人が小まめに毎日データ分析して期間データも見て、高設定を下げて低設定を上げる様な事をするはずもありません。
「今日は忙しいから高設定放置しちゃおうかなぁ~」って日だってあると私は思っています。

お客様は知らず知らずのうちに「この店の設定師像」を想像して台を選ぶようになります。

FANTASYLANDは「全レート平等。一台一台に期待感。どんなに古い機種でも検定切れの台でも、一台一台丁寧にデータを分析する」と言うのが基本的な考え方です。

先日あるお客様からその期待感が無くなっているとご指摘頂きました。
そう言われてしまったのは、まだまだ期待感への拘りが足りないからだと痛感しています。

面倒な事を敢えて買って出るのがFANTASY流ですから。
これからも面倒臭がらずに一台一台丁寧にデータを見て行こうと思います。

ギャラリー
  • あの人が喜んでいるはず
  • あの人が喜んでいるはず
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: