天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

パチンコ

確率の収束

ネットでスロットの情報を見ていると、確率の収束について間違って理解してる人が非常に多いですね。

確率の収束とは試行回数を増やして行くと、どんどん確率通りに近づいて行く事を言います。

例えば設定3で出玉率(機械割)100%の台があるとします。
この台をアウト枚数(IN枚数)1万枚打った時の差枚数期待値は±0枚になるはずです。
しかし実際には+1000枚出るかもしれませんし、▲1000枚になるかもしれません。

では▲1000枚になった台はその後確率上どうなると考えられるのか?
答えは「▲1000枚のまま」なのですが、どうしてもこれが理解できない方が多く、「それなら収束するって言わないじゃん」と思っている様です。

設定担当者の中にも同じ事を考えている人が未だに多くいるのです。

勘違いしている人のほとんどの方に共通しているのが、「▲1000枚になった台はいつか+1000枚の力が働く」と思っている事です。


私はいつもそう言う人に「確率の収束とは枚数が収束するのではなく、確率(出玉率)が収束する」と説明します。

1万枚アウトで▲1000枚になった台は出玉率90%です。

この台(出玉率100%の設定の台)をこの後1万プレイ回そうが3万プレイ回そうが、出玉率が100%なのですから期待獲得枚数は±0枚です。
しかし注意しなくてはならないのが、期待獲得枚数±0枚とは既に▲1000枚になった後からのプレイが±0枚なのであって、最初に負けてしまっている▲1000枚はそのままです。実戦ではその▲1000枚が元に戻る事もあるし、+1000枚になる事もありますが、確率上は一度ハマってしまった▲1000枚はずっとそのままです。追加で回した3万プレイの分の差枚数が±0枚だという事です。


確率の収束は計算してみればわかります。

3万プレイ×3枚掛け=90,000枚の投入です。
最初のアウト10,000枚+追加で回したアウト90,000枚=合計アウト100,000枚
最初に負けていた▲1000枚はそのままですから、

99,000枚÷100,000枚×100
=出玉率99.00%

ほら、追加で3万プレイ回したら収束に向かいましたよね?
1万枚アウト時点の出玉率は90%になっていましたが、追加3万プレイ(アウト90,000枚)が終わった時点の出玉率は99.00%にまで上がっています。

自分で▲1000枚も負けると2万円ですから大きく感じますが、合計10万枚もの大量のメダル投入枚数に対しての▲1000枚など、たったの100分の1だという事です。



これが万枚出た台だと思って下さい。

設定1で+1万枚が出てしまうと、確率の収束なんかもう関係なさそうに思えますが、アウト枚数がどんどん増えて行くと、所詮+1万枚など大した枚数ではないのです。

一般的なお店のスロットの1台のアウトは一日1万枚位はあります。繁盛店ならアウト2万枚ある店もあります。
仮に一日1万枚アウトで365日営業すると、年間アウトは365万枚です。
万枚がある日出たとしても、
1万枚÷365万枚×100
=0.27%
365万枚という途方もない枚数に比べれば差枚の+1万枚など、たったの0.27%でしかありません。

この台が3年設置されていれば、0.27%の3分の1に相当する0.09%でしかなくなっていきます。3年間で見れば差枚の万枚は0.09%の誤差でしかありません。

万枚出る事もあればその反対だって起こります。それを何度も繰り返している内に、次第に確率通りになって行く。それが確率の収束です。

『枚数が収束するのではなく、確率(%)が収束していく』のです。


仮に300分の1の確率の台を分母の10倍である3,000回転回すと
確率通りなら10回当たります。
確率通りの10回の大当りに対して±10%の誤算の範囲は大当り9回~11回です。
9回~11回になる確率は36.45%です。

分母の100倍である30,000回転回すと、
確率通りなら100回当たります。
その±10%以内の誤差の範囲は90回~110回です。
90回~110回になる確率は70.73%です。

分母の1000倍である300,000回転回すと、
確率通りなら1000回当たります。
その±10%以内の誤差の範囲は900回~1100回です。
900回~1100回になる確率は99.85%です。

分母の10倍⇒100倍⇒1000倍と試行回数を増やして行くと、±10%以内の誤差の範囲内になる確率が36.45%⇒70.73%⇒99.85%とどんどん精度が高くなって行きます。


例えば30,000回転回して100回当たるはずが、80回になってしまう確率は193人に1人です。

しかし300,000回転回して1000回当たるはずが800回になってしまう確率は1622億人に1人です。900回でも13500人に1人です。

試行回数が増えて行くと確率はどんどん収束していきます。

パチンコの場合なら一日2000回転として、スロットの場合なら5000プレイとして、一年365日で考えるとパチンコなら730,000回転、スロットなら1,825,000回転は回っていますから、99.85%よりもっと確率が収束します。


まとめます。
①確率より多く出た分はそのままラッキー。出なかった分はアンラッキーのまま。
②確率上より出過ぎたら、その分だけ出なくなる力が働くわけではない。
③出過ぎた分も出なすぎた分も膨大な試行回数に比べれば確率通りの範疇でしかない。
④1000枚や一万枚程度の誤差は1年~3年の総アウト枚数に比べれば大した枚数ではない。
⑤収束するのは枚数や玉数ではなくて、確率(%)が収束するという意味。

以上です。

新基準機に該当しないパチンコ機の定義

「新基準機に該当しないパチンコ機」って、どれの事なんだ?
そしてその定義は何なんだ? そんな疑問にお答えします。

もう一般ユーザーもすっかり見慣れてしまったこちらの内容


2015年6月24日、全日遊連は臨時全国理事会で次の事を決議しています。

●新基準に該当しないパチンコ機
平成28年12月1日までに設置台数の30%以下
平成29年12月1日までに設置台数の20%以下

●新基準に該当しないパチスロ機
平成28年12月1日までに設置台数の50%以下
平成29年12月1日までに設置台数の30%以下

ここで言う「新基準機に該当しないパチンコ機」とは?
 

結論。

【大当り確率1/320以下の台】

以上です。

「・・・・・・」


あれ?
65%はどうなっちゃたの?

関係ありません。


スロットの新基準機に該当しない遊技機については昨年11月11日の記事で書きました。

新基準機の定義 

この記事でも、「新基準機に該当しないパチスロ機の定義は色々言われていますが【出玉をサブ基板制御している台】、これだけです。」と書いています。


パチンコも簡単です。
噂では「確変継続率65%以下」「ベース30%以上」「ヘソ賞球4個以上」「初回大当りを含まず6400個以下」、「初回大当りを含めて7200個以下」等、色んな話が出ていますが、設置比率規制で言う所の「新基準機に該当しないパチンコ遊技機」の定義は「大当り確率1/320以下の台」、これだけなのです。

全日遊連に問い合わせて、そう言われたのだから間違いありません。

そもそも新基準機に該当しない遊技機の設置比率規制は全日遊連が自主的に定めた内容です。日工組の内規改正や型式試験内容の変更とは関係ありません。
だから全日遊連の答えが正しいのです。

そう考えると、撤去リストによって全国のホールはMAX機とハイミドル機は殆ど撤去されていますから、平成29年12月1日までに設置台数の20%以下を超えるホールはほぼありません。

設置比率より問題なのは立入検査の一般入賞口の入賞個数検査の方ですね。


パチンコ・パチスロランキング

パチ&スロで男女が出逢う!

現在、彼氏彼女がいない方々で、

スロット好きな彼女が欲しい!
パチンコ好きな彼氏が欲しい!
そんな事を考えた事がある人はいませんか?

趣味は?と聞かれて即座に「パチンコ・スロット!」と答えるあなたは根っからのパチンコ・スロット好き人間なはずです。

しかし、パチ&スロは個人でプレイするのが基本。テニスサークルなら男女の出会いがあったとしても、パチ&スロは「出会い」という面ではどうしても不利な趣味です。

周りの独身のスタッフを見ても、「パチンコ店で知り合った女性と付き合い始めました!」と言う話を聞いた事が無い。

しかも今は「恋愛したくない」「結婚したくない」と考える若者が増えているとか…
少子化の日本に於いて、こんな事ではいずれ日本が滅びてしまう。


何とかならないものか・・・

そうだ!
俺が立ち上がらないで、誰が立ち上がるんだ!
何か男女が出逢う切っ掛けになる様な企画を考えなくは!


あるパチンコ店の企画で男女が出会い、次第に二人は惹かれあう様になっていく。
日々のプレイを通じて(変なプレイじゃありませんよ)お互いを理解し合うようになっていき、二人は恋に落ちる。
彼氏は完璧なビタ押し力の彼女を次第に尊敬するようになり、ダブル天井でも微動だにしない彼氏の忍耐力を彼女は結婚生活に重ね合わせるようになっていく・・・

ある日20スロで彼氏が大敗、4スロを打っていた彼女は堅実にプラス収支。
帰りの車の中で、彼女がポケットからそっと差し出したのは1枚の4スロ金メダル・・・
彼氏:「何これ?」
彼女:「今日のアナタは負けちゃったけど、あの立ち回りは間違ってなかったよ。だから私から金メダルのプレゼント♡。一番ピカピカの金メダル探したんだからっ♡」

(まあ、この辺で私のキモイ妄想は終わりにして・・・)

そしてプロポーズ。
二人は同じ趣味を通じて、めでたく結婚。


・・・って、ハッピーエンドになるような企画はないものだろうか?


簡単に思い浮かぶのはやっぱり1BOXを貸し切っての合コン的な企画ですよね。
昔なら「誰が一番出せるか?」を競うのも有りでしたが、今はそれは出来ません。

また、朝一10時開店から閉店まで1BOX貸し切りならいいですが、終了後20時からのオフ会の為に16時~19時だけの限定開放とかにしてしまうと、これは「特定コーナーの時差開店」とみなされて所轄からNGと言われてしまいます。

狙ってもいない男性が隣に座ってあれこれ話しかけて来たら・・・

前々から男女の出逢い企画を考えているのですが、最終的にこれらの法律や数々の問題をクリアするのが非常に難しくて一歩が踏み出せずにいるのです。

考え方としては間違っていないし、自分の店からカップルが生まれるなんてこんな素晴らしい事はありません。

それでも私はまだ諦めていません。
必ず方法はあるはずです。


つづく
ギャラリー
  • あの人が喜んでいるはず
  • あの人が喜んでいるはず
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 磯ハンター 2017
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • 破格の給料?
  • パチンコ台が65kg?
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: