天職

パチンコ店「ファンタジーランド」のブロック長ブログ

時間粗利

時間粗利 Part3

どうして時間粗利の話をしたのかと言うと、時間粗利を知ってもらう事で、自分に合った打ち方を知ってもらいたからです。

みなさんは一日に何時間遊技しますか?
それは週に何日ありますか?
一ヶ月では?

人それぞれ、様々なパターンがある事でしょう。
例えばサラリーマンの人なら、平日の仕事終わりに週に2回、19時頃から3時間、休日は月に2回位で一回当たり6時間位とか。
主婦の方なら土日祝日は打たずに、平日のみ週に2日位打ち、買い物帰りに3時間位と決めているとか、なんとなくいつものパターンがあるはずです。

もちろん、負けが続けばその時間は減り、勝ち続ければどんどん時間が増えていくでしょう。
ただ、一年通して、または二年、三年と考えると、大体自分のパターンが分かるはずです。

そして、自分が一ヶ月に打っている平均的な時間に時間粗利を掛ければ、それがあなたの一ヶ月の平均的な負け額です。
先ほどのサラリーマンの例なら、一ヶ月の平均稼働時間は約30時間です。もし20スロでAT・ARTタイプの機種を打っているなら、Part2で書いたようにAT・ART機の時間粗利は平均すると1,148円ですから、
30時間×1,148円=34,440円です。
もし自分のお小遣いが一ヶ月に3万円なら、スロットだけでオーバーしていますから、他の趣味には使えませんし、どこかの月は30時間より少なくなってる月があるはずです。

そういう時は1パチや5スロを打つとか、時々海物語やジャグラーを打つようにするとか、行く回数を減らす等の調整を行えば、毎月ストレスなくパチンコスロットを楽しめるようになります。


低貸しや海・ジャグラーのような、時間粗利600円以下の機種なら6時間遊んで3600円以下。外出してどこかで6時間遊べば3600円位は使ってしまいますよね。そう考えればパチンコスロットも他の遊びと大して消費金額は変わらず、ハラハラドキドキする分だけパチンコスロットが面白いと思う人は多いと思います。

しかし、時間粗利が高い機種を打つ人は打つ時間と回数を良く考えないと、自分が想像している以上に負け込む時が出てきます。
または打ち方をよく考えて下さい。時間粗利が高い機種は人気が無くなってホールが甘く使ってくれない機種や、平均的には出ない機種なのに爆発力があるために出ているように見える機種が多く存在します。
ガッツリ打ち込まないで、パチンコなら千円ずつ回転数をカウントして少しでも回る台を選ぶとか、スロットならゾーンや設定を良く考えて、むやみに打たないようにするなどの工夫をすれば、少しでも時間粗利を低く抑える事ができます。

総じて言えるのは、人気がある機種はホールも長持ちさせたいので甘く使われている。
MAX機・AT・ART機も同じことで、やはり人気があるAT・ART機種は他のAT・ART機種と比べて時間粗利が低い機種が多い。

「人気が無い機種のお客様を増やしたいなら高設定を入れてあげればいい」と思う人もいるかもしれませんが、現実は反対で、「お客様が多くて儲かる機種だから、ホールは高設定を投入したくなる」という事です。


スロットの中には設定1が非常に甘いと噂される機種が存在しますが、そういう機種は殆どが設定1で高設定が入りません。スロットの場合は低設定域でしっかり粗利が取れる機種の方がホールは高設定を使いたくなりますので、その方がお客様としても夢があって面白いですよね。

番長は低設定がしっかり抜ける機種だった為、導入直後は「辛い機種だ」、「全然出ていない」と悪評が先行しましたが、1週間経ったころから、「これ以上抜けてしまうとお客様が飛んでしまう」とホールが高設定をどんどん追加投入したデータが出ています。


いかがでしたか?
時間粗利を知ると自分に合った打ち方が見えてくる。
表面上見えている爆裂出玉に惑わされることなく、自分に合ったパチンコスロットライフを楽しんでください。
 

時間粗利 Part2

1時間に1台が稼ぐ金額、それを業界では「時間粗利」と呼んでいます。

前回の記事では数百円から2,500円位までと言いましたが、随分幅があり過ぎですよね。
そこで信用のおける全国データを見てみると次のようになります。

機種別は最後にするとして、先ずはタイプ別の平均値から。


■パチンコ上位100機種にランキングされた機種の4円パチンコの先週7日間のデータです。

羽根物(4機種ランクイン)の時間粗利平均
222円

甘デジ(50機種ランクイン)
1,197円

ライトミドル(16機種ランクイン)
1,653円

ミドル(10機種ランクイン)
1,101円

MAX(20機種ランクイン)
1,608円

 
 ■スロット上位100機種にランキングされた機種の20円スロットの先週7日間のデータです。

Aタイプ(ノーマル機)(27機種ランクイン)の時間粗利平均
770円

AT・ART(59機種ランクイン)
1,148円

30パイ(12機種ランクイン)
576円

RT(2機種ランクイン)
845円


以上です。


いかがでしょうか?
みなさんが予想していた金額と同じでしたか?

これは平均値ですから、最初に話したように、AT・ART機の平均が1,148円と言っても機種によってバラバラです。
それでも時間粗利で2000円を超える機種はパチンコでは11機種、スロットでは2機種だけです。
反対に1,000円を切る機種はパチンコでは20機種、スロットでは56機種となっています。

パチンコの方が出ないのかと言うと、必ずしもそうとは言えません。
スロットの場合は設定1が最低ですが、パチンコは設定1を下回るような機種が存在する為、それらの機種が足を引っ張ってしまって、平均値が高くなる傾向にあります。

人気機種で長く使える機種ほど時間粗利は低くなる傾向があり、MAX機やAT・ART機の人気が無くて設置台数も少ない機種はやはり時間粗利が高い傾向にあります。


機種別ではどうなのかと言うと、

パチンコでは
CRスーパー海物語IN沖縄3HME(1/358)=620円
CR牙狼金色になれXX=730円
と、ずば抜けて薄利になっています。

CRぱちんこAKB48バラの儀式V9=1,050円
CRルパン三世7 H9AZ1=1,290円


羽根物を除いた時間粗利の少ない1位は
CRAスーパー海物語IN沖縄3 ASB(甘デジ)で610円。
2位が
CRスーパー海物語IN沖縄3HME(1/358)=620円
です。


スロットでは
みんなのジャグラー=470円
マイジャグラーⅡ=535円
ニューアイムジャグラーEX=560円
のようにジャグラー系はかなりの薄利である事がわかります。

押忍!サラリーマン番長=740円
アナザーゴッドハーデス=1020円
北斗の拳 転生の章=780円

沖スロの平均は576円ですから、沖スロも薄利ですね。
特にニューキングハナハナは時間粗利が240円で全機種中トップです。
2位は天下布武2の280円です。

パチンコ店が1台何万円も儲かっていると思っているお客様も多いでしょうが、利益どころか大赤字になる台もあるので、平均化すると実はこの程度の利益しか取れないのです。


ここからが重要です。


つづく
 

時間粗利 Part1

今日は皆さんにとって、非常に重要な話だと思いますので良く読んで下さい。
数回に分けて書かせて頂きます。


売上を上げる事も店長としては重要ですが、パチンコスロットの事をお客様にもっと理解してもらう事も大切だと思い、パチンコスロットのちょっと難しい話を極力みなさんに分かり易いように書いてみようと思います。


「時間粗利」って聞いた事がありますか?

業界人以外の一般の方は、ほとんどの人が知らないと思います。

実は去年の6月のブログで少しだけ書いた事があるのですが、もう忘れてしまっている人も多いのではないでしょうか。
試しに、今、Googleで「時間粗利」と検索してみたら、ヒットした検索結果は何ページにも亘って、全部パチンコ関連の内容でしたから、時間粗利という言葉はどうやらパチンコ業界特有の言葉のようですね。

時間粗利とは1時間でお店が儲ける利益の事ですがパチンコ業界では「1時間あたりの1台の利益」として使います。ここで言う「粗利」とは売上からお客様が出した玉の金額を引いた金額が粗利です。
1時間当たりの消費スピードをデータ化しようとは、パチンコ業界って進んでますね。それとも儲け根性が凄いんですかねw

パチンコ業界には数々の重要な指標があります。
お客様にも最近は広く知られるようになった、「アウト」、「スタート」、などの用語もありますが、本当に重要なのは時間粗利です。


業界関係者と話をすると、いまだに「台粗利」という言葉が使われるのですが、台粗利は粗利額を台数で割った金額の事で、当店のようにガラガラの4円パチンココーナーでは台数ばかりが多くて、台粗利は低くなってしまいます。
4円パチンコ台数を半分に減らしたら、台粗利は約2倍になってしまいます。そんな指標は使う必要もありません。
それに比べると時間粗利は「お客様がその台で1時間あたり平均していくら負けるのか」を表していますから、どれだけお客様が遊べているのか、反対にお客様がどれだけ苦しんでいるのかがハッキリと分かります。


時間粗利の全国実績データはいくらだと思いますか?
答えは大雑把に言うと、数百円から2500円位まです。

仮に時間粗利500円の台があれば3000円で6時間遊べることになります。
時間粗利が2000円の台では6時間遊んだら12,000円負ける計算です。

あくまでも時間粗利は平均値ですから、お客様の運によって大きく変化しますが、長く打てばその平均値に近づきます。その平均値に早く近づくのは甘デジ等やAタイプの様な波が穏やかな台。MAX機や激荒AT機などは直ぐには平均値には近づかないので、大負けもあれば大勝ちもあるわけです。


時間粗利はどうやって計算しているのかと言うと、粗利を打った玉数or投入したメダル枚数で割り、1玉当たりの粗利額を計算します。そして、1時間で打てるパチンコのアウト約5000発、スロットのアウト約1980枚を掛け算して出た答えが時間粗利です。
本来はパチンコは1時間に打てる玉数の限界値は6,000発で、スロットは2,634枚が投入枚数の限界値です。
しかしパチンコは保留玉が満タンになったり、リーチが長くなって発射を止めたり、トイレに行くなどで1時間当たり5000発くらいが平均として計算しています。
スロットはパチンコと違って自動で発射されるわけではないので平均を調べてみると約2,000枚位が1時間の平均投入枚数とされています。

ここで考えて頂きたいのがスロットの遊技が早いプレイヤーです。
パチンコは自動発射ですがスロットはプレイスピードが人によって大きく変わります。スピードが早い人は出ている時はいいですが、負けている時は他の人より早いスピードで負けていきますので注意が必要です。
高設定の予感がする時はいいですが、負けている時は少しプレイスピードを落として、演出でも楽しみながら高設定を探し、見つかってからプレイスピードを上げるようにするなど工夫しないと、気が付いたら何万円も使っていたなんて事になりますよ。


次回はみなさんが一番気になる機種別の時間粗利についてお話しします。 
 
ギャラリー
  • 拾い3ベル
  • 拾い3ベル
  • 拾い3ベル
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part2
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
  • 磯ハンター2018 Part1
記事検索
メッセージ

公開されずに、ブログ管理者だけにメッセージを送信する事が出来ます。 管理者はメッセージに対する返信ができませんので、返信ご希望の方はコメント機能をご利用下さい。

名前
メール
本文
最新コメント
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: